スコトーマとは?スコトーマを外すとは?目標達成に重要な概念?

結論からいえばスコトーマは必要悪です。その意味の心理的盲点ゆえ否定的に扱われますが、健康には不可欠な原理です。スコトーマを外すため心理学を駆使し、抽象度を上げ、目標達成へと邁進する人々がいます。時に、スコトーマという言葉は、その現象事態がスコトーマに見えます。

スコトーマとは?意味は?原理は?

脳は楽をするように出来ています。それほど人の脳は、莫大な情報処理を担わされているのです。一方、精神科医の中井久夫氏によると、脳は原発と同じ位の安全バイアスで運用されているといいます。

原発同様、脳の破損は命に関わりますから納得できます。有象無象の現象に、際限もなく処理能力を奪われる訳にはいきません。そこで人の記憶システムには振り分けがあるのです。

短期記憶の海馬と長期記憶の側頭葉の二種類です。情報の重要度で使い分けているのですが、スコトーマとは、この長期記憶と今の感覚とが杓子定規に繋がり、現状に合わない盲点を生むことなのです。

スコトーマの語源

スコトーマの語源はギリシャ語から来ています。「Scotoma」と書き「暗闇」という意味です。英語ならblind focus、blind pointなどと言い換えられます。

主に眼科医の世界で使用され、視神経の構造における外部情報の限界点、視覚的盲点のことを指しました。

スコトーマは心理的盲点?心理学と関係?

認知心理学などの発達の流れから、盲点を目から心に当てはめたものが、新しいスコトーマ概念になりました。今、日本でスコトーマといえば、通俗的には、この心理学の方の心理的盲点を指します。

スコトーマ流行の立役者ルータイス氏

1970年代のこと、高校教師でありフットボールのコーチでもあったルータイス氏が心理学を学び、生徒の「コーチング」で華々しい成績を収めました。

その際、使用された一つが、このスコトーマ(心理的盲点)を外すという啓発でした。彼は今でいう(スポーツやビジネスなどの)コーチングの創始者なのです。

そのシステムがアメリカや中国のオリンピックチームに導入され、タイガーウッズの父親も受講者の一人でした。また、あの認知科学者で有名な苫米地英人氏も、彼に師事した一人でした。

政治にまで関与

政治の分野でも活躍しました。アパルトヘイト撲滅に尽力したり、アイルランド紛争の終結に直接関与しました。

また、ロサンゼルス南部で「ア・ベターL.A.プロジェクト」を実施、青少年の凶悪犯罪の撲滅に努めました。

スコトーマの原理は?スコトーマが生まれてしまう原因RASとは?

RASとは、Reticular,Activating,Systemの頭文字からなります。日本語では「網様体賦活系」であり、より正確には「脳幹網様体賦活系(のうかんもうようたいふかつけい)」となります。

その機能は情報のふるい分けにあります。脳の情報処理の負担を防ぐため、重要度の低いものを意識の俎上(そじょう)に載せないようにするのです。

それを原因として、脳の日常的見過ごしがおきます。この盲点こそ、スコトーマ発生の原理なのです。

スコトーマ現象の例は?

我々は原則、スコトーマの中・脳の中でしか生きられないので、それを現象というのもおかしな話ですが、現象というのも全てを表しますから、まあ同じことです。

例えば、服や時計の肌触りを意識するのは最初だけ、後は忘れてしまいます。初めて行った場所の行きと帰りの時間感覚の違い、普段より余裕のある通勤通学路の景色の見え方の違いなどです。

行きに見えなかったものが帰りに見えたり、風景の質と量が違ったりします。目先のゴールへ駈け込むという重要性が薄らいだので、スコトーマにブレが生じたのでしょう。

同じ絵でも違うものに見える、二つを同時には見れないのもスコトーマ?

画像は「ルビンの杯」。俗に云う図(絵)と地(背景)の関係です。ちょっとした注意の仕方、意識の持ち方で見え方が変わってしまうというやつです。

重要度が変わってしまえば見えなくなるスコトーマと同じことかもしれません。

スコトーマの真実?私たちは自分の見たいものしか見えていない?

同じ景色を見ていても、それぞれ違う印象を持つ場合があります。まったく同一の視点、同一のものですら、互いの好みと重要性により変わります。花見に行って花びらの形を覚えている人は稀です。

また、重箱の中身が思い出せないのに、駐車場に止まっていた希少なスポーツカーを忘れらない人もいるでしょう。それぞれの蓄積がスコトーマを生み、現実を取りこぼしているのです。

スコトーマを外すと正しい情報が受け取れるようになる?

スコトーマとは、過去の実績の執着ともいえます。会社の経営なら、手放しで正しいとは言えません。当然、付き合いも固定化し、生きた情報量が狭まりますから、より適切な選択も難しくなります。

スコトーマとは、起きていながら眠っているような状態なのです。気づきがなく、自分の選択に対する不安すら薄まります。さらにスコトーマが昂じると、社会的な盲目にすらなります。

スコトーマ以前の「ただの無知」に陥ってしまう危険さえあるのです。悪循環のどんづまりです。

スコトーマを広めたのは苫米地英人氏

「スコトーマ流行の立役者ルータイス氏」のところで述べたとおり、苫米地英人氏はアメリカでルータイス氏に師事しました。

苫米地英人(とまべちひでと)、1959年、東京都出身。上智大学卒業、親への義理でサラリーマンとなり三菱地所に入社。その後、すぐに辞めてしまいます。

科学者になるため、フルブライト留学生としてイェール大学大学院に留学、同認知科学研究所と同人工知能研究所を経て、カーネギーメロン大学大学院に進学、計算言語学の博士号を取りました。

スコトーマを外すと目標達成に近づく?ゴールを目指すための外し方は?

脳には、常に情報処理の優先順位があります。それはブリーフシステム(信念大系)と呼ばれ、過去の体験から得た、その人なりの教訓として成り立っています。

それは生物にとって、生命維持には大変有効ですが、人としての成長が止まってしまう恐れがあります。スコトーマとは、生物には重要でありつつ、人間の可能性を閉ざすものでもあるのです。

スコトーマの外し方は?

スコトーマの外し方には、先のブリーフシステム(信念体系)の改変が必要です。それには「アファメーション」と「ヴィジュアライゼーション」を使い、自分の外意識と内意識に訴えるのです。

アファメーション

アファメーションとはシンプルで自己欺瞞の少ない目標達成への自己宣言、それも不足ではなく充足的見解が大切です。例えば「私はお金持ちだ」などと、白けてしまう嘘はいけません。

「どうせ私は貧乏だ」という悪い信念を固着させる見解もダメです。「私はお金持ちに近づいて行っている」など、自ら容認できる言葉を唱えましょう。無論、具体的な努力をした上での話です。

ヴィジュアライゼーション

ヴィジュアライゼーションとはイメージングと同じであり、要は自己催眠のことです。何をやってもうまくいかない、そんな人は、悪い自己催眠をかけてしまっている恐れがあります。

方法としては変性意識(リラックスした状態)に入り、イメージの宝庫である潜在意識に訴えます。曼荼羅などにみられるよう、密教は禅と違いイメージを終始利用します(悟った後は違います)。

それによって、今まで隠されていたものが、ありありと見えて来るのです。それも恐ろしいもの、グロテスクなものまで。私たちはこれをライトに活用し、成功の未来像を味わい尽くせば良いのです。

スコトーマを見つけるにはどのようにすればいい?

スコトーマとは心理的盲点なので見えません。なので、他人に頼るのが、手っ取り早い方法です。それにリラックスすること、自分の先入観も捨てることも大事になります。

この二つは、実は同じことです。心を無にして他人の話を聞く、そのための条件づくりなのです。

スコトーマを外すために重要なコンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは自分の領域になります。リラックスできる雰囲気、自分らしく居られる故郷みたいな場所。それは空間だけでなく、人間関係や趣味などにも及びます。

生き物がいきていくために必要なテリトリーともいえますが、その居心地の良さが仇となり、スコトーマに陥りやすくなるのも一面からみた真理でしょう。

よって、スコトーマを外すために、敢えて居心地の良い場所・自分の領域から離れる、そんな選択肢も考えられるのです。

スコトーマを外すためにはエフィカシーも重要?スコトーマとの関係は?

エフィカシーとは「自己効力感」のことです。目標達成に見合う自己評価とされ、コーチング理論の概念の一つです。わかりやすくいえば「自分はできるんだ!という無根拠の自信のことです。

カナダの心理学者アルバート・バンデューラ氏が提唱したSelf efficacy(自己効力感)とは、「自分には目標を達成をする能力がある」という自己認知のことです。確たる根拠があってはいけません。

あれば、ただの確率論になります。「自分には、結果を求めるのに十分な行動力がある」という確信があれば、どんな機会に対しても二の足を踏むことがなくなり、スコトーマから脱却しやすくなります。

スコトーマとセルフイメージ、ホメオスタシスの関係とは?

ホメオスタシスとは、恒常性、現状維持のことです。生命維持の大事な機能です。体の温度や水分量を一定状態に保つよう調節しています。セルフイメージとは自分らしさのことです。

ホメオスタシスにとって、スコトーマを外す行為は敵対行為に他なりません。昨日までの主体を崩すことを意味するからです。自己改革=セルフイメージ変更=ホメオスタシスの混乱となります。

ならば、セルフイメージを高く設定し直してやれば良いのです。命は刻々と変化しています。高いセルフイメージを持てば、後はホメオスタシスがそれを固定化してくれ、良い連鎖が生まれるでしょう。

「抽象度」とは?抽象度が高い人の方がスコトーマが外れる?ゲシュタルトとは?

ゲシュタルトとは部分の寄せ集めではなく、全体を一つの生きた体系として捉えることです。また、二つの異なる体系を同時に見ることは出来ません。ちょうど上の画像の老婆と若い女性のように。

抽象度とは、分析哲学の「Levels of Abstruction」を日本語にした苫米地さんの造語です。抽象度が高いというのは、階層的上位概念からの俯瞰的視野の事です。家のミーちゃん、猫、動物、生物。

後者が前者を含む形で抽象度が上がっていきます。スコトーマとは心理的盲点のことですから、抽象度が高い方が鳥瞰的になり死角も減ります。かつ、高次のゲシュタルトをも誘発するのです。

抽象度を上げてスコトーマを外すには読書が効果がある?

なるべく自分にとって消化しづらい本、きちんとした評価のある古典などが良いでしょう。読書は簡単に時代や国を越えられます。それは視野狭窄(しやきょうさく)のスコトーマを外す手助けになります。

例えそれが翻訳であっても、読まないより大分ましです。生き残った本たち。とはいえ、すべての古典がもれなく偉大というのも、スコトーマでしょう。

スコトーマの外し方を紹介する動画も

動画はラジオからの音声のみですが、脳の消費電力を原子力発電所に例えたり、そのエネルギーを賄うのが、進歩に取り残されたような消化器官からしかないとか、具体的に話を進めます。

その落差のために心理的盲点をが生じたので、脳にはサボるためのスコトーマが必要であるなど、おもしろくその原理について解説してくれています。

スコトーマを外すと良いことは?

スコトーマを外すと良いことは、今まで見えなかったもの、大事な情報などが入って来ることです。同じ事の繰り返しから脱却し、負の連鎖を正の連鎖に代える、きっかけを与えてくれるのです。

スコトーマを外せば悟りも開ける?

仏教の最古の経典の一つ「ダンマパダ」(それでもブッダ存命中から隔たっている)などを読むと、ブッダのいいたいことはただ一つしかありません。「こだりを捨てろ」「執着するな」これだけ。

他の仏教の宗派のゴールも同様、あらゆる執着を捨て去ることです。それが出来るものは神より偉いとされます。それが悟りであり、輪廻の鎖を断ち切る解脱であり、二度と生まれ変わらないことです。

どの六道の世界にも転生しないことが理想です。スコトーマをヘビの皮やセミの抜け殻のように、一枚一枚脱ぎ捨てられたら、悟りが開けるでしょか。しかし、最期の方はプライベートな盲点とはいえないでしょう。

スコトーマを外せばお金も稼げる?

「スコトーマを外すと目標達成に近づく?ゴールを目指すための外し方は?」で述べた通り、スコトーマ(死角)とブリーフシステム(信念体系)は一体です。両者を含め妄念といっても構いません。

それらは脳を休ませるための情報遮断機能であり、その原因にも結果にもなるのです。お金持を稼ぎたいというなら、情報は大事なはずです。

しかし、盲点からの完全開放はあり得ないので、とにかく動いてズレ続けるしかありません。加えて、現状に合わせ自分をより生かす「新しい妄念」を、暫時つくり変えることが肝要です。

スコトーマを外せばネガティブな攻撃を無効化できる?

「スコトーマの原理は?スコトーマが生まれてしまう原因RASとは?」で述べたRASを使います。RASとは、脳が濫費するエネルギーの省エネ門番。重要度の低い情報は意識の俎上に載せません。

彼を味方につけたら、非建設的な誹謗中傷はシャットアウトしてくれるのです。大事なことはスコトーマを外すのではなく、むしろ、それら異物をスコトーマに組み込んでしまうことです。

重要度の低い情報として、意識から門前払いしてもらいましょう。ただし、あまり鈍感になりすぎるのもどうかと思いますが。

スコトーマを外せば前向きになれる?

スコトーマに善も悪もなく必要な脳の機能です。スコトーマを完全に消したら、脳に全エネルギーを奪われ、人は餓死すると苫米地氏は言っています。スコトーマとは人命を守るブレーカーなのです。

飛躍が望まれる時こそ外すべきで、そうでなければ、改革のための改革を無暗に続けることになりかねません。なんでもケースバイケースです。

中井久夫氏『最終講義』から引用と警鐘

頭の働きを原発に例えたのは、精神科医の中井久夫氏も同じでした。スコトーマを外すというのは脳をフル稼働させることです。チェルノブイリでは通常の約4百倍の出力が炉にかかりました。

個人の話ですが、中枢神経系は暴走すれば原子炉以上に危険です。統合失調症の発病前には、精神の能力が異常に高まる場合があります。

実際あった話を、中井氏が『最終講義』の中で語っています。中クラスの私立高校の中レベルの生徒が大学入試模擬試験で全国1位になったことがあり、この生徒はその一週間後に発病しました。

NEXT スコトーマを外す時の注意点