りんぴょうとうしゃとは?九字切り?やり方は?素人がやると危険? 占い・スピリチュアル

りんぴょうとうしゃとは?九字切り?やり方は?素人がやると危険?

目次

[表示]

九字切りが出てくるドラマ:「スケバン刑事III」

「スケバン刑事Ⅲ少女忍法帖伝奇」は、1986年10月30日から1987年10月29日まで、放送されたフジテレビ系のテレビドラマです。

和田慎二さんの漫画作品「スケバン刑事」を原作としたテレビドラマの第3作でした。

この「スケバン刑事Ⅲ少女忍法帖伝奇」の主演の風間唯役は、当時アイドルだった浅香唯さんが演じていました。このドラマの中で、依田一也役の萩原流行さんが、九字を切っていた場面がありました。

九字切りはNHKの教育番組でもよく出てくる?

2011年にNHKで放送された番組内で、九字切りのことが紹介されていました。この番組では九字の意味などについて、詳しく紹介されています。

歌手・miwaの新曲にも使われている

歌手のmiwaさんの新曲である「DAITAN」が2020年9月に発売されます。この曲は、「妖怪シェアハウス」というドラマの主題歌になっています。

この曲は、「臨兵闘者皆陣烈在前」という九字から始まります。コロナでよく聞く「ソーシャルディスタンス」「ロックダウン」などのワードも入っているようです。

手軽で簡単な除霊方法とは

人や物に憑かれた時に、払う方法の一つとして除霊があります。特に人の怨霊は受けた仕打ちに対して、恨みや嫉妬、妬みによって影響を受けることもあります。

生きている怨霊を生霊といい、死んだ人よりも厄介だといわれます。突然体調不良が続いたり、何をやっても上手くいかなくなるなど、今までにないような事が起きる場合は注意が必要です。

除霊の方法には簡単なものから、難易度の高いものまであります。まず簡単な除霊方法を紹介します。

掃除をする

jarmoluk / Pixabay

邪気や悪霊は汚い環境を好みますから、掃除をすることで悪い邪気や霊を寄せ付けません。ものには霊が宿るとされていますが、ものを粗末にすることでそれが悪い影響を与えるといわれています。

不要なものは捨てる

kalhh / Pixabay

いらないものや、使わないものを溜め込むのはモノを大切にしているのではなく、逆に粗末にしていることになります。不要なものを捨てることで、部屋も掃除しやすくなってさらに悪い霊や邪気を祓う効果があります。

粗塩を用いる

andreas160578 / Pixabay

一握りの粗塩をお風呂のお湯にとかして、湯船に浸かることで心身共に浄化されるといわれています。塩は昔から清めるために用いられてきました。

また、何となく気になる場所には、小さなお皿に盛り塩をしましょう。粗塩を三角錐のような形に盛り上げて置くことで、その場所が清められます。

線香を焚く

chitradeep / Pixabay

線香の煙は、魂を上げるという意味で成仏につながると言われています。ですから、気になる所に焚いた線香を置くことも、除霊の方法になります。

ですが、線香は火事の原因になることがあるので注意しましょう。悪い物がいる場合は、火がついた線香が倒れ、火事になる可能性があります。燃え終わるまでは、きちんと見ておく方が良いでしょう。

九字護身法は効果がある

りんぴょうとうしゃで始まる九字切りは、九字護身法ということが分かりました。九字とは「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」でそれぞれの言葉には、神仏が対応しているといわれています。

この九字護身法の効果は、現在おかれている家庭や職場や学校という環境の邪気を祓って自分を守ることができ、また個人的な人間関係で悩んでいるときにも、効果があるといわれています。

九字護身法のやり方には大きく分けて2種類あって、それぞれに長所があります。いずれにしても、試してみることでその効果が実感できるのではないでしょうか。興味のある方は九字切りを学んでみるのもいいでしょう。

2/2