わたパチが製造終了していた!?その理由や今後の再販予定は? エンタメ

わたパチが製造終了していた!?その理由や今後の再販予定は?

皆さま「わたパチ」というお菓子をご存知でしょうか?根強い人気を誇るお菓子ですが、実はひっそりと製造・販売を中止していたのです。元祖はじけるお菓子のドンパッチで死亡事故が起きたことが原因とも?今回はわたパチの製造中止理由や類似品についてご紹介します。

目次

[表示]

人気の駄菓子わたパチがいつの間にか製造中止になっていた?

MichaelGaida / Pixabay

日本人なら誰もが知っているであろう駄菓子「わたパチ」。皆子供の頃に一度は食べたことがあるかと思います。遠足などに持っていくお菓子の中でも定番ですね。

実はこの「わたパチ」、既に製造が中止されていたのです。ご存知でしたでしょうか?ここでは、「わたパチ」がどのような駄菓子であるか、また生産終了時期などについてご紹介します。

わたパチとはどんなお菓子?

「わたパチ」とは、綿あめの中にはじけるキャンディが入っている駄菓子です。わたパチを口に入れたとたんに綿あめがふんわりと溶け、それと同時にキャンディがパチパチとはじけだす。

初めて食べたときは痛みにも似たキャンディの衝撃に驚きますが、不思議とまた食べたくなるという、他にはない触感が特徴のわたパチは根強いファンが多く存在しました。

わたパチは明治製菓の商品

わたパチは明治製菓の商品であり、1988年に販売開始されています。同時期には「ねるねるねるね」も販売を開始しており、これまでになかったような変わった駄菓子が多く誕生した時代です。

いつの間にかない…わたパチは2016年に生産を終了していた

大人になっても他にない食感から、ふいに食べたくなることもあるわたパチ。しかし、ある時からなぜが店頭にわたパチが置いていない、という状況が続いたのです。

初めは「品薄なんだな」と考えていた人たちも、あまりに入荷しないため店員に状況を聞いたそう。そこで初めてわたパチが製造終了となったことを知ったようです。

実はわたパチは2016年8月にひっそりと生産を終了していました。わたパチを愛してやまない人たちはわたパチロスに苦しんだようです。

明治製菓のわたパチが製造中止になった理由は?

danymena88 / Pixabay

明治製菓の大人気商品として愛好家も多く存在するわたパチは、なぜ突然製造中止となったのでしょうか?ここではわたパチが製造を中止した理由についてご紹介したいと思います。

明治製菓は製造中止理由は公表していない

気がついたら売り場から姿を消していたと嘆く人が多かったことからもわかるように、わたパチが製造終了になるという告知は事前にはありませんでした。

また、製造終了後も明治製菓からは公式なアナウンスはなく、販売を中止した理由についても公開されていません。

明治製菓に直接問い合わせてわたパチの製造中止理由を聞いた人もいましたが、理由については一切聞き出すことができなかったといいます。

類似品「ドンパッチ」の都市伝説が影響している?

「はじけるキャンディ系駄菓子」の火付け役となった駄菓子として、「ドンパッチ」というものが存在します。これまでになかった駄菓子として人気を博したものの、同時に都市伝説も出来上がります。

あまりに強い発泡性に「複数袋を一気食いすると腹の中で破裂して死ぬ」「子供が鼻に詰めて遊んでたら鼻血がでた」「お年寄りがショック死した」といった噂がささやかれるようになったのです。

販売元のゼネラルフーズも5年間の検証によって「都市伝説はデマである」という訴えかけをしたものの、結局噂が消えることはなく2000年に販売が終了。こうした影響があるのかもしれません。

ドンパッチでは窒息死という死亡事故が起きている?

LMoonlight / Pixabay

ドンパッチについて調べてみると、「販売間もない頃、ドンパッチと炭酸飲料を大量摂取した結果窒息死した」という死亡事故が発生したというネット記事を多く見かけます。

しかしこれらの話には一切物的証拠がなく、販売元も「都市伝説はデマである」と訴えていることを考えれば本当かどうかは怪しいです。しかし、これだけ広く噂になっていたということでしょう。

炭酸ガスを出すお菓子と炭酸飲料の組み合わせは大変危険

炭酸ガスを出すお菓子(ドンパッチなど)+炭酸飲料で死亡事故が発生するかはさておき、危険であることは間違いありません。

炭酸飲料にもお菓子にも炭酸ガスが含まれており、更に水分によってキャンディが溶けやすくなっているので一気に大量の炭酸ガスが発生してしまいます。

一時期大きな話題になったメントスコーラ(メントスガイザー現象)も同じ原理です。炭酸飲料と炭酸ガスを出す食品を組み合わせるとどうなるのかは、上の動画でも確認できます。

生産終了した理由が公表されないのは何故?

qimono / Pixabay

わたパチの製造中止理由は単純に原価の高騰により採算が取れなくなったのではないか?と考察しているサイトもあります。しかし、それが原因ならば明治製菓も中止理由を公表しているはずです。

2008年にマンナンライフの「蒟蒻畑」を凍らせたものを喉につまらせて幼児が死亡した、という事故が起きて以降、一層食べ物による事故について社会の目は厳しくなりました。

そのため、わたパチが姿を消したのは危険な食品であるかのような風評被害の影響で、他の製品への影響を考えて製造中止理由さえ明かさないのでは?とも噂されています。

わたパチはどこにある?もう買えないの?

2016年に販売終了し、既に新規生産は行っていません。しかし、今のネット社会ならどこかでわたパチをゲットすることはできるのではないでしょうか?

ここでは生産中止となったわたパチを手に入れる方法がないか調査しました。

amazon・楽天・ヤフーショッピングの大手通販サイトでも在庫なし

aixklusiv / Pixabay

豊富な品揃え、という点でまず確認すべきはamazonや楽天などの大手通販サイトでしょう。ここなら中々流通していない商品も取り扱っているケースが多いです。

ということで確認しましたが、見事になし。これらの通販サイトでもわたパチの取り扱いは行っていないようです。

駄菓子を扱う通販サイトでも現在は販売されていない

kaboompics / Pixabay

であれば駄菓子に強い通販サイトではどうか、ということでこちらも調査しましたが結果はNG。もはやどこでも手に入らないようですね。

実はわたパチの賞味期限は12か月。2016年に生産を終了しているため、2017年以降はそもそも「食べられる」わたパチがこの世に存在していません。よって、もうわたパチを食べることは叶わないのです。

わたパチに再販の見込みはあるのか?今後の販売予定は?

geralt / Pixabay

ではもう二度とわたパチを食べることはできないのか、というとそうではない可能性があります。なぜなら、明治製菓は復刻について「しない」とは明言していないためです。

わたパチ生産終了に関して多くの問い合わせがあるようで、それらの声は商品企画部に展開されているそう。反響が大きければ「わたパチ復刻」も十分に考えられるのです。

わたパチはなぜはじけるの?パチパチする仕組みや原理について

jarmoluk / Pixabay

ここでは、わたパチがなぜはじけるのか。その仕組みや原理についてご紹介したいと思います。また、わたパチに似たものを自分で作ることができるのか?についてもご紹介したいと思います。

パチパチする理由は飴に炭酸ガスの気泡が入っているから

わたパチがパチパチする理由は、飴の中に炭酸ガスの気泡が含まれているためです。これが飴を砕いて口の中で飛び散るためにパチパチとした食感が生まれるのです。

唾液や噛むことによりガスが勢いよく出ることでパチパチする

RyanMcGuire / Pixabay

飴を口の中に入れると唾液や噛むことによってガスの周りを包む飴の強度が下がり、弱くなったところから炭酸ガスが勢いよく外へ出ようとします。

炭酸ガスが勢いよく出る際に周りの飴を粉々に砕いていくのでパチパチするのです。

なぜ口の中が痛いくらい激しく出るのか?

炭酸飲料のシュワシュワを見ても、わたパチやドンパッチほど弾ける勢いは強くないですよね。わたパチが飴を砕くほどの勢いで弾けるのは、専用の機器を使い炭酸ガスを超高圧で溶かし込んでいるためです。

パチパチする飴は自分で作れる?

ArtsyBee / Pixabay

パチパチする飴の原理は簡単、飴に高圧の炭酸ガスを溶かし込んでいるだけです。しかし、高圧の炭酸ガスを溶かすのには専用の機械が必要であり、それなしでは作ることができません。

そのため個人でパチパチする飴そのものを作るのは不可能と考えられます。

日本の伝統駄菓子わたパチの海外の評判は?

5688709 / Pixabay

日本では皆当たり前のように口にしたことがあるわたパチですが、海外での評判はどうなのでしょうか?異なる食文化を形成している外国の人たちに果たしてわたパチは受け入れられるのでしょうか?

ここでは、海外で実際のわたパチを食べてみた人たちの反応についてご紹介したいと思います。

実際に食べてみた人の反応

RobinHiggins / Pixabay

一度もわたパチを食べたことがない人は、やはり初めにまずは驚くようです。しかし、一度それをこなすとかなり好評な様子。

綿あめ+はじけるキャンディは海外の人たちにも受けているようです。食文化の壁を越え、おいしいものは世界共通であることが分かった瞬間であると言えるでしょう。

海外の人たちはわたパチに興味津々だった

OmarMedinaFilms / Pixabay

わたパチは海外の人たちによって興味深いものであるようで、わたパチを紹介している海外の掲示板では「どんな原理なのか実際に知りたい」「実際に試してみたい」といった声が挙がっています。

確かにあの食感を文章だけで伝えることは難しいですね。百聞は一見に如かず、一度食べてみたいという気持ちもよく分かります。というか体験したことないのは人生損しているかも。

わたパチと似ている・代わりになるお菓子はある?類似品まとめ

suc / Pixabay

わたパチこそ生産中止となっていしまったものの、類似品ともいえるお菓子は未だ販売されています。ここではわたパチロスを癒すべく類似商品についてご紹介します。

はじけるお菓子については多くの商品が存在します。残念ながら綿あめとはじけるキャンディのコラボこそないですが、様々なお菓子にはじける要素が追加されることで新たなテイストを実現できています。

この記事を読んで自分に合いそうな商品を見つけ、はじけるライフを堪能していただけると幸いです。

パチパチパニック

パチパチパニックは明治産業から販売されているお菓子であり、ラムネ×はじけるキャンディという商品です。ラムネなのでわたパチとは異なりますが、はじける快感を得ることはできます。

購入はこちらから↓

あの有名お菓子からもパチパチ!チョコボール パチパチレモン味

クエックエックエで有名なあのチョコボールでもはじけるキャンディ、使われています。その名も「チョコボール パチパチレモン味」。

一般的なチョコボールとは違い、はじけるキャンディのパチパチとレモンの酸味が織りなすさっぱりとした風味はだいぶ大人なテイストです。

はじけるお菓子とはかけ離れたイメージがあるチョコボールですが、食べてみると意外にマッチしているので一度お試しください。

メリーからもパチパチ!クレドカカオ キャンディインチョコレート

チョコレートで有名なメリーもはじけるキャンディとコラボ商品を展開しています。それが「クレドカカオキャンディインチョコレート」です。

チョコボールもそうですが、チョコレートとキャンディは相性がいいようですね。

ポケモンでもパチパチ!ポケパチキャンデー

ポケモンをモチーフにしたポケパチキャンディというものも存在します。これはキャンディを粉につけて食べるタイプのお菓子ですね。粉の中にはじけるキャンディが含まれています。

お菓子自体はよくあるものですが、ポケモンというコンテンツを利用していることもあり売れ行きは良いようです。(2020年現在は販売されていません)

ちなみにポケモンと人気を競ったこともある『妖怪ウォッチ』からも、パチパチするキャンディを混ぜ込んだチョコバー、ジバニャンのチョコボー・プレミアムが期間限定で発売されていたことがあります。

ポケモンと妖怪ウォッチ両方とコラボしていることから、弾けるキャンディの食感が時代を超えて子供に愛されていることがよく分かりますね。

不二家でもパチパチ!スパークリングマカロン

ペコちゃんでおなじみ不二家でもはじける商品販売しています。不二家なのでケーキかと思いきや、何とマカロンです。

マカロンにはじけるキャンディはちょっとどのような触感になるのか想像がつかないですね。気になる方は是非一度食べてみるとよいでしょう。

NEXT:セブンもパチパチ!パチパチパチちょこ
1/2