「木霊」とは木の精霊?モデルはもののけ姫?屋久島に本当にいる?! 占い・スピリチュアル

「木霊」とは木の精霊?モデルはもののけ姫?屋久島に本当にいる?!

木霊とは木に宿る精霊です。古くから樹木崇拝の対象とされ神のような存在としてあがめられてきました。映画「もののけ姫」に登場した「こだま」により世間に認知され、目撃情報や写真が多数報告されています。この記事ではそんな木霊について詳しくまとめていきたいと思います。

目次

[表示]

不思議な精霊の木霊(こだま)とは

jplenio / Pixabay

木霊は日本の樹木崇拝から生まれた木の精霊です。古くから木には不思議な力があり、無下にしてはいけないという教えがありました。そんな木霊についてまとめます。

樹木に宿るといわれる精霊木霊とは

Seaq68 / Pixabay

木霊とは木に宿る精霊のことで、樹木が超自然的な力を持っているとする樹木崇拝から生まれたものです。

木とは一心同体で、木を傷つければ共に傷つき、木を倒せば死ぬと信じられてきました。

また災害を起こしたり、供え物をした人たちには恩恵を与えるとされています。

古い書物には木の神としても登場している

jarmoluk / Pixabay

木霊は古くから木の神として書物に登場しています。

日本最古の歴史書・古事記には「木の神」が登場し、これが木霊であると言われています。平安時代には木霊を神というよりは妖怪のようにみなし、獣や人の姿に変身できるといった能力があります。

また木霊はギリシャ神話にも登場しており、ホメロスの詩にも木霊のようなものが登場するシーンがあります。

山彦=木霊?

Free-Photos / Pixabay

日本人であれば誰しも山頂から「やっほー」と叫び、帰ってくる山彦を楽しんだ経験があるでしょう。実は山彦は木霊の仕業であると言われているのです。

木霊は自然や人々に対して何らかの行動を起こすと言われています。山で叫んだ声が遅れて帰ってくるのは木霊が返事をしているためだという考え方があるのです。

そのことから「山彦」と書いて「こだま」という読み方をする場合もあるそうです。

木霊の正体は一体何なのか?

3333873 / Pixabay

木霊の正体は木の魂だという説やデザイナーが生み出したもの説など様々な意見があります。実際に目撃情報もありますが確かな証拠はありません。そんな木霊の正体についてまとめます。

木霊は樹木にとっての魂?

geralt / Pixabay

人間には肉体と魂という異なる次元の物質により構成されているという考え方があります。

そのことから木も人間と同様、樹木という肉体と木霊という魂によって存在していると言われているのです。

木霊はどんな木にでも宿るのか

Picography / Pixabay

木霊はどんな木にでも宿るというわけではないようです。

古木、巨木、神木など特別な木に木霊は宿るとされています。それらの木は人間・木霊にとって特別な存在であり、人は崇拝の対象にしてきました。

また木霊の宿る木が失われても木霊は消えず、新たな木に宿るともいわれています。

木霊はもののけ姫のデザイナーが考えたものに過ぎないのか?

freephotocc / Pixabay

木霊の正体説の一つにデザイナーが考えたものにすぎないというものがあります。

ジブリ映画「もののけ姫」にはたくさんの木霊が登場し、実際に目撃された木霊の姿がもののけ姫に登場する木霊に似ていることからそういわれるようです。

しかし、もののけ姫木霊は「森に何かいるのが見えるスタッフの手による」と説明されており、これが真実なら木霊は存在するかもしれません。

もののけ姫のこだまは進化するとトトロになる…?

manseok / Pixabay

ジブリ映画「となりのトトロ」に登場するトトロは、もののけ姫に登場する木霊が進化したものだといわれています。

これに対し宮崎駿監督は「もののけ姫の最後に出てきたコダマが数百年後にトトロになった、というイメージでもののけ姫を制作した」と認める旨の発言をしています。

木霊の見た目や容姿の特徴は?

AlexandruPetre / Pixabay

木霊はどのような見た目をしているのでしょうか?木霊の存在を認知させたのはもののけ姫だと言われており、様々な姿に化けることができると言われています。木霊の特徴について見ていきましょう。

見た目や容姿は?モデルはジブリの映画もののけ姫?

wrkshp_mn / Pixabay

古くから木に寄り添ったり、枝に腰かけている姿が描かれることはありましたが、現代では木霊といえば2頭身ほどの大きさで目と口がついている真っ白い姿というイメージが固まりました。

これはもののけ姫に登場した木霊によるものであり、木霊を世間に認知させるきっかけとなりました。

木霊はさまざまな姿で現れると言われている

Free-Photos / Pixabay

木霊は様々な姿で人々の前に現れると言われています。

時には獣、人、光、火など様々なものに姿を変えることができるそうです。

木霊が写真に写っている?!木霊の画像とは

congerdesign / Pixabay

木霊の目撃情報はたびたび報告され、中には写真に収めたという人もいます。主に屋久島で撮影されることが多く、ネットでも話題になりました。そんな木霊の写真についてまとめます。

屋久島で撮影された木霊の写真

2006年ごろ、屋久島にて木霊の写真が撮られ話題となりました。

写真に写った木霊はもののけ姫に登場する木霊のように白い大きな顔に黒い目が二つ付いているといったものでした。

木霊の写真はたびたび撮影されており、主に屋久島で撮影されたものが多いようです。

心霊スポットでよく見るオーブと似ている?

StockSnap / Pixabay

木霊の写真は心霊スポット・写真などに見られるオーブとよく似ています。

オーブとは日本語で「たまゆら」と呼ばれる霊魂です。

その土地で浮遊している霊魂が時々写真に写ってしまうことがあり、木霊の写真はこのオーブと酷似しているのです。

屋久島では目と口があるオーブが撮影されることでも話題となっている

屋久島ではたびたび目と口らしきものがあるオーブが撮影されるとネットで話題になりました。

撮影場所が屋久島だったこと、撮影されたオーブがもののけ姫に登場する木霊にそっくりだったことなどが原因だと考えられています。

ただオーブが撮影されたというだけではここまで話題になることはなかったでしょう。

写真は本物?光学的な現象なのか?

Free-Photos / Pixabay

中には木霊の写真は全てただの自然現象に過ぎないという人もいます。

その人たちによれば木霊の正体は水滴や雨粒に光が反射した光化学的現象だといいます。

事実屋久島は降水量が多く、東京の約3倍ともいわれています。また撮影時の天気も雨や雨が上がった直後が多いそうです。

木霊は数々の作品・ゲームにも登場

quakeboy / Pixabay

木霊は数々の映画やゲームなどに登場するキャラクターのモチーフとなっています。それぞれ異なった描かれ方をしており、バリエーション豊かです。そんな作品やゲームに登場する木霊をまとめます。

もののけ姫の「木霊」

1997年に公開されたジブリ映画「もののけ姫」に木霊は登場します。

白い半透明な体を持ち、丸い大きな頭に目と口のようなものがついています。また頭を動かすとカラカラという音が鳴ります。

作中では森に迷った主人公のアシタカを案内するなど人間に対し、友好的な姿が描かれています。

鬼灯の冷徹の「木霊」

江口夏実作のブラックコメディ漫画「鬼灯の冷徹」にも木霊が登場します。

もののけ姫と異なり鬼灯の冷徹では木霊を完全に人の形をしており、幼い子供のような描かれ方をしています。

作中ではあの世の入り口である山で亡者を見守る木の精という設定です。

仁王の「木霊」

仁王とは戦国末期の日本をモチーフに作られたダークアクションRPGです。

茶碗を被った小人のように描かれ、ダンジョンで迷子になっており、社までの帰り道を教えてあげると主人公に力を与えてくれます。

半ば強化アイテムのような位置づけで登場します。

遊戯王カードの「メリアスの木霊」

世界的に有名なカードゲーム遊戯王にも木霊をモチーフとしたカードが存在します。

そのカードの名前は「メリアスの木霊」。妖精のような風貌で頭から草がロングヘアーのように生えています。

木霊のような森や木に宿ると言われる精霊

adege / Pixabay

木霊のように森や木に宿ると言われている精霊はまだまだたくさんいます。そんな森や木にまつわる精霊をご紹介します。

キヌーシー

kadoyatakumi / Pixabay

沖縄の森にはキヌーシーが宿っていると語り継がれています。

沖縄では木を伐採する際、キヌーシーに祈りをささげるという習慣があります。

ドリアード(ドライアド)

ドリアードはギリシャ神話に登場する木の妖精です。

本体は古い樹木で、緑の髪をもった美しい女性のような見た目をしているとされています。

本体である木と離れる、木が枯れる、倒されると死んでしまいます。

エウリュディケ

エウリュディケはギリシャ神話「オルフェウスと竪琴」に登場する木霊です。

音楽の天才・オルフェウスに愛され妻となったエウリュディケですが足を毒蛇に噛まれ死んでしまいます。

悲しんだオルフェウスは冥界ハデスの元に行き「妻を振り返らなければ生き返らせる」という条件でエウリュディケを返してもらいます。しかし、オルフェウスは振り返ってしまいエウリュディケは闇に消えました。

すべての物には精霊が宿る?アニミズムとは?

Fotorech / Pixabay

木霊のような自然崇拝によく似た考え方に「アニミズム」があります。一見すると同じように見えるのですが詳しく見ると若干違うのです。アニミズムについてまとめていきます。

アニミズムとは?

kareni / Pixabay

アニミズムとは自然界すべての物には精霊が宿るという考え方です。

動物、植物、山、川、天気など有機物・無機物は問いません。わかりやすく言えば自分たちの周りの物すべてに精霊が宿っているということです。

アニミズムにはその土地に根付いた慣習、宗教、世界観などが取り入れられているため、地域によってかなり異なっているという特徴があります。

定義したのは?

アニミズムを定義したのはイギリスの人類学者エドワード・バーネット・タイラーです。

彼は自身の著書「原始文化」にて「すべての物や自然現象に、霊魂や精神が宿るという思考」とアニミズムを定義しました。

「原始文化」が出版されたのは1871年のことで、意外とその歴史は浅いのです。この著書は、その後行われていくアニミズムの研究に大きな影響をもたらしました。

NEXT:自然崇拝とは違う?
1/2