徳川埋蔵金って何!?すでに発見されているものも?秘められた謎とは 芸能人

徳川埋蔵金って何!?すでに発見されているものも?秘められた謎とは

徳川埋蔵金は水野智義の発掘事業が有名でテレビでも何度も取り上げられています。場所については日光東照宮や群馬など様々な説があり、林修も埋蔵金について言及しています。また豊臣埋蔵金と関係があり、現在は弁当の名前にもなっています。

目次

[表示]

徳川埋蔵金とは?

徳川埋蔵金とは一体どういったものなのでしょうか。また徳川埋蔵金として、一体どのようなものが埋められたのでしょうか。くわしく見ていきたいと思います。

徳川埋蔵金って何?

1867年の江戸時代末期に江戸幕府が大政奉還をおこなった際に、幕府再興の軍資金が密かに埋められたと言われています。

この時に埋められたのは金塊、または貨幣とされていますが、実際のところ、なにが埋められたのかはまだわかっていません。

その額360万〜400万両?現代の額にするといくら?

徳川埋蔵金の金額は360万〜400万両と言われています。

具体的な金額については、勝海舟の日記にあった次の記述が元とされています。

軍用金として360万両有るが、これは常備兵を養う為の金で使うわけにいかない」

(引用:勝海舟の日記)

また360万〜400万両は現代の金額にすると、米で換算するとおよそ500億円、金銀で換算すると3000億円になります。

徳川埋蔵金の発端は?

1868年4月に江戸城が無血開城された際、財政難に苦しんでいた明治新政府は幕府御用金を自分達の資金にしようと考えていました。

しかし、いざ江戸城を明け渡された明治新政府が江戸城内にあった金蔵を見てみると、その中はなんと空っぽでした。

これを見た明治新政府は江戸幕府の人間が幕府御用金をどこかに隠したのではないかと考え、ここから御用金探しが始まりました。これが徳川埋蔵金の発端となったできごとです。

埋蔵金伝説の拡散

この明治新政府による御用金探しは元勘定奉行・小栗忠順にまで及びました。小栗忠順は奉行職を辞任した後は、上野国(群馬県)にある権田村で暮らしていました。

そのため「小栗忠順が幕府御用金を持ち逃げした」との噂が飛び交い「利根川をのぼって来た船から赤城山へ誰かが何かを運ぶのを見た」と証言する者もいました。

小栗忠順が江戸開城の処分として唯一斬首されていたこともあり、人々は赤城山を探しましたが埋蔵金は見つからず、このことで様々な持論が展開され、いくつもの埋蔵金伝説が生まれました。

説が3つも?徳川埋蔵金①久能山御用金伝説

徳川家康が残した軍用金は久能山東照宮に納められましたが、棺を日光に移す時に残りの軍用金も一緒に江戸城へと運ばれました。この時の残りの軍用金は「久能山御蔵金銀」とも言われています。

徳川家康が残した軍用金ですが、日光東照宮の造営や徳川家光の上洛などによって、すべて使い果たされたとされて言われています。

しかし実際は軍用金の一部は残されていて、それが徳川埋蔵金になったと考えられているのが、この説です。

説が3つも?徳川埋蔵金②他家埋蔵金説

当時の江戸幕府は結城埋蔵金など、各地に残っていた大名の埋蔵金伝説について調べると、それらを元にして埋蔵金の発掘に乗り出しましたが、埋蔵金発掘はすべて失敗してしまいました。

しかし、中には埋蔵金の発掘に成功していたものもいくつかあり、それらの埋蔵金をまとめて埋蔵したのが徳川埋蔵金であるという説です。

説が3つも?徳川埋蔵金③国家予算流用説

その当時の大老と勘定奉行が万が一の事態が起こった時のことを考えて、共に画策して国家予算の一部をこっそりと流用し、それを埋蔵金として隠していたという説です。

このような説があったこともあり、元勘定奉行・小栗忠順にまで御用金探しの手が伸ばされ、人々も赤城山に埋蔵金があるのではないかと考えました。

徳川埋蔵金は本当に存在するの?

色々な伝説がある徳川埋蔵金ですが、果たして徳川埋蔵金は本当に実在しているのでしょうか。

徳川埋蔵金の物的証拠は?

1990年から1995年にかけて、TBS系列の番組で赤城山に隠されている徳川埋蔵金を発掘するという企画がテレビ番組として放送されました。

その放送の中で誰かが地面を深く掘った痕跡や巨大なトンネルや綺麗に組まれた石組みなどが、地中から多数見つかりました。

誰かが地中を掘った痕跡は見つかったものの、残念なことに肝心の徳川埋蔵金が企画の中で見つかることはありませんでした。

徳川埋蔵金は群馬県の赤城山にあるって本当?

群馬県は小栗忠順が勘定奉行をやめた後に過ごした場所であり、目撃情報などもあったため赤城山にあるという説が有力とされています。

赤城山の「源次郎の井戸」周辺からは発見されていない?

水野家の初代・水野知義の日記には、黄金の徳川家康像が発見された近くに「源次郎の井戸」と呼ばれる井戸があり、そこに目印となる杭を打ち込んだとありました。

日記の記述を元に調査を進めた結果、井戸の跡と思われる石群を発見しましたが、この井戸や井戸の周辺から徳川埋蔵金や関係するものが発見されることがありませんでした。

徳川埋蔵金は本当は無い?存在しないの?

これまでに何度も大掛かりな埋蔵金捜索がされたにも関わらず、それらしきものはまったく見つかっていません。

そのことから、徳川埋蔵金は本当は存在していないのではないかという説もあります。

徳川埋蔵金の架空説

江戸幕府は初代将軍・徳川家康以降は多くの城や寺社の普請や、江戸の街をおそった度重なるの大火被害などの災害、そして災害から復興するための資金などといった、大きな支出がその後、何代にもわたって続きました。

そのため5代将軍・徳川綱吉の頃には江戸幕府の財政はかなり悪い方へと傾いており、これまで貯めていたものでなんとか不足分を補うという、自転車操業に近いような状態でした。

このような決して財政状態が良いと言えない中で埋蔵金にまわす財産などがあったとは考えにくく、そのため徳川埋蔵金は架空の存在ではないかと考えられています。

海外に持ち出されたという説もある?

江戸城の無血開城から5日後、仙台伊達藩が所有している軍船・早丸が外国の蒸気船にわざわざ偽造し、400両の幕府御用金を秘密裏に海外に向けて持ち出したという説があります。

戊辰戦争では幕府と敵対関係にあった仙台藩ですが、仙台藩主・伊達慶邦が迎えた継室が15代将軍・徳川慶喜の実妹であったことから、仙台藩が幕府御用金の持ち出し計画に協力したのではないかと考えられています。

早丸は中国の上海に向かったのではないかと考えられていますが、暗礁に乗り上げて三浦半島のあたりで付近で沈没してしまいます。今も早丸は海の底に沈んだままだと言われています。

徳川埋蔵金の存在を検証した動画も

https://www.youtube.com/watch?v=Iz2YnRMyKEI

このような徳川埋蔵金に関する動画がいくつもあることから、徳川埋蔵金に対する関心の高さがうかがえます。

もし本当に徳川埋蔵金が見つかったらどうするの?

見つかった徳川埋蔵金は埋蔵金ではなく「歴史的な価値を持つ文化財」として扱われることになります。

そのため「文化財保護法」が徳川埋蔵金にも適用され、徳川埋蔵金は「見つけた人のもの」ではなく「政府のもの」となり、埋蔵金は国庫に帰属されます。

「遺失物法」の規定するところによって徳川埋蔵金を発見した人には報労金がいくらか支払われることになりますが、発見した人が徳川埋蔵金の現物を手にすることや徳川埋蔵金を所有することはできません。

徳川埋蔵金と日光東照宮の都市伝説とは?隠れた真実も公開!

日光東照宮には、徳川埋蔵金に関わる都市伝説があります。

家康公が祀られている日光東照宮の都市伝説と埋蔵金のありか

日光東照宮は徳川家康が祀られています。そんな日光東照宮には、徳川埋蔵金のありかにまつわる都市伝説があります。

徳川埋蔵金は豊臣埋蔵金から始まっていた?

豊臣秀吉は金や銀の採掘をしていたことでも有名です。豊臣秀吉が発掘した金銀の資産価値を現代の金額に直すと、その額は200兆円にものぼると言われています。

徳川家康はそんな豊臣秀吉の資産をひそかに調べており、豊臣秀吉が亡くなった後には豊臣家に無理難題を言い、豊臣秀吉がのこした豊臣家の財産を利用しました。

関ヶ原の戦いの後、天下人となった徳川家康は関ヶ原の戦いで見事な活躍をした家臣や大名達に恩賞を出しますが、その際にも豊臣秀吉が残した財産を利用し、自分の懐を一切痛めることはなかったと言われています。

『かごめかごめ』の歌に埋蔵金の謎が隠されている?

かごめ かごめ

かごの中のとりは

いついつ出やる

夜明けの晩に

つるとかめがすべった

うしろのしょうめんだーれ

(引用:わらべうた「かごめかごめ」)

この「かごめかごめ」の歌の中に徳川埋蔵金に関する謎が隠されていると言われています。

『かごめかごめ』と六芒星と徳川埋蔵金

『かごめかごめ』の歌詞の冒頭にある「かごめかごめ」は「籠目」つまり「籠の目」をあらわしているとされています。

また籠の目の形は関東にある徳川にゆかりの寺社を線で結んでいった時に描かれる六芒星と同じ形をしています。

また日光東照宮には鶴と亀の銅像があり、その後ろにある祠に刻まれている六芒星は上部がかけています。これらは「徳川埋蔵金は日光東照宮に隠されている」ということをあらわしていると言われています。

「籠の中の鳥」は「日光東照宮の鳥居」?

また『かごめかごめ』の歌詞にある「かごの中のとり」は「籠の中の鳥→籠の中の鳥居」となり、鳥居のある日光東照宮を指しているのではないかと考えられています。

実際に日光東照宮には立派な鳥居があり、日光東照宮が徳川の埋蔵金を守っていると考えてみると「かごの中のとり」と表現されていても不思議はありません。

埋蔵金とユダヤ神宝の存在

六芒星はまたの名を「ダビデの星」とも言われており、このダビデの星はユダヤの象徴ともされています。

また『かごめかごめ』の歌をヘブライ語に訳して、さらにそれを日本語にしてみると「神宝を取り戻せ」という内容のものになるだけでなく、日光東照宮には玉を持った獅子がのった箱のような像があります。

古代ユダヤには「失われた聖櫃(アーク)」といわれる神輿の起源ともなった契約の箱があり、獅子は狛犬の起源でもあると同時にダビデ王の系統であるユダ族のシンボルでもあります。

実は政府は埋蔵場所を知っている?

実は政府は徳川埋蔵金の埋まっている場所をとっくに知っているという説があります。

しかし、それが事実なのだとしたら、なぜ今まで政府による発掘作業などがされていないのでしょうか。

隠しているのはシルクが発見されたら困るから?

徳川埋蔵金を発掘することなく隠したままにしている理由のひとつとして言われているのは「シルクが発見されると困るから」です。

徳川埋蔵金を発掘して、万が一シルクなどが発見された際にはシルクロードの歴史が完全に塗り替えられてしまうことになります。

歴史認識が大きく変わってしまうことをおそれて、徳川埋蔵金を発掘することなく隠しているのではないかと考えられています。

徳川埋蔵金と水野家の関係

徳川埋蔵金に大きく関わっているのが、赤城山の所有者でもある水野家です。水野家は祖父の代から徳川埋蔵金の発掘を続けています。

水野一族って?徳川埋蔵金との関係とは

水野家の初代・水野智義は、義父である中島蔵人に死の床へと呼ばれます。

そこで水野智義は中島蔵人から「勧請吟味方在職中に甲府の御金蔵から24万両を運んで赤城山に埋めた」という話を聞きます。

それを掘り出してほしいと言われた水野智義は埋蔵金探しをはじめることになります。

水野智義が発掘事業を開始!明治16年から始まった発掘

中島蔵人から望みを託された初代水野智義は何十人もの労働者を金で雇うと、明治16年から徳川埋蔵金の発掘作業を開始しました。この時、初代水野智義は31歳でした。

中島蔵人から望みを託されたということもありましたが、初代水野智義はこの徳川埋蔵金発掘を「全日本人に貢献する事業」と考えており、高い理想を持って発掘作業にのぞんでいました。

初代水野智義はものすごい金持ちだった!

元々、初代水野智義は日本橋で商売をしていましたが、その商売で見事に成功し、莫大な富を手に入れます。

初代水野智義はそうして得た富を徳川埋蔵金発掘にあて、発掘作業を進めていきます。

NEXT:明治23年に初代智義が黄金の徳川家康像を発見!
1/3