食べたいものがない時はどうしたら良い?原因やうつとの関係は?

食欲はあるのに食べたいものがないという経験はありますか?その原因や理由は様々で、うつなどの病気が背景にあることも。また妊娠中の女性には「つわり」という現象があり食べたいものがないことがあります。あるいは消化器の異常かも?順に追ってみていきます。

お腹は空くけど食べたいものがない!そんなときは?

お腹は空いているのになぜか食べたいものがない、という経験は誰にでもあるようです。それは一体なぜなのでしょうか?ごく普通の健康な人でもこうしたことは起きるようです。

空腹だけど食べたいものがなくて悩む?

mohamed_hassan / Pixabay

空腹を感じているのに食べたいものがない、という心境は非常にイヤなものです。このような時にはまずその「空腹感」そのものを疑ってみてもいいかもしれません。

その日ごとに運動量も違いますし、前日や直前に食べたものやその分量によっても食欲は変化します。なんとなく「食べないと」と思っていることはよくあるようです。

そうでなければ、メニュー選びをすることが億劫・面倒であったり選ぶ気力がないこともあるでしょう。まずは自問自答してみることが大事です。

食べたいものがない時でも1日3食食べる必要性はある?

ElisaRiva / Pixabay

通常ヒトが文化的な生活を営んでいますと「1日3食」が基本となるようです。朝は食べないという習慣の方もいますが職場勤務者であれば昼食(ランチ)の時間はほぼ一定です。

あるいは農村や酪農などを営む家庭においては3度の食事、というのをキチンと守る主義の世帯も多いでしょう。では実際に「1日3食」食べないと何か弊害があるのでしょうか?

これは確たる化学的根拠のない習慣であり、もしもそれほどお腹が空いていない場合には1食抜いても何も問題はありません。

食べたいものがない!そう思う原因や理由は?

ijmaki / Pixabay

では、食べたいものがないと感じる原因はどんなことでしょうか?まずは「習慣的」な要因から触れてみたいと思います。

普段から人と合わせることが多い

sasint / Pixabay

普段から人に合わせることが習慣の人は、自分の気持ちに耳を澄ますことが苦手なのかもしれません。人の意見に合わせることで安心を得て暮らす習慣がつくといつしか自分の気持ちに気付けなくなります。

心の奥底では自分の気持ちはしっかりあるのにそれを直視しなくなると厄介です。レストランなどでは選ぶことを放棄して同じものをオーダーする。あるいは社食なので最初から決まっている。

こうした状況が継続的に続いてしまうと、いざ何が食べたいかという時に何も浮かばなくなる可能性は十分あります。

NEXT 直感力が鈍っている