相談女(女の敵)とは?なぜ男性は騙される?特徴や対策・撃退法まとめ 恋愛・心理

相談女(女の敵)とは?なぜ男性は騙される?特徴や対策・撃退法まとめ

職場でもサークルでも厄介な男女の三角関係。三角関係をややこしくする「相談女」の特徴と心理とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、大切な男性との関係をかき乱す「相談女」のタイプ別の対策と撃退法について詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

意外と身近にいる?相談女とは

1475341 / Pixabay

恋愛で厄介な存在となる相談女。「自分には関係ないわ!」なんて思っていませんか?相談女の恐ろしさを侮るなかれ。実は相談女はあなたの身近に潜んでおり、ちょっとしたスキをついて恋愛関係に割り込んだりします。

大切な男性を取られないためにも、相談女の種類と特徴、心理を徹底的にシミュレーションして、効果的な対策と撃退法についてシミュレーションしておきましょう。

現在進行形で彼氏がいる女性も、ちょっと気になる男性がいる女性も、恋愛の予定が当面ないという女性も要チェックです!

相談女とはどういう意味?

Claudio_Scott / Pixabay

相談女とは、「男性に相談を持ちかけるふりをしていつの間にか虜にしてしまう女性」のことです。

相談女は恋愛のチャンスをしたたかにうかがっていて、スキあらば気になる男性に近づいて相談を持ちかけ、会うチャンスを増やしているうちにやがて体の関係に…という作戦をとります。

職場であれば仕事上の悩み、学校なら授業や部活の話と、はじめのうちは内容のありそうな相談を持ちかけられるため、男性のほうも無下に断ることができません。

女性から見る相談女は泥棒猫?天敵?

Tumisu / Pixabay

相談女は、女性から見ると非常に厄介で、対策が立てにくい存在です。

少なくとも表面上はマジメに相談を持ちかけているように見えるため、やみくもに撃退してしまうとその女性のほうが悪者扱いされてしまい、かえって居心地が悪くなってしまいます。

そのうえ、最終的には彼氏や気になる男性を横取りされる結果になってしまうことも多く、女性としてはまさに踏んだり蹴ったりの状況に追い込まれてしまいます。

男性から見る相談女は?

RobinHiggins / Pixabay

女性から見ると厄介者でしかない相談女ですが、男性から見た場合は印象ががらりと変わります。

男性の心理としても、女性から相談を持ちかけられるのはうれしいものです。それがルックス的にも中の上あたりでストライクゾーンの女性であればなおのこと、オスとしての本能が刺激されます。

よほどのひねくれ者でないかぎり、相談女をはなから無視する男性はほとんどいないと考えたほうが良さそうです。

あなたは許せる?相談女の境界線

geralt / Pixabay

相談女の境界線はどこにあるのでしょう。女性の意見をまとめてみました。

仕事の流れで……という展開ならしょうがないかな? と思ったり、自分も行くから「異性との食事」も交友関係のひとつ、ととらえられているママもいらっしゃいました。中には「ランチは良いけど夜は嫌だ」という意見も。明るい時間だと安心できるけれど、暗くなってしまうことで湧き出るムードに流されてしまわないかな~? なんて心配な気持ち、分かります。もともとの「異性」に対しての価値観だったり、旦那さんへ対する信頼だったり「許す」事情は人それぞれ。「旦那に興味ないから何しても平気」なんて言う強気ママも(笑)。ママと旦那さんの距離感が見えて面白いですね。
(引用:ライブドアニュース)

相談女の特徴まとめ

RobinHiggins / Pixabay

効果的な対策と撃退法をシミュレーションするためにも、相談女の心理的特徴について具体的におさえておきましょう。

同性の友達がいない・嫌われている

相談女は例外なく、女性から嫌われています。いや、「同性から嫌われている」ことこそが相談女の第一条件と言ってもいいでしょう。

同性から嫌われており、相手にされないからこそ、男性への関心が強くなり、さらにその行動によって女性に嫌われてしまうという悪循環になってしまいます。

話をまとめて話すことができない

geralt / Pixabay

相談女の種類として、「確信犯的相談女」と「無意識的相談女」があります。

無意識的相談女の場合、ただ単純に相談事そのものが下手なだけなのかもしれません。

自分ではちゃんとした相談があるのに、話を整理することができないために小出しにせざるを得ず、結果として男性に何度も近づいてしまう、というケースもないわけではありません。

インスタ・twitter・FacebookなどSNS活動が活発

niekverlaan / Pixabay

SNSは相談女の主戦場です。相談女にとってSNSは自分自身の魅力をアピールするためのツールであり、特に画像系の投稿が多いのが特徴です。

ルックスの良い相談女の場合、海やプールでのビキニ写真などセクシーな投稿を繰り返すため男性の気を惹きやすい、ということもあります。

悲劇のヒロイン願望が強い

Buntysmum / Pixabay

相談女は、これといった根拠はありませんが、自分のことを少なからず不幸だと思い込んでいます。

男性の心理として、不幸のオーラをまとっている女性ほど魅力的に思えるため、何でもない相談でもついつい相手にしてしまうというのがオーソドックスなパターンのようです。

メンヘラ

jools_sh / Pixabay

ほとんどの相談女は、多かれ少なかれメンヘラです。むしろ、メンヘラではない相談女を見つけることのほうが難しいくらいです。

SNSでも「今すぐ消えてしまいたい…誰かかまって」的な投稿を繰り返し、リプライやDMを送った男性が餌食になる、というケースは決してめずらしくありません。

自称男っぽいサバサバ系

Free-Photos / Pixabay

「私って男みたいでサバサバしてるでしょ」と言ってはばからない女性ほど要注意です。この種の相談女ほどメイクや服装にはしっかり気を遣っており、ルックスにも内心自信をもっているものです。

この種の女性ほど男性を油断させやすく、同性の友達のような感覚で相談に乗っていたらある日突然メスの魅力を見せつけられ、思わず誘惑に負けてしまう…という悲劇も現実に起こっています。

噂が大好き

Ramdlon / Pixabay

「情報に敏感」というのもまた、相談女の典型的な特徴です。

特にゴシップは大好物。職場の誰と誰が別れそう、という噂を聞けばすかさず彼氏のほうに近づき、甘いささやきとあの手この手で横取りしようとします。

男女の友情は成立すると思っている

StockSnap / Pixabay

無意識的相談女の場合、「男性を横取りしてやろう」という野心や欲望もほとんどありません。心の底から純粋に友情関係を大切にしたいと思っており、誘惑している意識もありません。

このタイプが一番厄介で、男性のほうがなびいてきても「向こうが勝手に好きになった」というスタンスをくずさないため、結果的に女性のほうが泣き寝入りしてしまう、ということになってしまいます。

浮気症

Nietjuh / Pixabay

相談女の目的は誰かに相談を持ちかけることでも、気になる男性を横取りすることでもありません。

相談女の真のゴールは「男性を振り向かせる」ことであり、男性がその気になった時点で興味を急速に失っていきます。

そして、相談女は次々とターゲットを変え、友情と信頼を失っていくのです。

性格が悪い

TeroVesalainen / Pixabay

「相談女=性格が悪い」。この法則には、ふたつの側面があります。ひとつは、シンプルに性格が悪い場合。

アグレッシブな相談女の場合、性的にも奔放で、「周囲を押しのけてでも狙った獲物をモノにしてやる!」という意欲だけで行動しているパターンも少なくありません。

一方、男性が放っておけないタイプの相談女の場合、何もしていなくても泥棒猫になってしまう場合があります。それは性格が悪いというよりも、もはや天性の才能と言えるのかもしれません。

既婚者や恋人がいてもお構いなし

Maklay62 / Pixabay

野心に燃えた相談女の場合、恋愛や結婚に関する倫理観は通用しません。

ねらった男性がすでに結婚していようと、恋人概要と関係なく、自分の欲望に忠実に行動し、そして、最終的には男性の人生をも狂わせてしまいます。

弱っている・頑張っている・常に悩みがある私アピールがすごい

geralt / Pixabay

いわゆるメンヘラタイプの相談女の場合、男性から見るとか弱く、思わず守ってあげたくなるものです。

客観的には1の努力しかしていないように見えても、本人としては100%以上の力で精一杯努力をしている気分になっており、「私って悲劇のヒロインでしょ?」というオーラを全身から発散されています。

かまってちゃんで寂しがり屋

reenablack / Pixabay

相談女は多かれ少なかれ寂しがり屋で、メンヘラのかまってちゃんです。

見るからにか弱い女性はもちろんのこと、一見する時が強くてアグレッシブに思える女性であっても内心では満たされない想いを抱えており、それが相談女の特徴として爆発するのです。

すぐに二人で会いたがる

geralt / Pixabay

相談女が男性を虜にしやすいのは、「すぐにふたりきりになりたがる」という特徴があるからです。

男性としても女性からそう言われれば悪い気はしませんし、いい大人がふたりきりになると言えば、ディナーの時間帯と相場が決まっています。

そして、ディナーからホテルへ…という流れもスムーズに出来上がり、何気ない相談が体の関係につながってしまうのです。

深夜など時間帯を気にせず連絡してくる

soysuperfer / Pixabay

相談女のほとんどは自己中心的で、相手の都合など考える余裕はありません。深夜だろうと早朝だろうと休日だろうとお構いなく、用件があればすぐに連絡を入れ、気を惹こうとします。

男性としても煩わしさ半分、自分を頼ってくれている気持ちよさ半分で何となく相手をしてしまい、そのうちに相談女の術中にはまっている、ということも少なくありません。

狙った獲物は逃がさない熱中型

AllClear55 / Pixabay

圧倒的な執念深さも相談女の特徴です。さらに気が強い、という性格特性がくわわると猪突猛進型になり、「一度ロックオンした男性は何があってもあきらめない」というスタミナを発揮します。

相談女はどこにいる?知られざる実態!

男性にとっても女性にとっても厄介な相談女の特徴についてより詳しく見ていきましょう。

「ただ相談にのっているだけだよ」とまんまと相談女の手口にハマってしまっている男性多数です。派手な女性だと男性も警戒してしまいますが、大人しそうな女性だと男性もつい安心してしまいがち。相談が多かったり距離が近いかもと感じても「何か困ってるんだろうな」とむしろ好意的にとらえてしまうからダメみたいです。

(引用:ライブドアニュース)

あなたの彼氏や旦那は大丈夫?うざい相談女の撃退方法・対策法は?

OmarMedinaFilms / Pixabay

相談女から彼氏や御主人をねらわれた場合、どのような対策が有効なのでしょうか。大切な男性をみすみす失わないために、相談女の無難な撃退法についておさえておきましょう。

初期の段階で拒否させる

RobinHiggins / Pixabay

相談女は、男性のやさしさにつけこんできます。最初の段階で一度やさしさを見せてしまうと、このタイプの女性はOKサインだと受け取り、ゴール(肉体関係)に到達するまでとことん食い下がります。

何事も最初が肝心で、軽い相談の段階できっぱりと拒否のスタンスを貫くことが有効な撃退法となります。

直接手を引いてもらうように告げる

ElisaRiva / Pixabay

あなたがもし、その相談女と面識がない場合、直接別れるように持ちかけるのが意外と有効です。

相談女としては、男性の妻や恋人と直接対面すること自体が大きなプレッシャーであり、気の弱い女性の場合はそれだけであきらめてくれる可能性があります。

ただし、気の強いタイプの場合は簡単にはあきらめず、泥沼状態に発展するリスクも充分にありますので、まずは相手の性格を見きわめることからはじめましょう。

相談女の行いを周りに相談する

Bess-Hamiti / Pixabay

当事者同士での解決が難しい場合、相談女の行動について周囲に相談するのが早道です。

相談女としても周囲の評価を下げて居心地が悪くなるのはマイナスですので、周囲への相談をにおわせるだけでも態度が一変する可能性があります。

無視を貫く

相談女は究極のかまってちゃんです。かまってちゃんのエネルギーは相手のやさしさと注目なので、よけいなトラブルに巻き込まれたくなければ無視を貫くのがいちばんです。

NEXT:必殺!嫁・彼女に委ねてもらう
1/3