マンゴーワームとは?犬に感染する寄生虫?日本にもいるの? おもしろ

マンゴーワームとは?犬に感染する寄生虫?日本にもいるの?

目次

[表示]

宿主を操る寄生虫

Free-Photos / Pixabay

これまで様々な寄生虫を紹介してきました。寄生虫の恐ろしさは身に染みて分かっていただけたかと思います。しかし世界は広い、もっとすごい寄生虫がいるのです。

それはなんと「宿主を操る寄生虫」。虫に寄生するタイプの寄生虫なのですが、死に方までコントロールするというとてつもなくやばい寄生虫をご紹介します。

タイワンアリタケ

ROverhate / Pixabay

アリに寄生するキノコの一種であり、ゾンビ菌ともいわれています。寄生されたアリは菌の育成に最適な場所を探してゾンビのように徘徊、いい場所を見つけると死ぬまでじっと動かなくなるのです。

しかもその後、成長した菌はアリの頭を爆散させ、風に乗って胞子をばらまきます。そして近くのアリにまた寄生する、という無限ループを繰り広げています。

ボルバキア

geralt / Pixabay

昆虫や魚類などの全無脊椎動物のおよそ70%に感染する細菌です。ボルバキアがオスに感染すると殺す、メスに感染すると自分の子孫を生ませるという半グレもびっくりの極悪菌です。

しかしすごいのはそれだけでなく、ある種においてはオスをメス化し、繁殖可能にしてしまうそうなのです。さらにメスの場合はオスがいなくてもメスだけで生殖できる状態へ変化させるんだとか。

ボルバキアの前ではオス・メスの区別など些細なものなのです。気に入らなければ作り変えてしまえ、というとんでもない力を持つ細菌です。

愛犬に傷をつけないためにも

kazzzsat / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?今回は犬に寄生する恐ろしい寄生虫マンゴーワームについてご紹介しました。一度感染してしまうと一生残る傷になってしまうというのは非常に恐ろしいです。

マンゴーワームは日本に生息していないものの、ノミやダニなど様々な害虫は日本にも多く生息しているため、予防薬などによる愛犬の保護は必要不可欠であると言えるでしょう。

また、熱帯地域などにワンちゃんと一緒に旅行する機会があるときは、マンゴーワームに寄生されないよう細心の注意を払ってください。念入りに予防する必要があるでしょう。

2/2