猿腕とは?女性に多い?原因や治し方は?おすすめのスポーツまとめ 美容

猿腕とは?女性に多い?原因や治し方は?おすすめのスポーツまとめ

特徴のある猿腕とは、どのような原因で起こるのかをご存知ですか?原因を知れば、治し方にも繋がります。また、猿腕はデメリットに着目しがちですが、猿腕のメリットもあります。今回は、見栄えが良くない、スポーツがやりにくいなどの、悩みにもなりうる猿腕についてまとめます。

目次

[表示]

猿腕とはどういうもの?

Alexas_Fotos / Pixabay

女性に多いとされる猿腕ですが、実際の猿腕とはどのような腕を指し、 どれほどの割合で猿腕の人がいるのでしょうか。

こちらでは、猿腕についての基礎知識についてまとめました。

猿腕とはどんな腕?

Gellinger / Pixabay

猿腕とは、両腕の肘が極端に外側へと飛び出しているのが大きな特徴です。猿腕は、外側に大きく反り返った形をした腕を指します。

猿腕ではない場合、腕を肩からまっすぐ横に伸ばしすと若干反り返るものの、「くの字」になる程、肘が下向きに折れ曲がることはまずありません。

しかし、猿腕の場合には腕を伸ばした際、まるで肘から下に折れ曲がるようにして「くの字」の形になります。傍目から見ると痛そうにも思えますが、本人は全く痛みを感じていないのも猿腕の特徴と言えます。

自分で猿腕かどうかチェックする方法

congerdesign / Pixabay

自分が猿腕かどうかをチェックする方法は、とても簡単です。

もし、自身が猿腕か気になる場合には、ご家族やご友人など何人かで比べながらチェックしてみると、より猿腕か否かが正確にわかりやすくなりますので、ぜひ数人で以下のチェック方法を試してみてください。

  • 長袖の場合、肘の上あたりまで腕まくりをする
  • 右手と左手の小指同士をくっつける
  • 小指をくっつけた状態で、まっすぐ前に伸ばす
  • 猿腕の場合、くっつけた掌から肘にかけて隙間が出来ない

猿腕には「程度」があり、目を引く程の猿腕から、一見しただけでは猿腕だとわからないものまで様々です。なので、どの程度の猿腕なのかを測るためにも、数人で比べてみるとわかりやすくなります。

猿腕の実態は?特別な猿腕の動画

ここまで猿腕についてご紹介致しましたが、実際に猿腕とはどのような見た目をしているのかはご存知でしょうか。上記の動画で、特異だと断言出来るほど程度の強い猿腕の男性をご視聴頂けます。

こちらの動画では、椅子に座った男性が自身の猿腕について話をする所から始まります。男性は最初、腕を下げていますのでいまいち猿腕には見えませんが、男性が腕を上げると、異様な程に腕が反り返っています。

こちらの動画に付けられたコメントの中には、小学1年生頃から猿腕になり始めたという方の書き込みがありました。気付いていないだけで成人してから猿腕になっていたというケースもあるようです。

猿腕の人の割合、実は多い?

Mediamodifier / Pixabay

上記でご紹介した動画を視聴された方の中には、「こんなに外側に向かって腕が曲がる人なんて滅多に居ない。」と思われる方もいるでしょう。しかし、実は腕が反り返っている方は存外に多いのです。

下記に、猿腕と言われる要因の「腕の反り返り」についてまとめたものを記載致しますのでご覧下さい。

  • 0度以下 ・・・ 23.7% (23.5%)
  • 0度を超える ・・・ 76.3% (73.5%)
  • 5度を超える ・・・ 61.3% (60.3%)
  • 10度を超える ・・・ 41.3% (42.0%)
  • 15度を超える ・・・ 23.5% (25.4%)
  • 20度以上 ・・・ 13.2% (13.0%)
  • 30度以上 ・・・ 1.35% (2.00%)

(引用元:人間の腕は逆にも曲がるのが普通)

0~5度までが、見た目では猿腕にはあたらないもの、15度以上は肘から掌にかけての反り返りが見た目でわかる程度です。程度の違いはありますが、多くの方が腕の反り返りがある事がわかります。

猿腕のメリットは?

3dman_eu / Pixabay

見た目にインパクトがあり、メリットがないようにも思える猿腕ですが、以外にも多くのメリットがあります。

こちらでは、猿腕だからこそ得られるメリットをまとめます。

メリット➀個性的で目立つ

geralt / Pixabay

猿腕の1番のメリットは、見た目にインパクトがあり、個性的で目立つ事です。そのインパクトと個性は得にもならります。例えば、前項でご紹介した男性の動画は、約40,000再生されています。

YouTubeは1再生あたり0.1円が動画投稿者の収益となるようなので、自身の猿腕動画を投稿したこの男性は、猿腕というだけで4,000円を稼いだ事になります。

猿腕を披露した動画の再生回数が40,000再生もされているという事は、猿腕に関心のある人が存在している事の証明でもあります。個性的なだけではなく、収益にも繋がるのは猿腕の大きなメリットです。

メリット➁手先が器用な人が多い

Pexels / Pixabay

はっきりとした理由は解明されていませんが、猿腕の方の中には飛び抜けて器用な方が多くいます。

猿腕になる要因として、骨が細く長い、腕が反り返っているなどがありますが、それらの要因に起因して器用な方が多くいるのではないかとされます。

メリット➂腕の振りが大きくなるのでゴルフに向いている

422737 / Pixabay

スポーツでも、猿腕だからこそのメリットを得られる種目はいくつかあります。中でも、肘が柔軟で力を分散できる猿腕は、ゴルフのように腕をしならせてボールを打つスポーツにとても適しています。

ゴルフでは、理想的な弾道を描くドローボール(ボールの落下直前に、利き手の反対向きに少し曲線を描く球)を打てれば良いとされます。

猿腕は反対側にも曲がる肘の柔軟さを生かす事さえ出来れば、初心者であってもドローボールを打ちやすいようです。そのため、猿腕の方はゴルフが上達しやすいとされます。

メリット➃一発芸として披露できる

社会に出ると、飲み会などで一発芸を求められる場面も少なくはありません。一発芸を披露しろと求められた際、猿腕ならば腕まくりをして腕を伸ばして見せるだけで、一発芸として成立します。

一発芸として披露する際には、まず、前項でご紹介した「猿腕のチェック方法」を、観客に試してもらいましょう。

猿腕がマジョリティではなくマイノリティである事を印象づけた上で、猿腕である事を披露すると、よりウケが良くなりますし、時間稼ぎにもなるので、有事の際にはぜひお試しください。

猿腕のデメリットは?

前項では、猿腕のメリットについてまとめました。こちらでは、猿腕のデメリットについてまとめます。

デメリット➀腕や肘を痛めやすい

Anemone123 / Pixabay

肘が柔軟で、全体的なシルエットがスラリと長い猿腕は、腕と肘を痛めやすい傾向にあります。得に猿腕は腕に疲労が溜まりやすく、無理をしてしまうと肘の炎症や腱鞘炎を発症してしまう可能性があります。

猿腕の方は、腕や肘に疲労を溜めないように、小まめに休息を取るように心がけてください。肘や腕に異変を感じた場合には、湿布や濡れタオルでクーリングすると疲労が溜まりにくくなります。

デメリット➁見た目が気持ち悪い思われることもある

3938030 / Pixabay

猿腕の反対側に反り返った見た目は、好意的な見方をすれば個性的で物珍しさもあり、面白く感じます。しかし、中には猿腕の特徴である反り返った見た目を、気持ち悪いと感じる人も少なからずいます。

もし、猿腕を気持ち悪いと思われているな、と感じた場合には、その相手に対しては猿腕である事を見せつけるような事は避けた方が無難です。

デメリット➂腕立てや四つん這いエクササイズができない

waldryano / Pixabay

肘・腕に負荷が掛かりやすい猿腕の場合、腕立て伏せや四つん這いで行うエクササイズが不可能である事があります。

猿腕の程度にもよりますが、腕や肘に過度な負担をかけながらのエクササイズを行うことは、意識的に避けましょう。

デメリット➃腕が固定できず安定した動きができない

irinakeinanen / Pixabay

猿腕は肘が反り返るので可動域が広く、しなやかな動きが出来るのはメリットなのですが、腕がしなやかであるが故にしっかりと腕が固定されず、安定して動かす事が困難です。

その為、腕立て伏せや四つん這いで行うエクササイズが得意ではありません。

しかし、可動域が広い猿腕の方にこそオススメしたいスポーツは多くあります。猿腕の方が楽しめるスポーツについては後述致しますので、ぜひ最後までお読みください。

デメリット⑤ボーリングが下手な人が多い

Skitterphoto / Pixabay

猿腕は、肘が反り返る程に柔軟な為、安定した動きが苦手である事は前項でご紹介しました。

その為、ボーリングの様に計算した軌道に沿って安定し、狙いすましたボールを投げなくてはならないスポーツは、猿腕の場合は不得手とする方が多くいます。

狙った軌道に沿ってボールを投げなくてはならないスポーツは他にもありますが、ボーリングは他のスポーツに比べてボールが重いのも、猿腕の場合は負荷が掛かりやすいので不得手となる要因の一つであるようです。

猿腕になる原因やなりやすい人の特徴

Free-Photos / Pixabay

猿腕のメリットとデメリットをまとめましたが、次の項では猿腕になる原因となりやすい人の特徴をご紹介します。

原因➀遺伝・生まれつき

qimono / Pixabay

猿腕になる1番多い原因としてあげられるのが、遺伝・生まれつきです。特に骨格は遺伝しやすく、両親のどちらかが猿腕であった場合、その子供も高確率で猿腕となります。

ただ、骨格はマッサージやエクササイズ、後天的な要因で変化しやすい為一概に猿腕の全てが遺伝か、生まれつきであるとは言い切れません。

原因➁日常的に肘に負担を掛けている

skeeze / Pixabay

前項で、骨格がマッサージなどにより後天的に変化する事について触れましたが、それは日常的に肘に負荷をかけていれば、反り返っていなかったはずの肘が変形し、猿腕になる可能性がある事を示唆しています。

猿腕にはメリットもありますので、猿腕になりたいという方の場合なら、無理に意識して肘の負担を無くす必要はありません。

ですが、猿腕になりたくないのでしたら、意識して肘への負担を軽減した方が無難かと思われます。

原因➂女性の場合はホルモンバランスの影響

Pexels / Pixabay

女性の場合、ホルモンバランスが乱れてしまうと、その影響から僧帽筋・広背筋といった、 主に肩から背中にかけての大きな筋肉が歪むことで、猿腕になってしまう事があります。

特に産後は骨盤が歪んでしまい、女性ホルモンの分泌を司る卵巣もダメージを負っている為、身体中の筋肉が歪み、猿腕になりやすい状態です。

産後は身体に大きなダメージを受けている事を自覚して、無理はしないようにしましょう。また、生理中など女性ホルモンが乱れやすい時期には、何より自分を大切にする事が、猿腕を回避する為には最も重要になります。

原因➃事故や病気の後遺症

ElisaRiva / Pixabay

骨格や筋肉が変形する程の大きな事故や、病気の後遺症でも猿腕の原因となる事があります。

とはいえ、猿腕自体は病気でもなんでもありませんし、世間的には個性の一つとして受け入れられるケースがほとんどです。

ただ、事故などにより明らかに生活に支障をきたす程の猿腕になってしまった場合には、早期に異常がないかを調べ、場合によっては手術を受ける事になります。

原因⑤生活の癖

猿腕になる意外と多い原因が、生活していくうちに身についてしまう「生活の癖」です。例えば、いつも同じ足を上にして足を組む、頬杖をつく、いつも同じ方でカバンを持つ、といったものです。

生活の癖はなかなか一朝一夕で矯正できるものではありませんが、ちょっとした生活の癖が猿腕の原因となる事を自覚し、なるべく癖を失くせるよう心がける事が、猿腕を回避する為には大切です。

原因⓺体が歪んでいる

Myriams-Fotos / Pixabay

ここまでご紹介した猿腕の原因についての内容を読まれた方なら、後天的に猿腕になる最も大きな原因が、体の歪みである事にお気付きかもしれません。

体の筋肉や骨格の歪みは、後天的な猿腕の原因として最も多いものです。もし、自分の骨格かわ歪んでいるか否かを知りたいのなら、足を揃えて真っ直ぐに立ち、「気をつけ」をして下さい。

そして、その姿勢を後ろから第三者に見てもらい、肩の線が真っ直ぐかどうかをジャッジしてもらいましょう。もし、どちらかの肩が上がっている・下がっている、であった場合、体に歪みが生じているかもしれません。

特徴➀腕が細く筋力が弱い

lacasadicomo / Pixabay

猿腕の特徴として挙げられるものが、腕が細く、筋肉があまりついていないスタイルです。

この特徴は、猿腕だから腕が細く、筋肉がつきにくいというよりは、腕が細く、筋肉のついていない、筋力の弱い腕だからこそ猿腕になったといえます。

特徴➁肘が柔軟

jill111 / Pixabay

肘が外側に反り返る程、肘が柔軟である事も猿腕の特徴です。特に女性は男性に比べると骨格が細く、肘も柔らかい為、猿腕になりやすいと言えます。

特徴➂バッグを肘に掛けて腕を外側にしている若い女性

vydumka / Pixabay

若い女性の場合、特に骨格が細く関節が柔らかい為、無意識のうちに肘にバッグなどをかけている癖があると、腕が外側を向いている事があります。その状態を長く続けていると、猿腕となる可能性があります。

もし、自分が猿腕かどうか確かめたいのでしたら、肘にバッグをかけて持ち、腕が内側か外側のどちらを向いているか確かめてみてください。腕が外側を向いている場合、猿腕である可能性があります。

特徴➃腕の筋力がない

Claudio_Scott / Pixabay

前項でも触れたように、猿腕の特徴として筋肉がないのも挙げられます。人間の体は筋肉と骨が密接な関係にあり、筋肉が少ない事で骨格の歪みに繋がる事は少なくありません。

ですが、それは筋肉をつければ骨格の歪みが解消され、自ずと猿腕の程度が軽減されるとも言い換えられます。

特徴⑤肘の怪我が多い

猿腕の特徴である肘から掌にかけての反り返りは、肘の関節が柔らかいからこその特徴です。

ただ、肘の関節が柔らかいせいで、怪我が多くなってしまう事があります。特にまだ骨自体が柔らかい頃は怪我をしやすく、猿腕の小学生が組体操でバランスを崩して転倒し、大怪我を負ったケースもあるようです。

NEXT:特徴⓺男性より細身の女性に多い
1/3