へびつかい座(13星座目)とは?へびつかい座の神話や性格について

黄道12星座占いというのはあまりにも有名ですが、実はNASAが天文学的には13星座が正しいと公式発表したのです。その声明によると、12星座に「へびつかい座」が加わるのです。へびつかい座とは何でしょう?へびつかい座の人の性格は?また神話も紹介したいと思います。

へびつかい座とは?トレミー48星座の一つ?

へび座を持っているように見えるので名付けられた、へびつかい座。トレミーの48星座(プトレマイオスの48星座)の中でも真夏に見ることができる、割合有名な星座なのではないでしょうか。

へび座とへびつかい座を一緒にすると(蛇が蛇遣いに横向きに持たれている)、最大の星座となります。

実は、黄道12星座に加えるべきとの話もあります。なぜでしょう?そんな、へびつかい座に関して、深く紹介してみたいと思います。

夏の星座へびつかい座とはどんな星座?

トレミーの48星座(プトレマイオスの48星座)の中の1つです。トレミーの48星座というのは、主に北半球の中緯度地域で見られる、古代に名付けられた48の星座のことです。

ただ、今は南半球に見られるものや、星座と星座の間に小さな星座が加わったので、88星座するのが一般的です。

黄道(こうどう)

Alexas_Fotos / Pixabay

黄道12星座(あるいは、13星座)の、「黄道」というのは、天文学的に地球を中心に考えた場合の、太陽の通り道を示します。そこの通り道にかかる12星座が、占いや「今日の運勢」などに使われます。

ところが、へびつかい座も黄道にかかるので、13星座にすべきという意見が多く出てきたのです。

へびつかい座の英語やマーク(記号)は?

大見出しの直下の図でも分かる通り、英語では「Ophiuchus」と書きます。

また、若干分かりずらいかもしれませんが、上の図の11時半くらいの位置にある「OPHIUCHUS」の上にあるのが、へびつかい座のマーク(記号)です。

黄道12星座は13星座?へびつかい座はどうなるの?

DarkWorkX / Pixabay

上述しましたように、へびつかい座は黄道にかかります。だから本来、黄道13星座にすべきだという意見が多く出てきたのです。

NEXT 西洋占星術では12星座占いというものがある