絶対に入ってはいけない北センチネル島の真実!過去の事件はやらせ?

今回は絶対に入ってはいけないと言われている島、北センチネル島やそこに住むセンチネル族にまつわる噂について深掘りしていきたいと思います。近づく者には容赦なく弓矢を浴びせ、接触を図った宣教師は殺害されたなどの噂は本当なのでしょうか?それともやらせなのでしょうか?

絶対に入ってはいけない島!北センチネル島とは?

絶対に入ってはいけないと言われている北センチネル島とはいったいどこに存在するのでしょうか?ここでは北センチネル島を地理的観点から深掘りしたいと思います。

インド領アンダマン・ニコバル諸島の北センチネル島とは?

北センチネル島とはインド領アンダマン諸島中の島の一つで、インド洋東部・ベンガル湾内にあります。そしてこの島の先住民は外部との接触をしないことで有名です。

ここに住む先住民は危険な部族として認識されており、文化的に見ても現代社会から隔離されている島であることは間違いなく、世界的に見ても最も孤立した島と言っていいでしょう。

行政当局も干渉できない先住民が住む島

行政上は連邦直轄領アンダマン・ニコバル諸島属しているそうですが、行政当局は彼らへの干渉はしない方針であり、北センチネル島への外部からの立ち入りは禁止されています。

ここに住む先住民、センチネル族は50人から400人程度の少数部族で数千年から数万年にかけてこの島に住みついている言われています。外部の者に対しては非常に敏感で、殺害事件も起こっています。

センチネル族はセンチネル語と呼ばれる未知の言語を用いてコミュニケーションを図ります。この言語はアンダマン諸島に複数存在する言語のひとつと考えられていますがセンチネル族以外は理解できないそうです。

外部との接触を拒む理由は?

外部との接触を頑なに拒むセンチネル族ですが、それには理由があるようです。主な理由として挙げられるのは自らの民族をウィルスから守るためと言われています。

元々北センチネル島がベンガル湾に浮かぶ孤島でした。それに加え外部との接触を拒んできたため、彼らは様々なウィルスの免疫を持っておらず、ひとたびウィルスが広まれば大変な被害になってしまします。

実際、19世紀にアンダマン諸島はイギリスによる植民地支配を受け、その際にイギリスから持ち込まれたウィルスによってアンダマン諸島の先住民の人口は激減してしまいました。

北センチネル島の場所はどこ?地図で解説

この画像を見ても分かるように、北センチネル島は他の国々とは大きく離れた場所に位置しており孤立している島だということが良く分かります。

島の形状は72㎢で、周りはサンゴ礁に囲まれています。島の内部は低地で深い森林に囲まれており、2004年に起こったスマトラ沖地震で多少島の形状が変化したようです。

NEXT 北センチネル島部族の貴重な動画や画像