ラッキースケベの意味や語源は?おすすめのラッキースケベ作品一覧 おもしろ

ラッキースケベの意味や語源は?おすすめのラッキースケベ作品一覧

ラッキースケベは、様々なシチュエーションがあり、多くの漫画や小説などの作品で使われています。ラッキースケベの意味や語源を説明していきます。また、ラッキースケベを使っている作品を紹介するとともに、そのシチュエーションのバリエーションもまとめました。

目次

[表示]

ラッキースケベとは?

wilhei / Pixabay

ラッキースケベの意味、語源や由来とは一体何なのかを説明していきます。また、ラッキースケベと呼ばれる状況と同じでも、性格によってはラッキースケベと呼ばれない場合もあります。

一般的にラッキースケベと呼ばれる状況はどのようなものなのか、性格によって変わるとはどういう意味なのかも、説明していきます。

ラッキースケベとはどういう意味?

ラッキースケベとは、偶然に異性との間に起きるエッチなイベントの事を言います。異性との間、となっていますが、作品などでは、ほとんどは男性側にとって喜ばしい事、女性側は被害者側とされます。

例えば、目の前にスカートを履いた女性いる状況で強い風が吹き、スカートがめくれ、たまたま後ろにいた男性は女性の下着を見てしまう、というような出来事です。

これをラッキースケベと呼び、漫画などの作品ではこのシチュエーションが多く用いられています。

ラッキースケベの語源や由来は?

初めてラッキースケベという言葉が使われたのは、「ガンダムシリーズ」の「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」だと言われ、語源とされています。

「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」の第一話で、主人公のシン・アスカがステラ・ルーシェという女の子の胸に間違えて掴まってしまい、そのことをからかわれたセリフに登場しています。

ラッキースケベという言葉を初めて言ったのが、ヨウラン・ケントというキャラクターで、胸を掴んだシン・アスカに対して「このラッキースケベ!」と茶化しました。これがラッキースケベの由来となっています。

男性がスケベ丸出しだったりクールな場合はラッキースケベではない

TheDigitalArtist / Pixabay

あくまで偶然によって起きた出来事がラッキースケベと言われ、男性、もしくは女性が意図的に起こしたりした場合は、ラッキースケベとは言いません。

男性の性格がスケベだったり、クールと言われるような性格で、スケベなシチュエーションを望んでいるような場合、もしくはイベントが起きても冷静すぎる場合も、ラッキースケベとは言われません。

ラッキースケベと言われるのは、男性が初心であったり、興味はあるけどそれを表には出さないむっつりスケベといった場合で、思春期の少年などに対して起こる出来事をラッキースケベと呼ぶ場合が多いです。

他の方はこちらの記事も読んでいます

ちょっとエロい?ラッキースケベが出てくる漫画・アニメ40選!

geralt / Pixabay

ラッキースケベと言われるだけあり、少しエロい作品で多く使われています。特に少年雑誌に多く取り入られ、青年向けのように丸出しにしたら問題になるような雑誌内の作品で使われる事が多いです。

ToLoveる

「ToLoveる」(とらぶる)は、矢吹健太朗さんによる漫画作品です。集英社の「週刊少年ジャンプ」で掲載され、アニメ化もされています。

ラッキースケベの代表とまで言われる程、ラッキースケベだらけの作品で、少年誌とは思えない過激な内容となっています。海外でも発行されていますが、修正されて販売されるほどです。

主人公は奥手な男子高校生で、同級生や妹、別の星から来た少女、といった多様な女性と接点があります。とにかく色々なシチュエーションのラッキースケベがメインと言われている作品です。

いちご100%

「いちご100%」(いちごひゃくぱーせんと)は、河下水希さんによる漫画作品です。「いちご100%」も「週刊少年ジャンプ」で連載されていました。

「いちご100%」の主人公は最初は中学3年生で、成長して高校生になり、主な舞台は高校生活になっています。この主人公もむっつりスケベタイプで、妄想の激しい所などがある表には下心を出さない性格です。

物語の始めからラッキースケベでいちごパンツを履いている事を見てしまう、といった物で、いちごパンツが重要な要素となっています。3人のヒロインに囲まれた高校生活を描いた物語です。

学戦都市アスタリスク

「学戦都市アスタリスク」は、三屋咲ゆうさんによるライトノベル作品です。ライトノベルとははっきり定義されていませんが、小説の1つの種類で挿絵を多く使ったりしている若年層向けの小説です。

「学戦都市アスタリスク」の主人公は、穏やかなお人よし、といった感じの性格で、むっつりスケベタイプです。作品内の学園の星導館学園高等部に所属という事で、男子高校生です。

「学戦都市アスタリスク」では、主人公とヒロインが優勝すれば何でも望みを叶えてくれるという大会に、優勝するための奮闘を描いたラブコメディとなっています。ヒロイン以外の他の女性も多数登場します。

予知能力まんが・九能ちよ

「予知能力まんが・九能ちよ」は、敷誠一さんによる漫画作品です。pixiv、Twitterで公開され、ネットで話題になりました。

「予知能力まんが・九能ちよ」のラッキースケベは一風変わっており、男性側はスケベ呼ばわりされていますが、別になにもラッキーな出来事は起きていない事です。

「予知能力まんが・九能ちよ」ではラッキースケベが起きるのを予知能力のある主人公が予知し、未然に防ぎます。そのため予知の中でだけラッキースケベが起きています。

空戦魔導士候補生の教官

「空戦魔導士候補生の教官」(くうせんまどうしこうほせいのきょうかん)は、諸星悠さんによるライトノベル作品です。

「空戦魔導士候補生の教官」の主人公は17歳の男性で、空戦魔導士科本科2年となっています。面倒見がよく、様々な女性に好意を寄せられていますが、恋愛関係には鈍感な性格となっています。

軍隊の編成の小隊と呼ばれる複数人からなる部隊の教官を務める主人公ですが、隊員は3名の女性です。その3名との活動を主としながら、他の様々な女性との出来事も描いた作品となっています。

トリニティセブン

「トリニティセブン 7人の魔書使い」は、原作をサイトウケンジさんが努め、作画を奈央晃徳さんが努める漫画作品で、アニメは「トリニティセブン」というタイトルになっています。

「トリニティセブン」は、17歳の男性が主人公のラブコメディで、魔導学園という学園を舞台としています。主人公と7人の美少女とのラブコメディを描いた作品となっています。

アブソリュート・デュオ

「アブソリュート・デュオ」は、柊★たくみさんによるライトノベル作品です。成家慎一郎さんによって漫画にもなっています。

主人公の男性は昊陵学園という学園の生徒で、「アブソリュート・デュオ」は昊陵学園を舞台としたラブコメディです。

特殊な能力を使った戦闘物でもあり、主人公やヒロイン、その他様々なキャラクターによるバトルも描かれています。

聖剣使いの禁呪詠唱

「聖剣使いの禁呪詠唱」(せいけんつかいのワールドブレイク)は、あわむら赤光さんによるライトノベル作品です。アニメにもなっています。

主人公は15歳の男性で、前世の記憶を覚えていて、前世でも近しい仲だった女の子と再会して、学園生活を一緒に過ごす作品です。

前世で妹だった女性や、妻だった女性がヒロインとして登場し、他にも様々な女性が登場しています。

新妹魔王の契約者

「新妹魔王の契約者」(しんまいまおうのテスタメント)は、上栖綴人さんによるライトノベル作品です。アニメにもなっています。

主人公は、高校1年の男性です。魔王になったばかりという美少女を、義理の妹にしたという内容の作品です。

義理の妹が魔王という関係で、魔族や勇者と呼ばれる人たちとの争いに巻き込まれる主人公なのですが、その中で度々過激なエロシーンがあることで、知名度は高まりました。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』(おれがおじょうさまがっこうにしょみんサンプルとしてらちられたけん)は、七月隆文さんによるライトノベル作品です。アニメにもなっています。

主人公は高校1年生の男性で、世話好きお人好しで優しい、といった性格の持ち主です。太ももフェチという性癖を持っていますが、むっつりスケベタイプで表には出さないようにしています。

お嬢様の通う学校に男性というものを教えるために、拉致られその中で生活する主人公、という内容で、お嬢様学校の女生徒とのラッキースケベが描かれた作品です。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」(おれがすきなのはいもうとだけどいもうとじゃない)は、恵比須清司によるライトノベル作品です。アニメにもなっています。

主人公は、15歳の高校生で、特に取り柄といったものがない男性ですが、色々な面で優秀な妹を持っています。

妹は主人公の事が大好きで、高校の同級生や妹との間で、ラッキースケベを起こしつつ生活する主人公が描かれた作品となっています。

モンスター娘のいる日常

「モンスター娘のいる日常」(モンスターむすめのいるにちじょう)は、オカヤドさんによる漫画作品です。アニメにもなっています。

主人公の男性は、例によってお人好しで面倒見が良い性格となっています。この作品では、別種族間との交流が描かれているのですが、種族が違っても全く気にしなく差別しない、という人間となっています。

人外(じんがい)と呼ばれる人間に似ているけど、人間とは違った種族と関わっていく主人公が描かれています。人外の女性は多種多様で、例として画像のような上半身は人間の女性、下半身はヘビといった感じです。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」(クロスアンジュ てんしとりゅうのロンド)は、サンライズとキングレコードによる制作で芦野芳晴さんが監督のアニメ作品です。

主人公は、16歳で、今までの作品とは違い女性となっています。主人公の男性にラッキースケベが起きるのではなく、別の登場人物に対してラッキースケベと呼ばれる出来事が起きます。

内容は人種間の差別や戦争といったシリアスな内容ですが、度々ラッキースケベが起きます。

へヴィーオブジェクト

「ヘヴィーオブジェクト」は、鎌池和馬さんによるライトノベル作品です。漫画やアニメにもなっています。

主人公は17歳の男性で、学生となっていますが、「正統王国」軍に所属しているという事で、戦地に赴いたりしています。

主人公は、腋の下でイロイロされたいというちょっと特殊な性癖の持ち主ですが、表には出さないむっつりスケベタイプです。同じ兵士の女性と色々ラッキースケベがあったりします。

何でここに先生が!?

「なんでここに先生が!?」は、蘇募ロウさんによる漫画作品です。「週刊ヤングマガジン」で2017から連載を開始しました。アニメにもなっています。

18歳で大学生の男性と、23歳の国語教師の女性との生活がメインの作品で、他の教科の先生も女性が多く、ラッキースケベだらけです。

タイトルもすでにラッキースケベを予感させるタイトルとなっており、実際に作品内で起きます。期待を裏切らない作品です。

捻じ曲げファクター

「捻じ曲げファクター」(ねじまげふぁくたー)は、守月史貴さんによる漫画作品です。

主人公は、他にはない特殊能力を持った女子高生となっています。その特殊能力とは、幼馴染といるとラブコメ展開を引き起こしてしまうという能力です。

まさにラッキースケベのための能力といったもので、想像通りラッキースケベも起きます。

ハンツー×トラッシュ

「ハンツー×トラッシュ」は、こばやしひよこさんによる漫画作品です。「週刊ヤングマガジン」で連載されています。

主人公は高校1年生の男性となっています。むっつりスケベでもあり、ただのスケベともいえる性格をしています。

スポーツの水球を題材とした珍しい作品で、水球も色々とハプニングが多いスポーツと言われていますが、この作品もラッキースケベの多い作品となっています。ラッキーというか、ただのエロ要素も多いです。

ゆらぎ荘の幽奈さん

ゆらぎ荘の幽奈さん(ゆらぎそうのゆうなさん)は、ミウラタダヒロさんによる漫画作品です。「週刊少年ジャンプ」で2016年から連載が開始されました。

主人公は高校1年生の男性で、肉体派霊能力者として活躍しており、多数の女性に好意を寄せられる存在となっています。

まさにラッキースケベ、といったシチュエーションが度々起こる作品で、主人公の住むゆらぎ荘という建物で、女性の霊との間にラッキースケベの起こりまくる作品となっています。

無邪気の楽園

「無邪気の楽園」(むじゃきのらくえん)は雨蘭さんによる漫画作品です。「ヤングアニマル嵐」で2011年に連載を開始しました。

25歳のニートだった男性がタイムスリップして小学5年生に戻って、学園生活を送る、といった作品になっています。

小学5年生の同級生との間で、無邪気ゆえに起こるラッキースケベを主として描かれた漫画となっています。

猫のお寺の知恩さん

猫のお寺の知恩さん(ねこのおてらのちおんさん)は、オジロマコトさんによる漫画作品です。「週刊ビッグコミックスピリッツ」で2016年から連載を開始しました。

主人公は高校1年生の男性で、同居人のヒロインに対して悶々としています。同居人のヒロインは19歳の女性となっています。

年上の女性と暮らす思春期の男性を描いたラブコメディで、過激なラッキースケベではなく、のどかで優しい内容のため癒される作品として話題になっています。

猛獣性少年少女

「猛獣性少年少女」(もうじゅうせいしょうねんしょうじょ)は、中田ゆみさんによる漫画作品です。「チャンピオンRED」で2016年から連載を開始していました。

主人公は高校2年生の男性です。女性は猛獣の性質を兼ね備えている特殊な作品で、ヒョウやオオカミの性質を持っていると一風変わった作品となっています。

純愛ジャンキー

「恋愛ジャンキー」(れんあいジャンキー)は、葉月京さんによる漫画作品です。「ヤングチャンピオン」で1999年から連載を開始していました。

主人公は22歳の男性で、穏やかな性格です。主人公と様々な女性との関係を描いた作品となっています。色々な職業の女性が登場し、主人公と接点を持っていく作品です。

許嫁協定

「許嫁協定」(いいなずけきょうてい)は、フクダーダさんによる漫画作品です。「ヤングエース」で2012年から連載を開始していました。

主人公は高校2年生の男性です。優しいけど優柔不断という性格で、むっつりスケベです。

主人公の前に現れた、許嫁と名乗る3人の女性との生活を描いた作品です。

NEXT:モネさんのマジメすぎる付き合い方
1/3