絶対に入ってはいけない北センチネル島の真実!過去の事件はやらせ? 雑学・ライフスタイル

絶対に入ってはいけない北センチネル島の真実!過去の事件はやらせ?

今回は絶対に入ってはいけないと言われている島、北センチネル島やそこに住むセンチネル族にまつわる噂について深掘りしていきたいと思います。近づく者には容赦なく弓矢を浴びせ、接触を図った宣教師は殺害されたなどの噂は本当なのでしょうか?それともやらせなのでしょうか?

目次

[表示]

絶対に入ってはいけない島!北センチネル島とは?

絶対に入ってはいけないと言われている北センチネル島とはいったいどこに存在するのでしょうか?ここでは北センチネル島を地理的観点から深掘りしたいと思います。

インド領アンダマン・ニコバル諸島の北センチネル島とは?

北センチネル島とはインド領アンダマン諸島中の島の一つで、インド洋東部・ベンガル湾内にあります。そしてこの島の先住民は外部との接触をしないことで有名です。

ここに住む先住民は危険な部族として認識されており、文化的に見ても現代社会から隔離されている島であることは間違いなく、世界的に見ても最も孤立した島と言っていいでしょう。

行政当局も干渉できない先住民が住む島

行政上は連邦直轄領アンダマン・ニコバル諸島属しているそうですが、行政当局は彼らへの干渉はしない方針であり、北センチネル島への外部からの立ち入りは禁止されています。

ここに住む先住民、センチネル族は50人から400人程度の少数部族で数千年から数万年にかけてこの島に住みついている言われています。外部の者に対しては非常に敏感で、殺害事件も起こっています。

センチネル族はセンチネル語と呼ばれる未知の言語を用いてコミュニケーションを図ります。この言語はアンダマン諸島に複数存在する言語のひとつと考えられていますがセンチネル族以外は理解できないそうです。

外部との接触を拒む理由は?

外部との接触を頑なに拒むセンチネル族ですが、それには理由があるようです。主な理由として挙げられるのは自らの民族をウィルスから守るためと言われています。

元々北センチネル島がベンガル湾に浮かぶ孤島でした。それに加え外部との接触を拒んできたため、彼らは様々なウィルスの免疫を持っておらず、ひとたびウィルスが広まれば大変な被害になってしまします。

実際、19世紀にアンダマン諸島はイギリスによる植民地支配を受け、その際にイギリスから持ち込まれたウィルスによってアンダマン諸島の先住民の人口は激減してしまいました。

北センチネル島の場所はどこ?地図で解説

この画像を見ても分かるように、北センチネル島は他の国々とは大きく離れた場所に位置しており孤立している島だということが良く分かります。

島の形状は72㎢で、周りはサンゴ礁に囲まれています。島の内部は低地で深い森林に囲まれており、2004年に起こったスマトラ沖地震で多少島の形状が変化したようです。

北センチネル島部族の貴重な動画や画像

ここでは北センチネル島に住むセンチネル族の画像、または動画などを紹介していこうと思います。センチネル族の動いている姿は見ることが出来るのでしょうか?

北センチネル島部族の画像はある?

外部との接触を拒むセンチネル族ですが、彼らの写真がないというわけではありません。ネット検索でも多数ヒットします。これらの写真は過去に接触を試みた際に撮影されたものと思われます。

また、Facebookでも誰かが北センチネル島のアカウントを作りそこで写真を投稿しています。

北センチネル島部族にココナッツをプレゼント!

センチネル族への積極的な接触が図られたのはイギリスに植民地支配を受けていた1880年と、インド政府や研究チームによる1970年から1990年代前半まで行われた調査が記録として残っています。

しかし、どの接触や調査もセンチネル族による執拗な反発によって失敗に終わりました。インド政府はセンチネル族へプレゼントを渡したり、会話を試みようとしましたが成功しませんでした。

他にもココナッツやアルミ製の調理器具、豚、人形などバリエーションに富んだプレゼント作戦を試みた調査チームもいましたが、センチネル族はココナッツと調理器具だけを奪って去ってしまったそうです。

北センチネル島住民が弓矢を放つ動画も!

この動画ではセンチネル族への接触を試みた研究チームが弓矢の襲撃を受ける一部始終を見ることができます。序盤は研究チームが船で北センチネル島に近づいていくシーンです。

53秒あたりからセンチネル族がちらほら姿を現し始め、1分20秒あたりになると5、6人のセンチネル族が一斉に弓矢を放っていますね。

この動画を見れば、なぜ長い間接触を失敗してきたのかが一目瞭然です。ここまで攻撃的な部族だとそう易々とは近づけそうにありません。

ドローンで撮影された様子は?近づくものを攻撃?

近年はドローンなどが開発されたことで、より鮮明な写真を撮影することが可能となりました。この画像ではこちらを指さす住民の姿や、体を赤く染めている住民の姿が映し出されています。

しかし、ヘリコプターやドローンなどといった空中からの接近も投石や弓矢によって妨害されてしまっているようです。

北センチネル島で起きた宣教師殺害事件!未開の島の真実

さきほども殺害事件があったと述べましたが、これは昔の話ではなく2018年の11月に起きたつい最近の事件です。ここではこの宣教師殺殺害事件についてくわしく深掘りしていこうと思います。

北センチネル島で起きた宣教師殺害事件が話題に!

つい最近、衝撃的なニュースが飛び込んできました。それは北センチネル島でアメリカ人宣教師が殺害されたというニュースです。まるでひと昔前の話の様ですがどうやら本当のようです。

そもそも北センチネル島への立ち入りは禁止されているはずなので、どのようにして島への近づいたのでしょうか?どうやらこのアメリカ人宣教師は現地の漁師を雇ったようです。

アメリカ人宣教師のジョン・アレン・チャウさん(26歳)は現地に住む友人を通じて、北センチネル島に連れて行ってくれる漁師を見つけ出しました。

アメリカ人宣教師が殺害されるまでの3日間

この殺害事件は2018年の11月頃に起きました。アメリカ人宣教師のチャウさんは北センチネル島で布教活動を行うため島に上陸しました。

警察当局の話によると、まずチャウさんは11月15日に最初の島への接触を図り弓矢の攻撃を受け撤退。翌日16日にも島に近づいたがカヌーを破壊され泳いで帰ってきたそうです。

そして11月17日、再び島へと向かいましたがその日以来彼は戻ってこなかったそうです。

宣教師の遺体を部族が引きずっていた?!

また警察はチャウさんの死を完全には確認できていないが、地元漁師への聞き込みをしたところセンチネル族がチャウさんの遺体を引きずっている姿が目撃されています。

そのため警察はチャウさんが殺害されたのは確実とみており、今後は遺体の回収をする捜索隊の編成を計画しているようです。また、チャウさんの島への訪問を手助けした7人の周辺住民は全員逮捕されました。

訪問を手助けをした周辺住民は全員逮捕

どうやらチャウさんの島への訪問を手助けした7人の周辺住民は全員逮捕されたようです。島への立ち入りはもともと禁止とされていたのに加え、こうして死者がでてしまったため逮捕は致し方無いでしょう。

宣教師が島へ行った目的は?「サタン最後の砦」

チャウさんはなぜ危険と分かっていながら北センチネル島へと向かったのでしょうか?どうやら彼はこの島を「サタン最後の砦」と考えていたようです。

彼は「センチネル族がなぜこんなにも身構え、敵意をむき出しにするのか?」と自分が歓迎されなかったことに対し失望しました。そして恐ろしい体験をしたにも関わらず再び島へと向かいます。

また、彼はキリスト教の殉教者になることを望んでいたと先住民との交流の経験を本にまとめたマドゥスリー・ムカジーさんは語っていました。

遺体回収も困難な状況

お察しの通り遺体回収は困難を極めます。島へ近づくことさえままならないので遺体を回収いに行くことは難しいでしょう。チャウさんの遺体は現在砂に埋められているようです。

警察もあまりセンチネル族を刺激しないよう慎重に行動をしていく方針です。しかし、この事件がセンチネル族との交流という意味では新たな転機となる可能性もあるでしょう。

北センチネル島への世間の反応は?

Twitter上では、宣教師の殺害事件についてセンチネル族に対して恐怖心を抱く人も少なくはなく、未開の地に対する好奇心を持つ人もいるようです。

また、こうしたセンチネル族への接触を試みること自体に批判的な反応を示している人たちも一定数いるようで、「そっとしておいて方が良い」、「気の毒だが、近づく方も良くない」といった意見もありました。

北センチネル島で起きた過去の事件

アメリカ人宣教師の殺害事件によって北センチネル島への関心が高まりましたが、過去に北センチネル島で事件が起きたことはあったのでしょうか?

センチネル族が外部との接触を絶った原因?初めての接触

先ほども述べたように1880年、アマンダン諸島はイギリスによって植民地支配を受けていました。その際に当時20歳だったイギリスの植民地行政官であるモーリス・ビダル・ポートマンが島への上陸を図りました。

ポートマンは重武装を率いて北センチネル島に上陸し、これが恐らく外部による最初の島の調査だと言われています。センチネル族との交流は時間がかかりましたが何とか老夫婦と何人かの子供と出くわしました。

ポートマンは彼らをポートブレアに連行しました。その際に老夫婦が体調を崩しそのまま死亡、残った子供たちは解放され島へ帰っていきました。これら一連の出来事が、彼らの攻撃性を高めたといわれています。

ドキュメンタリー映画の撮影を試みるも矢で襲撃される

1974年にはドキュメンタリー映画に挑んだ撮影グループが小型ボートで島への接近を試みました。しかし案の定センチネル族からの矢の猛攻を受け会敢え無く撤退しました。

このときに監督の足に2m以上の矢が突き刺さったそうです。映画の撮影をしに来ただけで矢を浴びせられるとは何とも気の毒な話です。

インドの囚人が漂着し殺害される

1896年、イギリスはアンダマン諸島に刑務所を建てていました。そこに収容されていた囚人が脱走し、北センチネル島に逃げ込むという事件がありました。

行方を追って捜索していると、浜辺でその囚人は弓矢で射られ、喉を掻っ切られた状態で見つかりました。

スマトラ島沖地震で訪れた飛行機やヘリコプターを攻撃

!!!

北センチネル島は2004年のスマトラ島沖地震で島の形状が変わるほどの大きな被害を受けました。その後ヘリコプターによる救援物資の輸送に対してもヘリコプターに向かって矢を放ち追い払いました。

そのためいまだに北センチネル島がスマトラ島沖地震によってどのような被害が出ているのかが分かっていません。

島に漂流した難破船のインド人2人殺害

2006年には、カニ密漁者のインド人2人が船上で眠りこけてしまい北センチネル島に漂着、そしてそれがセンチネル族に見つかり矢を射られて殺害されるという事件もあります。

この後インド政府はヘリコプターによる遺体回収を図りましたが、この際も案の定矢による襲撃を受けてたため遺体回収は断念したそうです。

過去に一度だけ先住民との接触に成功した事例も!?

これまで外部との接触を頑なに拒んできたセンチネル族ですが、過去に一度だけセンチネル族から近寄ってきた事例があります。それは1991年に行われた人類学者T・Nパンディット氏による現地調査での出来事です。

パンディット氏が率いる調査チームが上陸した際に彼らは自ら近づいてきて、排便するかのようなポーズをとったそうです。これについてパンディット氏は「あまり歓迎されていない」と受け取ったそうです。

その一方で、パンディット氏は「彼らも自分たちが外部と接触する時期がきたと判断したのかもしれない」と語っていました。

北センチネル島のエピソードは嘘?実際に行った人はいる?

ここまで長々とセンチネル族の攻撃的な側面や、接触することの危険性について述べてきましたが。これらのエピソードは全て事実なのでしょうか?ここではそのあたりの真偽について深掘りしていこうと思います。

北センチネル島のエピソードはやらせ?

どうやら北センチネル島にまつわるこういったエピソードに対して疑い深く見ている人も少なくようです。たしかにこれらのエピソードはどれも現代社会においては信じ難いエピソードですよね。

しかし、どのエピソードも記録が残されており報道をされてるものもあります。宣教師の殺害事件の一件もあるのでこれらのエピソードをやらせと片付けるには無理があるでしょう。

北センチネル島は2ch・なんj民の間でも話題に!行った人はいる?

アメリカ人宣教師の殺害事件の話題性は大きかったようで、日本の大手ネット掲示板である2chでもスレッドが立てられ、「なんでも実況J板」(通称:なんJ)で話題とされていました。

いろいろな話が飛び交っていましたが、実際に北センチネル島付近に行ったことのあるという人はさすがにいないようですね。

北センチネル島に行ってみた!企画を望む人も

SNS上でも話題となっており、中には「北センチネル島に行ってみた、みたいな実況やってみてほしい」といった声も多数あがっていました。

番組の企画としてだけではなく、最近よく耳にするユーチューバーの人達に挑戦してもらいたいと言っている人も多くいるようです。

NEXT:北センチネル島の現在は?観光できる?
1/2