菅貫太郎は事故死だった!バイクに轢かれた?悪役で人気に?子供は?

「悪役のスター」とまで呼ばれた菅貫太郎という俳優をご存知ですか?「水戸黄門」の麿呂役や、「十三人の刺客」で暴虐な悪代官を演じていることで知られています。今回はそんな彼のプロフィールや出演作品、さらに最悪の結果となった交通事故に関してまとめました。

菅貫太郎の演技が人気!悪役と言えば菅貫太郎!

菅貫太郎とは1960年代から1990年代にかけて活躍した俳優で、そのずば抜けた演技力で一躍人気俳優となりました。特に彼と言えば悪役の印象が強く、「悪役のスター」とまで呼ばれました。

今回はそんな菅貫太郎について、プロフィールや出演作品をご紹介してきます。彼は1994年に交通事故により亡くなっていますが、事故に関しても詳しくみていきます。

菅貫太郎のプロフィール!愛称は?

2977540 / Pixabay

菅貫太郎(すがかんたろう)とは1934年12月12日に秋田県湯沢市にて生まれ、色々な方面の人から「お墨付き」と言われるほどの演技力で多くの人々に愛されていた俳優です。

彼は秋田県の湯沢高校を卒業して中央大学に進学しますが、俳優を目指すべく途中で退学という選択肢をとりました。

高い演技力と独特の声、独特のリアクションが見る人に強烈な印象を残し、「スガカン」という愛称で人気を博しました。

菅貫太郎は大学時代から役者の舞台人だった!

383961 / Pixabay

のちに数多くのテレビや映画に出演する菅貫太郎ですが、実は大学時代から役者として活動していたという生粋の舞台人でした。

彼が20代や30代の時には主にアングラ演劇で活躍していたようで、「言葉の錬金術師」とまで呼ばれた寺山修司という劇作家にも認められるほどの実力だったといいます。

アングラ演劇とは1960年代中期から1970年代にかけて日本で活発に起きた舞台表現(主に演劇)の潮流である。「アングラ」とはアンダーグラウンドの略語である。見世物小屋的要素を取り込み、それまでの近代演劇が低俗として退けた土俗的でスぺクタルなものを復権させて独特の世界を作り上げた。

(引用:Wikipedia)

菅貫太郎は麿呂を演じ一躍人気者に!

rawpixel / Pixabay

そんな菅貫太郎ですが、彼の代表作といったら「この紋所が目に入らぬか!」で有名な「水戸黄門」という時代劇の、2代目麿呂を思い出す人が多いのではないでしょうか。

正式名は「六条公麿三位中納言」といい、数々の悪行を働く公家のことです。悪役ながら、彼の個性的な演技が型にハマり、一躍人気者となりました。

現在でもネット上では、「麿呂」と言ったら「菅貫太郎」と言われるほどイメージが定着しています。

菅貫太郎は悪役から善人まで幅広い演技で魅了した!

Prettysleepy2 / Pixabay

悪役として有名な菅貫太郎ですが善人を演じることもあり、悪役・善人役どちらを演じてもずば抜けた演技力を見せつけていました。

特に善人を演じる際は「菅貫太郎=悪役」というイメージを上手く使い、最初は悪役に見えるけど、「実は善人だった!」という視聴者の予想を裏切る展開をよく作り出していたといいます。

NEXT 菅貫太郎は悪役の星だった!