瀬織津姫は葬られた女神?龍神であり弁財天て本当?逸話の数々を紹介 芸能人

瀬織津姫は葬られた女神?龍神であり弁財天て本当?逸話の数々を紹介

瀬織津姫は歴史の闇に葬られた女神です。瀬織津姫は神話に出てくるニギハヤヒ(イザナギ)の妻であり、天照大神自身でもあるという言い伝えもあります。また瀬織津姫は龍神や弁財天だという説もありますが、なぜ葬られたのか謎に包まれた女神の真相に迫ってみます。

目次

[表示]

瀬織津姫とは?歴史の闇に葬られた神?

瀬織津姫とは神道の大祓詞の中に出てくる女神です。瀬織津姫にはたくさんの言い伝えが残されていますが、一般にはあまり知られていません。

それもそのはず、瀬織姫は歴史の闇の中に葬られた神様なのです。どうして歴史の闇の中に封印されてしまったのでしょうか。

数多の伝説がある瀬織津姫

瀬織津姫は、伊勢神宮の内宮の別宮にアマテラスオオミカミの荒神として祀られています。また神道の大祓詞の中に出てくる重要な神様なのに、神話には一切登場しません。

由緒正しい神様であると見られるのに、あまりに情報が少なすぎることから当時の権力者から闇に葬り去られた神様だと言われています。

瀬織津姫は祝詞(大祓詞)に登場する

瀬織津姫が重要視される神様であるという理由は、神道の神様をお参りするときに唱える大祓詞に出てくるからです。大祓詞の一部分をご紹介しましょう。

高山の末たかやまのすえ 短山の末よりひきやまのすえより

佐久那太理に落ち多岐つさくなだりにおちたぎつ

速川の瀬に坐すはやかわのせにます

瀬織津比売と云ふ神せおりつひめというかみ

大海原に持ち出でなむおおうなばらにもちいでなん

此く持ち出で往なばかくもちいでいなば

(引用:大祓詞(おおはらえことば)とは?)

大祓詞の意味は神道において祓を司る神様として、瀬織津姫、速開都比売・氣吹戸主・速佐須良比売という祓戸大神(はらえどのおおかみ)が、私たちの様々な罪や穢れを取り払ってくれるということが書かれています。

この大祓詞の中で瀬織津姫は流れの早い川にいる神様として出てきます。私たちの祓い清められた罪や穢れが山から川に流れ、大海原に流してくれる役目を持っている川の神様なのです。

瀬織津姫の別名は?

瀬織津姫の名前は本居宣長など江戸時代の国学者の書物や、ホツマツタエと呼ばれる書物の中で、瀬織姫と同一とされる神様が出てきます。

瀬織津姫と同一とされる神様の名前は次の通りです。

  • 八十禍津日神(やそまがつひのかみ)
  • 瀬織津姫穂乃子
  • 向津姫
  • その他、菊理姫(くくりひめ)と言った名前等多数

古事記・日本書紀には記されていない神名

このように瀬織姫の存在が多数確認されているにもかかわらず、日本の歴史で正当の書物とされている古事記や日本書紀といった歴史書には一切、瀬織津姫の名前が出てこないのです。

そのことから瀬織津姫の存在は、当時の権力者にかき消されたのではないかとも言われています。

瀬織津姫は歴史上の伝説の人物ですが、現代の伝説について興味がある方は次の記事も読んでみて下さい。

瀬織津姫の正体は?弁財天であり龍神?

瀬織津姫の正体はいったい何なのでしょうか。瀬織津姫は弁財天であり、龍神でもあるという説があります。どちらも日本人にはなじみの神様ですが、同じ神様であるというのは意外ですね。

ここからは瀬織姫の真相に迫るべく、一つづつ謎に迫っていきましょう。

瀬織津姫は龍神?

瀬織津姫は龍神であるという説があります。この説はどこから出てきたのでしょうか。

大祓詞の中の瀬織津姫は、川の中に坐す水の神様として出てきます。水に縁が深いことから、瀬織津姫は龍神であるという説が強くあります。

現代のオラクルカードなどで、瀬織津姫は龍とともに描かれていることが多いのですが、龍神であるという説が強いためです。

瀬織津姫は弁財天?

瀬織津姫は弁財天であるという説もあります。一般に弁財天は水の神様とされており、また江の島神社の伝説にあるとおり龍との縁が深いとされている神様です。

瀬織津姫も水の神様で、また龍神とも関係が深いことから弁財天であるという説と、六甲比命神社などのご祭神が弁財天に変わった事例があることから瀬織津姫は弁財天であるという説があります。

瀬織津姫は桜の神様?

瀬織津姫の容姿は、とても美しい姿であると言われています。桜の神様であるとも言われており、桜の神様には木花佐久夜昆売(このはなさくやひめ)がいます。

瀬織津姫はこの木花佐久夜昆売ではないかという説もあります。

瀬織津姫は八十禍津日神(やそまがつひかみ)?イザナギとの関係は?

「古事記」には八十禍津日神(やそまがつひかみ)と大禍津日神(おほまがつひのかみ)の二神が出てきますが、災厄を司る神とされています。

後に国学者である本居宣長は研究の結果、八十禍津日神(やそまがつひかみ)と瀬織津姫は同神であるとしています。

イザナギとは夫婦同士だった

また「古事記」や「日本書紀」にはイザナギという神様が登場しますが、一度は名前を聞いたことがある有名な神様ですね。

このイザナギは世界創世の場面で矛を持ち、海をかき混ぜて日本列島を作り出しています。その後イザナミと結婚して多くの神様を生み出しています。

瀬織津姫は、このイザナギの奥さん、つまりイザナミという説もあります。瀬織姫はイザナギと夫婦になり、人間として地上に降り立ちたくさんの子供をもうけたというのです。

瀬織津姫は天照大神の荒魂?

瀬織津姫は天照大神(アマテラスオオミカミ)とも関係があると言われています。天照大神といえばだれでも知っている有名な神様ですが、瀬織津姫が天照大神とどういう関係があるのでしょうか。

実は瀬織津姫が祀られていた神社の御祭神が、天照大神之荒魂という名前に変わっている事例が数多くあります。このことから瀬織津姫と天照大神の深い関係が指摘されています。

また神道の考えに、神様には二つから四つの魂があると考えられています。

瀬織津姫はアマテラスオオミカミ自身

神様にはいくつもの魂があるという説は奈良時代に編纂されたと言われる「倭姫命世記(ヤマトヒメノミコトセイキ)」や伊勢神宮の宮司の作成した書物、瀬織津姫を祀っていた神社の社史に見られます。

以上のことから瀬織津姫はアマテラスオオミカミ自身なのだ、という説もあります。

「荒魂を持っている神様」というのは、荒々しい作用でこの世を浄化させる作用を持っていると言われる、少々乱暴な神様のことです。

瀬織津姫と同一とされる神様はほかにも

Kanenori / Pixabay

瀬織津姫と同一とされる神様はほかにもいます。例えば宇治の橋姫神社では橋姫を瀬織姫と同一だとしています。

また熊野神社を調べてみると、熊野権現は瀬織津姫であるという説があります。

瀬織津姫のご利益やご神徳はなに?

oadtz / Pixabay

瀬織津姫はご利益やご神徳のある神様ですが、どんなご利益があるのでしょうか。瀬織津姫を祀っている神社として成立が最も古いとされている廣田神社(兵庫県西宮市)に書かれたご利益とご神徳を見てみましょう。

  • 勝運合格
  • 開運隆盛
  • 子授
  • 安産
  • 文学歌謡
  • 厄災消避
  • 立身出世
  • 交通安全
  • 罪障祓滅
  • 先導開拓

その他にも他の瀬織姫を祭っている他の神社や、一般に知られているご利益、・ご神徳として次のようなものがあります。

  • 水難防止
  • 縁結び

瀬織津姫を祀っている神社は?

瀬織津姫を祀っている神社は数多く存在しています。しかし必ずしも瀬織津姫と表記されておらず、名前を変えて表記している神社も存在します。瀬織津姫が祀られている神社は次のような神社があります。

  • 伊勢神宮 (三重県伊勢市)
  • 廣田神社(兵庫県西宮市)
  • 御霊神社(大阪府大阪市中央区淡路町)
  • 小野神社(東京都多摩市一の宮)
  • 織津姫神社(石川県金沢市)
  • 佐久奈度神社(滋賀県大津市)
  • 井関三神社(兵庫県たつの市)
  • 佐久奈渡神社(滋賀県大津市)
  • 宇奈己呂和気神社(福島県郡山市)
  • 日比谷神社(東京都港区)
  • 小野神社(東京都多摩市)
  • 小野神社(東京都府中市)
  • 瀬織津姫神社(石川県金沢市)
  • 池宮神社(静岡県御前崎市桜ヶ池)
  • 槻神社(愛知県北設楽郡東栄町)
  • 片山神社(三重県亀山市)
  • 佐久奈度神社(滋賀県大津市)
  • 建水分神社(大阪府南河内郡千早赤阪村)
  • 井関三神社(兵庫県たつの市)
  • 速川神社 (西都市)(宮崎県西都市)

熱田神宮の祭神も瀬織津姫?

「三種の神器」で有名な「草薙剣」を祀っている神社が熱田神社です。この神社のご祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)ですが、本宮の後ろには一之御前神社(いちのみさき)が鎮座しています。

ここに 「天照大神荒魂」が祀られていますが、この「天照大神荒魂」こそ瀬織津姫だと言われています。

瀬織津姫と六甲山の関わりは?

このように瀬織津姫は様々な神社でお祀りされている神様ですが、日本で最も由緒があると言われる瀬織津姫の御神体は六甲山に祀られていると言われています。

兵庫県神戸市六甲山の六甲比命神社(ろっこうひめじんじゃ)には「六甲比命大善神」という神様が祀られていますが、この神社の境内の中に鎮座があります。

その場所こそが、瀬織津姫がお坐すご神体と言われているのです。

瀬織津姫は封印されている神様?

これほどまでにいろいろな場所で祀られ、由緒正しい神様であるはずの瀬織津姫ですが、神話にも日本の正式の文書である歴史書の中にも瀬織津姫の名前が出てきません。

あまりにも謎が多いため、瀬織津姫は封印されたのでは?という説があります。

瀬織津姫が封印された理由は?

瀬織津姫が封印された理由は諸説あると考えられています。瀬織津姫の最大の謎である封印された理由について真相を探っていきましょう。

古文書『ホツマツタエ』では瀬織津姫と天照大神は夫婦

昭和41年に東京の神田の古本屋街で偶然見つかった書物があります。その書物は古い歴史書で、「ホツマツタエ」といいます。

この書物の中で、アマテラスオオミカミは女性神ではなく男性神であると書かれています。イザナミとイザナギが結婚して多くの神様を生みましたが、二人の間に生まれた長男がアマテラスであるとされています。

この長男のアマテラスが日本を統治しますが、そのアマテラスの妃が瀬織津姫であると書かれています。

古文書『ホツマツタエ』の信ぴょう性を疑う声もあり

しかしこの偶然出てきた古文書には、信ぴょう性がないという専門家もいます。ホツマツタエは日本の神話を描いた書物で、歴史的には江戸時代中期のことまでしか書かれていません。

ホツマツタエは「ヲシテ文字」という現在の私たちが使う言葉とははるかにかけ離れている神代文字を使って書いてあります。

ホツマツタエは偽書であると呼ばれていますが、実は古事記や日本書紀よりも正当であるという意見も存在しています。

ニギハヤヒ(天照大神)はスサノオの子供

瀬織津姫と神話に出てくる有名な神様、スサノオにもつながりがあるという説もあります。スサノオはスサノオノミコトともいいますが、スサノオノミコトがイザナミ(別名ニギハヤヒ)の父親であるという説です。

夫婦である瀬織津姫と天照大神は『陰』と『陽』の関係?

ニギハヤヒ(イザナギ)が瀬織津姫の夫であるという説はお話ししましたね。このニギハヤヒは太陽の神様でもあります。

夫が太陽ということは必然的に妻である瀬織津日は月ということになります。このことから太陽と月、陽と陰、和魂と荒魂、彦星と織姫というキーワードが浮かんできます。

『陰』である瀬織津姫の性質が要因となっている?

Kapa65 / Pixabay

瀬織津姫が陰、夫のニギハヤヒが陽で陰陽をあらわしています。ニギハヤヒは天照であるという説もあることからニギハヤヒはこの世に光を与える和魂(ニギミタマ)です。

一方瀬織津姫は荒々しい作用でこの世の浄化を行う荒魂という性質を持っています。

瀬織津姫は浄化の神様で人々にとって浄化は禍い?

NeuPaddy / Pixabay

瀬織津姫はこのように浄化の神様でもあり、荒々しい作用でこの世界の浄化を行います。

それが時には火山の噴火や大地震となり、時には多くの人々の命を奪ってしまいます。瀬織津姫にはこのような性質があることから恐ろしい神様とも考えられがちですが、実は大きな愛を持った神様です。

人間にとっては被害にあって命を奪われると禍いが降りかかったと考えがちですが、瀬織津姫は世界のバランスを取り、人間がよりよく暮らせることを願ってこのような災害を起こしているのです。

NEXT:禍いをもたらす神だから持統天皇が封印!
1/2