フーディーニは奇術師?死に隠された謎とは?名を取ったブランドも?

ハリー・フーディーニは「脱出王」や「サイキックハンター」など様々な異名を持つ奇術師(マジシャン)です。最も有名な奇術師と呼ばれ、コナン・ドイルとも親交があったことでも有名です。今回はそんなフーディーニの生涯や、死後に残された暗号についてまとめました。

ハリー・フーディーニって誰?

ハリー・フーディーニは1874年3月24日にハンガリーで生まれ、アメリカを中心に絶大の人気を誇った奇術師のことです。奇術師とは「奇術を演じる人」という意味で、今でいうマジシャンのことです。

彼は1926年10月31日に52歳でその人生に幕を閉じましたが、没後も奇術師として名を残し続けています。

今回はそんな奇術師ハリー・フーディーニの生い立ちや得意としたマジック、さらに「不幸すぎる死に方」と言われた死因の謎についてご紹介していきます。

フーディーニは『脱出王』の異名があるマジシャン

3dman_eu / Pixabay

フーディーニはアメリカを中心に名声を馳せた奇術師であり、難しい脱出マジックを幾度となく成功させていたことから、「世紀の脱出王」と呼ばれるようになりました。

ハリー・フーディーニは本名ではなく芸名であり、「ハリー」はアメリカの有名な奇術師ハリー・ケラーが由来であるとされています。

そして「フーディーニ」は、フランスの奇術師ロベール・ウーダンが由来であり、「ウーダン(HOUDIN)」に「I」を付け足して「フーディーニ(HOUDINI)」にしたといいます。

現在でも人気・知名度はアメリカでNO.1!

Ronile / Pixabay

2019年で、フーディーニが亡くなってから92年もの年月が経過したわけですが、それでも彼の名声は堕ちることなく、現在でも世界各国で奇術師の代名詞だと言われています。

特に彼が活躍していたアメリカでの人気・知名度は凄まじく、「奇術師と言えば誰?」という質問に対してほとんどの人がフーディーニの名前を挙げるという情報もあります。

サイキックハンターとしても有名

Free-Photos / Pixabay

基本的に奇術は仕掛けやトリックがあることを前提としていますが、逆にタネも仕掛けもないという超能力や心霊術も流行っていました。

フーディーニはそんなサイキックを毛嫌いしていたため、超能力者たちのイカサマやトリックを暴いていく「サイキックハンター」としても有名になっていきます。

フーディーニは数多くの作品に登場

Gellinger / Pixabay

フーディーニがどれだけ有名で人気だったかというのは、彼を題材にした映画や小説が多く作られているということからも分かります。作品については後半で詳しくご紹介します。

ちなみに、かの有名な「ポケットモンスター」に登場するエスパータイプのポケモン「フーディン」は、彼の名前が由来だったとされています。

NEXT フーディーニが死後に残した暗号とは?