イクイク病(持続性性喚起症候群)とは?症状や原因・治療法は?

イクイク病(持続性性喚起症候群)とは、日常のほんのちょっとした刺激で性的な興奮を強く感じてしまい、通常の日常生活が難しくなってしまう場合もある深刻な症候群です。今回はその原因や症状、治療法などについて、また男性と女性の発症例なども詳しくまとめていきます。

イクイク病(持続性性喚起症候群)とは?

RondellMelling / Pixabay

イクイク病とは日常的なちょっとした刺激で強い性的な快感を感じてしまい、続発的かつ持続的に性的な興奮状態が引き起こされてしまう病気です。正式名称は「持続性性喚起症候群」と言います。

この「持続性性喚起症候群」は2001年に初めて正式に報告された、まだ発見されたばかりの病気であり有効な治療法なども現在のところ発見されていません。

イクイク病(持続性性喚起症候群)とはどういう奇病?

3938030 / Pixabay

イクイク病に発症してしまうと、ちょっとした振動、例えば車や電車に乗っている時の少しの揺れやスマホがポケットの中で振動しただけでも強力な性的興奮を覚えてしまい日常の生活に支障をきたします。

オーガズムを迎える事で一時的に症状が治まる事もある様ですが、すぐにまた性的な興奮を感じる様になります。当然、何事にも集中する事ができなくなり、まともな日常生活を送ることは不可能になってしまいます。

イクイク病は英語で何という?

geralt / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)は英語では「persistent sexual arousal syndrome」といい、その頭文字をとって「PSAS」と呼称されています。

また、「Persistent genital arousal disorder」(持続的に生殖器が覚醒する障害)とも呼ばれ、こちらも頭文字をとって「PGAD」との名称で示される事もあります。

色情症とは違うの?

Pexels / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)の症状の説明を聞くと、一見まるで色情症の様な印象を受けてしまうかも知れませんが、この症候群は心理的な性的興奮は一切関係なく、肉体のみが性的に興奮してしまう症状です。

そのため、本人の意思とは全く関係のないところで自分の身体が性的な興奮を感じてしまっている状態であり、本人がそうした状態になっている自分の体に嫌悪感を感じ、精神的に強い苦痛を感じている場合が多いです。

安定した日常生活が送れないことから問題視されている

Free-Photos / Pixabay

何よりもイクイク病(持続性性喚起症候群)になってしまうと、起きている間中些細な刺激で肉体が反応し、性的な興奮を感じてしまうために、まともな日常生活は不可能になってしまいます。

普段の仕事や家事、友人とや一人でのプライベートな時間など、その一切に支障をきたしてしまう事で仕事を失い、人間関係も崩壊し最終的に自殺に追い込まれてしまう人もいるなど、非常に深刻な症候群だと言えます。

イクイク病(持続性性喚起症候群)の原因や治療法は?

StockSnap / Pixabay

ここまで、イクイク病(持続性性喚起症候群)の深刻さをお伝えしました。では、イクイク病(持続性性喚起症候群)の原因についての解明や有効な治療法などは確立されているのでしょうか?

2001年に発症が確認された

Goumbik / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)が正式に症候群として発症が確認されたのは2008年の事で、アメリカに住むキム・ラムジーさんという女性の症例にて報告されています。

このキム・ラムジーさんはなんと1日に100回以上もオーガズムを迎えてしまうのだそうですが、医者の診断によると2001年にラムジーさんが階段から落ちた際の衝撃がきっかけで発症したのではないかしています。

発祥の原因は?階段から落ちたりWii Fitのボードから落下したことが原因?

OpenIcons / Pixabay

現在、イクイク病(持続性性喚起症候群)の原因だと考えられているのは、なんらかの衝撃で神経に影響が出たというものです。

ラムジーさんの様に階段から落ちたのが原因とされる例やアマンダ・フラワーズさんというイギリス人の方が発症した例として任天堂のゲーム「Wii Fit」のボードから落下したのが原因とするものもあります。

医療薬の副作用・更年期が原因とも言われているが謎が多い

qimono / Pixabay

また、医療薬の副作用であるとの診断や更年期障害でのホルモンバランスの崩れが原因との診断もある様ですが、はっきりとした原因は未だに解明されておらず、なぜイクイク病が発症するのかは謎だとされています。

瞑想や鎮痛剤・骨盤エクササイズなどで症状は緩和できる

Free-Photos / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)は原因が不明であるため、有効な治療法も確立されていません。

現在このイクイク病の治療法としては、瞑想や性的な興奮を健全な反応として捉え直すなどの療法や過去の性体験の抑圧へのカウンセリングなどの心理的な療法などで効果が認められたケースがあります。

また、医療的な治療としては鎮痛剤の服用や骨盤のエクササイズなどで、症状を緩和させる方法がとられています。

現在確実な治療法は不明で研究が開始されている

DarkoStojanovic / Pixabay

現在のところ効果的な治療法が確立されていないイクイク病(持続性性喚起症候群)ですが、近年になって本格的な研究が開始されており、今後の原因解明や効果的な治療法の確立がまたれます。

イクイク病(持続性性喚起症候群)の症状は?男女に差はある?

geralt / Pixabay

続いては、イクイク病(持続性性喚起症候群)の代表的な症例についても紹介していきます。合わせて発症や症状に関する男性女性の差などについても見ていきたいと思います。

女性に発症する割合が多いイクイク病

Engin_Akyurt / Pixabay

これまで、イクイク病(持続性性喚起症候群)と診断された人を見ていくと圧倒的に女性の割合が多くなっていますが、その理由については解明されていません。

英国のセント・メアリーズ病院に勤務する医師デイヴィッド・ゴールドメイヤー氏は、イクイク病(持続性性喚起症候群)は長期間にわたって性欲を感じていない女性に発症するケースが多いと唱えています。

2時間で180回もイってしまう女性

上の動画の女性はCara Anayaさんという2時間でなんと180回もオーガズムを迎えてしまう事に悩んでいる女性を紹介した動画です。まともな日常生活は送れなくなってしまっています。

また、イギリス人女性のサラ・カルメンさんは24歳の頃イクイク病(持続性性喚起症候群)を発症した事を告白しています。この方の症状は日常のちょっとした刺激でオーガズムを迎えてしまうというもの。

最初は半年の間に150回ほどオーガズムを迎える程度だったものが、次第に症状が強くなり、この告白時点では1日に200回ものオーガズムを迎えてしまう様になったのだそうです。

食べることによってイってしまう女性

stevepb / Pixabay

アメリカのコロラド州出身の女性Gabi Jonesさんも、イクイク病(持続性性喚起症候群)の症状に苦しんでいる一人です。

この方の症例はアイスクリームやピザなどの高カロリーな食事を摂る事で強い性的な興奮を感じてしまうという特殊なもので、最初に症状が現れたのもアイスクリームを食べている最中だったそうです。

この方はアイスクリームなどで性的興奮を覚える事に加えて、その他のイクイク病患者と同じ様に、日常のちょっとした刺激でも性的興奮を感じてしまうのだそうです。

1日に100回ものオーガズムに襲われる男性

StockSnap / Pixabay

続いては、男性のイクイク病(持続性性喚起症候群)に悩む男性の紹介です。アメリカに住んでいるデール・デッカーさんは、2014年に世界で初めてこの症状を告白。

ここで彼は、過去の背骨がズレ骨盤神経が傷ついた事をきっかけに、1日に100回以上ものオーガズムに襲われる様になってしまった事を公表しています。しかしその後、ある事で彼の症状は劇的に改善しています。

それは元々性同一性障害に苦しんでいた彼が女性として生活し始めた事でした。女性ホルモンを摂取し始めた結果1日に100回以上だったオーガズムが8回ほどにまで減少したのだそうです。

妹がイクイク病という難病にかかっていると報告する男性

minanfotos / Pixabay

2017年頃、日本の匿名掲示板で『うちの高1の妹が「持続性性喚起症候群」という難病にかかってしまっている』というタイトルのスレッドが立てられました。

こちらは確実に釣りスレでしたが、このスレを見て初めて「持続性性喚起症候群」という病名を知ったという人も大勢いた様です。

日本人にも軽いイクイク病で悩む女性がいる

Free-Photos / Pixabay

日本人の中にもこの症例に悩む人は存在すると見られており、実際にインターネット上ではイクイク病(持続性性喚起症候群)と見られる症状に悩み相談されている方が複数いる様です。

正確な症例は報告されていないことも含めると把握されていない

qimono / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)は世界中に数千人の患者が確認されていますが、その症状の内容から恥ずかしく思ってしまって告白できないかなり大人数の患者がいると見られています。

イクイク病(持続性性喚起症候群)により自殺したケースも

Counselling / Pixabay

イクイク病(持続性性喚起症候群)は、日常的な生活がままならなくなる上に、その症状などから奇異の目で見られたり、いわれのない誹謗中傷を受けたりするケースもあるため、精神的に強い苦痛を受けます。

過去にはイクイク病を苦にしての自殺してしまったケースなどもあり、非常に深刻な症候群であると言えます。

23歳でイクイク病が発症したグレッチェン・モラネンさん

Anemone123 / Pixabay

23歳でイクイク病(持続性性喚起症候群)に発症しそれから16年間の間その症状に苦しめられていたアメリカ・フロリダ州在住の女グレッチェン・モラネンさんが自宅で死亡しているのが2013年に発見されました。

亡くなる1週間前にタンパ・ベイ・タイムズ紙の取材に答えていた

ChristopherPluta / Pixabay

グレッチェン・モラネンさんは自ら命を絶つ一週間前に、自身の患っているイクイク病(持続性性喚起症候群)について、タンパベイタイムズ紙の取材を受けていました。

ここで彼女は、イクイク病に発症した事で自分の翻訳や通訳に関係した仕事に就く夢も絶たれた事や、自分の発症してからの16年の人生の苦しみについて詳細に語っていました。

彼女の語った内容によると症状の唯一の緩和方法はマスターベーションで、仕事も辞めざるを得なくなり自宅に引きこもってマスターべションを繰り返すしかなかったそうです。

3度の自殺未遂で16年間イクイク病に悩み続けていた

Free-Photos / Pixabay

こうした症例は彼女に強い羞恥心を抱かせ絶望させ、16年もの間に3度もの自殺未遂を起こしています。彼女は自身の症状について両親にすら話せず、深く悩み続けていた事を涙を流しながら記者に語ったそうです。

そのわずか一週間後、彼女は電話で友人に自殺をほのめかしたのち、自宅で自ら命を絶ってしまいました。その16年間の彼女の苦悩を思うと胸が痛みます。

イクイク病(持続性性喚起症候群)に関連する作品

Pexels / Pixabay

近年になって注目集めているイクイク病(持続性性喚起症候群)には関連するアダルト漫画などが発表されています。

自殺にもつながったケースもある深刻な病気であるイクイク病ですが、その症状からもエロティックな作品のモチーフにされやすい様です。

漫画「魔少女的~私 イっちゃうんです~」

こちらは、セーラー服姿の正体不明の少女が空からとある学校に突然舞い降りてくるところから始まります。この少女は「魔女として特殊の力を使えるのですが、持続性性喚起症候群にかかっているという設定。

設定ありきのいわゆるエロ漫画という感じです。冒頭では一応「持続性性喚起症候群」の説明がなされていますが、物語全体としてはイクイク病自体が深刻に関わってくる事はありません。

漫画「ポエポエ」

こちらもイクイク病(持続性性喚起症候群)を設定に利用したエロ漫画です。

主人公が義理の妹と姉と一緒にメイド喫茶で働くことになってしまうのですが、その義妹が実はイクイク病だったというエロ漫画としては王道の設定となっています。

AV女優櫻井ともかはイクイク病?出演作は感度が高い事で有名

触っただけで何度もオーガズムを迎えてしまうAV女優として紹介されている櫻井ともかさんもまた、イクイク病(持続性性喚起症候群)の可能性が指摘されています。

櫻井ともかさんの出演作品では、触られただけで過剰に反応してしまうところがクローズアップされ、その特徴が櫻井ともかさんのキャッチフレーズともなっています。

ただ、あまりにも感度が良すぎるため、これでは日常生活でも大変なんじゃないかと心配もされており「イクイク病」ではないかとも疑われています。

イクイク病との関連が指摘される「むずむず脚症候群」とは

原因について不明で、その正体がつかめていないイクイク病ですが、オランダでの近年の研究において、イクイク病を患う女性の大半が「むずむず脚症候群」という症状を合併して患っている事が明らかになりました。

「むずむず脚症候群」は別段珍しい病気ではなく10人のうちの1人は似た症状を持っていると言われます。これは脚に言いようのない不快感を感じて掻いたりするものの、掻けた感じがせずストレスになるというもの。

この「むずむず脚症候群」がイクイク病とどの様に関連しているかは現在研究中という事ですが、研究者らはイクイク病がこの「むずむず脚症候群」の表現型の一つではないかと推測し医学論文で発表しています。

イクイク病(持続性性喚起症候群)は自殺にもつながる深刻な病気

RyanMcGuire / Pixabay

今回は近年になって認知度が上昇してきた珍しい症候群である「イクイク病(持続性性喚起症候群)」についてまとめてきました。その症状は日常の些細な刺激で強い性的興奮が起こってしまうというものでした。

一見して、色情狂などの性的欲求が抑えられない症状と混同されがちですが、このイクイク病は自分の意思とは関係なく体が勝手に性的な興奮を感じてしまうもので、患者は日常に支障をきたすほど苦しんでいます。

イクイク病の患者の中には、それを苦にして自殺してしまう人もおり、命にも関わる深刻な病気だと言えます。内容から面白がって紹介されたりする例もありますが、深刻な病気として正しく認識していきましょう。

イクイク病が同一視されやすい色情症に関する記事はこちら