アニメ都市伝説まとめ!本当は怖い?【閲覧注意】 おもしろ

アニメ都市伝説まとめ!本当は怖い?【閲覧注意】

目次

[表示]

ドラゴンボール「GT」の謎

テレビアニメのシリーズが、ドラゴンボールZ、ドラゴンボールGTと続いていましたが、本来は作者・鳥山明の意向で「Z」までだったはずが、制作側が鳥山先生の許可なく「GT」を始めてしまったそうです。

アルファベットの最後の「Z」と物語の最後という含みを考えていたらしいのですが、勝手に次も作ってしまった事について鳥山先生への謝罪の意味が込められているというアニメ都市伝説です。

「G」=ごめんなさい、「T」=鳥山先生、という意味を持たせたものだという説があります。

クレームの多さが都市伝説になった人気アニメ

アニメ「銀魂」に関しての都市伝説として語られている中で目立つのが、クレームの多さです。銀魂の作品には他のドラマや映画、炎上した事件等を取り入れており、それをアニメ化にしています

パロディの枠を超えるギリギリのラインと制作サイドは言っていますが、各関係者や視聴者からのクレームが多く、謝罪するのは日常茶飯事だったと言われています。

第3期までシリーズが続いた銀魂ですが、制作側は第2期で終了の予定だったそうです。あまりのクレームの多さに第2期が限界と言われていましたが、制作側の熱量が勝り、第3期に継続となったようです。

パロディーとなったもの達

2014年に「カラ出張」で政務調査費を詐取した罪で有罪となった、野々村竜太郎議員の記者会見のパロディーとして再現しています。衝撃的だったあの会見をそのまま作品に投影しました。

人気の数だけ、都市伝説も増える

Pexels / Pixabay

ここまで、人気アニメに関する都市伝説を見てきましたが、どれも誰もが一度は見たり聞いたりした作品です。興味のない人がもし見たら、よくぞここまで観ているなと感心してしまう程の熱量で議論がされています。

一つの疑問点に、沢山の角度で検証がされ、数々の意見が交わされているという事=それだけ愛されている作品だと証明されているのではないでしょうか?興味がなければ気にもならないはずです。

長く愛される理由を検証している方がいるのであれば、それも興味深い都市伝説に繋がるかもしれません。

関連する記事はこちら

4/4