オエストロジェルで女性化が目指せる?入手方法や副作用の有無など! 恋愛・心理

オエストロジェルで女性化が目指せる?入手方法や副作用の有無など!

女性化を目指す男性には必須の医薬品であるオエストロジェル。通販などで手軽に入手できて、使用することで胸なども大きくなり、適切な使い方をすれば大きな効果が期待できます。しかし副作用には注意が必要です。そんなオエストロジェルについて迫っていきます。

目次

[表示]

女性化が目指せる?オエストロジェルが持つ効果とは?

MireXa / Pixabay

女性ホルモンを増やしてくれると言われているオエストロジェル。さまざまな効果があり男性でも使用する方が増えています。そんな魔法のような薬が今、注目されています。

オエストロジェルってどんなもの?

virandek / Pixabay

オエストロジェルとは、体内の女性ホルモンを増やす効果があると言われている薬です。使用方法は1日1回、体に塗布するだけです。塗布して1時間置くと、体内の女性ホルモンを増やす効果があるそうです。

女性ホルモンを増やすための、さまざまな方法があります。錠剤タイプで経口摂取する薬や、注射で直接、体内にホルモンを注入するタイプなど。しかし。注射だと通院する必要がありますし、飲み薬は味が気になります。

このオエストロジェルは非常に簡単に塗ることができるため、通院をする手間や薬の味や風味が気になることもありません。

成分は女性ホルモンを構成する「エストラジオール」

Takmeomeo / Pixabay

オエストロジェルの成分は、エストラジオールです。このエストラジオールという物質が、卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンの一種になります。これは、女性の体内で分泌されている天然のホルモンです。

このエストラジオールは一般的に、女性ホルモン剤やピルなどに使用されており、安全性の高いホルモンであるということが特徴です。

卵胞ホルモンには、エストロン、エストリオール、エストラジオールという3種類のホルモンがあります。その中でも、エストラジオールは最も強力な女性ホルモンだと言われています。

効果①生理不順や更年期障害が緩和されると言われている

RondellMelling / Pixabay

オエストロジェルの効果の一つには、更年期障害の諸症状を緩和する効果があると言われています。女性ホルモンのエストロゲンという物質は女性にとって必要不可欠なホルモンです。

しかし、このエストロゲンは年齢を重ねていくにつれて、どんどん減少していってしまいます。そのため、発汗、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠など更年期障害の症状がでてきます。

男性が発生するというケースもありますが、オエストロジェルを使用することで、そのような症状を緩和する効果があると言われています。

効果②男性の女性化にも広く活用されている

Fotorech / Pixabay

女性ホルモンを増やす効果があるということから、男性でも女性化をするために使用するといったケースも見られています。非常に効果の高い塗り薬であるため、一般女性の女性ホルモンの基準値まで簡単に上がります。

同じエストラジオールを成分とする錠剤タイプと比較しても、吸収率は塗り薬の方が20倍という、非常に吸収効果が高いと考えられます。

また、他の女性ホルモン剤と比較しても副作用が少ないのが特徴でもあります。

効果③美肌効果があるとされている

byrev / Pixabay

さらに、このオエストロジェルには美肌効果もあると言われています。女性ホルモンは美肌を保つためには必須のホルモンであり、コラーゲンの分泌を促す効果があるとのことです。

そのため、女性ホルモンを増やすとされるオエストロジェルを使用することで、美肌にも大きな効果があると言われています。

効果④ムダ毛が薄くなる効果も見られている

NeuPaddy / Pixabay

ムダ毛に悩まれている方は多くいらっしゃると思いますが、オエストロジェルはムダ毛にも非常に高い効果をあげているそうです。男性ホルモンにはムダ毛を育てる効果があり、女性ホルモンには薄くする効果があります。

そのためムダ毛が濃い方でもオエストロジェルを塗布し女性ホルモンを増やせば、必然的にムダ毛は薄くなっていくということが考えられます。

ムダ毛をカミソリなどで処理しようとすると、ときには肌を傷つけてしまう恐れがあります。しかし、オエストロジェルだと塗るだけですので、そういった危険性も皆無です。

効果⑤バストアップに成功したという声も

KlausHausmann / Pixabay

世の中には胸の大きさで悩んでいる女性も大勢います。オエストロジェルの口コミでは、バスト自体が大きくなったり、ハリがでてきたという声が多数、寄せられています。

先述した女性ホルモンの一つである「エストロゲン」これには、女性を出産に備えた体にするという役割があると言われており、乳腺を発達させる性質があるそうです。

さらに、乳腺が発達すればするほどきれいな形のバストになると言われているため、オエストロジェルを塗ることは、バストアップやきれいな形にすることに対して非常に有効な手段だと言われています。

効果⑥骨密度UPで骨粗しょう症などの予防になるとも

volfdrag / Pixabay

また、オエストロジェルには骨密度をあげる効果があるとも言われています。骨密度をあげることで、骨粗しょう症の予防や症状を改善することができます。

もともと骨というものは、古くなった骨を壊す破骨細胞、その骨を新しく前よりも強い骨にする骨芽細胞により、一定の周期で作り直されています。そして、そのたびに、より強い骨になっています。

破骨細胞を抑える働きをするのがエストロゲンです。加齢によりエストロゲンが減ると、骨芽細胞の働きを上回る量の骨を壊すため骨粗しょう症になります。女性ホルモンを摂取することで、以上のことを防げます。

効果⑦皮脂の減少により体臭変化やニキビ改善になるケースも

KELLEPICS / Pixabay

女性ホルモンには汗や皮脂を抑える働きがあるとされています。そのため、オエストロジェルを使用することで多汗症の改善や皮脂の軽減効果が見られています。そして、体臭が無くなる効果も確認されています。

ニキビの主な発生要因は皮脂と言われておりますので、皮脂が減少することでニキビの発生も抑えることができます。

効果⑧筋肉量の減少や三角形型の丸みのある女性らしい身体に

Comfreak / Pixabay

オエストロジェルを塗布することで女性ホルモンが増え、それに伴い筋肉量が減少し手足が細くなります。そして、脂肪の付き方にも変化があり、女性体型になると言われています。

一般的に男性の体型は、肩幅が広く、お尻が小さい逆三角形型です。そして、女性の体型は、お尻に脂肪がつきやすく三角形型だと言われています。オエストロジェルを塗布することで三角形型になるとのことです。

また、男性の体や顔の輪郭はゴツゴツと骨ばったものですが、こちらも丸みのある女性らしい、やわらかな輪郭へと変わっていきます。

オエストロジェル使用による副作用はある?

sasint / Pixabay

さまざまな効果があると言われているオエストロジェル。しかし、このオエストロジェルにも少なからず副作用があります。その点を、しっかりと理解したうえで使用する必要があるでしょう。

個人差はあるものの、副作用が表れるとの声も

Pexels / Pixabay

オエストロジェルには副作用があると言われています。しかし、副作用には個人差があり、全くない人もいれば、かなり副作用に悩まされる人もいてるそうです。

一方で、軽い副作用であればそれを上回るほどの効果があるとも

sebadelval / Pixabay

オエストロジェルは一般的に副作用が少ないと言われています。しかし、どの医薬品にも多かれ少なかれ副作用があるとのことで、オエストロジェルの場合は、その副作用を遙かに上回る効果があると考えられています。

副作用①頭痛やめまいなどの症状が表れることも

darksouls1 / Pixabay

副作用の一つに、頭痛、めまいがあげられます。個人差はありますが、女性は生理前後にホルモンの量が大きく変化するので片頭痛が出やすいといわれています。

それと同じように、オエストロジェルを使用し女性ホルモンを急激に増やすことで頭痛が出やすくなる、また、めまいが出てくることもあると言われています。

服用初期は女性ホルモンの増加に体がついていけず、こういった症状が特に見られると考えられていますので、注意が必要です。

副作用②吐き気や嘔吐、性欲低下を引き起こす可能性がある

geralt / Pixabay

また、吐き気や、つわりの様な症状も表れる可能性もあります。この症状は主に服用初期に見られます。原因は主に、女性ホルモンの増加によりホルモンバランスが変化することだと考えられています。

具体的な症状は、朝に感じる吐き気や、食欲不振などです。服用初期は、ホルモンバランスの変化になれておりませんが2~3ヶ月もすれば体が慣れて、症状も治まるといわれています。

また、性欲の低下もあげられます。性感が今までとは違い、女性的に変化していきます。

副作用③むくみが出たら血栓症の疑いも

RyanMcGuire / Pixabay

もし、オエストロジェルを使用したことにより、むくみが出た場合は、すぐに使用を注意する必要があります。このむくみは女性ホルモンの増加によって発生した、血栓症の初期症状である可能性が高いからです。

女性ホルモンは血液を固める成分が作られるのを、促す働きがあります。しかし、オエストロジェルを塗布することで女性ホルモンが増加すると、その働きを強くしてしまう恐れがあります。

その働きが強くなると血液が固まってできた血栓が、血流を塞いでしまいます。そして体全体の血流が悪くなり、最悪の場合には命に関わる危険性も考えられるので、すぐに使用を中止すべきだと言われています。

副作用④皮膚が弱い人は皮膚炎になる可能性あり

josemdelaa / Pixabay

オエストロジェルによる副作用の一つとして、皮膚炎があげられます。もともと皮膚に塗布する薬であるため、肌が弱かったり敏感肌の人だと、皮膚炎を起こす可能性があると言われています。

また人によっては、オエストロジェルに含まれている成分にアレルギー反応が起きる場合も考えられます。しっかりと成分表を確認する、使用前にはパッチテストを行うなどの対策が必要でしょう。

副作用⑤動悸やほてりなど、更年期障害に似た症状が出ることも

StockSnap / Pixabay

動悸やほてり、疲労感を感じるなどの副作用も確認されています。これは更年期障害の症状に非常に類似しており、更年期障害の予防のために使用し、こういった症状がでるというケースも考えられます。

こういった症状がでるケースは、ごく少数です。副作用には、どうしても個人差が生まれますが、そのなかでも自分に合っていなければ使用を中止する決断も必要になってきます。

副作用⑥身体がふるえる、汗をかきやすくなるなどの身体的変化も

cuncon / Pixabay

また、身体の震えや汗がかきやすくなるといった症状も確認されています。口コミ情報によると、夜中、暑いにも関わらず突然、身体が震えだすことがあったとのことです。

そして、その方はもとも汗っかきのようですが、汗が以前にも増してかくようになったという報告もありました。

副作用⑦ごく稀に、乳がんや子宮がんなどの重篤な副作用が起こる可能性

Anemone123 / Pixabay

そして、この症状はごく僅かなケースですが、乳がんや子宮がんを発症するという可能性もあります。そのため、使用したことにより少しでも身体に異常を感じたときは、すぐに医師の診察を受けるべきだと考えられます。

オエストロジェルの正しい使用方法や用量は?

Pexels / Pixabay

オエストロジェルは医薬品です。濡れば塗るほど効果がでるというものではなく、使用方法、用量をしっかりと守り使用することで、より効率的に効果が出てくるでしょう。

1日1回2~3gを塗布する

Pexels / Pixabay

基本的に、1日に1回塗布します。1回の塗る量は、2~3gと言われています。1回塗ることで効果は1日続きます。

塗る場所は手首~肩あるいは太ももの内側

Fotorech / Pixabay

公式による推奨される箇所が、手首から肩までの範囲、太ももの内側だとされています。

皮膚が吸収した成分は血液に運ばれ全身に作用されます。つまり、基本的には、どこに塗っても同じ効果が得られると考えられています。

しかし、塗る箇所によって吸収率が違うので、推奨されている箇所に塗布することが最も効率的です。また、海外では研究の結果、お尻に塗ったときの吸収率が最も高いということが判明しています。

塗ってはいけない場所は胸部・顔・外陰部や粘膜部分

sabinevanerp / Pixabay

しかし一部、塗ってはいけないとされる箇所があります。それは、胸部、顔、外陰部及び粘膜とされています。使用する際には十分な注意が必要です。

塗り方は広く伸ばすと吸収率がUP!

塗り方によっても吸収率が変わってきます。広く伸ばして塗る方法が最も効率的に吸収してくれるとのことです。塗るタイミングは入浴後がオススメとされています。

塗布し数分後には乾くので、それから服を着ることで薬が取れる心配もありません。また1時間ほどで成分は吸収されますので、その後は塗布部位を水に濡らしたりしても問題ありません。

塗布する部位は毎日、違う場所に変える必要があります。先述の通り、どこに塗っても効果は作用しますので心配ありません。

胸に塗るとバストアップする?がん細胞が増殖してしまうという話も

Pexels / Pixabay

オエストロジェルをバストに塗布することは禁じられています。一般的な理由として、副作用の症状が発生する可能性の増加、ガン細胞の増殖を促す、などの理由だと考えられています。

頭皮に塗ると髪がフサフサになるという口コミも存在する

Free-Photos / Pixabay

オエストロジェルには男性ホルモンを抑えるはたらきがあるため、頭皮に塗ることで発毛や育毛に効果があると言われています。発毛や育毛目的で使用されている男性も多数いるとのことです。

オエストロジェルを使用する際の注意点は?

Olichel / Pixabay

オエストロジェルの副作用には注意が必要ですが、それ以外にも注意点があります。使用する際には、それらをしっかりと確認し、注意して使用しなければなりません。

NEXT:注意点①他の人に成分が移る可能性がある
1/2