12星座・13星座別の性格一覧!2019年最も運勢が良いのは? 占い・スピリチュアル

12星座・13星座別の性格一覧!2019年最も運勢が良いのは?

目次

[表示]

おとめ座の相性

DzeeShah / Pixabay

真面目で几帳面な性格から、与えられた仕事をきっちりとこなします。なので、肉体労働以外の仕事なら何でも相性が良いと言えます。

器用でなんでも卒なくこなすため、お金を稼ぐことも貯金をすることにも得意ですが、そのため自身が何に向いているのかわからなくなってしまうことがあります。

興味のある分野を探して、その道に進むことがおすすめされます。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:てんびん座

てんびん座は12星座で9月23日から10月23日生まれの人、13星座で11月1日から11月23日生まれの人があてはまります。

英語でいうと「リブラ(Libra)」といいます。

では、てんびん座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるてんびん座の性格

AdinaVoicu / Pixabay

てんびん座の人は調和を愛し、争いや矛盾などを嫌う平和主義者です。感情を表に出すことを苦手とし、他者へ格好悪いところを見せたくない、見栄っ張りな一面もあります。

また調和を愛するところから、物事を白黒はっきりさせることができないため優柔不断な印象を持たれることも少なくありません。

恋愛面では人当たりが良いため、第一印象が良いことが多いです。美意識も高く、相手にも同じ美意識を求めてしまいます。

13星座によるてんびん座の性格

Takmeomeo / Pixabay

初対面の人ともすぐに打ち解け、八方美人な一面があります。損得勘定で友人関係を考えてしまうため、相手から信頼されるような行動や態度を取れると良好な人間関係を築くことができます。

自身のことを話すのが苦手なため、深い友人関係を築くことができずに謎めいた印象を与えることもあります。

てんびん座の裏の性格とは?

GDJ / Pixabay

平和主義者で白黒はっきりさせることが苦手なてんびん座の人は、しっかりと決着をつけなければならない場面にぶち当たると、逃げてしまう可能性があります。

また、人から見えないところでは結構ずぼらでいい加減な一面を持っているかもしれません。

てんびん座の相性

FeeLoona / Pixabay

周囲との良好な人間関係を作れて、感情を表情に出さないてんびん座の人は、人を怒らせたり、不快な思いをさせることはありません。そして優れた美的感覚を持っています。

そのため、美容関係や芸術に関係する職業との相性が良いです。ただ、仕事をやめて家庭に専念することを望む人も多いでしょう。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:さそり座

Free-Photos / Pixabay

さそり座の人は12星座では10月24日から11月22日生まれの人、13星座では11月24日から11月29日生まれの人が当てはまります。

英語でいうと「スコーピオ(Scorpio)」といいます。

では、さそり座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるさそり座の性格

Free-Photos / Pixabay

目標を必ず達成させるという情熱や、ひとつのことに打ち込むことのできる集中力を持っています。

同時にいくつもの物事を進行させることは苦手としていますが、非常に努力家でもあるので例え失敗しても困難にぶつかっても、必ずやり遂げようとします。

恋愛面ではシャイな性格が邪魔をして、自分からアピールをすることを苦手とします。そして一途で浮気などをしないので、相手への独占欲が強くなりすぎて重いと思われてしまうかもしれません。

13星座によるさそり座の性格

Free-Photos / Pixabay

表情には出さないけれど、心の中に秘めた情熱を持っています。困難にも立ち向かうことができ、目標を達成するための努力を惜しむことを知りません。

一度友人として仲良くなると、裏切ったりなどは絶対にしないので信頼は厚いようです。

さそり座の裏の性格とは?

freyer / Pixabay

内に秘めた情熱を持っていますが、それを表には出しません。しかし、ときにはそれでは満足ができなくなり、虎視眈々とリーダーの座を狙っているような一面があります。

さそり座の相性

MonikaP / Pixabay

非常に高い集中力と目標に対しての惜しみない努力ができるため、仕事を途中で投げ出したりなどはしません。忍耐強く立ち向かうことができるので、研究職などの仕事と相性が良いです。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:いて座

TomaszProszek / Pixabay

いて座の人は12星座では11月23日から12月23日生まれの人、13星座では12月18日から1月19日生まれの人が当てはまります。

英語でいうと「サジタリアス(Sagittarius)」といいます。

では、いて座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるいて座の性格

geralt / Pixabay

好奇心旺盛で社交的な性格をしています。その一方で楽観的で飽きっぽい一面もあるので、周囲からは自由人だという印象を持たれることも少なくありません。

人の話を聞くことが苦手で協調性に欠けるため、周囲の人とトラブルになることもあります。

恋愛面ではすぐに行動に移す猪突猛進タイプです。付き合ってから相手のことを知ることもあります。そして飽きっぽいために長く続かない恋愛が多いかもしれません。

13星座によるいて座の性格

StockSnap / Pixabay

非常に楽観的で過去のことにとらわれることはありません。物事を判断することに長けていますが、周囲の意見を聞き入れない自信家であると思われることが多いです。

いて座の裏の性格とは?

Pexels / Pixabay

好奇心旺盛で、これだと思ったことには集中して取り組みます。しかし、飽きるのも早いため、途中で投げ出してしまうことも少なくありません。

いて座の相性

Tama66 / Pixabay

社交性があり好奇心も旺盛なため、どのような仕事でも難なくこなしてしまうでしょう。

しかし、周囲の意見を聞き入れることが苦手で協調性に欠ける部分があるため、ただ指示に従うだけの仕事は向きません。

実業家など、自信で起業をすると良いかもしれません。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:やぎ座

JamesDeMers / Pixabay

やぎ座の人は、12星座では12月24日から1月19日生まれの人、13星座では1月20日から2月16日生まれの人が当てはまります。

英語でいうと「キャプリコーン(Capricorn)」といいます。

では、やぎ座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるやぎ座の性格

pepperminting / Pixabay

非常に忍耐強く、やると決めたら投げ出すことは決してしません。何事にも一生懸命で自分に厳しいため、頑固者だという印象を与えることがあります。

周囲へ気を遣うことが多くて疲れてしまうため、周囲と協力して物事をこなすよりも、一人で打ち込むほうが楽だと考えてしまう傾向にあります。

恋愛面では慎重な性格から、自分から告白などができずに恋が実るまでに時間がかかります。自分からアピールができなくて、片思いで終わる可能性も高いようです。

13星座によるやぎ座の性格

EvgeniT / Pixabay

忍耐強くて、孤独が苦にならないタイプです。研究熱心でひとつのことに打ち込むことができるので、頑固者という言葉がぴったり合います。

やぎ座の裏の性格とは?

Free-Photos / Pixabay

忍耐力が強く努力も惜しまないやぎ座の人ですが、失敗を恐れてしまうあまり、チャレンジ精神に欠けている一面もあります。

やぎ座の相性

NickyPe / Pixabay

忍耐強く研究熱心、勤勉な一面があるため、公務員などの仕事との相性が良いです。

責任感が強く慎重派で、仕事を投げ出すようなことをしない性格が功を奏します。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:みずがめ座

bella67 / Pixabay

みずがめ座の人は12星座では1月20日から2月18日生まれの人、13星座では2月17日から3月12日生まれの人が当てはまります。

英語でいうと「アクエリアス(Aquarius)」といいます。

では、みずがめ座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるみずがめ座の性格

HeungSoon / Pixabay

マイペースで自由を愛する性質で、他者から命令されたり指示されることを嫌う性格をしています。型にはまった考え方にとらわれず、自分の考えをしっかりと持っています。

自己主張をあまりしない性格ですが、社交的で人と話すのが好きな人が多いでしょう。ただ、ひょうひょうとしていて掴みどころのない人だと思われることもあります。

恋愛面でもマイペースさを発揮して、相手に合わせすぎたり尽くしすぎたりということはありません。むしろ、自身に合わせてくれる人を望みます。

13星座によるみずがめ座の性格

周囲に流されたり影響されたりしない、マイペースな性格をしています。しかし意見の違う人のことを批判などはせずに、意気投合してしまうような柔軟な考え方をすることもできます。

常識にとらわれない、独創的な一面もあるため、グループの中では人気者になることもあります。

みずがめ座の裏の性格とは?

Bru-nO / Pixabay

個性が強く、独創的な考え方をしているため、周囲からはすこし変わった人だという印象を持たれることもあるようです。

みずがめ座の相性

ExplorerBob / Pixabay

非常にユニークで独創的なアイデアを生み出すことを得意とします。クリエイティブ系の職業などと相性が合います。

しかしマイペースで協調性が少ないため、成功や出世をすることに興味がないかもしれません。

12星座・13星座それぞれの性格・相性一覧:うお座

Julius_Silver / Pixabay

うお座の人は12星座では2月19日から3月20日生まれの人、13星座では3月13日から4月18日生まれの人があてはまります。

英語でいうと「パイシース(Pisces)」といいます。

では、うお座の12星座、13星座それぞれの性格や相性などを見ていきましょう。

12星座によるうお座の性格

SarahRichterArt / Pixabay

感性が鋭く、考えるよりも感覚に従って行動を起こします。また、対立することが苦手で、周囲の人を和ませることができます。

どのようなグループでも調和が取れるため、自分がないと勘違いされやすく、自分の意見を言えずにストレスを抱えてしまうこともあるようです。

恋愛面では尽くしたり相手の色に染まってしまうことが多いです。相手の要求を叶えることは得意ですが、自分の要求や考えを伝えることを苦手とするため自分を見失ってしまうこともあるかもしれません。

13星座によるうお座の性格

klaushh / Pixabay

感受性が強くて神秘的なものに惹かれるロマンチストな一面を持っています。サービス精神が旺盛で気配りもできるため、騙されてしまったり損をしてしまうことも少なくないようです。

うお座の裏の性格とは?

langll / Pixabay

周囲の人たちの誰に対しても優しくてロマンチストなうお座の人は、周囲の意見に流されてしまうことが多いです。

はっきりと断ることなどが苦手なため、周囲を勘違いさせてしまったり不快な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。

NEXT:うお座の相性
2/3