無乳とは?意味は貧乳より小さい?改善の方法は?メリットもまとめ 恋愛・心理

無乳とは?意味は貧乳より小さい?改善の方法は?メリットもまとめ

無乳は貧乳よりも小さい胸を意味する言葉です。無乳の原因は様々ですが、まれに病気の可能性も隠れています。無乳を改善してバストアップする方法もあり、実際に大きくなったという人もいます。しかし、無乳にはメリットも多くありますので、無乳の魅力を磨くことも大切です。

目次

[表示]

無乳とは?どういう意味?

無乳とはその字から想像できる通り、非常に小さい胸を表現する言葉です。いわゆる貧乳よりもさらに小さく、胸のふくらみがごくわずかである場合に無乳と言われます。

無乳とは?貧乳よりも胸がない?

Free-Photos / Pixabay

無乳とは、とても小さい乳房のことを指す言葉です。貧乳よりもさらに小さく、胸のふくらみがほんのわずかである場合に無乳と表現されます。

無乳の定義は?

jackmac34 / Pixabay

無乳の定義は、Aカップ以下のAAカップ、AAAカップの胸だとされています。一方で、貧乳はAカップまたはBカップの胸のこととされています。

貧乳と言われる場合には胸のふくらみがありますが、無乳の場合にはふくらみがごくわずかか、ほとんどないような状態と言えます。

無乳はバストアップできる?改善する方法まとめ

Pexels / Pixabay

無乳の人でもバストアップするための方法は様々あります。効果には個人差がありますが、実際にバストアップに成功した人もいます。食事や運動、マッサージなど、自分に合った方法を探してみるのも一つです。

無乳を改善!胸を大きくする方法①:一旦太る

stevepb / Pixabay

胸のふくらみはほとんどが脂肪でできています。体脂肪が少ない女性は、必然的に胸も小さくなりやすいです。そのため、胸に脂肪をつけて大きくするために、ある程度太ることが必要です。

胸を大きくしたい場合には、体脂肪率が21%以上あったほうが良いとされています。胸以外にも脂肪がつくことになりますが、一旦太ってそれから絞りたいところをシェイプアップすればバストアップが望めます。

無乳を改善!胸を大きくする方法②:胸筋をつけて脂肪に変える

lograstudio / Pixabay

胸を大きくするために、まず胸筋をつけてからそれを脂肪に変えるという方法もあります。

まず、軽い腕立て伏せや、手のひらを合わせて押し合うトレーニングで胸筋を鍛えます。その後、トレーニングをやめれば筋肉が落ちて脂肪に置き換わるので、胸に脂肪がついて大きくなります。

胸筋をつけるためには、トレーニングと合わせてタンパク質を摂るようにすると効果的です。

無乳を改善!胸を大きくする方法③:豆乳等の大豆製品やキャベツを摂る

rawpixel / Pixabay

胸を大きくする効果が期待できる食品として、豆乳等の大豆製品とキャベツが代表的です。

大豆製品にはイソフラボンという成分が含まれています。これは女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造を持っていて、同じような働きをすると考えられています。そのため、胸を成長させる効果が期待できます。

また、キャベツにはボロンという成分が含まれ、エストロゲンの分泌を促すとされていますので、バストアップが期待できます。これらの食品の効果は個人差がありますが、食事に取り入れてみるのも一つの方法です。

豆乳の効果に関する記事はこちら

無乳を改善!胸を大きくする方法④:サプリメントを利用する

stevepb / Pixabay

胸を大きくする効果をうたったサプリメントは数多く販売されています。女性ホルモンを増やすことでバストアップ効果を狙ったものが多く、実際に胸が大きくなったという人もいます。

しかし、サプリメントが体に合わないこともあり、効果がないばかりか不調を起こしてしまうこともあります。サプリメントは慎重に選んで、適切に服用することが大切です。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑤:マッサージをする

Mariolh / Pixabay

胸を大きくするためにマッサージをしてみるのも一つの方法です。お風呂上がりなど体が温まりリラックスした状態でマッサージをするのが効果的だと言われています。

マッサージをすることで血流がよくなると、バストアップに必要な栄養やホルモンをスムーズに運んでくれるようになります。また、乳腺を刺激することで胸にハリが出ることもあるようです。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑥:ナイトブラを利用する

胸が小さい原因として、脂肪のついている位置が偏ってしまっている場合があります。脂肪が脇などに偏ってしまうのは、普段や寝ている時の姿勢が大きく影響しています。

中でも寝ている姿勢は脂肪が脇に崩れやすく時間も長いです。そのため、ナイトブラを利用して正しい位置に脂肪を修正することで、胸が大きくなる可能性があります。

特に胸の形が悪いと感じているような場合には、試してみると良いかもしれません。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑦:刺激を与える

macadam13 / Pixabay

胸に刺激を与えることも、バストアップに効果があると言われています。自分で胸を刺激するのも良いですが、恋人に頼むと女性ホルモンが分泌されて効果的だと考えられます。

実際に刺激を与えたことで胸が大きくなったという人もいますので、試してみる価値があるかもしれません。

無乳を改善!胸を大きくする方法➇:初潮、妊娠

StockSnap / Pixabay

女性の体はホルモンによって大きく変化することがあります。初潮や妊娠はその代表例で、このタイミングで胸が大きくなる場合があります。

初潮を迎えると女性は胸が大きく成長することがあります。妊娠でも胸が大きくなりますが、これは赤ちゃんを育てるための一時的な変化なので、授乳期間が終われば戻ってしまうことが多いです。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑨:血流をよくする

ErikaWittlieb / Pixabay

胸を大きくするためには血流をよくすることが大切だとされています。これは、胸を大きくしてくれる女性ホルモンがよく巡るようにするためで、胸の周りだけではなく全身の血流をよくすることが必要です。

血流をよくするためには、半身浴などで身体を温めてマッサージをすると効果的です。軽く身体を動かして、肩や腰がコリをほぐしておくことも良いでしょう。

また、適切なサイズの下着を身につけるようにすることも大切です。サイズが合ってないと身体を締め付けて、血流が悪くなってしまうので注意が必要です。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑩プロテインを飲む

胸を大きくするには、良質なタンパク質を摂ることが大切です。タンパク質は女性ホルモンの分泌を促しますし、筋肉や血液を作ってくれるからです。

タンパク質を手軽に取ることが出来るのがプロテインです。効率よく摂取できるので、体脂肪率がつきにくく太るのが難しい人にもおすすめです。

バストアップを目的としたプロテインも販売されていますので、利用してみるのも良いかもしれません。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑪:代謝をよくする

Free-Photos / Pixabay

胸を大きくしたい場合、代謝に気をつけると良いとされています。代謝がよくなると血行やリンパの流れがよくなるので、胸を大きくするためのホルモンや栄養が行き届きやすくなるからです。

代謝をよくするためには運動が効果的です。特にウォーキングや水泳といった有酸素運動を取り入れると代謝アップが期待できます。

運動ができないときにも、姿勢を改善することでしっかり筋肉が働いて代謝がよくなります。頭の上から糸で引かれているようなつもりで背筋を伸ばして、アゴを少し引くように意識しておくと代謝アップが望めます。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑫:睡眠をしっかり取る

cuncon / Pixabay

胸を大きくするには、実は睡眠をしっかり取ることがとても大切です。胸の成長にも関わる成長ホルモンが、睡眠中に分泌されるからです。

胸を大きくしたい場合には、7時間程度の睡眠を取るようにすると良いと言われています。特に睡眠のゴールデンタイムとされている22時~2時の間はしっかり眠るようにすると効果が期待できます。

無乳を改善!胸を大きくする方法⑬:手術をする

sasint / Pixabay

食べ物やサプリ、マッサージなど、様々な方法がありますが、効果が出て胸が大きくなるかどうかは個人差が大きいです。どうしても胸を大きくしたい場合には、手術するというのが確実な方法と言えます。

胸を大きくする手術には、バッグを入れる方法や脂肪を注入する方法などがあります。どの方法もリスクがありますので、信頼できる医療機関でよく相談して検討することが大切です。

無乳を改善する方法を紹介する動画も!

無乳で悩んでいる人は多く、胸を大きくする方法が動画で紹介されています。美容の専門化がアドバイスしていたり、実際にバストアップに成功した人が体験談を話していますので参考になるかもしれません。

育乳のカウンセラーがアドバイス

 

バストケアを専門にしているカウンセラーの方の動画です。数多くの方のバストアップに携わってきた方なので、参考にしてみると良いかもしれません。

胸が大きくなった体験談

実際にバストアップに成功した方の体験談を聞くことができます。上手くいかなかった方法なども紹介していますので、共感できる人も多いかもしれません。

無乳の原因は?無乳女性に多い特徴とは?ホルモンバランスが重要?

RondellMelling / Pixabay

胸が大きく成長するためには、栄養とホルモンバランスが重要だとされています。ダイエットやストレスによりホルモンバランスが崩れてしまうと、胸は大きく育つことができずに無乳となってしまいます。

特に、最も胸が成長する時期である思春期に女性ホルモンがしっかり分泌されていることが重要で、思春期のストレスは無乳の原因になりやすいと言えます。

無乳女性に多い特徴とは?

skeeze / Pixabay

無乳の女性には、体脂肪自体が少ない方が多いです。食べても太りにくく脂肪がつきにくいので、必然的に胸にも脂肪が少なくなって無乳となっていることがあります。

ある程度体脂肪がついているのに無乳の場合は、乳腺が発達していないことがあります。胸は乳腺を保護するために脂肪をつけていきますので、乳腺自体が発達していないと胸は成長してくれません。

乳腺を発達させるのは女性ホルモンです。仕事が忙しくて睡眠時間が少なかったり、生活習慣が乱れている人は、女性ホルモンのバランスが崩れて無乳になりやすいと言えます。

無乳の原因①:喫煙

Free-Photos / Pixabay

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるため全身の血流を悪くします。また、タバコは女性ホルモンの分泌を阻害しますし、胸のハリを作るビタミンCも破壊されます。

そのため、喫煙を続けていると胸の成長を止めてしまうことになります。

無乳の原因②:無理なダイエット

mojzagrebinfo / Pixabay

胸が大きくなるためには、栄養と女性ホルモンの働きが必要です。無理なダイエットをすると、栄養が不足するうえに女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、胸を成長させることができません。

また無理に食事を制限するダイエットではバストの土台になる筋肉も落ちてしまうので、よりいっそう胸が小さく見えるようになってしまいます。

無乳の原因③:遺伝

qimono / Pixabay

無乳になる原因には、少なからず遺伝の影響があると考えられます。生活習慣の乱れや、胸が成長する思春期に強いストレスを受けたなど、思い当たる原因が他になければ遺伝の影響が大きいかもしれません。

しかし、胸の大きさには遺伝的要素よりも生活習慣の方が大きく影響するとも言われています。遺伝だからと思い込んで生活習慣をおろそかにすると、胸を大きくすることは難しくなってしまいます。

無乳の原因④:思春期のストレス

Counselling / Pixabay

胸が最も成長するのは、初潮の1年前から3年後だと言われています。この期間に十分な栄養が取れて、女性ホルモンが分泌されているとバストのサイズが大きくなります。

この思春期の期間に強いストレスを受けていると女性ホルモンのバランスが崩れて、胸が十分に成長できずに無乳になってしまうことがあります。

無乳の原因⑤:冷え

Bru-nO / Pixabay

女性に多い冷え性ですが、体の冷えは血流が悪くなり胸に栄養やホルモンが届きにくくなります。そのため、冷え性は無乳につながってしまうことがあります。バストアップには冷え性を解消することが大切です。

無乳にはホルモンバランスが影響?思春期の女性ホルモンが大事?

alvpics / Pixabay

胸を大きく成長させるには、ホルモンのバランスが大切です。胸を大きくする作用がある女性ホルモンが十分に分泌されていることが、胸の成長に必要です。

女性ホルモンの働きで、最も胸が成長する時期が思春期です。思春期に女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと胸が十分に成長できず、無乳になりやすくなってしまいます。

思春期は人間関係や家庭環境、受験などストレスがかかりやすく、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまう場合があります。思春期に辛い思いをした覚えがある人は、それが原因で無乳になっている可能性があります。

無乳は病気?

rawpixel / Pixabay

胸が小さくて悩んでいる人の中には、もしかして病気が原因なのではないかと考える人もいます。無乳となる原因は様々ありますが、実際に病気が関係している場合もあります。

ホルモンの分泌に関わる病気のこともありますので、思い当たる症状があれば病院で相談することが大切です。

NEXT:無乳は病気ということも?どんな病気?
1/3