断捨離での後悔とは?後悔した物は?断捨離で後悔しない方法は? 恋愛・心理

断捨離での後悔とは?後悔した物は?断捨離で後悔しない方法は?

数年前から「断捨離」と言う言葉をよく耳にするようになりました。断捨離は単に物を捨てればいいわけではありません。捨てて後悔したり、物が増えるのが怖く断捨離依存症になってしまう人もいるようです。今回は断捨離で後悔しないコツをまとめましたのでご覧ください。

目次

[表示]

断捨離とは?

manbob86 / Pixabay

断「家に入ってくるいらない物を断つ」捨「家にあるいらない物を捨てる」離「物への執着から離れる」と言う意味があります。単に捨てるのではなく本当に必要な物を見極める事が断捨離です。

断捨離での後悔は?捨てた後に後悔した物って?

Mandyme27 / Pixabay

考えすぎもよくありませんが、何も考えずに捨ててしまうと後で後悔してしまいます。そんな経験、皆さんはありませんか?断捨離をするにあたって後悔した物、理由などをまとめました。

洋服

JamesDeMers / Pixabay

最初に手を付けるなら洋服ではないでしょうか。何年も着ていない服があったり、太って着られなくなった服があったりと捨てやすいのも特徴かもしれません。考えずに捨ててしまい後悔する人が大勢いるのも確かです。

手帳や日記

Free-Photos / Pixabay

手帳や日記は、捨てるのに躊躇する物ですね。スケージュールが書いてあったり、連絡先を書き留めてあったのを忘れて捨ててしまい後悔する方も少なくないようです。

給与明細

stevepb / Pixabay

給料明細は、各税金・年金の納入金額が記入されています。基本的に会社務めの方は未納なんて事はないですが、万が一の為に2年間は保存しておくべき物です。PCにスキャンし保存しておくとかさばらずオススメです。

自転車の子供用の椅子

3888952 / Pixabay

場所を取る物なので「もう使わない」と捨ててしまう人がほとんどのようです。捨てた後にまた使う日が訪れるなんて事も多く、2年程は保管しておくのもいいようです。ただ「いつか使う」は断捨離にはご法度です。

ベビーグッズ

Mrs__schu / Pixabay

「次の子に」と、取って置く方は多いですが、2人目以降は「もう最後」と捨ててしまい後悔する人が大勢いるようです。大型の物は一から買いなおすとなれば大金。後悔しない為に数年はとって置くのがオススメです。

付属品やパーツ

Free-Photos / Pixabay

家具などを買った時に、2、3個多くパーツが入っています。「どうせ使わないから」取って置いたけど何の部品だったか分からなくなったりしていませんか?面倒でも何の部品か書いて取って置くのがいいようです。

お金

Alexas_Fotos / Pixabay

へそくりを本に挟んだまま本を処分してしまったなんて事も。隠していた事もその時は思い出せないものですよね。最大の後悔。お金は決まった場所にへそくりしておくのがベストです。

ゲーム

Pexels / Pixabay

次々に新しい物が出て、古い物では遊ばなくなってしまう事が多いゲーム。価値が低くなる前に早めに売ってしまうのもいいと思います。ゲームは断捨離して良かったと言う声も沢山あります。

ぬいぐるみ

Pezibear / Pixabay

捨てる時に一番悩む物ではないでしょうか。そのまま捨てる事に抵抗もありますし、供養してもらうにはお金がかかります。逆にそれらの理由でお家の中はぬいぐるみだらけって事も。

一般的には、そのままではなく塩を振り清めてから各自治体のゴミ区分で処分されている方が多いようです。他には、リサイクル、お寺に供養を頼む(3000円~5000円)、施設などに寄付するなど方法は様々です。

フィギュア

tookapic / Pixabay

何かの「おまけ」でついていたフィギュアが実は凄い価値の付いてる物だったと言う事もあり簡単に捨ててしまい後悔している方も多いのでは?「おまけ」も侮れません。

実はフィギュアって、物凄く価値が付いている物もあります。「こんなガラクタ」と捨てる前に価値を確認してみてください。ガラクタがお宝に変わるかもしれません。

雑誌などの付録

crookoo / Pixabay

付録目当てで買っていませんか?雑誌の内容には興味が無く、付録欲しさに買ってしまう。でも実際、付録を活用していますか?一時の感情で買ってしまうのは無駄と後悔に繋がります。

必要なモノを見極める事。今の自分に必要か、買った後はどのように活用していくのかをはっきりさせてから購入しましょう。ただ、「可愛い」「欲しい」の感情だけで買う事はしてはいけません。

教科書

ThorstenF / Pixabay

毎年、増えていく教科書。次の学年に上がっても小学生のうちは次々に新しい事を学んでいく為、古い教科書は必要ありません。高校受験、大学受験に向けて厳選して残して置くようにするのがベストです。

雑誌や小説

kaboompics / Pixabay

雑誌や小説は一度読んだら終わりになっていませんか?そして、ゴミになり雑誌は特に月刊の物が多いので毎月溜まってしまいます。今は電子書籍もありますので、そちらを活用しゴミを出さないのも一つの手です。

おくるみ

smpratt90 / Pixabay

使う期間は短く、すぐに不要になってしまう物です。手作りの物を取っておく方は多いようですが、こちらはオークションなどに出し使ってもらえる方や友人、親戚に譲る方が多いようです。

アルバムや写真

congerdesign / Pixabay

写真は、思い出を形として残す為に皆さん撮りませんか?だけど、写真が一番かさばる物かもしれません。そして、見てみると同じような写真ばかりではありませんか?少しの工夫で大量の写真を減らす事が出来ます。

一つの場所に集め時系列にまとめるか、データをスキャンしPCに保存。どちらも地道な作業ですがアルバムを持たない事が断捨離の近道になります。

CDやレコード

Pexels / Pixabay

今は、携帯やPCで音楽を聴ける時代。昔のCDやレコードを聴く機会も減っているのではないでしょうか。思い切って捨てる事をオススメします。

現代でレコードを聴くという事がほとんどなくなりました。フィギュア同様、価値の付いたレコードがあるかもしれません。レコードが少ないと言う事もあり、相場は高くなっているようです。

表彰状

qimono / Pixabay

過去の自分の栄光、子供の栄光はもちろん頑張った証。中々捨てられないもの、デジタル化にすると場所も取らずに残しておけます。

PCにスキャニングし、データとして保管する方もいますが、やはり捨てるのに抵抗のあるものです。100円ショップなどで丁度いい大きさのクリアファイルなどにまとめておくと便利です。

消耗品や化粧品

Free-Photos / Pixabay

ついつい買ってしまう消耗品や化粧品。ストックが無いと不安になったりでいつの間にか沢山増えていたり。まずは、在庫の把握をしておくべきです。これが買いすぎ防止の一番の近道です。

消耗品である、洗剤やティッシュなどは自分の家にあった適正数を決める事です。一週間、一か月でどれだけ使って居るかを把握し、適正在庫を見つけてください。買いすぎ防止になります。

季節性のある物

jill111 / Pixabay

季節で着る物も違えば履くものも違う。基準は、1年以上使っていない物です。1年間出さなかったモノは、今後も出す事はないでしょう。

去年の冬は寒くて「ストーブを買ったけど今年は使わなかったから捨てよう」はちょっと待って下さい。いつか使うはご法度ですが、ストーブや扇風機などは残して置いた方がいいでしょう。

洋服の整理の仕方

KaoruYamaoka / Pixabay

  • 総点数を30点以内にする
  • 「いつか着る」はもう着ない
  • 1枚買ったら1枚捨てる

この3点だけで、クローゼットの中は見違える程スッキリします。一番重要なのは「いつか着る」は永遠に来ない事です。

年賀状

SimpleMediaKit / Pixabay

毎年届く年賀状。遠い親戚だったり、友人だったり。毎年同じ人にしか送っていないと思います。捨てるのに気が引ける人はデータ化して取って置く。来年の為に1年分だけ取っておくだけで十分です。

断捨離後悔しないために気を付けることは?

Tumisu / Pixabay

断捨離妻に耐えられなくなり離婚する夫婦も少なくないようです。物が減り家の中が綺麗に片付く事はお互い喜ばしいことですが、度が過ぎるとギクシャクしてしまい離婚の原因に。

月1回断捨離に関する記事はこちら

勝手に捨てないで夫婦で話し合う

Engin_Akyurt / Pixabay

夫の物を勝手に捨てない。夫婦間であっても絶対にしてはいけない事です。夫婦や家族の思い出も大切な物。自分には不要でも相手は凄く大事にしている物かもしれません。必ず確認してから捨てるようにしましょう。

話し合って夫婦円満に

autumnsgoddess0 / Pixabay

勝手に捨てる事は、いくら血の繋がった家族、夫婦だからと言ってもやってはいけない事です。自分の意見だけで捨てるのではなく捨てる前に相手に確認しましょう。そして、お互い納得の上で捨てるようにして下さい。

思い出は残しておく

kelseyannvere / Pixabay

大事な思い出は残して置くのがベストです。「あんな事もあったな」と思い出に浸る時間が幸せな時間ではないでしょうか。思い出も、厳選して残して置きましょう。

思い出のモノは二度と手にはいらない

rawpixel / Pixabay

一度捨てた「思い出のモノ」はもう一生手に入りません。自分たちの思い出だからです。後悔する前に、どう残すか考えてみて下さい。全てそのまま残すもよし。写真などに残して置くのいいでしょう。

NEXT:後悔しないかもう一度考える
1/4