ペトロナスタワーの傾きがすごい?原因は日本と韓国の競争?!

マレーシアのペトロナスタワーは日本と韓国の会社が競争しながら建設したツインタワーで、建設途中での傾きが判明しました。そのため傾きやテナント数についてうわさがあります。このうわさがデマかどうかや、ペトロナスタワーの展望台チケットの予約などについてまとめました。

ペトロナスツインタワーが危ない?傾いている?

VanZonneveld / Pixabay

マレーシアのペトロナスツインタワーとはどんな建物なのでしょうか。そしてなぜ傾いていると言われているのでしょうか。

マレーシアのペトロナスツインタワーとは?

Walkerssk / Pixabay

マレーシアの都市クアラルンプールに建設されたペトロナスツインタワーは、1998年に完成した高さ452mの超高層建築物です。別名ペトロナスタワーズ・ペトロナスタワーとも呼ばれています。

マレー語ではMenara Berkembar Petronasと表記されます。この建築物は20世紀における超高層ビルとしては最も高い、88階建てで、尖塔を含めた高さは452mです。

この塔はイスラム様式であり、マレーシアのモスクに近似している特徴的な尖塔を有しています。建設当時は超高層ビルとしての高さは世界一でした。2018年の時点ではツインタワーとしてならば世界一の高さです。

ペトロナスタワーの建設は日本と韓国が競争

RyanMcGuire / Pixabay

ペトロナスツインタワーの建設は日本と韓国の会社が一棟ずつ、どちらの会社が早く完成させることができるかを競い合いながら行いました。

右側のタワー1を作った会社は日本の「ハザマ」、左側のタワー2を作った会社は韓国の「サムスン物産」です。

お互いの会社が建設のスピードを競い合いながら、建設を行った結果、当時としては世界一の高さを誇った超高層ビルが、29ヶ月という、わずか2年とちょっとで完成したのです。

ペトロナスタワーが傾いていた?

geralt / Pixabay

ペトロナスツインタワーが短期間の内に建設されたのは良いのですが、この建設途中では、重大な問題が発生しました。

韓国のサムスン物産が日本のハザマの建設速度を追い抜こうとして、ものすごい速度で建設を進めた結果、41階まで建てた時点で、ペトロナスツインタワーが傾いてしまっていることが判明しました。

建設途中で傾きが判明し現在は修正済

geralt / Pixabay

その当時、韓国のサムスン物産には、その傾きを直すための経験や技術がありませんでした。そのため苦肉の策として、なんと競争相手である日本のハザマに対して相談を持ちかけました。

ハザマは、担当していたタワー1からブリッジを渡すことで、傾いたタワー2を支えてあげることを提案しました。その結果、このペトロナスツインタワーは無事に完成したのです。

余談ですが、ハザマの方でも建設途中において、タワー1が25㎜傾いてしまっていたことが判明しました。ただし、こちらは早期の段階で発見できたために、修正することができたようです。

NEXT 日本と韓国の勝負の結果は?