黒沢年雄の現在はすでに死亡?多額の借金がある?妻や子供はいるの?

俳優の黒沢年雄さんは、これまで4か所のがんに犯され、一時は死亡説まで流れました。若い頃、不動産投資などで借りた8億円の借金がバブル後に残りましたが、3年前に完済しています。現在はニット帽子にヒゲというイメージチェンジした黒沢さんを紹介します。

黒沢年雄の現在は?がんで死亡は本当なの!?

黒沢年雄さんは、これまで多くの病気を抱え、死亡説まで出ました。また、多額の借金を抱えるなど、破天荒な人生を送っています。そんな黒沢年雄さんのことを調べてみました。

黒沢年雄のプロフィール

黒沢年雄さんは、神奈川県横浜市西区出身、1944年2月4日生まれの75歳で、職業は俳優です。日本大学高等学校を中退しています。弟はくろさわ博さんで、妻は街田リーヌ、娘は元女優の黒沢レイラです。

若い頃は、キャバレーのバンドマン、ウェイター、工場作業員、訪問販売セールスマンなど、様々な職業を転々としていました。

「有名になって金持ちいなりたい」という思いから俳優を目指し、1964年の20歳の頃、第4期東宝ニューフェースとして入社しています。テレビドラマの「ザ・ハングマン」の出演で有名になりました。

死亡説はがん闘病のせい?

Anemone123 / Pixabay

黒沢年雄さんは、何度も病気で芸能界を休止していて、最近はテレビでも出演がありませんから、死亡説が流れていました。

黒沢年雄は現在TikTokもやっていた!

黒沢年雄さんは、現在「Tiktok」の映像を公開しています。自身のブログ(2019年2月15日)の中で黒沢さんの「Tiktok」の映像が1日に5万回のアクセスがあり、驚いたと書いています。

その中のコメントを読んで、涙が出るほど感動し、人間にとって一番必要なやる気のプレゼントを頂いたとコメントしています。

手術は計8回?膀胱癌や食道癌で幾度もがんと戦かっていた黒沢

NeuPaddy / Pixabay

黒沢年雄さんは、これまで膀胱がんや食道がんなど4か所のがんに犯され、それに伴う手術を8回も受けてきました。

1992年に大腸がんが見つかり、S状結腸がんの内視鏡手術をしています。次に2008年に膀胱がんが発見され手術で切除しています。更に2013年には食道がんが見つかり再手術をしています。

その後、食道がんの再発により再度手術していますが、新たに見つかった胃がんの手術も同時に行っています。その後悪性ポリープの為胃の3分の1を切除し、最終的に3回目の食道がんの手術も行いました。

NEXT 最新情報!実は9回目の手術と白内障の手術も受けていた