「第六点魔王」とは?意味は?織田信長が第六天魔王?理由は? 占い・スピリチュアル

「第六点魔王」とは?意味は?織田信長が第六天魔王?理由は?

第六天魔王という言葉を聞いて戦国時代好きの方なら織田信長の名前が思い浮かぶかと思います。今回はその第六天魔王について詳しく説明します。その意味についてや、魔王サタンとの関係について、また太鼓の達人などのゲームやアニメにも登場する第六天魔王も合わせて紹介します。

第六天魔王とは?仏?天魔?

BogdanaLS / Pixabay

「第六天魔王」という言葉をご存知でしょうか?仏教に詳しい方や日本の歴史に興味がある方ならご存知の方も多いかも知れません。

おそらく最も有名な戦国大名であろう織田信長が自ら「第六天魔王」と名乗ったとの説もよく知られていますが、そもそもこの「第六天魔王」がどんな存在なのかまではよく知らないという方が多いのではないでしょうか。

今回はまず最初にこの「第六天魔王」の意味から解説していきたいと思います。

第六天魔王とは?第六天魔王波旬とも?

NickyPe / Pixabay

「第六天魔王」とは仏教の用語です。正式な名称は「第六天魔王波旬」といい、この「波旬」とは人間に害をなし善を妨げる悪魔を指す言葉です。

第六天魔王は欲望の神様?他化自在天に住んでいる

DarkWorkX / Pixabay

第六天魔王の正体はもともと、仏教における神様(天部)で六欲天の最上位に位置し、仏教における天界の一つである「他化自在天」に住んでいます。

この神は天界の一つ「欲天」の中の最上階層「第六天」に住んでおり人間のあらゆる欲望を司る神だと言われています。この神は人々のあらゆる欲を満たし、その快楽を自分のものに出来るとされています。

仏教では修行を妨げる魔?

imprimable / Pixabay

人間の欲望を基本的に悪いものと定義する仏教において「第六天魔王波旬」は、人間の欲望を喚起させてそそのかし、仏道の修行を妨げる悪しき存在でありこれは「魔」であると表現したのです。

本来はれっきとした仏教の神様「天部」であった存在が、日本で独自の仏教の教えが作られていく中で、次第に悪しき存在「第六天魔王」へと変化していったと考えられています。

織田信長は第六天魔王と呼ばれていた?理由は?嘘という説も?

戦国時代が好きという方ならば「第六天魔王」と聞いて、織田信長の名前を思い出す人が多いのではないでしょうか?ここからは、織田信長が何故、第六天魔王と呼ばれたのかについてを詳しく説明していきます。

織田信長は第六天魔王と呼ばれていた?理由は信玄との書状にあった

革新的な戦国大名として、その後の天下統一の道筋を作った織田信長は、一部から「第六天魔王」の異名で呼ばれ恐れられていたと言われています。

これは織田信長が自ら名乗ったともされますが、これには意外な事に、こちらも超有名な戦国大名である武田信玄との書状のやり取りが関係しているのです。

武田信玄は織田信長と敵対するにあたり、自らを天台宗の総本山である比叡山の最高位である「天台座主」と名乗って信長に手紙を送りました。これに対し信長は自らを「第六天魔王」と書いた手紙で応じます。

武田信玄はなぜ「天台座主」と名乗ったの?

melati411 / Pixabay

織田信長は1571年に自らに敵対の姿勢を示した比叡山延暦寺の焼き討ちを行いました。

延暦寺に関連する僧たちは信長の勢力から逃れるため、全国各地に逃亡しますが、その中でも元々仏教を支援していた甲斐国の武田信玄の元には多くの僧たちが保護を求めて集まりました。

これを受けて武田信玄は自らを比叡山の最高位の役職であると示す「天台座主沙門信玄」と名乗り、それを認めて信長に対する批判文とも宣戦布告とも言える書状を送ったのでした。

信玄に対し、信長が「第六天魔王」と名乗った理由は?売り言葉に買い言葉?

thommas68 / Pixabay

この武田信玄からの挑戦状ともいうべき手紙に対して、織田信長が「第六天魔王」と名乗ったのは、いわばちょっと洒落を効かせた手紙で喧嘩を売られたから、こちらも洒落を効かせて応じたという意味合いが強いです。

売り言葉に買い言葉とも言えますが、双方ともに周辺に対する宣伝効果も狙ってのデモンストレーションの意味合いも含んでいたと思われます。

信長には「第六天魔王」を名乗る理由があった?

Alexas_Fotos / Pixabay

この時織田信長が自らを、この時代においては悪魔の化身とも見なされていた「第六天魔王」とあえて名乗ったのには以下の意味合いがあります。

武田信玄が「天台座主」を名乗って比叡山(天台宗)の復興を目指すのであれば、自らは人々の欲望を喚起させ仏道の修行を妨げる魔王となって、それを防いでやろうという事です。

資料はキリスト教の宣教師、ルイス・フロイスの報告書!嘘という説も

VMonte13 / Pixabay

ただし、この織田信長と武田信玄の書状のやり取りの逸話ですが、根拠となっている資料が日本を担当していたキリスト教宣教師のルイスフロイスが、上司に送った報告書に記載された内容しか存在しません。

もちろん二人の書状の原本も発見されていないので、この説に関しては信ぴょう性が低く、嘘の可能性もあるとされています。

織田信長以外にも、第六天魔王と呼ばれていた人物が

「第六天魔王」の異名で有名な織田信長ですが、実は日本の歴史上には信長以外にも第六天魔王の異名で呼ばれた人物が大勢存在します。太平記では足利将軍家の祖「足利尊氏」が「第六天魔」と記載されています。

また、第6代の足利将軍、足利義教に至っては一度「天台座主」の地位についていたにも関わらず、後に比叡山と敵対関係となり信長と同じように比叡山を炎上させ同じように「第六天魔王」と呼ばれています。

さらに、朝廷の敵を示す言葉としても「第六天魔」という言葉は使用され、平将門や蘇我入鹿など、数多くの人物がそう呼ばれた事が記録されています。

第六天魔王とサタンの違いは?

TheDigitalArtist / Pixabay

「第六天魔王」はキリスト教の悪魔「サタン」の訳語として用いられる事があります。サタンも人々を唆し、悪い心を呼び起こさせようとするという考え方から、確かに第六天魔王と似たところがあります。

宗教において、人々の欲望を悪とみなす考え方は一般的で、それをなんらかの魔物の仕業であると考えるのもまた一般的です。第六天魔王とサタンは同じような宗教的経緯で生まれた存在であると言えるでしょう。

第六天魔王は刺青で入れる人もいる?意味は?

Free-Photos / Pixabay

刺青で人気の絵柄、デザインに「天魔波旬」というものがあります。これはまさしく「第六天魔波旬」を表した絵柄です。刺青のデザインの中でもかなり恐ろしい部類に入ると思います。

この「第六天魔波旬」を刺青として彫る意味は、天魔波旬の人々に快楽を与える力を持つ神という事で、その加護を得ようとの意味や、人に幸福を与えて自分も幸福になろうという意味などが考えられると思います。

第六天魔王はゲームにも!太鼓の達人の第六天魔王が難しいと話題

さらに、第六天魔王はゲームの世界にも波及しています。長年にわたって大人気のリズムゲーム「太鼓の達人」にも「第六天魔王」というタイトルの曲が収録されています。詳しく見ていきましょう。

太鼓の達人にも第六天魔王が!

太鼓の達人に収録されている曲「第六天魔王」はギターを中心としたメロディックスピードメタルな曲調で、最初から最後まで超絶的なギタープレイが展開される超人的な楽曲です。

太鼓の達人の第六天魔王は難しい?

この太鼓の達人の「第六天魔王」はシリーズに収録されている曲の中でもナンバー1を争うほどの高難易度の楽曲だと言われています。最初から最後まで休む暇なく超人的なプレイが要求されます。

太鼓の達人の二次創作ゲーム「太鼓さん次郎」でもプレイ可能

この太鼓の達人の楽曲「第六天魔王」は太鼓の達人風シミュレーションソフト「太鼓さん次郎」でもプレイが可能になっています。

本家譜面のプレイ動画は?

上の動画が太鼓さん次郎での本家譜面でのプレイ動画です。とても人間業とは思えない超絶プレイをご覧ください。

第六天魔王は他にも、いろいろなゲームやアニメに登場

nvtrlab / Pixabay

太鼓の達人の他にも、第六天魔王はゲームやアニメなど様々なジャンルで登場しています。代表的なものを紹介していきます。

第六天魔王はバトスピにも

第六天魔王は、大人気トレーディングカードゲームである「バトルスピリッツ」を原作としたテレビアニメ「バトルスプリッツ烈火魂」にも登場しました。

その風貌は鬼面をかぶって外套を着込んだ謎の人物で、その設定は「魔界の使者を名乗り、バトスピの天下布武を目論む」というもの。この第六天魔王も織田信長をモチーフとしたキャラクターでした。

第六天魔王はニンジャバットマンにも登場!ジョーカー?フィギュアも人気?

2018年に公開されたアニメ映画「ニンジャバットマン」は、バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップしてしまい、そこで活躍する様子を描いた異色作です。

バットマンの天敵でありながら人気もあるキャラクター「ジョーカー」はこの作品では「第六天魔王ジョーカー」として登場します。こちらもモデルは織田信長で、尾張国の支配者という設定。

さらに、この第六天魔王ジョーカーのフィギュアがバンダイから販売中です。信長が愛したという南蛮的なファッションも取り入れつつ、ジョーカーの狂気的な面もうまく表現されたハイクオリティなアイテムです。

FGOには「第六天魔王・明智光秀」が登場?

大人気スマートフォンゲーム「FGO(Fate/Grand Order)」にもサーヴァントとして明智光秀が登場します。

この明智光秀は生前に本能寺で殺害した元主人の織田信長を元々は神格化しており、自らが理想の織田信長になるため「聖杯の泥」を浴びて「第六天魔王・明智光秀」となります。

「第六天魔王」は戦国炎舞-KIZNA-のスキルにも

戦国時代をテーマにしたスマホゲーム「戦国炎舞-KIZUNA-」の補助スキルに「第六天魔王」が登場しています。かなり優秀な補助スキルで、どんなデッキや合戦でも活躍できる能力となっています。

「第六天魔王」はモンストにも登場?第六天魔王 ノブナガ

さらに、人気のアクションRPGスマホゲー「モンスターストライク」に織田信長というモンスターが登場します。これを進化させたモンスターが「第六天魔王ノブナガ」です。

「第六天魔王」ほど織田信長にぴったりなニックネームはない!

信長は当時、革新的な経済政策を持って人々の欲望を喚起し、経済活動を活性化させる事で得た莫大な富を基盤にして勢力を伸張させていたので、「第六天魔王」はまさしく自らを的確に表していると言えます。

さらに、それまで大きな既得権益を握っていた寺社勢力を徹底的に打倒し、人々に自由な経済を解放した功績を見ても、皮肉を交えながらもセンス良く自分を表すのに「第六天魔王」ほど的確な表現もないでしょう。

信長自身が「第六天魔王」を名乗ったとする説の信ぴょう性自体は低いと言われますが、どちらにしても「第六天魔王」は織田信長を表すのにぴったりな言葉です。最初に言い出した人はセンス抜群です。

第六天魔王とは人の欲望を満たし自らの快楽にする神だった!

geralt / Pixabay

「第六天魔王」について詳しくまとめてきました。第六天魔王といえば織田信長の異名というイメージが強いですが、元々は仏教において、仏道の修行を邪魔する悪しき存在を指す言葉でした。

織田信長は比叡山などの寺社勢力と敵対した事で「第六天魔王」と呼ばれたとも自ら名乗ったともされています。また、アニメのキャラやゲームのスキルとしても第六天魔王は数多く登場しています。

なんとなくダークヒーロー的なイメージのある「第六天魔王」はゲームやアニメの名称として使いやすいのかもしれませんね。周りにダークな人を見つけたら「第六天魔王」と呼んでみてはいかがでしょうか?

織田信長の子孫?元フィギュアスケーター織田信成に関する記事はこちら