畠山鈴香の現在の様子は?事件の原因は壮絶な生い立ちにあった?

2006年4月、秋田県北部の県境の静かな町で起こった児童連続殺害事件、その犯人は我が子と近所の児童を手にかけた鬼畜の母親、畠山鈴香でした。狂気の沙汰に及んだ原因は壮絶な生い立ちにあったことが、裁判を通じて明らかになりました。事件の経緯を詳しく見てみましょう。

畠山鈴香の現在は?福島刑務所で服役中?

2009年3月、仙台高等裁判所秋田支部で畠山鈴香の控訴審判決があり、竹花俊徳裁判長は先年秋田地裁が下した無期懲役判決を支持し、弁護・検察の双方の控訴審を棄却しました。

この判決を不服として、弁護側のみ上告していましたが、同年5月弁護側が上告を取り下げたため、秋田地裁が下した畠山鈴香の無期懲役判決が確定しました。

秋田連続殺人事件の犯人畠山鈴香とは?

畠山鈴香は、1973年2月2日、秋田県二ツ井町(現在は能代市二ツ井町)で生まれました。父親は地元で小さな運送会社を営んでいました。なお、鈴香には、弟と歳の離れた妹がいます。

最終学歴は秋田県立二ツ井高等学校卒業で、卒業後栃木県の鬼怒川温泉のホテルで中居として働き、その後地元に戻って来て結婚しました。1996年11月彩香ちゃんを出産、しかし出産5ヶ月後には離婚しました。

離婚後は子供を実家に預けて働きましたが、まともな職につけず職を転々とした後、自己破産しました。母娘は生活保護を受けながら、隣町の山本郡藤里町の町営朝日ヶ丘団地で暮らしていました。

服役してる刑務所はどこ?

無期懲役刑が確定した畠山鈴香が収監されている刑務所は、現在明らかになっていませんが、福島県の福島刑務所の下部機関で、女子受刑者のみが収容されている「福島刑務支所」で服役中との情報があります。

畠山鈴香の刑務所内工場での作業について

福島刑務支所は、収容定員500人、東北管内唯一の女子刑務所として平成17年に設立されました。改善指導や教科教育と共に、刑務所内の工場では、生産作業や職業訓練を行っています。

受刑者のうちほぼ半数が再犯です。一旦は更生を誓って出所したものの、社会になじめなかったり、薬物に再び手を染めてしまったりして、半数近くが戻って来るそうです。

建物2階にある6工場では、懲役10年以上から無期懲役まで、刑期が長い受刑者が生産作業に従事しています。無期懲役の畠山鈴香も、この6工場に配役され、現在帯を縫う作業をしているといいます。

現在はやつれて顔色も悪く体調が悪い?!仮病との噂も

6工場に配役された当日の畠山鈴香は、報道されていた頃とは別人で、とにかくやつれ果て、青白い顔色をしていたといいます。鈴香の体調は、その後もすぐれないようです。

6工場は建物の2階にあるので階段を使いますが、鈴香はその途中や登りきったところで、しょっちゅう座り込んでいました。初めの内は皆心配して声をかけていましたが、あまりにも頻繁なので仮病と噂されました。

NEXT 他の受刑者からも一目置かれる存在