座敷わらしに会えると言われる日本の旅館・宿まとめ!体験談も!

宿泊先で怪現象に見舞われる、と言うのはありがちな怪談話です。では、座敷わらしに会えると言われる旅館があるのをご存知でしょうか。中でも、特に岩手県の緑風荘が有名ですが、それ以外にもあるのでしょうか。そこで今回は座敷わらしに会える宿や旅館について調査してみました。

目次

日本には座敷わらしに会える旅館や宿がある?

2017年度の調査では日本全国に38622軒もの旅館が存在しており、日本人のみならず外国人観光客からも愛されています。その中には、座敷わらしに会えると言われる旅館も存在します。

そもそも座敷わらしとは?

座敷わらしは主に岩手県に伝わる精霊、または神とも言われます。わらしの名前の通り、子供の姿をしており、基本的には5、6歳ですが下は3歳、上は15歳程度の場合もあります。

男女両方の目撃情報があり、子供故か悪戯好きな性格をしています。隣の部屋から物音がしたので行ってみるも誰も居ないと言う話やその家の子供と一緒に遊ぶ事もあります。

家人以外には座敷わらしの姿を見る事は出来ません。また大人には見えないとする話もあります。その他、複数の座敷わらしが同じ家に住み着く事もあるようです。

座敷わらしに会うと幸福がもたらされる?

座敷わらしは悪戯好きな反面、目撃した者に幸福をもたらす、住み着いた家に富をもたらすと言い伝えられます。それ故、福の神や守護霊のような存在だと言われます。

逆に座敷わらしが去った場合、その家は衰退するとも言われており、座敷わらしが去った家の一家が食中毒で全滅したと言う話も残されています。

併せて読みたい日本妖怪の記事はこちら

座敷わらしに会えることで最も有名なのが岩手県の緑風荘

記事冒頭でも申し上げた通り、岩手県にある緑風荘は座敷わらしに会えると言われる旅館の中で最も有名な旅館です。旅館側もこの事は全面に押し出しています。

それでは、緑風荘には一体どのような座敷わらしエピソードがあるのでしょうか。

テレビでも紹介された会える最も有名な「槐の間」で有名な緑風荘について

緑風荘では特に槐の間で座敷童の目撃情報が多いですが、槐の間以外でもオーブや座敷わらしの目撃情報は存在しています。そして、緑風荘に住んでいる座敷童は亀麿と言い、南朝の武将の子供でした。

戦に敗れ落ち延びる道中で当時6歳だった亀麿は命を落とします。亀麿は死の間際「末代まで家を守り続ける」との言葉を残しました。緑風荘の敷地内には亀麿を祀る神社があり、彼は緑風荘当主の遠い祖先にあたります。

亀麿を目撃すると、男は出世し女は玉の輿に乗ると絶大な幸福がもたらされ、多くの人が緑風荘を訪れます。尚槐の間は現在宿泊する事は出来ませんが、見学は可能です。

悪霊の仕業?2009年に火災が起きている

Alexas_Fotos / Pixabay

大人気の緑風荘ですが、2009年10月4日に配電盤が出火元と推測される火事により、母屋と新館が全焼。しかしながら、利用客、従業員ともに死傷者はいませんでした。

悪霊の仕業かはては座敷わらしが去った故に起きた火災ではないかと言われましたが、当時の緑風荘は建物の老朽化、多数の予約客により改築もままならず、加えて超過密スケジュールと言う問題を抱えていました。

犠牲者も居なかった事もあり、当主は火事によって救われたとコメントしています。尚緑風荘隣の住宅や亀麿神社への延焼はありませんでした。また火災の際、着物姿の子供が神社に逃げ込む姿の目撃情報が存在します。

HeatherPaque / Pixabay

全焼しあえなく営業停止となった緑風荘ですが、寄付金や投資などによって資金を確保。約3億円をかけて再建し、2016年に営業を再開しました。

営業再開後も、緑風荘には多数の宿泊客が訪れており、不思議な体験談は再建後も健在です。

座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

緑風荘は座敷わらしに会える宿との名に違わず、座敷わらしに会えた、何らかの接触があったとの体験談が後を絶ちません。

  • 寝ていると子供位の重さの何かが体の上に乗って来た。その後、自分の周りを走り回る足音がした。
  • おもちゃを持参し枕元に置いて寝ていたら、夜おもちゃを弄る音が聞こえた。
  • 部屋や旅館内で写真を撮るとオーブが映りこんだ。
  • 座敷わらしに向けて本を読み聞かせした後、写真を撮ったら自分の隣にオーブが映った。

上記のような体験談がネット上に存在していますが、あくまでこれらは体験談の一部に過ぎません。この他の体験談については、緑風荘のHPから飛べるブログに掲載されています。

悪霊の噂も絶えない

Free-Photos / Pixabay

前述の通り、緑風荘で写真を撮影するとオーブが映りこむ事があります。その中で、桃色のオーブが座敷わらしだと言われていますが、それ以外の色のオーブも映り込むようです。

また火事の際に、囁かれたように緑風荘には悪霊の噂も絶えません。しかしながら、あくまで噂に過ぎず、悪霊の真偽については現在のところ分かっていません。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:おぼない旅館(岩手県)

岩手県は座敷わらしのメッカと言っても過言ではありません。緑風荘と同じく、金田一温泉郷にあるおぼない旅館でも、座敷わらしが目撃されています。

おぼない旅館について

GraphicMama-team / Pixabay

おぼない旅館は緑風荘からおよそ200mの場所にあります。その歴史は古く、開湯380年であり、かつては武士たちがおぼない旅館の温泉で傷を癒していたと伝えられます。

経営は魚屋さんが行っており、料理に使われる魚は八戸港から仕入れている新鮮なものです。女将さんの接客も名物であり、テレビ局には何度も取り上げられました。

また旅館内にはオーブの写真や座敷わらしの目撃情報が記されたメモが壁一面に貼られており、おぼない旅館における座敷わらしとの遭遇率の高さが窺えます。

おぼない旅館に座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

geralt / Pixabay

前述の緑風荘の火災において、行き場を失った宿泊客を受け入れたのがおぼない旅館でした。その時以来、おぼない旅館では座敷わらしが目撃されるようになったと言われます。

就寝中に足を引っ張られた、部屋の中をオーブが飛び回っていたと言う体験談の他に女の子の影が映っていたとの目撃情報などが存在します。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:民宿わらべ(岩手県)

続いての座敷わらし宿は岩手県遠野市から民宿わらべさんの紹介です。こちらでも座敷わらしの目撃情報が確認されますが、一体どのようなエピソードがあるのでしょうか。

民宿わらべについて

Free-Photos / Pixabay

民宿わらべの付近には、同じく座敷わらしが居る事やパワースポットで有名な早池峰神社があります。同神社では座敷わらし祈願祭も行われており、何かと座敷わらしに縁がある民宿です。

遠野駅から車で25分、1泊6500円で泊まれる格安の宿であり、付近でイワナやヤマメ釣りを楽しむ事が可能でした。

しかし、2018年の11月、民宿を閉める事がブログ上で告知され現在は営業していません。

民宿わらべに座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

Free-Photos / Pixabay

民宿わらべで一番最初に座敷わらしを目撃したのは、経営者の方でした。早池峰神社に参って、民宿に帰って来た際にトランクを開けたところ、男の子と女の子が飛び出し民宿の中に入って行きました。

以後民宿は繁盛し始め、宿泊客からの目撃情報が寄せられるようになりました。民宿わらべの座敷わらしは二階の1室がお気に入りで、その部屋の名前は「ざしきわらし」です。

この部屋には沢山のぬいぐるみやおもちゃなどが置いてあり、風もないのに動く事がある他未開封の駄菓子が一粒無くなったとの体験をされた方も居ます。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:菅原別館(岩手県)

菅原別館も座敷わらしの目撃情報が多数存在し、出世の宿と銘打たれています。それでは、菅原別館にはどのようなエピソードや体験談があるのでしょうか。

菅原別館について

菅原別館は盛岡市にあります。宿泊料金は素泊まりで7500円、食事は出ませんが旅館は盛岡市の中心部にある為付近に飲食店もあり食事にはさほど困る事はありません。

予約は1日3組のみ受け付けており、枠の少なさと座敷わらしに出会える事から大変な人気を誇る旅館です。勿論予約は困難で場合によっては、1年以上待つ事もあります。

菅原別館に座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

Senlay / Pixabay

菅原別館の座敷わらしは、大女将さんの実家で祀られていた火の神様なのだそうです。実際に江戸時代に大火が起きた際も、この神様のお蔭で大女将さんのご先祖様の家は家事を免れました。

そんな謂れを持つ菅原別館ですが、特に人気が高いのが客間24番、通称「出世の間」です。この部屋ではテレビの上に凧が飾られていますが、ひとりでにくるくると回り出す事もあります。

また客間25番に吊るしてあるモービルは「動かして」とお願いすると、本当に動く事もあるそうです。この2部屋以外でも、走り回る足音を聞いたとの情報があり、旅館全体に座敷わらしは出没するようです。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:ホテル仙養館(岩手県)

女の子の座敷わらしの目撃情報のあるホテル仙養館。ある霊能者の方によると、もう1人座敷わらしの姿を見たとの事ですが、それは果たして何者なのでしょうか。

女の子の座敷わらしがいるというホテル仙養館について

素朴で心の籠ったおもてなし、美味しい料理、家に帰った後は心の籠ったお礼の手紙が届くなど、仙養館に宿泊した方の評価は高く、非常に落ち着く事の出来るホテルです。

ホテルの入口付近には、宿泊客が置いていった座敷わらしへの贈り物が展示されており、目撃情報や体験談の記されたノートも女将さんが見せてくれます。

ホテル仙養館に座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

Alexas_Fotos / Pixabay

仙養館を訪れた霊能者の方は女の子の座敷わらしに加え、亀麿様の姿を目撃しています。そもそも亀麿様は金田一温泉を散歩したり、時折気に入ったお客の家までついていってしまう事もあるそうです。

そんな仙養館では急に眠くなる事があります。女将さん曰く、それも座敷わらしのせいなのだそうです。ある宿泊客は朝方、枕元に気配を感じただけでなく、座敷わらしに起こされています。

この他にも、写真を撮ると高確率でオーブが映り込んだり、ラップ音がしたりと様々な不思議体験が起きる事もありますが、不思議と怖い気持ちにはならないと体験者は語っています。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:民宿御伽屋(岩手県)

JKKGDM / Pixabay

岩手県遠野市にある民宿御伽屋。こちらでも、座敷わらしに会う事が可能だと言われていますので紹介させていただきます。

民宿御伽屋について

DariuszSankowski / Pixabay

民宿御伽屋はJR遠野駅正面に位置しており、非常にアクセスし易い民宿です。そして、公式HPにも記載してある通り、遠野について深く知りたいと言う人にオススメとなります。

民宿の御主人が遠野の民話などについて研究しており、遠野の歴史などなどについて深い造詣を持っています。時間が空いていれば、観光のガイドもしてくれるそうです。

実際に宿泊した人も御主人の話を伺いとても楽しく興味深い話を聞けたと述べており、時間が有る時には御主人による「怪奇体験ツアー」開催される事もあります。

民宿御伽屋に座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

JESHOOTS-com / Pixabay

残念ながら、民宿御伽屋における座敷わらしの目撃談や体験談は見受けられません。しかしながら、同民宿において座敷わらしと出会えると言う噂は間違いなく存在します。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:とおの屋 民宿とおの(岩手県)

続いての座敷わらし旅館は民宿とおの。とおの屋とも呼ばれていますが、民宿とおのと呼ぶ事の方が多いようです。この宿にはいかなるエピソードが存在するのでしょうか。

座敷わらしに会えるとの口コミ多数のとおの屋民宿とおのについて

遠野駅のすぐ傍にあり、アクセスのしやすい民宿とおの。公式HPでは座敷わらしについて記載されていませんが、利用者の口コミにはたびたび座敷わらしが登場します。

艦内には大きな囲炉裏があり、それを囲んで皆で食事をとります。また自家醸造のどぶろくも美味しいともっぱらの評判であり、各地の銘酒も取りそろえた人気の民宿です。

とおの屋 民宿とおのに座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談

Free-Photos / Pixabay

とおのを利用したお客さんが敷布がない事に気付き、従業員に持って来るようにお願いしました。その後、従業員がお客の元を訪れた所、既に敷布はあり、お客さんは小さな女の子が持って来てくれたと答えたと言います。

この他にも、他の旅館のように写真を撮るとオーブが映っていたり、座敷わらしと思わしき気配を感じたりと様々な体験談が寄せられています。

尚とおのの座敷わらしは「ゆかりちゃん」と呼ばれており、宿泊客などから親しまれています。

座敷わらしに会える東北の旅館・宿まとめ:苫屋(岩手県)

ナニコレ珍百景でも取り上げられた苫屋。ここには、女の子の座敷わらしが居る事でも知られます。それでは、苫屋に居る座敷わらしにはどのようなエピソードがあるのでしょうか。

苫屋について

昔話を思い出させる外観の苫屋は電話の無い民宿でありカフェとして有名です。口コミでじわじわと評判が広がり、海外から苫屋を尋ねて来るお客さんも居ます。

また前述の通り、電話はありませんので予約は手紙で行います。御主人は手紙に書かれた文字から相手の年齢や性格などを予測し、夕食のメニューを変えています。

飛び込みでの宿泊も可能で、カフェとしての利用やランチについては予約は不要です。また冬季は休業となっています。

NEXT 苫屋に座敷わらしは本当にいる?宿泊した人の体験談