膣トレをするとセックスが気持ちよくなりダイエットにもなる?! 恋愛・心理

膣トレをするとセックスが気持ちよくなりダイエットにもなる?!

最近、若い女性の間でも広がりつつある膣トレ。効果的な膣トレをコツコツつづけることで膣内の感度が上がり、セックスも気持ちよくなります。忙しい女性も簡単にできる膣トレーニングの方法とグッズ、効果について初心者向けに解説していきます。

目次

[表示]

女性必見!膣トレとは?

 

Alexas_Fotos / Pixabay

「エッチが気持ちよくなる!」としてここ数年、若い女性の間でも人気の膣トレ。膣内の筋肉を引き締めることによって膣の締まりを良くし、感度を上げるトレーニングです。

膣トレはまた、感度を上げる以外にもダイエット効果や尿漏れ防止など、女性にとってうれしい作用がたくさん期待できると言われています。

膣トレとはどういう意味?

ErikaWittlieb / Pixabay

膣トレとは女性にしかできない筋力トレーニングで、膣内を意識的に引き締めることで筋力を鍛え、セックスでの感度を上げたり、下腹部をスリムにしたりする効果があります。

膣トレは日本国内でもさらに研究が進み、より手軽で効果的なメソッドが初心者向けにどんどん開発されています。自宅でも外出先でも手軽にできる膣トレをぜひお試しください。

女性は膣のゆるみで悩む人も多い

Pexels / Pixabay

男性も女性も、加齢にともなって全身の筋肉が衰え、次第にハリを失っていきます。また、日頃の運動不足によっても筋肉の老化は進みやすくなります。

膣も筋肉でできていますので、加齢の影響によってゆるみが生じるのは免れず、感度が低下するほか、下半身太りにもつながっていきます。

女性の場合、妊娠や出産をきっかけに膣のゆるみが目立ってくることが多く、出産後のセックスレスや子宮ヘルニアの原因にもなっていると考えられています。

膣トレの元祖はケーゲルエクササイズ

mary1826 / Pixabay

そもそも膣トレは、医学的にはケーゲルエクササイズ(kegel exercise)とよばれ、産婦人科のケーゲルが開発したトレーニングメソッドで、骨/盤まわりの筋力トレーニングとしてはじまりました。

膣トレの本来の目的は、「骨盤底筋の強化」です。出産によってゆるんだ骨盤底筋を鍛えることで膣内の筋力を強化し、結果的に膣のゆるみを治す、という意味合いでとらえられてきました。

膣トレは時代を経て独自に発展し、骨盤底筋以外に下腹部の筋肉も鍛えられることから、ダイエット目的で膣トレを取り入れる女性も増えてきています。

膣トレは気持ちいいセックスに効果大?

stokpic / Pixabay

日本では「気持ちの良いセックスのためのトレーニング」として発展してきた膣トレ。果たして、膣トレによって本当にセックスが気持ちよくなるのでしょうか。男性も必見です!

彼膣とは

DanaTentis / Pixabay

膣トレの効果を確かめるためのメソッドとして、「彼膣」があります。エッチの時に彼氏に指を握ってもらい、握る強さによって膣の閉まり具合を教えてもらう、というもの。

軽く握られたら締まりが甘い、ギュッと握り込まれたら膣の奥まできちんと締まっている、という合図になり、女性自身もエッチをしながら膣トレの効果をフィードバックすることができます。

ただ、男性のほうもフィニッシュが近づくといやでも握る力が強くなってしまいますので、そのあたりを錯覚しないように注意する必要があります。

感度が良くなる

xusenru / Pixabay

膣内でも気持ちよくなれる、いわゆる「中イキ」ができるかどうかの違いは、結局のところ、膣内の筋力に左右されると言われています。

膣内を普段からほぐし、筋力をキープしている女性は中イキもしやすく、彼から挿入されるだけできちんと感じられるカラダになっています。

中イキができるかどうかはセックスの充実度に直接かかわりますので、「エッチでなかなか気持ちよくなれない」という女性はぜひとも膣トレを試し、イキやすい体を手に入れましょう。

彼も気持ちよくなる

 

Free-Photos / Pixabay

挿入時に男性が気持ちよくなるのは、膣内でペニスがギュッと締め付けられ、壁にあたるひだによってほどよくこすられるからです。名器のことを「締まりがいい」と表現しますよね。

筋力を鍛えた膣であれば挿入されたペニスをしっかりとつかまえ、ピストンに合わせてほどよく締めつけることができますので、男性のほうも快感を得やすくなり、射精時の満足感も高まります。

彼とのセックスを楽しむためにも効果的な膣トレを継続して締まりを良くし、「早漏注意!」の名器で彼をたっぷり満足させてあげましょう!

イきやすくなる

Pexels / Pixabay

AV女優や風俗業の女性は、プライベートのセックスでも比較的短時間でオーガズムに達すると言われています。それは、仕事で普段から膣を使い、膣内の筋肉をほぐしているからです。

膣内の筋肉を鍛えれば、自然と締まりが良くなります。締まりが良くなれば指やペニスの刺激が脳にダイレクトに伝わりやすくなり、結果としてエッチでも気持ちよさを増幅させやすくなります。

その他、膣トレではどのような効果が得られる?

darksouls1 / Pixabay

膣トレによって得られるのは、「エッチが気持ちよくなる」という効果ばかりではありません。膣トレによって得られる意外な健康効果について見ていきましょう。

尿漏れ・頻尿・子宮脱の予防

qimono / Pixabay

尿漏れ、頻尿は女性に多い悩みです。膣の筋肉がゆるむことによって尿漏れや頻尿が起きやすくなると言われており、膣トレをつづけることによって適切な排尿サイクルをととのえることができます。

また、出産後の女性は子宮ヘルニアになるリスクが高く、最悪の場合は手術を要するケースもあります。膣トレには子宮ヘルニアを防ぐ効果もありますので、妊娠前からつづけておきましょう。

代謝が上がり美肌効果も期待できる

Engin_Akyurt / Pixabay

膣トレにかぎらず、全身の筋トレは体内の基礎代謝を向上させ、脂肪が燃えやすい状況をつくり出します。肌のターンオーバーも正常化されますので、自然と美肌になると考えられています。

月経前症候群(PMS)や不感症の改善効果も期待できる

Song4jc / Pixabay

月経前症候群になると、生理周期が極端に乱れたり、月経時の出血がひどくなったりします。これもまた膣内の筋力低下によるものであると言われており、膣トレによって改善が見込めるとされています。

また、不感症については心因性によるところが大きいと考えられており、効果的な膣トレによって一度オーガズムを体感すればハードルも下がり、ごく自然にイケるようになるようです。

血流が良くなるので冷え性改善の効果も期待できる

sasint / Pixabay

膣トレをつづけることで全身の血流が促進され、女性に多いお悩みである冷え性の改善にもつながります。膣内が温まることによってよりいっそう濡れやすくなり、感度も挙がるのでまさに一石二鳥です!

インナーマッスルが鍛えられ姿勢が良くなる

rawpixel / Pixabay

膣内は、「女性にしかない究極のインナーマッスル」とも考えることができます。膣トレでは下半身のインナーマッスルを効果的に鍛えることができ、結果として普段からの姿勢もよくなります。

便秘解消の効果も期待できる

Free-Photos / Pixabay

意識的に膣を引き締めることによって腹筋を鍛えることにもつながり、その結果として便通も改善されると医学的には考えられています。

膣トレの場合、直接的な効果も無視できませんが、そればかりでなく、「毎日同じ運動をつづける」ことでリズムがつき、膣内への刺激にもなります。

身長が伸びたという人もいる

cuncon / Pixabay

医学的な根拠ははっきりしませんが、「膣トレによって身長が伸びた」と実感する女性も多いようです。果たして、それはなぜでしょうか?

膣トレによって姿勢が良くなり、骨盤や背骨の歪みが矯正されることによって見た目の身長が伸びた、と考える方がこの場合は正しいのかもしれません。

ダイエット効果もある?

bodymybody / Pixabay

膣トレはもともと、妊娠や出産を経験した女性の膣内がゆるみ、筋力が低下することを防ぐ目的で開発された、という長い歴史があります。

筋トレは「遊んでいる脂肪を筋肉に変える」ということでもありますから、膣トレを正しいメソッドでつづけることによって特に下半身まわりの余分な脂肪が取れ、ダイエットにつながるのです。

関連する記事はこちら

Myriams-Fotos / Pixabay

長期間にわたる膣のゆるみは、ガンなどの重篤な病気のサインかもしれません。有名人の闘病記事から参考になる情報を御紹介します。

膣美人になりたい人へ!膣トレ方法

Free-Photos / Pixabay

膣も筋肉のひとつであり、筋肉を効果的に鍛えるためには正しいメソッドをしっかりと習得し、体に負担がかからないようにトレーニングをつづける必要があります。

あなたも彼氏も気持ち良くなれる「膣美人」をめざして、セックスライフや日常生活も自分らしく思いっきりエンジョイしましょう!

まずは膣をほぐすことから始める

FirmBee / Pixabay

通常の筋トレでも、本格的なトレーニングの前には必ず入念なウォーミングアップを行い、筋肉をよくほぐしたうえで筋力をきたえていきます。

膣がまだ固い状態で膣トレを行うとかえって筋肉を強張らせてしまい、不感症などのリスクを高めてしまいますので、ほぐす運動もしっかりと取り入れましょう。

スクワット

JerzyGorecki / Pixabay\

オーソドックスな健康法として知られているスクワットは膣トレにも効果的。腕を肩の高さまで上げ、深呼吸をしながら息をゆっくりと吐いていきます。

スクワットは一般的にも知られている筋トレ方法ですが、誤った方法でスクワットを続けるとかえって体に余分な負担をかけてしまいますので、必ず正しいメソッドをチェックしておきましょう。

ヨガ

3dman_eu / Pixabay

全身の筋肉をまんべんなく鍛えるメソッドとして、ヨガがおすすめです。ヨガをつづけることによって正しい呼吸方法が自然と身につきますし、全身の代謝も向上します。

なかでも、猫のポーズは膣トレに効果的。腕と脚の筋肉がバランスよく鍛えられますし、何となくバックの体位を連想させますので、彼とのエッチをリアルに想像するとイメージがよりふくらむかも?

また、橋のポーズはさらにアクロバティック。両脚と腕で体をささえ、背筋をぐっとそらすことで筋肉が鍛えられます。「変形騎乗位」にも似ていますので、彼の前だとお互い興奮できちゃう?

膣を締める練習法のコツや注意点は?

Free-Photos / Pixabay

膣トレのコツはまず、膣に意識を集中させることです。通常の筋トレでも、鍛えたい部位に意識を集中させ、「筋肉に話しかける」ことでトレーニングの効果がよりいっそうアップすると言われています。

ただ、無理をしすぎないことも重要で、効果を高めようと1日に何度も膣トレを行ったり、痛みが出ているのにトレーニングを続けたりするのは逆効果です。

立っている時に出来る膣トレのやり方は?

6335159 / Pixabay

立位の姿勢でも、膣をキュッと締めるだけで充分なトレーニング効果が得られます。その際、「両脚をほどよく開く」ことがポイントで、脚の筋肉にも力を入れることで下半身全体が鍛えられます。

仰向けに寝てやる方法と呼吸法

Babienochka / Pixabay

仰向けになる膣トレの場合は、両脚をほどよく開き、高さをキープすることがポイントです。両脚を持ち上げた体勢では少しの力でも膣が締まりやすくなり、筋力アップにもつながります。

また、仰向けになったこのポーズそのものが正常位を連想させ、実際のエッチで奥深くまで挿入されている自分を具体的にイメージすることによってよりいっそうモチベーションも上がります。

電車の中で出来る膣トレのやり方は?

valelopardo / Pixabay

上級者になると、移動中や電車の中など、ちょっとした時間にも膣トレをつづけています。膣トレといっても、座っている姿勢で膣や肛門をキュッと引き締めるだけですので、恥ずかしさもありません。

ただ、膣トレによって濡れてくることも稀にありますので、電車のなかで思わず「あっ……」なんて声を出さないように注意しましょうね。

クッションに座って行う膣トレ深呼吸

Foundry / Pixabay

膣トレと深呼吸は、医学的に見ても最高の組み合わせです。ほどよいやわらかさのクッションを使い、膣やクリトリスが適度に刺激される位置に座ることで膣周辺の筋肉がリラックスし、ほぐれていきます。

気持ち良い?指を突っ込んで膣トレ

DanaTentis / Pixabay

膣にとって一番の刺激はやはり、指やペニスの挿入です。エッチを毎日……というのは難しくても、自分の指を挿入して刺激するのは続けられそうです。

ペニスの刺激にはかないませんが、指だけでも充分な刺激となり、時間をかければ自然と濡れてきますので、「中で感じる」という感覚をリアルにつかむことにもつながります。

NEXT:うつぶせで出来る膣トレのやり方
1/3