豊浜トンネル岩盤崩落事故とは?被害者は?大魔神や鬼の顔って何? 社会

豊浜トンネル岩盤崩落事故とは?被害者は?大魔神や鬼の顔って何?

目次

[表示]

豊浜トンネルの現在は?心霊スポットに?

Anemone123 / Pixabay

絶対に忘れてはいけない豊浜トンネルの岩盤崩落事故から既に20年以上が経過しています。現在、事故現場周辺はどうなっているのでしょうか。心霊スポットの噂を含めて解説いたします。

現在の豊浜トンネル事故現場の様子は?

tashaat / Pixabay

3代目豊浜トンネルの開通後、2代目豊浜トンネルとの分岐点から先は封鎖されています。また2代目豊浜トンネルの余市側のトンネル出入り口も封鎖されており、通り抜けは出来ません。

また事故の記憶を風化させないようにと、トンネル周辺には後述の慰霊碑などが建てられています。

トンネル近くには慰霊碑がある

3代目豊浜トンネルの古平側のトンネル出入り口付近には、防災祈念公園として駐車場が設立されました。事故の犠牲者を追悼する慰霊碑は同公演の敷地内にあります。

また防災公園内にあるトイレの脇には、展示コーナーが設けられており、豊浜トンネルにおける岩盤崩落事故の概要とトンネルの防災についての事柄が記されています。

事故現場には船でしか行けない?

Pexels / Pixabay

事故現場は奥まった位置にある為、余市町側、古平町側からの双方において様子を窺い知る事は出来ません。また前述の通り、封鎖されていますので車で向かう事も不可能です。

一応徒歩で向かう事は出来ない訳ではありませんが、徒歩ルートは危険を伴いますので、現在事故現場に向かうのならば船を使用するしかありません。

徒歩で訪れている人もいる

Free-Photos / Pixabay

前述の通り、徒歩で事故現場に向かう事は完全に不可能と言うわけではありませんが、閉鎖され出入口に土砂が堆積したセタカムイ隧道を通るなどの危険を伴います。

しかし、中には閉鎖された隧道を通るなどして徒歩で事故現場に向かった人も居り、その時の経路や事故現場の写真などを掲載されています。

尚通り抜けが出来ていたセタカムイ隧道が完全に封鎖された事が2012年に発覚しており、同隧道を使っての事故現場への到達は不可能となっています。

事故発生現場側には観音様が

stux / Pixabay

事故現場には観音像が祀られており、観音像のすぐ真後ろが崩落個所です。崩落したがれき類は撤去され、芝生が植えられており、緑化が施されています。

心霊スポットになっている?岩盤崩落事故自体が霊のせい?

凄惨な事故が発生した場所は、後に心霊スポットと呼ばれるようになるのは珍しい事ではありません。そして、豊浜トンネルもまたその例に該当します。

しかし、事故発生以前から事故現場付近では女性の幽霊が出没するとの噂やトンネル内において焼身自殺を行った人がいると囁かれていました。

またトンネル付近にはアイヌ人の墓があります。その為、同地で発生する怪奇現象はアイヌ人の呪いだとも言われています。

豊浜トンネルに現れた顔!鬼のようでも大魔神のようでもある?

KELLEPICS / Pixabay

トンネルと言う身近な存在で起きた事故であり、多くの課題が露呈した事が沢山の人の記憶に刻み込まれた豊浜トンネルの事故ですが、それらとはまた違った方面で人々の記憶に刻まれた事例があります。

爆破後の残骸が鬼のように見えた

27707 / Pixabay

それは、2度目の発破後の岩盤に突如として現れ、生中継の現場から電波を通じて全国に届けられました。目にした人の多くがそれを鬼の顔のようだと認識しています。

その表情は怒りを孕んでおり、一部では「閉じ込められた人の怒りの表情にみえる」と報じられました。週刊誌に掲載された岩盤の写真は現在でもネット上に存在しています。

しかし、週刊誌に掲載された件の写真は見難く、どこが顔だかわからないとしばしば指摘されていますが、当時生中継を見ていた人曰く、確かに顔であり映像では鮮明だったとの事です。

大魔神のような顔が情報規制に繋がった?

大魔神は普段は穏やかな顔をしていますが、悪人に虐げられる民衆を救う際には憤怒の表情を浮かべ悪人を成敗する守護神であり、特撮と時代劇が見事に融合した傑作のタイトルです。

前述の鬼の顔が大魔神に見えたと述べた人も居ます。しかしながら、多くの人の記憶に刻み込まれた一連の顔騒動は、その後各メディアともに触れる事は無かったと言います。

またニコニコ動画にアップされていた動画が削除されたり、NHK公式で視聴可能な動画でも問題のシーンについてはカットされているなど、情報規制ではないかと指摘されています。

豊浜トンネル岩盤崩落事故で悲しみに見舞われた遺族と世間の声

Skitterphoto / Pixabay

本事故は被害者の救出まで、長い時間を有したのは前述の通りです。その間、被害者の家族たちは何を思い、何をしていたのでしょうか。本項では事故時の家族や事故に対する世間の声について解説します。

事故被害者の家族はバスの中で救出を待っていた

Himsan / Pixabay

被害者の遺族たちは、被害者が生きている事を祈りながらバスの中で救助作業を見守っていました。二次災害の危険性、爆薬の制限などの様々な要因により作業は中々進みません。

苛立ちからか、対応などに対しての言葉が遺族からは漏れ、責任者に詰め寄る場面さえありました。こうした遺族の態度には批判的な意見も寄せられています。

その一方で大切な家族の一大事であるが故に、もし自分が同じ立場になれば同じようになるだろうとの理解を示すコメントも存在しています。

近くの宿に住み込みで経過を見守る家族も

Pexels / Pixabay

また帰路につく事無く、現場付近の宿に泊まり込みで事を見守る家族も居たようです。この事は本記事において、紹介した動画に寄せられたコメントにも記されています。

事故現場をみる野次馬もいた?

Tuikkis / Pixabay

被害者の無事を祈る家族、万全と呼ぶには程遠い状況の中で救出作業に徹する作業員。現場は非常に切迫した状態でした。しかし、そんな中にも野次馬が居たとされます。

当時事故現場に赴いた人は、実際に野次馬を目撃したようでゲラゲラ笑っていたと述べており、野次馬の行為や態度に対し批判がなされています。

20年以上が経過した現在でも印象深い事件

annca / Pixabay

発生から既に20年以上が経過していますが、忘れてはいけない事件であり、当事者はもちろんの事、当事者以外でも忘れられないのが戸用浜トンネル岩盤崩落事故です。

事故を知りトンネルに対し恐怖を抱くようになった人も居り、本事故を知り当時の行政の対応などについて批判の声が上がるなど何かと印象深い事件でもあります。

豊浜トンネル岩盤崩落事故を題材としたゲームも作られていた!

kaboompics / Pixabay

2006年、Wカップの舞台で相手選手に頭突きを見舞ったフランス代表のジダン選手。それを受けて、インターネット上にはジダンの頭突きをモチーフにした不謹慎ゲームが作成されました。

上記例の様に、センセーショナルな事件や事故が起きると不謹慎なゲームが制作される事がありますが、豊浜トンネルの事故においても不謹慎ゲームが作成されました。

事故を題材とした無神経なゲームに批判の声

geralt / Pixabay

豊浜トンネル岩盤崩落事故を題材にした不謹慎ゲームの存在が確認されたのは、1996年2月19日の事であり20日付けの新聞でその存在が報じられました。

ゲームの内容については後述させていただきますが、東京を拠点に流された本ゲームは被害者や事故を揶揄する内容であるが為に非難の声が寄せられています。

ゲーム「古平トンネル崩落事故犠牲者救出発破遊戯」の内容は?

プレイヤーは北海道開発局長となり、マスコミなどからの批判をかわしつつ、岩盤に火薬を仕掛けては破壊力を競うというのがゲームの内容となっています。

また岩盤の爆破に際し、あまり無茶な作業を行った場合は北海道開発局長の任を解かれてしまいます。

日本におけるその他のトンネル事故

Free-Photos / Pixabay

豊浜トンネル以外でも、日本国内においてトンネル内事故は幾つも発生しております。そこで本項では、豊浜トンネル以外で特に有名なトンネル内における事故を2つ紹介いたします。

笹子トンネル天井版落下事故

MichaelGaida / Pixabay

豊浜トンネルの事故と関連してよく話題に上るのが、2012年12月2日に発生した笹子トンネル天井版落下事故です。コンクリート天井版が落下し走行中だった自動車3台が下敷きになりました。

また下敷きとなった車の内2台から出火。レスキュー隊が突入出来ない程の黒煙が立ち込めました。この事故によって死者9名、負傷者2名が発生。この数字は日本の高速道路事故における最大に犠牲者数です。

事故の原因調査が進行するにつれて、稚拙な点検やそもそも天井版を固定する為のボルトの強度不足などの問題が浮き彫りになり、大きな批判を呼びました。

日本坂トンネル火災事故

Alexas_Fotos / Pixabay

1979年7月11日に東名高速道路の日本坂トンネル下り路線において発生した日本坂トンネル火災事故は、車6台を巻き込む多重事故によって発生しました。

  • 付近で大型貨物車同士の小規模事故が発生し、その影響でトンネル内も渋滞。渋滞に気付いたトラック1が急ブレーキ。
  • トラック1に後続車のトラック2が追突しトラック2に乗用車1が追突。
  • 乗用車1の後続である乗用車2は追突を回避するも、トラック2の側面に接触して停車。
  • 更にその後ろの合成繊維を積んだトラック3も停止。追突を免れる。
  • しかし、松脂を積んだ後続のトラック4がトラック3に追突。
  • これにより、トラック3が押され、乗用車1はトラック3に押される形で車体がトラック2の下部にめり込んでしまう。
  • トラック3はそのまま乗用車2を押し潰し、乗用車2から発火。

トラックの積み荷である合成繊維や松脂は非常に燃えやすく、次々と事故により立ち往生していた後続車へと引火。消火までに65時間もの時間がかかりました。

乗用車1の乗員2名が即死、乗用車2の3名は車内から脱出できず焼死、トラック2とトラック4の運転手も即死しており、7名の使者と2名の負傷者が発生しています。

風化させてはならない豊浜トンネル岩盤崩落事故

pixel2013 / Pixabay

20名の尊い命が奪われた豊浜トンネルの事故。記事中も申し上げたとおり、崩落の予兆はあり元幹部は不起訴処分となったものの、人災であるとの指摘は今も尚なされています。

また20年以上も経過して尚被害者遺族の心は癒えたと言い切れません。

最期になりますが、被害者の方の御冥福をお祈りするとともに、二度とこのような痛ましい事故が起きない事、そして事故の記憶が風化しない事を願い記事を締めさせていただきます。

その他の事故に関連する記事はこちら

2/2