ワイオミング事件の真相は?怖すぎる電波ジャック事件の真実を解明! 雑学・ライフスタイル

ワイオミング事件の真相は?怖すぎる電波ジャック事件の真実を解明!

電波ジャックで世を騒がしたワイオミング事件の真相とは、何だったのでしょう。ユーチューブなどの動画サイト・ブログといった当時、出始めたメディアを駆使し、犯人らは何をしたかったのか。それはデマなのか。ドナルド・ウィルソンなる人物は誰なのか、まとめました。

目次

[表示]

ワイオミング事件とは

ワイオミング事件は当初、テレビ局の電波をジャックした大胆不敵な事件と思われていました。しかし、だんだん時が経つにつれ、様子が違うことを、うすうす勘づく人たちが現れてきました。

実際のところ、ワイオミング事件とは何だったのか、事件の経過を追って見ていきましょう。

起こったのはいつ?日時不明の電波ジャック事件

ワイオミング事件の情報について、当初から始原時間がスッポリ抜け落ちていました。手がかりは映像自体に求める他ありません。まず中断されたニュースはカラーでしたが、ジャック映像は白黒でした。

アメリカでカラー放送が始まったのは、1970年代以降です。よって、それ以前はありえません。また、中断された方の画質がそこまで酷くないことと、女性キャスターの髪型や服装などもヒントになります。

それら映像情報を総合すると、ワイオミング事件が起きたのは、おおよそ1980年代中期から90年代前半までと絞ることが可能です。

電波ジャックをリアルタイムで見た人は体調不良に

Myriams-Fotos / Pixabay

二次元の映像には人を殴る力はありませんが、ある種の人たちを不快にさせる力は持っています。いくらメディアや、そのリテラシーなるものが発達しようと、それは変わりません。

ワイオミング事件発生直後、「あの気味悪い放送はなんだ!」とテレビ局へクレームが殺到しました。ある者は嘔吐や頭痛など体調不良をきたし、病院へ駆け込んだも人も複数いたということです。

ワイオミング事件の概要

ワイオミング州は、アメリカ中西部に位置する牧歌的なところです。その中にあって、さらにローカル臭漂うのがニオブララ郡です。ワイオミング事件はそこで起きました。

ワイオミング事件はワイオミング州ニオブララ郡の小さなテレビ局で発生

ワイオミング事件の発生現場は小さなテレビ局でした。といっても、そこで激しい立ち回りがあった訳ではなく、起きた場所はアンテナ設置場所から電波の届く限り、その地域内でした。

本当の事件現場は、ワイオミング州の各家庭の中でしょう。その辺りのテレビの前にいた住民たち、彼らの視野の中で起きたのです。

流れたのは不気味なメッセージと映像

Pexels / Pixabay

先に触れたように、元々の映像はカラーでした。そこへ突如、白黒の不可解かつ不気味な映像が始まったのです。ワイオミング事件は「砂嵐」から始まりました。

砂嵐(スノーノイズ)とは、昔のアナログ放送とアナログテレビの組み合わせで、何も映らない時に画面に現れる現象です。白もしくは銀色の点が、多数ランダムにポツポツと現れます。

全体を通じて、鈴虫みたいな「ピー」という高音が鳴り続け、それに前衛的な音楽が重なり、抽象的な言葉のメッセージが散発的に繰り出されました。

ワイオミング事件が知られるきっかけとなったのはyoutube

ElisaRiva / Pixabay

奇妙なことに、ワイオミング事件と映像が広く知られるようになったのはYouTubeなのです。2007年9月10日に「jonrev」なるアカウントから投稿されました。

それが第一弾であり、すぐに第二弾も続きました。それは2007年11月28に「kawaiser」というアカウントから投稿されました。

映像の元の持ち主はダニエル・ケーブル

上に挙げたのは投稿者です。映像の持ち主は別にいました。「youcanwatchnow」というIDを持つ人の兄「ダニエル・ケーブル」がそうでした。ただし、持っていたのは映像の一部だけだったようです。

「ダニエル・ケーブル」がカナダのイエローナイフに滞在していた時、ヴィデオを得たたとみられていますが、弟の「youcanwatchnow」から直接入手したかは不明です。

「ダニエル・ケーブル」は映像に関わった内で、名前を持つ2名のうち1人ですが、本人が死亡していたため詳細確認は出来ていません。彼の死をもって、そこからの遡及は一切不可能になりました。

GMillerが電波ジャックし映像を放送

ワイオミング事件のビデオはバートによって分かれ、それを繋ぎ合わせたものが犯行に使われたビデオとされています。それを入手したのが「GMiller」というIDを持つ人物でした。

今まで、あやふやな線を辿って来ましたが、ワイオミング事件の実行犯は「GMiller」です。彼が何らかの手法で電波をジャックし、のどかな地方の人々の目に異質な光景を焼き付けたのでした。

Gmillerは支離滅裂なブログ記事を投稿し削除

「GMiller」は支離滅裂な文章を自身のブログに書き始め、その後、削除しました。しかし、何故か今でもブログは残っています。肝心の部分が骨抜きにされた残滓かもしれませんが。

「GMiller」のブログは『Unknown Videos – Warning』というタイトルで、黒地に白抜き文字だけの構成です。

GMillerは殺人犯の集まるスレッドへの誘導記事をブログに投稿

IDであろう「GMiller」は「グレゴリー・ミラー」という本名を持つとされる一方、ブログ記事を削除したのは別人だとも囁かれています。ですが、誰が、どの巷が、そう捉えているのかは不明です。

「gmiller」のブログ上において、ネットフォーラム「Happy Cube」のあるスレッドへの誘導がなされたことがありました。スレッドはすでに凍結済みですが、それは殺人犯の集まるスレッドとされます。

それには、「Masks We Wear」や「Nine Sisters Means」といった、文脈のよく読み取れない、ギリシャ神話に関連するキーワードらしきものを散見しました。

ドナルド・ウィルソンが鍵を握っている?

ブログ上において、「gmiller」は「ドナルド・ウィルソン」という人物が、ワイオミング事件の鍵を握ると仄めかしている箇所があるそうです。IDではない2人目の人名の登場です。

しかし、「ドナルド・ウィルソン」は「ダニエル・ケーブル」同様、その存在が知られた時には既に死亡していました。ワイオミング事件に関する登場人物すべてを含めると、彼にしかない特徴があります。

「ドナルド・ウィルソン」には「確かな死」があることです。アリバイとは事件現場に対する不在証明の意味ですが、それは最初から実在しないものに適応されません。彼には「生きて死んだ証拠」があるのです。

ワイオミング事件の不気味な映像の詳細は

Pexels / Pixabay

白黒の画面に登場したのは「WE PRESENT A SPECIAL PRESENTATION:我々は特別なプレゼンテーションを行う」という前置きの文字でした。

それは上下を反転させた二対であり、さらに、その上下を挟んで『333-333-333』という数字が配置されていました。

以下からは、画面はベタの黒地、それに白抜き文字のメッセージが浮かびます。

不気味な映像の詳細1

「YOU WILL SEE SUCH PRETTY THINGS:お前は素晴らしいものを見るだろう」「WHY DO YOU HATE?:お前はなぜ憎む」

「YOU ARE ILL:お前は病気だ」「WE JUST WANT TO FIX YOU:我々はお前を直してやりたい」「WHAT HIDES IN YOUR MIND?:お前の心の中に何を隠している」

「WE HAVE ALREADY SEEN IT:我々は既にそれを見ている」「YOU CAN LOSE EVERYTHING:お前は全てを失う」

不気味な映像の詳細2

「NOTHING IS PRICELESS:尊いものなんて何もない」「YOU CANNOT HIDE FOREVER:お前は永遠には隠れられない」

「WE STAND AT THE DOOR:我々はドアの外に立っている」「YOU ARE LOST ON THE PATH:お前は道に迷った」

「THERE IS TRUTH IN FICTION:真実はフィクションの中にある」「ALL GOOD THINGS:全ての良い事」

映像中の不気味な音楽は「サイレント・ヒル」の音源だった

『サイレント・ヒル』はプレイステーション用のホラーゲーム・シリーズです。PS3からvitaまで制作された続けた累計840万のヒット作。2006年と2012年には、映画化もされています。

世界中の人間が、何十時間もプレイして耳なじんだ音なのに、なぜバレなかったのでしょうか。答えは簡単、音源はこのサウンドトラックを逆再生し、ピッチを落としたものだったからです。

映像に出てくる人物は、ハイドリッヒ・ラングや正岡子規?

ワイオミング事件の映像には、日本人には割と知られた人物と、知らない人は全く知らない二次元の人物が登場します。前者は明治時代に近代俳句を生んだ「正岡子規」。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」が最も人口に膾炙(かいしゃ)しています。後者は『銀河英雄伝説』という、そこそこ有名なアニメ作品の端役「ハイドリッヒ・ラング社会秩序維持局長」です。

ワイオミング事件が話題になった時期に、2chで「ハイドリッヒ・ラング」をアスキーアート化したものが人気を博しました。どう考えても、普通のアメリカ人が二人を知っているとは思えませんが。

ワイオミング事件の真相「真実はフィクションの中にある」

「真実はフィクションの中にある」とは、ワイオミング事件の「謎の13メッセージ」、そのラストから2番目ものです。

犯人は自虐と共に皮肉を効かせ、何か上手い事を言ったつもりになっているのでしょうか。

ワイオミング事件はデマだった・1

事件の発端は「Something Awful Forums」というサイトからでした(Awful は酷いという意味)。ここに、とぐろを巻いていた連中が意気投合し、少人数でビデオを制作しました。

その第1弾は「Google Video」に投稿されましたが、すぐに削除されました。めげずに、他サイトでブレイク。コメント欄での自演誘導を通じ、第2弾、第3弾と、次々掘り起こされていきました。

そう、あのゴッドハンドのようにです。彼らは自作自演かつ高評価という自己催眠で気が大きくなり、どんどんストーリーを付け加えていきました。

ワイオミング事件はデマだった・2

継続は力なり。悪ふざけの中にも、彼らはスキルアップをみせます。鮮明な第二弾に比べ、フルムービー版では一昔前のニュース映像に寄せ、画質を一段落とすのに成功しています。

しかし、どこにも具眼の士がいるものです。2007年時の動画第二弾で、ユーチューブのコメント欄に、「バイラルメイキングか、素人フィルムメイカ―の類(たぐい)がねじ込んだもの」

そして、早くもバレ、正確にその正体を指摘されていました。ワイオミング事件で流されたとされる白黒映像、あの「我々は特別なプレゼンテーションを行う」のラストバージョンは6で止まりました。

ワイオミング事件はデマだった・3

pixel2013 / Pixabay

その編集過程で、彼らは「GMiller」のような精神変調をきたしませんでした。IDだけの人物たち、「GMillerk」のブログ、「Happy Cube」の連続殺人鬼が集うスレッド。

全て彼らの手によるもの、全てがウソでした。この事件の真相は徹頭徹尾、虚構=フィクションでしかありません。そこには真相と呼ぶに相応しいものが何もないのが特徴です。

ワイオミング事件の真相は「子供の悪ふざけ」のデマでしかないのです。しかし、情報は勝手に独り歩きするもの。平成が終わろうとする今に至るまで、都市伝説として脈々と、その生命を保っているのでした。

ドナルド・ウィルソンのホームタウンがワイオミング州だった

ワイオミング事件において、一つとして真実はありませんが、一つだけ実在していたものがあります。それが「ドナルド・ウィルソン」でした。上記のタイトル「ドナルド・ウィルソンの死亡記事」です。

このサイト「Niobrara Country Ribrary」と、その死亡記事は本物であり、今でも閲覧可能です。しかし、読めば分かるように、ワイオミング事件と文中の人物とは何の接点もありません。

デマでなく、真実としていえるのは、「オレゴン州の二ブララにそういう名前の人がいた」この1点だけです。おそらく、犯行グループの誰かが偶然死亡記事を知り、その名と所在地を事件に拝借したのでした。

本物の電波ジャック事件、マックス・ヘッドルーム事件とは

アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴ、その地域一帯で起きたテレビ放送における電波ジャック事件です。放送信号の割り込みの一つとして、テレビ業界で知られています。

事件の侵入者は、3時間の間、2回放送信号の割り込みに成功しています。発生から30年近く経ちましたが、今もって未解決のままです。

1987年11月22日に発生した未解決の電波ジャック事件

一回目の侵入は、1987年11月22日のニュース番組中でした。画像は当時を偲ぶものです。1987年11月20日発売のブルーハーツ 『YOUNG AND PRETTY』。収録曲は「キスしてほしい」など。

マックス・ヘッドルーム事件の経緯

この事件は、2度にわたりテレビの電波に侵入した電波ジャック事件です。その巧みさから、いずれも、放送に関する高度な専門的知識を持った者による犯行と考えられています。

シカゴ9Chのゴールデンタイム生放送番組中の事件

一番目の放送信号割り込みは、WGN-TV (シカゴ9ch)のゴールデンタイム、生放送のニュース番組中でした。スポーツコーナーで、シカゴ・ベアーズがその本拠地で大勝利を収めた話の最中でした。

デトロイ・トライオンズに30対10で勝利したと報じている時、突如画面が15秒間ブラックアウトしました。画面の映りが戻ると、マックス・ヘッドルームを模したマスクにサングラスの男が現れました。

画面にはマックス・ヘッドルームのマスクをかぶった男

マックス・ヘッドルームとは、1984年にイギリスのチャンネル4において、音楽番組の司会者としてCG合成されたキャラクターです。俳優のマット・フリューワーをモデルとしていました。

同年映画化され、1986年にはコカ・コーラ100周年記念CMキャラクターになりました。1987年には、アメリカABC放送でテレビドラマになり、全14話が放映されました。

事件映像の男は、一度目は雑音のみでしたが、2度目は酷く暴れました。周囲を歩き回り、飛び跳ね、汚い言葉を吐き、アニメソングを歌い、生尻を曝したりと、やりたい放題を成し遂げました。

NEXT:一回目はとりあえず収束
1/2