チーママの意味や語源は?ママとの違いって?チーママの仕事は? ライフ

チーママの意味や語源は?ママとの違いって?チーママの仕事は?

チーママの意味や語源はどのようなものでしょう。ママとの違いは?チーママの仕事とは?またどんな髪型が望まれてどのくらいの給料で年齢はどのくらいでしょうか?スタッフとの関係は?なぜ「タモリ」というキーワードが出るのか?順に触れます。

目次

[表示]

チーママとは?意味や語源は?

チーママの意味と語源についてを調べていきます。クラブなどでのトップの座である「ママ」を基にした言葉であることがすぐわかりますが実態はどうなのでしょうか?

チーママの意味や語源は?ママとの違いは?

まずママの定義について明確にしましょう。ママとはスナック、クラブ等での最高責任者のことです。多くは店の経営権も併せ持つ女性が就任しますが、雇われママとして経営権を持たない人もいます。

チーママはそのママのサポート役であり、ママの次に責任がある立場の人を指します。お店の多くはクラブなどですからママは女性ですが、おかまバーなどでは事実上の男性の場合もあり得ます。

チーママの「チー」は、「小さい」から派生した言葉という説が最有力です。「チーフ」からの派生という理解は間違いです。文字表記では「小ママ」と書いた時代もありました。

チーママは店のNO2の存在!

チーママとはお店の「ナンバー2」の存在であり店舗なら「副店長」、会社なら「副社長」と似た意味と解釈していいでしょう。トップを補佐する役割を担います。

あとで役職上の特徴を述べますが、チーママはママの一番の理解者でありサポート役です。相応の規模の夜のお店ではまず大抵はチーママの采配が店の品格に大きく関与する重要な役割です。

チーママがいない店もある?キャバクラにはいない?

小規模なお店ではチーママを置かない店もあります。ママ一人で十分目が届き、回せるだけの店では特に必要がありません。便宜的に呼び名をチーママと呼ぶ人がいても経営的にそうでないケースも。

また「キャバクラ」ではチーママという役職の人はまずいません。サービス提供の方式から言ってキャバクラは「女性単体」が接客することが主体で、お店全体で饗応することがないからです。

キャバクラはその代わりにいわゆる「黒服」の男性やバニーガールが仕切って監視することが多いです。同じ夜の店でもお客様が求めてくるサービスが両者の間では顕著な違いがあります。

チーママが2人以上いる店もある?

逆にお店の規模が大きくキャストが大勢になれば、チーママを複数人置くことはあります。チーママが1人という決まりはありませんから2人以上のこともよくあります。

こうした場合に複数のチーママが完全に「同等扱い」であることは少なく同じチーママでも序列があることが多いです。あるいは会社組織のようにキャストを所属制にして競い合うケースもあります。

チーママの特徴は?

チーママの特徴とはどんなものがあるでしょう。ナンバー2の存在ゆえに、その存在感や待遇(給料)にも特殊な点があります。

ママになりたい人はチーママを経験しなければならない?

クラブにせよスナックにせよ将来「ママ」になってお店を経営したい夢があるならチーママの経験は絶対に積んだほうがいいキャリアです。ナンバー2として直にママの仕事を見て学べる機会だからです。

経営の必須事項である金銭出納管理はママの独占業務。これが出来ないことには営業を続けていけない一番の「肝」です。しかもママの不在時にはチーママは全営業を任されますからこの経験値は大。

将来自分が出店する際に気を付けるべき点を身につける絶好のチャンスです。自分の「ナンバー2」にどんな人が欲しいかも解ってくるでしょう。

チーママの平均年齢はどのくらい?

cbaquiran / Pixabay

チーママの平均年齢は立地地域によって違いありますが基本的に30代~40代が多いです。それ以下の年齢では若さを武器に自分がキャストとしてキャバクラ等で働き高収入が得られますのでのチーママは稀です。

反面キャバクラやクラブ等では20代後半はキャリアに関係なくベテラン枠と見られます。卒業した女性はチーママのポジション適齢期ですからやはり30代から40代までが平均年齢に落ち着きます。

仮にそれ以上の年齢ではママより年上な可能性があります。ママにしてみればナンバー2は年下である方が指揮系統で気兼ねなく振る舞えます。ですから実年齢は非常に重要となってきます。

チーママの給料は?

TBIT / Pixabay

チーママの給料は店舗規模や立地などによっても変わります。また経営者寄りの存在であるため売上によって給与が変動する契約もあり得ます。大規模な繁盛店であればチーママの月収が40万以上なことも。

時給換算で言うと2000円~3000円以上と一般職の女性の平均時給から見れば非常に高給です。しかしながらそれ相当の責任を背負う重労働で精神的ストレスは過剰ですので相応な金額とも言えます。

チーママは一般キャストと別に固定給とするお店も多いです。ママの次席ナンバー2の存在ですから長時間出勤は必然です。時給換算だと安定した雇用が難しいため固定+歩合という契約もあります。

チーママの髪型は?

Free-Photos / Pixabay

髪型に決まりはないのですがチーママともなるとあまりショートヘアな方はいないようです。一目見て水商売とわかる髪型は激減し、今はロングで色は明るめの髪型が好まれるようです。

格式のあるお店ではママは和服で髪は常時アップというところは多いです。そうなるとチーママは落ち着いた洋装にロングヘアという感じで飲みなれた客からはすぐにわかるような出立をしています。

クラブかスナックかでも違いはあります。高級クラブともなるとママもチーママも相応のドレスコードがあるようですがスナックなどでは堅苦しくない服装になるようです。

チーママはどうやって選ばれるの?求人はある?

ulleo / Pixabay

お店のママにおいてはその「右腕」であるチーママ選びは最も重要な課題です。チーママとは「阿吽の呼吸」で営業中は何も会話をしなくとも動いてくれる「気が利く」人でなければ勤まりません。

人選に当っては、ママ自身が過去に在籍したクラブ時代のホステスの中から選ぶことがあります。また他店から引き抜きスカウトすることもあります。会社でいえばヘッドハントに近いやり方です。

またお店で働いているキャストの中から抜擢することもあります。この方法ですと育成期間もあるしキャスト個々を理解している面では有利ですが嫉妬や軋轢もありどちらにもデメリットはあります。

チーママになるには?

チーママが「最終目的」であるという人は珍しいでしょう。チーママはいわば「中間管理職」ですから、いつかはママになりたいという夢の通過点かと思われます。

ではまずそのチーママの座を勝ち取るためにはどうすればいいのでしょうか?必要なスキルや資質に関して細かく触れてみます。

①ママの理解者であること

niekverlaan / Pixabay

チーママはママの一番の理解者であることが必要です。ママがチーママに期待することは自分の理想のお店作りのサポートを担ってくれることが第一です。ママが仕事をしやすくするのが務め。

そのためにはママの考え方の基本や癖、人間性や弱点など理解が深まればどうサポートすれば感謝されるか解ってきます。その配慮がママに伝われば信頼して任せてみようと考えてくれるはずです。

ママの存在感や面子をつぶすことなく、その片腕として半歩前を常に読みます。こうした意識とスキルがチーママへの第一歩になるはずです。

②店のスタッフの教育

TeroVesalainen / Pixabay

スタッフ教育は経営の上では銭勘定以上に重要で難しい課題です。キャストになるような女性はプライドもありますし性格がキツイ人も多くいます。起用法を間違えば言うことを聞かなくなることも。

お客様への失礼があってもいけませんしキャスト同士の露骨ないがみ合いの仲裁役も必要。ママが命令するよりも前に、チーママは中間管理職としてこれらを一手に引き受けなければなりません。

スタッフ教育でママを煩わせるようではチーママは務まりません。ここが最大の難関です。時には勤務時間以外で愚痴を聞いたりもせねばなりません。これが出来てこそのチーママと言えるでしょう。

③お客さんに対応できる知識

qimono / Pixabay

キャバクラであれば若さだけでも勝負になるものですがクラブともなると客層が違ってきます。接待などでの利用も多く、年齢も社会的地位も上になる傾向は強いでしょう。

客層が上がりますと話題も当然中身の難易度が上がります。政治・経済の時事問題などなら少しは応対できるだけの知識はあったほうがいいでしょう。教養もひとつのステイタスです。

日頃からニュースや新聞に親しみ時事ネタに返答できればお客様からも一目置かれます。やがてママを目指す身分としては一味違うという部分もアピールしましょう。但し嫌味にはならないように。

④店内の状況を把握する気配り

ijmaki / Pixabay

目の前のお客様への気配りは当然のこと、お店全体を見回すだけの広範囲への気配りがチーママには必要です。お酒を提供する場ですから酔っぱらっての迷惑行為は日常的に発生します。

特に新人さんなど不慣れなキャストの手落ちなどを素早くフォローしたり諍いの間にさり気なく入って仲裁するなど。常時臨戦態勢で店の中どこへでも飛んでいく気概が必要でしょう。

トラブルが多いお客様を予め把握しておき、中堅どころのキャストを配置して事前に備えるなどの導入も必須です。お客様優先は当然ですがキャストへの気遣いも同時にできることが理想です。

⑤面倒見の良さを持っている

TheDigitalWay / Pixabay

チーママは面倒見が良くなければなりません。スタッフ教育は命令だけで済むものではありません。個々人のキャストの性格に合わせ意欲を損ねることなく適切に指導することが求められます。

これを実現するにはスタッフから頼りにされ好かれる人柄でなくてはなりません。人間性は一朝一夕でどうなるものではありませんから日頃から対人関係を考え感謝の気持ちを持つことが大切です。

このことはチーママ稼業に限ったことでもないですが、最終的には接客にもそれは表れます。そしてお客様からもスタッフからも好かれる存在になれれば言うことはありません。

⑥店や仕事に対しての意識

nastya_gepp / Pixabay

チーママの資質は大まかには上述したような内容が挙げられます。しかし通り一遍のことしかできない・見えないでは困ります。「臨機応変」な姿勢も求められます。

それはお店の大きさに対しての混みあう曜日・時間に対する管理。あるいはキャストのシフトローテーションなどトータルでのお店作りをも意識することが望まれます。

今は「雇われ」であっても自分も経営に参加しているという意識は必要でしょう。仕事に向き合うときには時間給で雇われていた時代と今とでは「違う」のだということを強く意識しなければなりません。

チーママの仕事は?

それではチーママの仕事には、具体的言ってどのような業務があるのでしょうか?上で述べた「スキルと資質」とダブる部分もありますが、細かく触れていきたいと思います。

①スタッフのシフト管理

3dman_eu / Pixabay

裏方スタッフもそうですが、主には接客にまわる女性キャストが常時過不足なく在籍するようなシフトを組むことはチーママの最も大事な仕事です。キャストには個人の都合もあり調整は難しいですが。

そのためには平素から混みあう時間帯や曜日、またその逆でヒマになりやすい時期などを身をもって把握したいところです。過剰に在籍させれば利益が薄くなりますが人手薄は致命的なミスです。

各キャストの本業の有無なども把握しておいて、いざという時にヘルプ要請できる体制を作れればベストです。病気やトラブルで穴があくことも想定して営業に支障を来さないことは極めて重要です。

②スタッフの悩みや相談を聞く

johnhain / Pixabay

キャストの悩みや相談を聞くことも重要な仕事の一部です。彼女たちは接客でのストレスを抱えている身です。相談する機を逃して万が一キャストが「辞めて」しまっては収拾がつきません。

営業を円滑にするにはスタッフに気持ちよく働いてもらうことが重要。面倒がらずに人材を大切にすることを第一に考えます。直接ママには言えないようなことを聞いてあげるのも大事なことです。

そのことで個人的な距離も縮まりますしママとの懸け橋にもなれます。時には恋愛の相談などにも乗ってあげることも必要。メンタルに不安があると接客が疎かになってしまうかもしれません。

③お客さんの対応

jarmoluk / Pixabay

チーママは基本は采配する立場であり多くの時間を個別席に割くわけにいかない役職です。しかしクセの強いお客で若手では手に負えないケースも発生します。

こうした場合に早めに対処するためにチーママ自らが接客対応に出向く必要が出てきます。相応の実力を備えていなければできないことですが逆に「力量の見せ所」でもあるのです。

お店の不利益を最小限に留めた功績は当然ママからの評価になるでしょう。そしてそれ以上に指導するキャストたちの尊敬が得られる絶好の機会でもあります。接客の腕も平素から磨いておきます。

④スタッフの教育

スタッフつまりキャストの教育はチーママ専業の仕事のひとつです。基本的な礼儀作法や言葉遣いなど客層にも応じてより厳しく丁寧にチェックする必要があります。

個々のキャスト中で突出して態度が悪い者がいれば全体が影響を受けます。教育に関してはトップであるママは滅多に口出ししませんしチーママがそれをさせてはなりません。

もしも問題のあるキャストがいればママはチーママを叱責します。店での威厳を保つにはこのシステムは必要不可欠です。それゆえ目につく落度はチーママが注意喚起し改めさせねばなりません。

⑤ママとスタッフを取り持つ

ArtsyBee / Pixabay

チーママが「中間管理職」とされる所以は、責任者であるママと個々のキャストとの間を取り持つ管理を任されているからです。ママがキャスト全員と個別対応するのであればチーママは要りません。

そうではなくママは経営に対して大局的に、チーママは個別な案件を丁寧にという役割分担が大事なのです。キャストは様々な要求や不満を抱えながら仕事に当っています。

チーママは彼女たちのそうした細かい事情を聞き入れて安心感を与えます。その上で内容を十分咀嚼してママに報告します。どちらとも適切な距離感を置けるバランス力がチーママには必要です。

チーママに就任した時の挨拶の仕方は?

JOESPH / Pixabay

チーママは外部から雇い入れた場合も内部で抜擢した場合でも、就任のイベントが開催されて正式に紹介されることが大多数です。これはお客様への披露であると同時に店内への辞令行為でもあります。

この場合、まずはママが第一声で挨拶口上を述べチーママを紹介する流れです。紹介を受けた新チーママはこれに際し、謙虚さを前面に出した挨拶をすることが一般的です。

極めてよく使われるのは「お勉強させていただきます」という定型文です。この一言は定番で鉄板ですから大抵は挨拶の中に織り込まれるようです。決して偉そうにしてはなりません。

チーママのブログ「ちーママとスペクトラムな息子との日記」

TheDigitalArtist / Pixabay

同じ音ですが「ちーママ」で浮上する、こんなブログがありました。以下で紹介してみます。

トラブルが起こり指導して次に繋げる。それでみんな前を向いている。私ももう終わったことだからそのつもりで・・・・・・じゃなかったんだなぁ、これが。

私の気持ちが追いついてなかった。気持ちというか、感情というか。
私の感情は置いてけぼりで積み重なっていた。自分でも知らないうちに感情だけが出されないまま身体に蓄積されていたよう。
悲しい気持ち、辛い気持ち、怒り、そういったものを一切口にしないで前を向こうとしていたのです。

吐き出すところがなかった。

(引用:「ちーママとスペクトラムな息子との日記」)

ここでのブログはクラブ等のお店の「チーママ」ではなく、純粋に「小さなママ」の奮闘記を綴ったものであるということです。この方の正直な心の打ち明けがネットで評判になったのでしょう。

チーママ以外にもオーママも存在?英語表記は?タモリ?

Free-Photos / Pixabay

チーママに相対するように「オーママ」という存在があるそうです。それは何でしょうか?では、チーママの英語表現は何と言えばいいのでしょう?そしてタモリさんとチーママとの相関関係は?

それぞれのトリビアを順に触れていきます。

オーママも存在している?大きいママ?オーナーのママ?

チーママが「小さい」からの由来だとすれば、オーママとは「大きい」ママのことを指すのでしょうか?

どうもこれは全くの勘違いのようで、「大きい」ではなく「オーナー」から転じてのオーママだと言うことです。すなわちオーナーママ、経営者を兼務しているママという意味のことです。

NEXT:チーママを英語だと何て言う?
1/2