ファフロツキーズとはどんな現象?原因や仮説は?セカオワとの関係? おもしろ

ファフロツキーズとはどんな現象?原因や仮説は?セカオワとの関係?

あまり耳にしない言葉ですが、ファフロツキーズとはどの様な現象なのでしょうか?怪奇現象の様なモノなのでしょうか?その原因は何で、原因を分析する仮説はあるのでしょうか?セカオワと関係があると言う噂は本当なのでしょうか?その内容をまとめました。

目次

[表示]

ファフロツキーズとは?どんな現象?動画はある?

Tumisu / Pixabay

ファフロツキーズとは、一体どんな現象なのでしょうか?実際の動画はあるのでしょうか?

ファフロツキーズとは?怪雨とも?

TanteTati / Pixabay

ファフロツキーズとは怪雨(かいう)とも呼ばれ、ある一定の範囲に多数の物体が落下する現象を指し、その内、雨・雪・隕石等の原因が特定されている物を除く「その場にあるはずの無い物」が空から降る現象の事です。

ファフロツキーズの歴史は古い

ファフロツキーズは約1800年前も昔から世界各地で記録されている様です。16世紀のイギリスではカエル、17世紀のアメリカではネズミ、19世紀のルーマニアでは魚がまるで雨の様に降ってきたそうです。

ファフロツキーズは謎の空からの落下物?命名者は?

ファフロツキーズ現象やファフロッキー現象とも呼ばれ、オーパーツの名付け親であるアイヴァン・サンダーソン氏がその命名者だそうです。

「FALLs FROm The SKIES」(和訳で、空からの落下物)の頭文字を略した造語からきているそうです。

落下物の事例としては、魚等の海産物や蛙などが多い様です。中には、ワニや牛、大量の紙幣やコイン等も振ってきた事があるそうですよ。

ファフロツキーズは英語だとマイナー?

BiljaST / Pixabay

英語圏では「Creature Falls」や「Raining Animals」と呼ばれる事の方が多いそうで、「Fafrotskies」という呼び名はマイナーな呼び名な様です。

実際、英語版のWikipediaにおいて「Rain of animals」を調べると、「fafrotskies」と言う言葉には全く触れられていませんでした。

またこの記事中には「他言語版」としてその他の言語版のWikipedia記事にリンクしていますが、「fafrotskies」という言葉に触れている日本語版の記事「ファフロツキーズ」のみでした。

ファフロツキーズの動画は?

実際のファフロツキーズが起こった際の動画がありますのでご覧ください。こちらは2018年4月、イランのイスファハン州のゴルパーイエガーンで空から魚が降って来た際の映像です。想像しただけでも奇妙ですよね。

こちらは、2018年12月、インドのアーンドラ・プラデーシュ州のアマラプラン付近のヤナムと言う地域に100匹以上もの魚が降って来た際の映像です。映像の魚はまだ生きている様です。

ファフロツキーズの仮説とは?何が原因?

qimono / Pixabay

回帰現象とも言えるファフロツキーズですが、その原因を探る仮説はあるのでしょうか?一体何が原因なのでしょうか?

竜巻原因説

Papafox / Pixabay

竜巻によって巻き上げられた魚などが空から降ってきたと言う説です。この竜巻原因説が一番の有力説の様です。実際、1913年11月にオーストラリアで発生した竜巻からは魚が降ってきた事例があるそうです。

他にも、1918年8月にイギリスで発生した竜巻からも長さ7.5センチ程の玉筋魚(いかなご)が降ってきたのだとか。

鳥原因説

258817 / Pixabay

魚を捕まえた鳥が、空を飛んでいる最中に咥えている魚を落としてしまったのではないかと言う説です。しかしこの説では、何百匹もの魚が振ってきた事例を説明する事はできない為、信憑性は低い様です。

飛行機原因説

Free-Photos / Pixabay

飛行機の積荷が落下してしまったと言う説です。前述していますが、ファフロツキーズが確認されたのは今から約1800年前なので、飛行機が登場するよりもかなり前の話です。

また、飛行機からの落下物なのであれば、飛行速度や風速から、飛行機の飛行場所と落下物の位置を割り出せそうですが、解明できていないとすると飛行機原因説の信憑性は低そうですね。

また、ファフロツキーズは数時間にもわたって振ってくる事もあるそうで、飛行機の落下物が何時間にもわたって振ってくるとは考えにくそうです。

悪戯説

何者かが故意に落下物を散布していると言う説です。人為的に発生させた事象であればほぼ全ての事象を説明出来ますが、その行為の瞬間を目撃した事例は無いそうです。

また最古の事例は約1800年も前なので、空から散布するのは難しいと思われます。中には人為的なモノもあるかもしれませんが、全ての事象を説明するには少し弱い説の様です。

錯覚説(大量発生説)

Alexas_Fotos / Pixabay

主に蛙の落下現象を説明する仮説になりますが、突如として大量に発生した蛙がまるで空から振って来たかの様に見えるのではないかと言う説です。

さっきまでいなかったはずの蛙が一瞬にして大量に発生すれば、振って湧いたのではないかと錯覚しますよね。ただ、実際に蛙が空からやって来たのか、どこかからやってきたのかを目撃した事例は無い様です。

仮に空から振って来た場合に必ず発生するであろう潰死体の記録がない事から、空から降って来たとは考えられにくい様です。

過去に起きたファフロツキーズは?

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

過去にはどの様なファフロツキーズが発生したのでしょうか?まとめました。

2009年石川県「おたまじゃくし騒動」

2009年6月4日、石川県七尾市中島町の中島市民センターの駐車場にて、オタマジャクシが空から降って来たと言う事例があるそうです。

当時、現場にいたのは男性職員1人のみで、落下物の音がした為に確認した所、全部で100匹程のオタマジャクシが落ちていたそうです。

この事例は地元の新聞にも取り上げられたそうですが、専門家等が様々な仮説を提唱したものの、決定的な仮説はなかったそうです。

原因は鳥だった?

この事例での最も有力な仮説は鳥原因説の様です。現場近くの水田ではアオサギが多く見かけられており、騒動のあった6月頃は、ヒナに餌を与える為に、多くのオタマジャクシ等を腹に入れて巣に運んでいるそうです。

その際にカラス等の外敵に襲われる等して吐き出した可能性が高いそうです。通常、鳥が食べた物は消化され団子状になるはずですが、捕獲して時間が経っていない場合は未消化のバラバラの状態を保っているそうです。

付近の老年の女性は、下記の様に話している事から、以前から同様の目撃情報はあった様です。

「(鳥が落とすことは)昔からよくあったんだよ。最近テレビで騒いでるけど、別にそう騒ぐほどのことでもないと思うけどね」

(引用:アシオスより)

真相報道バンキシャ!でも取り上げられた

2009年6月14日放送の「真相報道バンキシャ!」において「空から降ってきた オタマジャクシの謎」と言うタイトルで特集されていたそうです。番組内では竜巻原因説と鳥原因説の検証をしていたそうです。

結局、どの検証も結論の出るものではなく、謎のままで番組は終わった様です。

1833年インド「大量の魚」

Free-Photos / Pixabay

1833年、インドのフッテプールで、3000〜4000匹もの日干しになった魚が空から降ってきたそうです。

2005年アメリカ「金属球」

2005年、アメリカのテキサス州でボーリングベアの様な金属球が空から降って来た起きたそうです。目撃者によると金属球が落ちたのは彼の職場の隣にある駐車場で、アスファルトに1センチ程の穴が開いたそうです。

すぐに空を確認しましたが、飛行機等は飛んでおらず、近くに電線や木などもなかったそうです。ちなみに、この金属球はかなりの熱を帯びていたのだとか。

1979年イギリス「大量の種子」

1979年、イギリスのサザンプトン郊外でゼリー状の何かに包まれたからし菜の種子が空から降って来たそうです。この現象は翌日も続き、大豆にトウモロコシ、インゲン豆の種子が降ってきたのだとか。

発見したのは現地に住むローランド・ムーディ夫妻で、隣人のストックリー夫人も目撃しており、その時の様子をこの様に語っているそうです。

玄関のドアを開けるたびに、空豆がどさどさ降ってきたわ。私たちは文字どおり空豆に降りこめられたわけね。廊下にも入ってくるし、台所にも飛び込んできたの。10ヤード(約9メートル)は離れていたと思うけど、すごい速さで飛んできたのよ。

(引用:超常現象の謎解きより)

1995年アメリカ「7000ドルの紙幣」

TBIT / Pixabay

1995年3月24日、アメリカのマサチューセッツ州のイースト・ボストンにあるマクレラン・ハイウェイで一塊になった紙幣が空から降って来たそうです。ハイウェイを走行中の複数のドライバーが目撃したそうです。

目撃者達は「緑色の雲のような物」が落下するのを目撃したそうで、警官が回収して確認した所、7000ドル以上あったのだとか。事件後、その紙幣は警察に保管されましたが、落とし主からの連絡はなかったそうです。

1976年アメリカ「氷塊」

Huskyherz / Pixabay

1976年3月7日、アメリカのヴァージニア州のティンバービルで民家の屋根を突き破ってバスケットボール程の大きさもある氷塊が空から降って来たそうです。

地元の警察が専門機関に分析を依頼した所、その氷塊は、自然に降る雹とは明らかに内部構造が違うことが判明したそうです。氷塊の内部には砂利は見つからず、当日の夜には上空を飛んでいた飛行機はなかったそうです。

セカイノオワリとファフロツキーズの関係は?

インターネットで「ファフロツキーズ」と検索すると、セカイノオワリ(以下、省略してセカオワ)と関連した内容の記事が多く見受けられます。怪奇現象の様なファフロツキーズと何か関係があるのでしょうか?

セカイノオワリの曲にファフロツキーズがでてくる?

セカオワの曲「RAIN」。この曲は大ヒットアニメーション映画「メアリと魔女の花」の主題歌です。この「RAIN」と言う曲の歌詞の中に「ファフロツキーズ」が出てくるそうなのです。

『RAIN』の歌詞「ファフロツキーズの夢を見て起きた」

「RAIN」の序盤に「ファフロツキーズの夢を見て来た」と言う歌詞がありました。動画の50秒付近にその歌詞があります。ファフロツキーズで検索するとセカオワとの関連記事が多くあったのはその為ですね。

「RAIN」の作詞はFukase/Saoriとなっているので、Fukaseさん、もしくはSaoriさんのいずれかがファフロツキーズの夢を見た事があるのでしょうか。

2018年のツアータイトル?

2018年に行われたセカオワ初のファンクラブツアーのタイトルが「Fafrotskies」だったそうです。このツアーはセカオワのファンクラブ会員のみしかチケットを購入出来ないスペシャルツアーでした。

セカオワファンの間では、この言葉を選んだ意味を探ってみたり、何か不思議な現象を見せてくれるのではと期待が寄せられていた様です。

ファフロツキーズのグッツは?

ファフロツキーズのグッツとは、どの様な物があったのでしょうか?

  • Fafrotskies 2018 Tシャツ白
  • Fafrotskies 2018 Tシャツ黒
  • スマートフォンカバー/マルチタイプ
  • スポートタオル(カラビナ付))
  • トートバッグ
  • 大容量ポーチ
  • 文房具セット(蛍光ペン/ボールペン/メモ帳セット)
  • パスケース(ファスナー/ネックストラップ付)
  • キーホルダー
  • ランダムグッズ(チャーム全8種類)
  • 会場別ラバーバンド

黄色を基調としたユニークなデザインとなっている様です。ファフロツキーズの特徴を捉えたデザインの様ですね。

ファフロツキーズが出てくる作品は?

mermyhh / Pixabay

世間の話題になる程のインパクトのあるファフロツキーズですが、映画にも登場している様です。ファフロツキーズが登場する作品をまとめました。

NEXT:映画「最後の戦い」
1/2