ピパピパとは?カエル?背中から産卵がグロい?動画も!【閲覧注意】 おもしろ

ピパピパとは?カエル?背中から産卵がグロい?動画も!【閲覧注意】

ピパピパは生態が変わっており、背中に産卵して育成するというカエルです。ここではピパピパの生態。そしてペットとして飼育する場合、どのような環境が良いか、餌の種類は何が良いかを紹介します。

目次

[表示]

ピパピパって何?カエル?気持ち悪い?

ピパピパは、ペットとして飼われるときの総称であり、「コモリガエル」というのが標準和名とされています。

コモリガエルは両生綱、無尾目、ピパ科に分類されており、他のカエルとは全く違う特異性のカエルです。

ピパピパとは?カエル?

何故、コモリガエルがピパピパと称されるようになったのでしょうか。

ピパピパは子育てが他のカエルとは特徴的で、普段オタマジャクシの卵を水面上に産ませるのではなく、メスのピパピパの背中に産卵します。

その姿が独特という事で「ピパピパ」と称されるようになりました。

ピパピパの特徴や見た目は?

ピパピパは、とても特徴的な身体をしており普段我々が見かけるカエルとは全く違い、トラックで踏みつぶされたような平べったい姿をしております。現在ではペットとしても飼われている方が多くいます。

平均の大きさは、オスが11cmから15cmほど。メスが10cmから17cmぐらいとなっており、最大のものでは約20cmのものが発見されているそうです。

平べったいだけでなく濃い色の斑点がついた茶色い姿をしております。オスとメスの見分け方は、背中に卵を孵すカエルなので、繁殖期に背中にある排出腔が膨らんでこれによってどちらの性別が分かるようです。

ピパピパの生態は?

ピパピパは、細くて長い前足の指を持っており、水かきはついておりませんが後ろ足に大きな水かきがあります。前足には星形の突起をもっており、この突起を器用に使って獲物を食べています。

主に食べるものとしては、水底にいる昆虫類をはじめ、小魚、芋虫、甲殻類などバラエティに富んでおります。獲物を見つけると星形の突起を器用に使って獲物を捕まえてペロリと食べます。

ピパピパの口には舌が無く、代わりに身体の側面に感覚器官があり生き物の振動を感知する事が出来ます。これによって獲物が捕まえる事が出来るのです。

ピパピパはどこに生息している?

ピパピパは、主にスリナム共和国をはじめとした、南米北部から中部のアマゾン川流域の池や沼に生息しています。ピパピパのご先祖様は中生代の白亜紀に生息されており、「生きた化石」と称されております。

かつて、白亜紀後期に活動していたベーゼルフォは、南米のマダガスカル島で化石が発見され、かつて南米大陸とは陸続きであった事が伝えられております。

マダガスカル島で化石が発見されたという事を考えると、ピパピパはベーゼルフォが進化をしていき、現在に至るという事を考えたら遠いご先祖様にあたるのかもしれません。

ピパピパの画像は?

ピパピパはとても平べったい身体を持っております。普通のカエルと違ってピパピパは真っ平らな身体が特徴なので、はじめて見る方はとてもインパクトを受けることでしょう。

ピパピパは背中から産卵?動画がグロい?

ピパピパは、通常のカエルとは違い産卵方法や育成方法が違っています。ピパピパはどのように子孫を残すのでしょうか。また特徴的な産卵方法、オタマジャクシからカエルになるまでの過程を紹介致します。

ピパピパはメスの背中に卵を埋め込む?

Skitterphoto / Pixabay

通常、カエルは2月から3月頃に産卵をし子孫を残すところが多いです。およそ1,500から3,000ほどの卵を産み、約1週間ほどで孵化しオタマジャクシとなって、1ヶ月ぐらいでカエルに成長します。

ピパピパはメスの背中に卵を産み付けて、オタマジャクシからカエルになるまで背中の中で育てます。オスとメスが抱接をしながら宙返りをして泳ぎ、背泳ぎになった時にメスが卵を産みオスが受精をします。

回転が終了した時、受精卵をメスの背中に押し付けて埋め込みます。ピパピパの身体はスポンジのように皮膚が被圧をしているので、受精卵に影響されることはありません。

ピパピパは背中から産卵する?

メスのピパピパの背中には、約50個ほどの穴があります。卵はメスの背中に植え付けていくので、卵から目を離さないで安全に育てる事ができます。

こうして卵からかえったピパピパのオタマジャクシは、カエルになるまで約3ヶ月ほどメスのピパピパの背中で過ごします。これが和名である「コモリガエル」の名前の由来でもあるのです。

ピパピパの卵の数は?どれくらいで孵化する?

MichiWDDesign / Pixabay

ピパピパはどのくらいの卵を産んで繁殖するのでしょうか。カエルの中で一番繁殖率が多いのはウシガエルで約1万から2万ともよばれております。

またそのほかのカエルは少なくても500、多くても2000個の卵を産むと呼ばれています。

メスのピパピパの背中は約50ほどの穴がありますが、カエルが約2000個の卵を産むと考えると、ピパピパも同じくらいの卵を産み付けることになります。

【閲覧注意】ピパピパの産卵シーンの動画!

こちらの動画はコモリガエルと呼ばれる理由、そして産卵および飼育方法がはっきりとわかります。

あまりにもグロテスクであり目を背けたいという方もいらっしゃいますが、厳しい自然界を生き抜くために生み出されたピパピパの繁殖方法だという事を理解してほしいです。

ピパピパの産卵後は?背中の穴はどうなる?

webandi / Pixabay

産卵し孵化をし、カエルになって背中を出た後、お母さんピパピパの背中は少しずつ元に戻るようです。

繁殖後のピパピパは気持ちが悪いと思っていても、繁殖が終わった後は普通の身体に戻るという事になります。

ピパピパはどこで見れる?産卵も見られる?

skeeze / Pixabay

さて特徴的で育て方がグロテスクなピパピパですが、日本の動物園や水族館でも鑑賞および育成を行なっているところがあります。代表的な動物園、水族館を紹介致します。

上野動物園

cegoh / Pixabay

ジャイアントパンダで有名な「上野動物園」。こちらでは2018年4月にツイッターでフォロワー数が100万になった事を記念して飼育されているピパピパがバンザイをしている姿を写したものを、投稿しています。

写真を見てみると、他のカエルよりも平べったいという事がよくわかります。バンザイのポーズしか出来ないと書いてありますが、実際はその姿がピパピパの基本動作のポーズとなります。

サンシャイン水族館

Schoggimousse / Pixabay

池袋にあるサンシャイン水族館でも、ピパピパを飼育しています。こちらのツイッターは背中に卵を背負っているピパピパの姿を写したものが投稿されています。

時期によっては、ピパピパにストレスを与えてしまう可能性もあるため、展示を中止する場合もあるようです。

上記以外の動物園や水族館でも、ピパピパを飼育しているところは多くあります。ピパピパを詳しく鑑賞したいという方は、ネットで調べていただきお近くの動物園、水族館で確認してみるといいでしょう。

ピパピパを家庭で飼育できる?

Jim_Combs / Pixabay

ピパピパは、ペットとしても飼う事がもちろん可能です。ペットショップでピパピパの飼育方法を詳しく聴く事も出来るので、相談をして、飼育するようにしましょう。

ピパピパは家で飼育できる?

webandi / Pixabay

まずピパピパを購入する前に、ピパピパが長く生息できる環境造りから始めましょう。

水槽は約60cm以上のものを用意してください。水温はおよそ22度から26度。水質は弱酸性から中性のものが良いので、水道水から環境づくりをするには必ず塩素中和剤でカルキ抜きをしましょう。

また、飼い始めた後も水槽の管理は常に必要となります。飼い始めてからは毎日もしくは3日以内、1ヶ月経過したら約1週間から2週間に1回のペースで水の交換をするようにしましょう。

ピパピパの飼育に必要なものは?

andremsantana / Pixabay

ピパピパは亜熱帯が原産地であるので、水槽で飼うときは熱帯魚用のヒーターを使用して、水温を22度から26度に保てるようにしてください。

また隠れ家的なものとして、水草もしくは浮き草を入れておく事をおすすめします。

そうすることによってピパピパは心が落ち着き生活する事ができます。水草を一緒に照明器具をつけるのも良いでしょう。また床材は角がないものを選んで水槽に入れてましょう。

ピパピパの餌は?

Eukalyptus / Pixabay

ピパピパは人工で作られた餌を食べません。主にイトミミズや冷凍の赤虫を食します。

餌は食べ残しが無い程度に与えるほうが良いです。逆に与え過ぎてしまうと病気になってしまい、早死に至ってしまう可能性がありますので、適度な餌の量を心がけるようにしましょう。

ピパピパはどこで販売している?値段は?

Alexas_Fotos / Pixabay

ピパピパは、両生類や爬虫類などを取り扱っているペットショップで販売されている事が多いです。相場はおよそ8,000円から9,000円ほどで値段交渉をする事も可能です。

ピパピパは検索してはいけない言葉?

377053 / Pixabay

ピパピパは産卵時にメスの背中に卵を産み付けるというカエルで、その姿ゆえに「気持ちが悪い」とも評されています。そのため、ネットでピパピパでネット検索をしてはいけないと言われる事があります。

しかし、ピパピパは自然を生きるための生態を守り続けて、背中に卵を産み付けて子孫を残しています。気持ちが悪いというのはその人の見る目によって変わるかもしれません。

ピパピパを検索をするというのは、個人的な自由です。しかしそのグロテスクな繁殖方法を見たくないという方は、検索しないほうが良いでしょう。

ピパピパよりも凄い?コモリガエルの仲間!

さて、ピパピパの和名であるコモリガエルには、ピパピパと同じように背中に産卵をして子育てをするというコモリガエルの仲間が多くいます。ここでは代表的なコモリガエルの仲間を紹介します。

ブーランジェ・バックパック・フロッグ

Alexas_Fotos / Pixabay

ブーランジェ・バックパック・フロッグは、南米のコロンビア北部に生息している絶滅危惧種に属しているカエルです。

ピパピパと同じように、背中に産卵をし子孫を残す事をしていますが、オタマジャクシになることなくそのままカエルになるまで、孵化するまでメスの背中で過ごすこととなります。

絶滅危惧種に属しているのは、生息しているコロンビア北部で農地開拓や森林伐採インフラ開発など住むところが失われているのが原因です。

カモノハシガエル

カモノハシガエルは、オーストラリアに生息していたカメガエル科に属しているカエルです。別名はイブクロコモリガエルと呼ばれております。

このカモノハシガエルは1983年に絶滅したと言われており、現在オーストラリアにてクローン技術を用いて復活をさせようという研究を行なっております。

カモノハシガエルと呼ばれているのは、生息地の場所がカモノハシがオーストラリアが生息地であること。またカモノハシと同じように、陸の上には姿を表さないことからこの名前がつきました。

ダーウィンハナガエル

ダーウィンハナガエルは、チャールズ・ダーウィンの名前を拝借した、鼻先が茶色か緑色、体長3センチくらいのカエルです。ピパピパとは違い、ダーウィンガエルは背中ではなく、オスの胃袋の中で卵を育てます。

オタマジャクシは胃液に溶かされないようにするため、胃の中で特殊な化学物質を分泌させます。それと同時に母親ガエルは胃酸の分泌をストップ、絶食をしてしまうのです。

オタマジャクシになっている間に、父親ガエルは口の中に入れて保護をします。父親には胃酸を分泌させる機能がないので、外敵を守るために口の中に入れて、子ガエルになったのと同時に吐き出しているのです。

カエル嫌いが多いのは何故?

Alexas_Fotos / Pixabay

さて、ピパピパについて紹介してきましたが、「カエル恐怖症」という言葉が存在するほど、世界中にはカエルが苦手という方が多々いらっしゃいます。一体何故なのでしょうか。

カエル嫌いの方は、飛び跳ねる姿、どんな動き方をするの変わらないという性質があり、敏感になって恐怖心を感じてしまう事が多く、中にはカエルのキャラクターグッズを見ただけでもためらう方がいます。

カエル嫌いになってしまう原因としては、オタマジャクシから育てたカエルが死んでしまったなど、また鳴き声が怖いという事、さらにはピパピパのようなグロテスクな姿を見てしまって嫌いになったケースが殆どです。

Pipsimv / Pixabay

上記以外にも様々な原因が重なって起きてしまうケースが重なり、経験体験で嫌いになるというパターンが多いようです。つまり高所恐怖症等と同じように、他の恐怖症と合併して起こるケースです。

カエル嫌いを軽減もしくは克服したいのであれば、カウンセラーや専門家の指導の下治療を行う事によって、ある程度治療出来る事が可能です。

ある程度の心理療法によってカエル嫌いを軽減する事があります。もしカエル嫌いを克服したいというのであれば、一度専門家の話を聞いて治療の相談をする事をお勧めします。

ulleo / Pixabay

カエルは人間と共存して生きている存在。自然破壊を理由に絶滅してしまったカエルもいますが、カエルは水の環境を整えてくれる生き物でもあるのです。

稲作文化が定着した二千年も前から、害虫を餌にして生きていき子孫を残すことによって、自然豊かな水を綺麗にし守ってくれる存在でもあります。

『共存』という言葉を大切にし、カエルは我々にとって身近な存在であるという事を頭に入れて、好きでも嫌いでもこれからも見守ってほしいと願っています。

NEXT:ピパピパについてのまとめ
1/2