霊道の特徴や調べ方は?家や職場が霊道だったらどうすれば良い?

死者達の通り道、霊道。あまり馴染みのない言葉ですが、都市伝説やオカルト好きなどの間では実際に遭遇した体験など頻繁に語り合われています。また昔の人にとって霊道は信じられているものであったようです。今回はその霊道の調べ方や特徴、対策などについて調査しました。

霊道とは?

Free-Photos / Pixabay

霊道とは地方の人や昔の人に都市伝説的に語り継がれているものです。

霊道があるところには頻繁に霊の目撃情報があったり、なんらかの霊現象が起こったり、あまり良いイメージはありません。

しかし、中には特に危害は加えないものだと言っている人や幸運を呼ぶものだという人もいたり、霊道もそのとらわれ方も様々なようです。

 霊道は、霊が通る・溜まる道

geralt / Pixabay

霊道とはその名の通り霊の道です。幽霊であったり妖怪であったり、この世のものではない霊体が通る道、たまる道だと言われています。

もともとは霊が成仏に向かうための道だともいわれていて、多くの死者を出した事故現場から神社や慰霊碑などにつながっている道であると言われています。

霊道には、様々な種類がある?

Free-Photos / Pixabay

霊道には、人の霊が通るものや、動物霊が通るもの、同じ場所で亡くなった死者が通るもの、妖怪が通るものなど様々な種類があると言われています。

またその通り方も地球上の物理法則とは一線を画していて、空の方に続いていたり、家の中を通っていたり、地下を通っていたり縦の道であったり横の道であったりと様々です。

霊道の見た目は?

JordanStimpson / Pixabay

また霊道の見た目も目撃情報により様々で近未来の透明なパイプを走る高速道路のようなイメージや梯子のようなイメージだと言われています。

また、霊が通る道を一般的に霊道というのであって、実際に見えるものではないとも言われています。

【閲覧注意】霊道を撮影した動画は?

実際に霊道の撮影に成功した?動画です。ここは霊道なのか?

ポルターガイスト現象が起こります。怖がりの人は閲覧注意です。

霊道の調べ方は?避けるにはどうすれば良い?

geralt / Pixabay

ホラーやオカルト苦手な人にとっては、願わくば一度も遭遇などしたくないこの霊道ですが、霊道の場所を特定して避けたり、もしも遭遇してしまった時の対策などがあるようです。

ここからは、霊道が通っている場所を調べ方や霊道を避ける方法、遭遇した際の対策などについてまとめてみました。

目を閉じてイメージする

Pezibear / Pixabay

目を閉じてイメージすることで第6感を刺激し、近くに幽霊がいるかどうか調べることができるそうです。

目を閉じ、自宅を思い浮かべ、そのままイメージの中で玄関から居間に向かいます。この時誰かとすれ違ったかどうかで幽霊がいるかどうかを判断します。もし誰かとすれ違ったのであれば、幽霊がる可能性があります。そしてすれ違った人数が多ければ霊道ができてる可能性が高く、神主さんや霊能力者などに頼んでお祓いをしてもらったり、霊道をふさぐ・位置をずらしてもらうといった対処が必要になります。

(引用:都市伝説20XX)

地図を使って調べる

Free-Photos / Pixabay

昔の地図は地名に因縁付けて名付けていました。

その為、処刑場などいわくつきの場所はその名前が地名になっていることが多く、その場所は霊道である可能性が高いと言えるでしょう。

1. 地図を広げて「お寺」「神社」「お墓」にマークを付けていきますが、混同しないようにそれぞれ別の色でチェックしていきます。

2. 「お寺だけ」「神社だけ」「お墓だけ」をそれぞれ別の色で定規を使い線で結んでいきます。

3. 3つの線が交差する場所がでてきますが、このポイントの「北東から南西に伸びている線」が霊道だと言われています。なぜ「北東から南西」なのかというと、これは「北東=鬼門」「南西=裏鬼門」となり、霊や鬼・妖怪の類はこの方法だけにしか移動できないと言われているからです。ちなみにこの方法は、神聖な場所と言われている「イヤシロチ」と悪いエネルギーを受ける「ケガレチ」を探す方法としても知られています。地名や地目などから霊道を探す場合は今現在の地図ではなく、図書館や役所で保管している古い地図やその土地の資料から探すことができます。昔の人は洪水や処刑など何かあったものごとと因縁づけて地名を決めていることが多く、地名からどういったことがあった場所かを知ることができます。

(引用:びりおあ!)

地名・地目から調べる

DariuszSankowski / Pixabay

地目から霊道を通っていそうかを調べる方法もあります。地目とは土地の用途による区分のことです。そして役場や法務局に行けば地目を確認することができます。

昔の地目が荒地や、監獄用地、行形場となっている場合には、いわくつきの可能性が高いので注意しましょう。

いわくつきの場所の近くには霊道が

cocoparisienne / Pixabay

霊道は死者が多く出た場所から始まり、成仏するために神社仏閣などを通るといわれています。

事故現場や天災のあった地、昔処刑場だった場所や廃病院などのいわくのある場所は霊道が通っている可能性が高いです。

マンションの場合は、近所の人に話を聞く

マンションを借りる際、その部屋がもし霊道だったらおそろしいですよね。そんな時、お勧めなのが借りようとしている部屋の周りに住んでいる住人に聞いてみるということです

もし借りようとしている部屋が霊道になっているとしたら、賃貸して間もなく引っ越したりと、元の住人になんらかの影響が出ている可能性が高く、周りに住んでいる住人はそのことを知っている可能性が高いからです。

またいわくつきの部屋などは、周りの住人なら噂話などで知っている可能性も高いでしょう。

霊道マップ?幽霊の存在を調べるアプリも

最近ではスマホアプリで幽霊の存在を調べるアプリがあるそうです。真偽の程は定かではないですが、霊体が持っている特有のエネルギーを探知し、その霊体の年齢までわかるものもあるようです。

霊道は幽霊がたくさん通っている場所ですので、アプリを使用してみて、もしたくさんの幽霊の存在を確認できたのであれば、そこは霊道であるといった可能性も高いかもしれません。

霊道の特徴は?どんな現象が起きる?

KELLEPICS / Pixabay

霊道のある場所に、起こりうる霊障は様々なものがあるといわれていますが、中でもいくつかの共通した霊障があります。

早々に気づき、対処するためにもその特徴を知っておくことが大事です。もしここで紹介するものに当てはまるようなことがあるならば、そこは霊道である可能性があると言えるでしょう。

ポルターガイスト現象が起きる

xusenru / Pixabay

霊道が通っている場所では、誰一人として手を触れていないのに、本が落ちるなど物が動いたり、ラップ音という、パチンと何かがはじけたような、乾いた音がする現象がしたりといった怪奇現象が起こります。

これをポルターガイスト現象と言い、霊が自分の存在を知らせるために起こしていると言われています。

幽霊が目撃されやすくなる

Mysticsartdesign / Pixabay

すでに何度かご紹介したように、霊道は幽霊たちの通り道であり、多くの霊体が成仏へ向かって、頻繁に通ります。

その為、必然的に霊道付近では霊の目撃情報が増加する傾向にあります。

妙な気配がする

JordyMeow / Pixabay

なんとなく、気持ちが悪い。一瞬誰かが後ろにいた気がする。などの経験がある人もいるのではないでしょうか。

霊を見たことがないといった霊感体質でない人でも、霊道付近では、第6感が働いてなんだか人に見られている気がするなど妙な気配を感じることがあるようです。

そんな時は、本能に従ってその場を離れることをおすすめします。

体調が悪くなる

lagrafika / Pixabay

霊道が通っている部屋に住んでいたり、職場に霊道が通っていたり、長期間、霊のマイナスエネルギーに触れていた場合、体調が悪くなり、倒れてしまったり、病気になってしまうこともあるようです。

これは、霊感体質の人や感じやすい人により強い傾向があります。

植物や動物の元気がなくなる

photosforyou / Pixabay

地震の前兆に鳥が大群で飛んで行ったり、洪水の前にねずみの大群が現れたりと、動物は人間よりも感が鋭いと言われています。

霊道など霊が集まるところでは、動物の元気がなくなったり、植物が枯れてしまったり、動植物の生気を奪うことがあります。

変な音や匂いがする

KurtSebastian / Pixabay

基本的に、霊体は生物の感に働きかけ、その存在を知らせようしてきます。

しかし、第6感がない人には、気づいてもらえません。そんな時、匂いや音によって5感に働きかけ、その存在を示そうとするものもいます。

その場所だけひんやりする

jplenio / Pixabay

よく霊的なものを感じると寒気がするといいますが、霊がいるところは、他の場所より温度が低く感じるといった特徴もあります。

また、鳥肌が立つというのは、第6感の1歩であると言われています。

お菓子やお酒が知らないうちに減っている

quintonwu / Pixabay

お酒には霊を浄化する力があります。もし家に置いて置いた、お酒が減っていたら、家の中に霊道があり、入ってきた霊を浄化した可能性があります。

またお供え物と同じように、霊が食べ物を食べるということもあると言われています。

家の中や職場が霊道だったらどうすれば良い?対策は?

Activedia / Pixabay

自分の家や職場が霊道だった場合、毎日時間を費やす場所でもありますので、病気など体への影響や事故にあいそうなど気になるところです。

もし、自宅や職場が霊道だった場合どうすればよいのでしょうか。その対策方法を調査しました。

引っ越す

blickpixel / Pixabay

まず何より、できることであれば引っ越すことが一番でしょう。霊道が通っている家に住んでいても良いことなどほとんどありません。

もし家が霊道の疑いがあるのであれば、できる限り早く逃げることをおすすめします。

心霊番組などでもありますが、怖い思いをした体験者は、引っ越しをしなかったが為に霊現象に遭遇してしまいます。

霊能者に相談する

emersonmello / Pixabay

しかしそうはいっても、金銭的な問題や、そもそも家を建ててしまった場所が霊道だった場合、すぐには、引っ越しできないといったことがほとんどです。

そのような場合には陰陽師や、風水師、霊能力者に相談するのが一番でしょう。その道の専門家に相談することが一番近道です。

霊道の移動を待つ

Pexels / Pixabay

持久戦に持ち込む方法です。霊道は地脈の関係から少しずつ移動すると言われています。

もし、霊道の疑いはあるけれども、自身への影響が少なく、待つことができるのであれば霊道が移動するまで待つということもひとつの方法です。

NEXT 霊道を避けて行動する