空亡の意味は?過ごし方や起きる事は?結婚や転職はしても良い? 雑学・ライフスタイル

空亡の意味は?過ごし方や起きる事は?結婚や転職はしても良い?

占いや風水に興味のある方なら、聞いた事が一度はある「空亡(くうぼう)」という言葉。四柱推命において重要な意味を持つとされる空亡の過ごし方とは?空亡に結婚をしてはいけないの?空亡は妖怪の一種?謎の「空亡」ついて検証していきたいと思います。

目次

[表示]

占いや四柱推命で見かける空亡とは?

MiraCosic / Pixabay

占いや風水に興味がある人なら一度は聞いた事がある「空亡(くうぼう)」とは一体どんなものなのでしょう?聞き慣れない方にも分かるように、ここで詳しく見ていきたいと思います。

空亡とはどういう意味?

RodosvetYoga / Pixabay

太古の中国で生まれた四柱推命からきている言葉で「空亡(くうぼう)」=空を亡くすと読む事ができます。これは干支において「天が味方しない時」という意味し、四柱推命では「無」を表します。

無とは「とくに良いことも、悪いことも何もかもない」状態です。良い事が起きてもその効果がなくなり、悪い事が起きてもその効果をなくしてくれます。

また、変化、変動の意味も持つため、空亡期に落ち着きがなくなったり、精神面が不安定になったりもするようです。そして、自ら変化を起こしたくなる衝動にも駆られると言われています。

四柱推命とは?

PIRO4D / Pixabay

四柱推命とは、太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学のひとつで陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。(引用:日本推命協会)

古代中国は戦乱期で、当時の人々は生きるか死ぬかの状況で暮らしていました。下記引用のような考えに至り、人間を徹底的に調べれば、この極限状態の生活の糧になるのでは、と考え出されたのが四柱推命です。

「自然界には法則がある。自然には法則があるのだから自然の一部でもある人間にも法則があるはずだ」(引用:takajin)

東洋でも、西洋でも占星術において「星」がとても重要なものとなります。星の動きがどのように関わっているかで、その人の運命・宿命、運気の流れを推測するものです。

『星』という文字は、『生』まれた『日』と書きます。つまり人の宿命は『生まれた日』ですべて決まるのです。(引用:日本推命協会)

生まれた年・月・日・時間を、4つの柱と見立てて占います。生まれた時間までは分からなくても、年・月・日だけで推測することが可能なのだそうです。

干支(えと)と干支(かんし)

fxxu / Pixabay

四柱推命は、それぞれ年・月・日(年柱・月柱・日柱)に「干支(えと)=60種類」を当てはめて読み解いていきます。「干支(えと)」は「干支(かんし)」とも読み、それぞれの意味に微妙な違いがあります。

干支(えと)=日本で「子ね・丑うし・寅とら・卯う・辰たつ・巳み・午うま・未ひつじ・申さる・酉とり・戌いぬ・亥い」を指しますが、古来中国の四柱推命による「干支(かんし)」は少し違います。

干支(かんし)=十干(じゅっかん)(甲こう・乙おつ・丙へい・丁てい・戊ぼ・己き・庚こう・辛しん・壬じん・癸き)の10種類、十二支(上参照)の12種類を組み合わせたものを「干支(かんし)」と呼びます。

干支(かんし)と年月日で占う

FeeLoona / Pixabay

十干の10種類、十二支の12種類の組み合わせが合計で60種類となり、すべての年・月・日がこの十干・十二支の組み合わせに当てはめられて、このいずれかに該当するようになっています。

年は60年で一巡、月は60か月で一巡、日は60日で一巡します。十干は1か月を10日毎に分けて、「甲・乙・丙…」と順に数えていき、陰陽五行説(木・火・土・金・水)と結びつけたものが四柱推命の占いです。

空亡=天中殺=大殺界?違いはあるのか

Bru-nO / Pixabay

ネット上や、世間一般の噂では空亡は、天中殺、大殺界と同じ意味を持つと認識されていますが、実際は違うものです。空亡・天中殺の算出方法は同じですが、その解釈や応用の仕方が違っています。

天中殺とは

AlexAntropov86 / Pixabay

古代中国が発祥で、道教の神仙思想(不老長寿の仙人の存在を信じ、人も仙人に近付けると信じた思想)が土台となり形成された”算命学”(元は、政治や軍略に用いた帝王学からきている)からくる理論です。

算命学では「人生において不運の時期」を示します。天中殺期間は、12年で2年間、12か月で2ヵ月ずつあるとされています。

算命学とは

1820796 / Pixabay

古代中国に発祥した占術で、人は自然界の一部とする思想が元となっています。どの占いよりも精密で合理的とされ、膨大な理論・技法は、16の理論体系からなり、これを”十六元法”と言います。

算命学は十六元法をあらゆる方向から使い、自分のみならず先祖三代、子孫三代までを占う事が出来るとされます。日本に算命学が入ってきたのは戦後となり、文学博士・髙尾義政が広く普及させました。

大殺界とは

六星占術で「運気が下がり、不幸に見舞われ易い時期」を示します。六星占術とは、占い師の細木和子さんが中国に4000年以上前から伝わる易学、万象学、算命学をもとに編み出した占術です。

六星占術は、生年月日から6つの星人に分け(土星人、水星人、金星人、火星人、木星人、天王星人)星人毎に(種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退)が1年毎に巡るとされます。

そのうちの、陰影・停止・減退が「大殺界」に当たり、新しい何かを始めるには不向きとされます。

空亡期を調べる方法は?

qimono / Pixabay

自分の空亡はいつなんだろう、と気になるところですが調べる方法はあるのでしょうか?

古来中国から続く四柱推命の空亡の調べ方(算出法)はかなり面倒な計算を要し、干支暦(十干と十二支を組み合わせた六十干支で表記された暦)がなければ難しいものでした。

しかし、現在はネット環境さえあれば容易に調べる事ができるようです。いくつか自分の空亡を調べる方法を挙げてみましたので、是非ご参考になさって下さい。

出し方と早見表が載っているサイトから見る

空亡の出し方、空亡早見表とネット検索すると、簡単に算出できるように作られたサイトが色々とあります。自分の生まれた年月日と時間さえ分かれば、当てはめていくだけです。

ただ注意点がり、午前零時前後に生まれた方は、生日の干支が違っている場合があるようです。生まれた時間は母子手帳があればそれを参考にするのが良いようです。

帝王切開で生まれてすぐに産声を上げなかった場合は、産声をあげた時間が出生時間となります。

マニアック四柱推命から簡単に調べることができる

「マニアック四柱推命」というサイトからも、自分の空亡を調べる事ができます。こちらは、生年月日と出生時刻を入力→診断をクリックするだけで自分の四柱推命による運勢が分かるようになっています。

気になるお相手がいる方は、相手の生年月日と出生時刻も同時に入力してクリックすると相性をみる事も可能です。

見方が分からない?四柱推命の年柱・月柱・日柱・時柱とは?

RobinHiggins / Pixabay

四柱推命の基本は、生まれた年、月、日、時間をそれぞれ「年柱」・「月柱」・「日柱」・「時柱」という四つの柱にした図表を使い、西洋占星術のホロスコープに当たります。又、其々の柱に意味があります。

  • 「年柱」=社交面や外面における運気。人生において初年期(0~19歳)の運気。年上、親、上司との関係を現わす。
  • 「月柱」=仕事や家庭における運気。人生において中年期(20~39歳)の運気。仕事運や結婚運、家庭運等を現わす。
  • 「日柱」=自分自身や恋愛における運気。人生において(晩年期40歳~)の運気。才能や恋愛運等を現わす。
  • 「時柱」=あまり重視しない場合あ多いようです。正確な出生時間を知る人は少なく、又なくても算出可能です。

性格、運勢、相性など全ての判断をこの四柱から占います。自分で調べるのは難しいので、自動算出してくれるサイトを利用すると良いでしょう。

空亡期はどのように過ごせばよいのか

空亡期と聞くと、大殺界、天中殺を混同して考えてしまいがちなので、どうしても悪い事が起こらないように身構えてしまいます。空亡期は、一体どのように過ごせば良いのでしょうか?ここから詳しく見て行きましょう。

新しいことに挑戦するのは控える

Free-Photos / Pixabay

空亡の時期には、何となく落ち着きがなくなり、環境等を変えたくなる衝動に駆られます。又、人によりますが、変化に敏感になり体力が落ちたり、精神的に弱ったりする場合もあります。

空亡は反転の作用も働く為、安定した環境を変えた場合、それなりのリスクを背負います。逆に、運気が悪かった人が突然職場を解雇された場合には、これが切っ掛けとなり良い運が巡ってくる場合もあります。

空亡を活用し、自分の状態に合った行動をとる事が、良い対応と言えるようです。

勉強などのスキルアップや自分磨きをする

stevepb / Pixabay

空亡の期間は、新たな事を始めるには不向きとされる為、何か目標があればその為の準備をする事が、好ましいようです。資格を取る為の勉強や、受験をする為の勉強、知識を蓄えて機会がきたら飛び出せるようにします。

結婚をしたいような好きな人がいるなら、積極的にアプローチするのではなく自分磨きに尽力するのに適しています。空亡は機会がやってきた時にここだ、という時に瞬時に動けるよう力を貯める事に適しています。

流れに身を任せて自分勝手に動かない

Skitterphoto / Pixabay

空亡期に何かを新たに初めても、努力をして達成しようとしても結果に繋がらずに終わってしまいます。運気が空っぽの状態なので、なすがまま身を任せて自分を内観する時期に当ててしまいましょう。

運気のない時期に種をまくのは適していないので、冬の時期と考えて大人しく過ごしましょう。大人しくする事で運気が下がるのを最小限に食い止める事が出来ます。

悪い事が起こって当然なんだ、という気楽な気持ちで過ごす事が良いでしょう。

のんびりと過ごし力を蓄えておく

stokpic / Pixabay

エネルギーが不足していると、人は動こうとすべき時に動き出せません。空亡期は下手に抗ってエネルギー消耗をするのではなく、自然の流れに身を任せるつもりで好きな時間を過ごし、エネルギーを蓄積しましょう。

仕事であれば、手を抜かず丁寧を心掛ける事は変わらずに続け、ゆったりとのんびりとした気分で過ごすといった状況が心の平穏を保つ為にも良いでしょう。

明けたらすぐ動けるように身の回りを整理する

Free-Photos / Pixabay

動きだす準備として、身の回りの物を自分磨きと共に、整理してみましょう。片づける事で自分の気持ちも自然と整理出来たりするものです。心の浄化にも繋がるそうです。

パソコンの仕組みと同じで、古い物を捨てるとその空いた容量にまた新たなものが入ってきやすくなります。新しい事をスタートする前にパソコン、自分の部屋・頭の中を整理整頓するのに適している時期です。

親孝行や周囲の人に感謝の気持ちを伝える

Dan_Park / Pixabay

日頃、伝えられない家族への感謝の気持ちを伝える切っ掛けにするのも良い事です。感謝の気持ち「ありがとう」という言葉を伝える事で、心の浄化になります。

家族と一緒に旅行に行ったり、一緒に食事をしたりゆったりと共に寛ぎ、気持ちを癒す時間を作ってあげる事が良いかもしれません。空亡期を機会に家族と過ごすのも素敵な時間の使い方です。

ボランティア活動など社会貢献活動をし人の為に動く

Anemone123 / Pixabay

空亡期の生き方として、人の為に生きる事が大切です。空亡に天は味方をしてくれません。自分の思い通りにしようとすると逆にうまく行きません。意識を相手、人の為に向けましょう。

相手た為に生きるという事は、徳を積むという事にもなります。徳を積み重ねる事は空亡の過ごし方にとってとても大切です。徳を積む事で、空亡の悪い面を大きく減らす効果があります。

大きな決断はしない

langll / Pixabay

空亡期に新たな決断をするのは、避けた方が良いでしょう。必ずいけないという事ではありませんが、力を蓄える冬の期間となり、準備をしたりエネルギーを充電する事に適した時期になります。

種を捲いたとしても、種が腐り、芽が出ても折角の芽が酷い事になる可能性があります。新たな事を始めようとした場合、トラブルに巻き込まれたり、良くない事が起こったりするようです。

先祖供養をする

Pexels / Pixabay

大事な過ごし方として、ご先祖の供養をするというのも良い過ごし方になります。今の自分がいるのはご先祖の方々が命を繋いできてくれたお陰です。良い事が起こった時に、ご先祖へ感謝を伝える事はとても良い事です。

あなたをいつも守護してくれているご先祖様に感謝の気持ちを表す事で、あなた自身への浄化にも繋がります。

新規事業は控えておく

Pexels / Pixabay

先ほどの言いましたが、新しい事を始めるには不向きな時期となります。判断に迷いやすく、良くない方向に陥りやすい傾向にあるので、事業を始める前提での準備をする時期として過ごした方が良いでしょう。

引っ越しは控えておく

Free-Photos / Pixabay

引越しに関しては、空亡期にこだわるより、方位の吉凶の方が大事だと言われています。ただ、引越しの物件の決断、建築は不向きとされています。空亡期は判断力が鈍っており、後悔をしかねません。

環境を変えたくて引越ししたいと感じている場合は、要注意です。落ち着きがない状況に陥っている空亡期の影響を受けてしまっている可能性があります。衝動を堪えて空亡期が明けるのを待ちましょう。

NEXT:ひたむきに仕事を頑張る
1/4