パラレルワールドとは何?簡単に説明すると?作品中での解説もまとめ 占い・スピリチュアル

パラレルワールドとは何?簡単に説明すると?作品中での解説もまとめ

パラレルワールドというものをご存知でしょうか?パラレルワールドは現実世界とは別の世界が平行線に存在していることです。パラレルワールドはSPEC結、オレンジ、ジョジョの奇妙な冒険など様々なメディアにも取り上げられます。今回はパラレルワールドを簡単に説明します。

目次

[表示]

パラレルワールドとは?簡単に説明すると?

Comfreak / Pixabay

パラレルワールドとは今現在住んでいる世界と平行して存在している別の世界のことを指します。パラレルワールドは3次元上に存在している別世界のことを指しています。

そのため、4次元や5次元などほかの次元に存在している世界を指す言葉ではないのです。そのため、同次元に存在しているものの、我々の住んでいる世界とは異なる世界です。

ここでは、パラレルワールドを簡単に説明していきます。

パラレルワールドとは何?平行世界?簡単に説明すると?

Javier-Rodriguez / Pixabay

パラレルワールドは現在われわれが生きている世界とは異なる世界のことをパラレルワールドと言います。

パラレルワールドは私たちの住んでいる次元と同様の次元に存在している世界のことを指します。そのためより高度な多次元に存在している世界はパラレルワールドとは言いません。

例えるなら、TVの4chで放送している番組が私たちの住んでいる世界があれば、5chや6chで放送している番組がパラレルワールドにあたります。

パラレルワールドはタイムパラドックスの説明にも用いられる?

mikegi / Pixabay

まずタイムパラドックスとは、タイムトラベルを行った際に、過去の世界を変えることによって、現在の世界と矛盾が生じてしまうことを指します。

このタイムパラドックスと言われる現象の説明する際に、パラレルワールドが用いられることがあります。タイムトラベルした先の世界がパラレルワールドであるという説です。

この説であれば、過去を変えた世界は現在とは別の世界に分岐するため、現在に戻っても過去を変えた未来とは異なる世界に戻ってくるというものです。これがパラレルワールド説です。

パラレルワールドは存在するの?知恵袋でも話題に?

Hans / Pixabay

知恵袋でもパラレルワールドについて話題になっていました。これは投稿者がパラレルワールドの体験を行ったのではないかと言う内容でした。

内容は、国道を走行中する途中でコンビニでコーヒーを購入後、国道を走行中に、再び途中でコーヒーを購入する前に戻ってしまうという内容のものでした。

このように通常行くことのできないパラレルワールドにに何らかの原因で迷い込んでしまうということがあということが考えられます。

パラレルワールドは物理学的にも可能性がある?SFでは?

多くのフィクション作品でも登場しています。しかし現実では可能であるかどうか、物理学の観点から考えていきます。

またSFの世界でのパラレルワールドにまつわる説も紹介していきます。

パラレルワールドの物理学的な可能性①:量子力学の多世界解釈

cocoparisienne / Pixabay

この説では、量子力学的に観測される可能性があることからパラレルワールドであるという説です。

これは箱に入った猫で例えられることが多い説です。

箱に入った猫が生きているか死んでいるか、箱の外からだと両方の世界が存在しています。このことから同時に2つの世界が存在しているため、パラレルワールドがあるという説です。

パラレルワールドの物理学的な可能性②:宇宙論の「マルチバース」

Genty / Pixabay

宇宙は正物質、陽子、電子などの物質で主に構成されています。しかし、反物質の存在が微量に確認されています。

正物質が反物質より多かったため、宇宙のを構成するほとんどの物質が正物質で構成されています。

しかし、微量の反物質が残っていることから、この反物質の世界がパラレルワールドであるという説です。この反物質の中でも正物質で構成された宇宙と変わりないため、他の世界があるということになります。

パラレルワールドの理学的な可能性③:超弦理論による「膜宇宙」

この説では現在ある宇宙は11次元に存在している超宇宙と言われる宇宙に張り付いてる膜であるという説です。

この宇宙の膜同士が互いに引き寄せあい、そのバランスが崩れることでそのエネルギーにより新たな宇宙が創造されているという説です。

重力がこの宇宙の膜を超えていくことができるとされています。このほかに存在している宇宙の膜にパラレルワールドが存在しているという説です。

SFなどのフィクションにおけるパラレルワールドとは?

StockSnap / Pixabay

SF作品でのパラレルワールドは「もしもこんな世界だったら」というのを表現することに使われることが多いです。

これは、架空の世界での戦争などを現すことと、存在している歴史をベースに異なる世界を描いたという2つの物が存在しています。

SF界ではその両方を同じ様なパラレルワールドとして扱われいます。このようにSFでは、描きたい世界を描くために使われています。

パラレルワールドは存在した?体験談まとめ①:存在しない場所から来た

ChadoNihi / Pixabay

パラレルワールドは現在観測されていないため、現在は存在している証拠は発見されていません。

しかし、実際にパラレルワールドに行ったという内容の体験談を持っている人がいます。

今回はそんなパラレルワールドから来たという体験談を紹介していきます。

パラレルワールドの体験談①:「トレド」から来た男性

これは1954年に日本の羽田空港に来た男の話です。この男はスペインとフランスの間に存在しているトレドという国から来たと入国管理官に話していました。

男はフランス語や日本語など様々な言語を話すことができました。パスポートやビザなど公的機関の発行している身分証明書を持っていました。しかし、どこにも存在していない機関から発行されていました。

この男に地図を見せると、アンドラという国はあるものの、トレドは存在していませんでした。男は警備付きでホテルに一泊しましたが次の日に姿形もなく消えてしまいました。宿泊したホテルは15階という高さでした。

パラレルワールドの体験談②:「ラクサリアン」から来た男性

Free-Photos / Pixabay

1851年にドイツにある小さな村に突然「ジョファー・ヴォーリン」と名乗る男が現れました。その男がもともと住んでいたところがサクリアという星にあるラクサリアという国から来たというのです。

警察当局が探しても存在していない国であり、彼は船で航海しているときに難破してしまい記憶がほとんど残っていませんでした。

彼はドイツ語に加え、「ラクサリアン」、「アブラミアン」という言語を使っていました。

パラレルワールドの体験談③:ウールピット村に現れた兄弟

Bess-Hamiti / Pixabay

12世紀にイギリスにある村の「ウールピット村」に子供の兄妹が現れました。この二人は緑のような肌をしており、奇妙な服を身に着けていました。また理解できない言葉をしゃべっていました。

現地の食事を渡し、しばらく村で生活をしていると緑いろの肌は次第に消え、普通の肌に戻っていきました。兄は病により病死してしまいますが、妹は英語を学びました。

そして彼は地下世界に存在する「セントマーチンズランド」という世界に住んでいたというのです。

パラレルワールドは存在した?体験談まとめ②:一時的に迷い込んだ

ijmaki / Pixabay

パラレルワールドから来たという体験談を紹介してきました。しかし、パラレルワールドから迷い込むことができるということは、こちらからパラレルワールドへ行くこともできます。

今回はそんなパラレルワールドに迷い込んでしまったという体験談を紹介していきます。

パラレルワールドの体験談①:砂漠でパラレルワールドに?

Falkenpost / Pixabay

1971年アメリカのユタ州で女性4人が帰宅時、砂漠を走行中周囲が穀物畑と湖が見えてきて、さらに舗装されている道に入ってきました。

さらにネオン照明の看板がある建物が出てきました。女性たちは建物に入ると高身長の男性が現れました。

その姿は人ではなく、車でそこから逃げようとすると卵型の乗り物で追いかけてきました。谷を越えると元の砂漠に戻れました。

パラレルワールドの体験談②:運転中に転送された男性

Skitterphoto / Pixabay

1986年11月にペドロ・オリバ・ラミレスという男性が運転中にテレポート現象にあいました。これはスペインのセルビアから15キロ離れた町に向かっていた時に起こりました。

目の前の道路が6車線に変化しました。見たことのない20階建ての高層の建物が出てきました。周囲には草原も広がっていました。「あなたは別の地球にある別の国へ転送されました」という声が急に聞こえました。

1時間ほど彷徨い、車を止め左側を見ると目的地の街についていました。混乱した男性は道を戻るも建物や草原を見つけることができませんでした。

嘔吐したらパラレルワールドへ

jarmoluk / Pixabay

ある男性が駅へ向かっている途中に急に吐き気に襲われました。トイレに駆け込む余力もなかったため。ビルの陰に隠れその場で男性は嘔吐しました。

気分が楽になった男性は駅へと再び向かい始めると、周囲が薄暗いネオン街から昼間の全く見たことのない街並みになっていました。弾性はタバコを吸おうとして火をつけたときに再び吐き気に襲われました。

彼は近くの店舗にあるトイレで嘔吐し出ていくと景色は元のネオン街に戻っていました。

パラレルワールドの体験談④:解散したはずのビートルズが存在していた

2009年アメリカ合衆国でジェームズ・リチャードは愛犬を乗せた車で走行していました。一度車を停車させ、犬を下ろしました。その後犬を追いかけ、転倒し意識を失いました。

目を覚ますと、見たことのない機械のある部屋で治療されていました。そこでジョナスという男が来ました。彼は自分自身が平行世界の橋渡しを行っていることジェームスに伝えます。

この世界ではビートルズが存在し続けていて新曲も出しているというのです。彼は何らかの機械でこちらの世界に戻ってくる前に、カセットテープをポケットの中に入れて戻ってきました。

パラレルワールドの体験談⑤:故郷が別の街になっていた?

xusenru / Pixabay

アメリカ合衆国、カリフォルニア州にあるぺリスに向かっているキャロルという女性がいました。育った街に無事についたと思うと、彼女は記憶にある街とは異なる街並みが広がっていました。

彼女は祖母が生活している家に向かうも別の家が建ってました。また彼女の祖母の墓地は空き地に代わっていました。彼女は車から降り通りにいる人に話を聞くともともと辺境の地であったという返答がありました。

数年後再び彼女が街に戻ると、街のすべてがもとに戻っていました。

パラレルワールドは存在した?体験談まとめ③:東日本大震災のパラレルワールド

geralt / Pixabay

パラレルワールドの体験談は世界各国で存在しています。これは日本も同様です。

日本では2011年3月11日におこった東日本大震災でもパラレルワールドの体験談が存在しています。今回はそんな体験談を紹介していきます。

パラレルワールドの体験談①:東日本大震災の被災地に現れた街並み

shell_ghostcage / Pixabay

東日本大震災が発生し、避難していた団体が行方不明者捜索を行うために荒れた小道を走行していました。そこで霧のようなものが車内に侵入していきました。

乗車していた全員が揺らめく光る霧の間から不思議な街の光景が広がっていました。それはビクトリア王朝と江戸時代を混ぜたような街並みが存在していました。

その後数秒で元通りの被災した現場の光景に戻りました。これは1件だけの報告だけではなく何件もの報告例があがっています。

パラレルワールドの体験談②:夫だけがパラレルワールドへ

1866946 / Pixabay

こちらのパラレルワールドの報告ケースも東日本大震災で報告されたケースです。しかしほかのどの例とも違うのがパラレルワールドに引き込まれたところを目撃した人物がいるということです。

これはある夫婦のケースです。夫が妻の目の前でパラレルワールドに引き込まれてしまいそのまま姿を消しました。

この男性と同姓同名の人物が1981年に警視庁の管轄の警察署に駆け込み、1960年からタイムスリップしてきたという内容の証言を行っているのです。その後男性の行方は分からなくなっています。

パラレルワールドは存在した?体験談まとめ④:知恵袋の体験談

PhotoMIX-Company / Pixabay

パラレルワールドの体験談は様々なところで存在しています。これは現在はインターネットの環境が発展しているためインターネット上でも多くみられます。

今回は知恵袋の中で上がっているパラレルワールドの体験談について紹介していきます。

パラレルワールドの体験談①:ループする道

Larisa-K / Pixabay

これは2013年5月にある男性が体験したものです。この男性の特徴は最初っから怪奇現象などという断定をするのではなく夢でなかったのではないかということも考えているほど現実離れした体験をしていることです。

彼は実家に帰省するため国道を車で走行していました。この国道を走行しているときにある一定の場所に行くと元に戻ってしまうというループ現象が発生してしまいました。

様々な方法を試したが、進むことができず車内で一旦寝て考えていると小動物が見え、そこからはループすることなく走行することができました。このようにループする道にまよいこんでしまうという体験をしたのです。

パラレルワールドの体験談②:自分が心霊写真に

congerdesign / Pixabay

2019年3月にある女性が体験したものです。官女の体験は心霊写真サイトに投稿されていた心霊写真の中に自分に外見がそっくりな例の写真が存在していたという内容のものです。

彼女はもともと病弱で入院を繰り返していたり、学生時代もいじめを受けて死を覚悟したこともあったそうです。彼女が「もしこの世から去っていたら」という別の世界の彼女の霊が映り込んでいたことが考えられます。

パラレルワールドの体験談③:運転中に別の世界へ?

Free-Photos / Pixabay

2000年に投稿者の女性が体験した話です。家族で車で走行中、車のフロントガラスにオレンジ色に包まれる衛星のようなものが落下しているのを目撃しました。

帰り道の方向に落下しているため渋滞になることも覚悟していたのですが、渋滞どころかパトカーや救急車などの緊急車両も通りませんでした。

この目撃した光景は実は別世界の光景を偶然目撃してしまったのではないかと考えられています。

パラレルワールドの体験談④:パラレルワールドから来た?

janeb13 / Pixabay

2018年2月に投稿された話です。ここまでの話とは異なり、投稿者自身がパラレルワールドから訪れた記憶が存在しているというケースです。

投稿者の周辺にいる家族や友人も同様の記憶、体験をしている人が多く、現在の世界と記憶が異なっている情報があるというものです。

投稿者自身がパラレルワールドから来たという内容の話になっています。

パラレルワールドへの行き方は?真相は?

danymena88 / Pixabay

パラレルワールドへ行くという体験談や、パラレルワールドから来たという様な体験談が多く存在しています。このことからもパラレルワールドへ行くこと自体は可能であると考えられます。

ではどのようにすればパラレルワールドに行くことができるかを紹介していきたいと思います。

またパラレルワールドそのものが存在しているかどうかもここで紹介していきます。

パラレルワールドに行くには?いろんな方法がある?

nakataza02 / Pixabay

パラレルワールドに行く方法は様々な方法が存在していると言われています。最も有名な方法がエレベーターを使った方法です。これは決まったかいを押し、最終的にパラレルワールドに着くというものです。

ほかにも六芒星を使った方法や鏡を使った方法、特製ドリンクを使ったものなど様々の方法が存在しています。鏡を使った方法はパラレルワールド以外に無の世界に行ってしまう可能性もあると言われています。

特製ドリンクを使う方法ではパラレルワールドに行けるというよりもタイムスリップに近いものであるともいわれています。

NEXT:パラレルワールドの真相は?
1/2