生き霊に憑りつかれた時の症状は?原因や生霊返しの方法について 芸能人

生き霊に憑りつかれた時の症状は?原因や生霊返しの方法について

生き霊は、生きた人間の念が生み出す霊魂です。憑りつかれると多くの症状に苦みますが、憑りつかれないためのお祓いなど対処法は様々あります。生き霊の体験談は数多く、命を奪われた人もいます。生き霊の飛ばし方はシンプルなので、無意識に飛ばしてしま人もいるようです。

目次

[表示]

生き霊とはどういうもの?死霊との違いは?

Mysticsartdesign / Pixabay

生き霊は、生きている人間の強い想いが作り出す霊魂です。亡くなった人間の想いが霊魂になった死霊とは区別されます。

生き霊は、憎しみや恨みといったネガティブな感情から生まれやすいと言われています。生き霊が憑りつくと不調が現れるなど、さまざまな影響が出てきます。

生き霊とは?

TheDigitalArtist / Pixabay

生き霊は、生きている人間の非常に強い想いや念が作り出す霊魂のことです。特定の相手に対する、憎悪や恨み、異常な好意などがエネルギーとなり、相手に様々な影響を与える現象が生き霊と呼ばれています。

特に、強い憎しみや恨み、支配欲、一方的な恋愛感情、執着心といったネガティブな念が生き霊なりやすいと言われています。

古い言い方では生魑魅(いきすだま)と恐れられていた

KELLEPICS / Pixabay

生き霊は、古くは生魑魅(いきすだま)と呼ばれていました。生きている人間の怨霊と信じられていて、人々に恐れられていました。

亡くなった人の霊は死霊

kalhh / Pixabay

生き霊の対義語となるのは、死霊です。死霊は亡くなった人の想いや念が霊魂となったものです。どちらも、その人自身ではなく、思いや念が魂となったものだと言えます。

最近調子が出ないのは生き霊のせい?

geralt / Pixabay

生き霊が憑りつくと、身体や周囲に様々な影響が現れます。身体がだるかったり、気分が落ち込んでやる気が出なくなってしまうこともあります。

特に理由が思い当たらないのに「最近調子が出ないな」と感じる場合には、誰かの強い念によって生き霊が憑いているのかもしれません。

生き霊に憑りつかれた時の症状は?恋愛にも影響?

geralt / Pixabay

生き霊に憑りつかれると、身体に様々な症状が現れたり、周囲に不可解な変化が起こったりします。何ごとも上手くいかなくなったと感じるようになり、恋愛関係が破綻してしまうこともあります。

思い当たる原因がないのにも関わらず不調が続いたり、不運が起こる場合には、生き霊が憑りついているのかもしれません。

肩や背中や首に何かが乗っているようなだるさがある

KELLEPICS / Pixabay

生き霊は肩にぶら下がるように乗っていることが多いと言われています。そのため、生き霊に憑りつかれると、肩や背中、首に何かが乗っているようなだるさが現れることが多々あるようです。

生き霊は、肩の上に乗って憑りついた相手の生活を覗いています。たとえば強い憎悪の念をもった生き霊であれば、肩の上から不幸のきっかけを探しているそうです。

生き霊は右側に憑くことが多い?偏頭痛や体の半分がだるい

geralt / Pixabay

生き霊は体の片側半分、特に右側に憑くことが多いとされています。そのため、生き霊により体の右半分に症状が出ることがあります。

体の右側だけに偏頭痛やだるさ、ものもらい、手足の痛みといった症状が現れるようなら、生き霊が影響している可能性があります。

睡眠障害になり充血したりくまができる

congerdesign / Pixabay

生き霊が憑りつくと、十分に眠ることができずに睡眠障害になってしまうことがあります。生き霊が常に生気を吸い取り、憑いた相手を支配し自由を奪おうとするからです。

生き霊の影響で寝つきが悪くなるだけではなく、悪い夢にうなされたり、夜中に何度も目が覚めることもあります。その結果、睡眠障害となり充血がひどくなったり、くまができてしまったりします。

金縛りにあう

Free-Photos / Pixabay

生き霊が憑りつくと睡眠障害を起こして眠りが浅くなり、頻繁に金縛りにあうようになることがあります。睡眠障害の影響だけではなく、生き霊のエネルギーで体の自由を奪われて金縛りになることもあります。

金縛りの最中に、憑いている生霊の姿が見える場合もあるようです。

気分の浮き沈みが激しく常にイライラした状態になる

xusenru / Pixabay

生霊の影響で、気分の浮き沈みが激しくなったりイライラしたりと、情緒不安定になることもあります。一般的な気分の落ち込みとはことあり、突然何かに感情を支配されてしまったかのように気分が変化します。

憑りついている生き霊の感情を受け取ってしまうからだとも言われています。

電化製品が次々と壊れる

Free-Photos / Pixabay

生き霊による周囲への影響として、電化製品が頻繁に壊れてしまうことがあります。これは、生き霊が電磁波のようなエネルギーを放っているからではないかと考えられています。

身の回りの電化製品が次々と故障していくときには、生き霊が憑いているのかもしれません。

誰もいないのに人の気配や視線を感じる

Free-Photos / Pixabay

生き霊の影響として、誰もいないはずなのに人の気配や視線を感じてしまうことがあります。特に、異常なまでの好意や執着から生まれた生き霊の場合に、このような現象が起きやすいようです。

まるですぐ近くで見られているような違和感がある場合には、一方的に強い行為をもたれている相手や、復縁を求める相手からの生き霊が憑いている可能性があります。

悪寒や強い動悸を感じる

Pexels / Pixabay

生き霊が憑りついた時に、悪寒や強い動悸が現れることがあります。特に何もしていないのに異様な息苦しさを感じることとなりますので、病気を疑い不安になる人もいます。

しかし、生き霊が原因となっている場合には、病院の検査では何も異常がみつかりません。原因不明の悪寒や動悸、息切れは生き霊の影響かもしれません。

許容範囲が急に狭くなり周囲の意見が聞けなくなる

Free-Photos / Pixabay

生き霊に憑りつかれてしまうと、許容範囲が狭くなり周囲の意見を聞けなくなる傾向があります。急に人が変わってしまったようになるので、周囲の人も違和感を覚えることとなります。

自分が自分ではなくなっていく感覚を覚えたり、急激に人とのトラブル増えたときには注意が必要です。

ネガティブな思考になる

jarmoluk / Pixabay

生き霊は憑りついた相手の生気を奪っていきますので、生霊に憑かれるとネガティブな思考に陥りやすくなります。急に塞ぎ込んでしまったり、ポジティブなエネルギーを全く生み出せなくなってしまいます。

執着しやるべきことに手が出せない

SnapwireSnaps / Pixabay

生き霊が憑くと、様々なことへの執着が強く出ることがあるようです。人や物事などにとらわれてしまい、やらなければならないことが手につかず上手く進まなくなってしまいます。

頭ではやるべきことが分かっているのに、心が支配されたように物事に執着してしまうので、苦しめられることになります。

知らぬ間に身体(特に手や足)にあざができている

生き霊により、知らないあいだに身体にあざができていて驚かされることがあります。全く記憶にないのに朝起きたらあざができていた、ということが続くときには、生き霊が原因かもしれません。

ラップ音が聞こえる

psaudio / Pixabay

生き霊が近くにいると、ラップ音が聞こえることがあります。ラップ音とは、明らかに家鳴りなど自然に発生する音とは異なる音で、家の中で「どんっ」「パキッ」などと聞こえる音です。

ラップ音の発生には死霊が原因の可能性もありますが、生き霊が怖がらせるために出している場合もあるようです。

どぶやニンニクのような悪臭がする

stevepb / Pixabay

どぶやニンニクのような悪臭は「霊臭」と呼ばれています。カビ臭かったりカレー粉のような臭いのこともあります。悪臭の原因がわからないときや、突然体から臭ってくる場合には霊臭かもしれません。

明らかに匂いが分かるほどだと、強い生き霊が憑いている可能性もありますので注意が必要です。

引きこもりがちになる

Anemone123 / Pixabay

生き霊により生気が奪われて、ネガティブな思考に陥っていくことがあります。その結果、塞ぎこんで引きこもりがちになってしまう人もいます。

生き霊の影響で外に出ていくエネルギーが沸いてきませんし、思考の切り替えも難しくなっているので、一度引きこもりがちになるとなかなか抜け出せないかもしれません。

嫌な夢を見る

Jan-Mallander / Pixabay

生き霊が憑くと、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりしますが、嫌な夢や恐ろしい夢にうなされることもあります。これは、寝ている間にも生き霊がまとわりついて支配しようとしているからだと考えられます。

恋愛が原因の場合は新しい恋人と上手くいかなくなることもある

Tumisu / Pixabay

生き霊が原因で、恋人との関係が上手くいかなくなってしまうこともあります。これは、相手への異様な好意であったり、復縁への強い思いだったりという念から生じた生霊である場合に起こると考えられます。

それまで順調だった交際が急に破綻してしまったり、突然恋人が去っていってしまうような時には、生き霊が関係しているかもしれません。

生き霊に憑りつかれないための方法やお祓い・対策方法

oadtz / Pixabay

生き霊に憑りつかれないための方法には、生き霊を送り返す生き霊返しや、自分や周囲を浄化することで生き霊を遠ざける方法などがあります。手軽にできる方法もあるので、試してみると良いかもしれません。

しかし、根本的な解決は生き霊を送っている相手とのわだかまりを解消することです。自分だけで解決が難しい場合には、専門家に相談することも大切です。

相手への飛ばし方?自分でできる生霊返しとは?

Himsan / Pixabay

生き霊に憑りつかれた時の対策の一つに、生き霊返しがあります。生き霊返しとは、送られてきた生き霊をそのまま相手に送り返すことです。相手よりも強い力で送り返して、生き霊の力を封じ込める方法です。

自分でできる生き霊返しのポイントは、とにかく強く念じることです。生き霊を押し返すことを繰り返しイメージして、二度と近づいてこないように念じます。

生き霊を送っている相手が分かっている場合には、相手をイメージすると成功しやすいです。体が軽くなったり、不可解なできごとが収まるようなら、生き霊返しが上手くいったと考えられます。

部屋を掃除する

manbob86 / Pixabay

生き霊を追い払いたい時には、部屋を掃除すると良いとされています。生霊など負のエネルギーを持ったものは、不潔で暗い場所を好みます。汚れた部屋は生き霊にとって居心地が良い場所になってしまいます。

生き霊が憑りついていると掃除をする気が起こらず、部屋は散らかり不潔になりやすいです。生き霊が原因だと考えられるときには、人の手を借りてでも清潔な部屋にしておいたほうが良いでしょう。

ホワイトセージを使う

生き霊を遠ざけるために、ホワイトセージを使う方法があります。ホワイトセージはネイティブアメリカンの間で魔除けや儀式に使われてきた植物で、浄化作用が強いと言われています。

ホワイトセージは、貝の受け皿に乗せて火をつけ燻して使用します。この時、各部屋に煙が行き渡るようにします。煙によって部屋の中が浄化されると、生き霊を追い払うことができる可能性があります。

相手に対するネガティブな想いを持つ

Momonator / Pixabay

生き霊を押し返す方法として、相手に対してネガティブな想いを持つことが挙げられます。この方法は、生き霊を送ってきている相手がわかっている場合にしか使うことができません。

相手に対する恨み、憎しみ、怒り、嫌悪感といったネガティブな想いをとにかく強く持つことが必要です。相手よりも強い念を持つことにより、生き霊を跳ね返すことができるようになります。

憑りつかれない様にするためには自分が成長をする

jill111 / Pixabay

生き霊に憑りつかれない様にするためには、自分のエネルギーを成長させることが大切です。こちらのエネルギーが不足していると生き霊が簡単に近づいてきますし、追い払ったとしてもまた戻ってきてしまいます。

自分のエネルギーを高くするためには、楽しい気持ちで過ごすことが大切です。愛情や感謝の気持ちを忘れず、穏やかな心でいるとポジティブなエネルギーが溢れてきます。

自分のエネルギーが高ければ生き霊は近づいてきにくくなりますので、日頃からポジティブなエネルギーで満たしておくことが憑りつかれないポイントです。

NEXT:粗塩を背後から振りかける
1/3