ペッティングの意味や由来は?ABCの意味と女性が喜ぶやり方 恋愛・心理

ペッティングの意味や由来は?ABCの意味と女性が喜ぶやり方

目次

[表示]

女性が処女の場合は特にペッティングを重視する!

Pexels / Pixabay

もしも相手の女性が処女だった場合、上記で述べたペッティングの内容をより丁寧に、より時間をかけて行うことが非常に大切です。

緊張から、性器が濡れない場合もあります。また、丁寧に時間をかけたペッティングをした結果、痛がっているようであればその日のセックスは中止にし、後日行うほうが良い場合もあります。

そのような場合は抱き合ったままでキスやハグのみなど、女性に安心感を与えることに時間を使いましょう。焦らずに誠意を持った対応をすれば、いずれセックスをする日が来るはずです。

女性から男性に行うペッティングのやり方や方法は?

langll / Pixabay

今までは男性から女性へ行うペッティングを主に紹介してきましたが、逆に女性から男性へ行うペッティングはあるのでしょうか。

男性も女性からペッティングをされれば、気持ち良いのです。女性からのペッティングを行うことで、より二人の関係性は良いものになるかもしれません。

では、あるとすればどのような種類や方法で、コツなどはあるのかを調べていきましょう。

女性が気持ち良いように男性もペッティングをされると気持ち良い

skeeze / Pixabay

女性から男性に行うペッティングも基本的には同じで、ゆっくりと丁寧に時間をかけて行うことがコツとなります。

いきなり性感帯をペッティングしたりせず、遠いところから少し焦らすようにしてペッティングをすることで性的興奮が高まり、より深い快感へと導かれるでしょう。

男性へのペッティング方法①ペニスへのペッティング

Bergadder / Pixabay

ペニスへのペッティングとは、いわゆるフェラチオです。まずは指で優しく竿の部分を触り、そのあとで亀頭部分に触るようにします。亀頭は女性でいうとクリトリスと同じ器官になります。

ゆっくり丁寧に触り、我慢汁が出てきたらやっと口でペッティングを行います。もちろんいきなり激しくせずに、優しく亀頭の裏側の部分などへペッティングをすると良いでしょう。

亀頭を吸い込むような感じで口に含んだら、上下運動をしてペッティングをしましょう。

男性へのペッティング方法➁睾丸やアナルのペッティング

Claudio_Scott / Pixabay

実は睾丸へのペッティングを好む男性は多いのです。睾丸の裏側が性感帯ですので、優しく丁寧に舐めてペッティングをしましょう。また、アナルの周辺をゆっくりと撫でてあげることも喜ばれます。

しかし、女性自身が苦手と思っている場合は無理をしないでいいでしょう。ただ、睾丸やアナルへのペッティングまでする女性は多くないので、引いてしまう男性もいるかもしれません。

喜んでくれる男性ももちろん存在していますので、男性の反応を見ながら行うと良いでしょう。

ペッティングの注意点は?されて嫌なことはある?

paulracko / Pixabay

ペッティングの詳しいやり方やコツなどはわかったと思いますが、注意点はあるのでしょうか。詳しく確認してみましょう。

前髪をしつこく触ったり耳たぶをいじっているときは要注意!

Pexels / Pixabay

もしもあなたがペッティングをしているときに、パートナーが前髪や耳たぶをずっと触っている状態なら、それは要注意となります。

前髪を触ることで壁を作って、ストレスの軽減を促している場合や、ストレスを感じているために耳たぶ触って気持ちを落ち着かせようとしている可能性があるからです。

相手の気持ちを汲み取って、どのようなペッティングをするかを考えられると良いでしょう。

キスは重要!キスが下手だったりいい加減な男性は評価が落ちる可能性も

Takmeomeo / Pixabay

キスが嫌いだという女性は少ないのではないのでしょうか。キスが雑になってしまうと、女性は男性からの愛情がないのではないかと考えてしまいます。

もしキスが上手な男性であれば、オキシトシンやドーパミンといったホルモンが女性に分泌を促すため、より性的興奮を高め、オーガズムに近づくこととなります。

舌や唇は非常に敏感な器官で、性器をペッティングされているのと同じような快感を得ることができます。そのため、キスを重要視している女性が多いのです。

ペッティングで妊娠の可能性はある?

StockSnap / Pixabay

本来、精子は乾燥や高温に弱いため、パンツに精子が付いてしまったり、精子が付いたタオルで女性器を拭いてしまったり、ということだけでは妊娠する可能性はないと考えられているようです。

よって、挿入行為なしのペッティングのみで妊娠をしてしまったかもしれないという不安を抱える必要性はないと言われています。

なぜペッティングが大切なの?女性が男性に持つ不満とは

gillnisha / Pixabay

キスが好きな女性は大勢います。しかし、キスと同様にペッティングを重要視している女性も少なくありません。

では、なぜペッティングが重要視されているのでしょうか。男性と女性で意識の差などがあるのでしょうか。

ペッティングが不満で別れるカップルもいる

Free-Photos / Pixabay

実は、男性からのペッティングがほとんどなかったり雑だからという理由で別れてしまうカップルも存在しています。

比較的多くの男性は、ペッティングもそこそこに、女性の性器が濡れていることが確認できたら挿入をしたがることが多いです。しかし、女性はそこに不安を抱えています。

お互いにペッティングをし、挿入までに時間をかけることで愛を確認したいのが女性というものなのです。

女性の本音は前戯なしにすぐに挿入する男性は嫌!

上記にもあるとおり、ペッティングもそこそこに、すぐに女性器が濡れていることの確認ができたら挿入をするという行為は女性に嫌われます。

十分なペッティングと、挿入行為はセットであると考えて欲しいのです。十分なペッティングなしで、すぐに挿入をするセックスに愛情を感じることは難しく、不満が募ります。

もちろん、ペッティングを行っても内容が雑だったり、ほんの少しのペッティングというのも嫌われる原因となるので注意が必要です。

女性が男性よりペッティングを求める理由はオキシトシンの関係もある?

ErikaWittlieb / Pixabay

男性も女性も、性的興奮が高まると幸せホルモンとも呼ばれているオキシトシンというホルモンが分泌されます。実はこのオキシトシンの分泌量は女性の法が多いのです。

そのため男性にとってはただのハグでも、女性にとってはハグをしているだけでもオキシトシンが多量に分泌されて性的興奮を覚えるのです。

挿入をしていない状態でも、実は女性は性的に満足をしていたという可能性が高いのです。

ペッティングに優しさがないとセックスにも集中できない

kahalb / Pixabay

もしも雑なペッティングのみで、まだ女性器が濡れていないのにも関わらず挿入をしようとしたらどうでしょうか。恐らく、挿入に痛みが伴うため、セックスに集中できないはずです。

ペッティングによる性的興奮も少ない状態ですと、女性器は濡れません。やはり、ペッティングは女性にとって非常に重要なものなのです。

キスよりも大切?!ペッティングで女性は男性に何を求めているのか

Pexels / Pixabay

女性にとってキスも重要ですが、ペッティングも非常に重要です。そして女性は男性に何を求めているのか、調べてみました。

女性にとってペッティングは重要なのか?

geralt / Pixabay

多くの女性にとって、ペッティングは挿入行為よりも重要視されています。ペッティングで男性からの愛情の深さを確認しているのです。

ペッティングを疎かにせず、丁寧に時間をかけて行ってくれるかどうかで、その男性のことを知ろうとしているのです。

ペッティングによってセックスでイけるイけないが左右することもある?!

Free-Photos / Pixabay

ゆっくりと時間をかけた上手なペッティングが行われれば、女性がオーガズムに達することも多くなるでしょう。そのくらいにペッティングは大切な行為なのです。

また、ペッティングが丁寧に行われることで、セックスに対して集中できる度合いも変わってきますので、セックスの満足度も変わってきます。

気持ちよさだけじゃなく愛情の確認にもなる

5688709 / Pixabay

女性は、ペッティングに身体的な快楽のみを求めているわけではありません。

幸せホルモンのオキシトシンが抱きしめられるだけで分泌されることからわかるように、女性は挿入なしでもよいくらいなのです。

実は、多くの女性はセックスやペッティングに、男性からの愛情の深さや精神的満足感を求めています。

お互いを知ることができる

1494202 / Pixabay

ゆっくと丁寧にペッティングを行うことで、お互いのことを知ることにも繋がります。なぜなら、ペッティングは相手の反応を見ながら行うからです。

これはもちろん男性から女性に行われるペッティングのことだけを指しているわけではありません。女性から男性へ行われるペッティングも含まれます。

女性がより男性を知るためにも、丁寧なペッティングが必要となります。

自分を見捨てず守ってくれるか女性は確かめている?

子孫繁栄となる行為のセックスですが、セックスの前に行われるペッティングで女性は「自分を見捨てずに守ってくれる男性か」をチェックしているのです。

妊娠して子育てをする際、自分を大切に守ってくれる男性なのかどうかというのをペッティングで測っていたのです。

コミュニケーションを求めている

TaniaVdB / Pixabay

もしも女性が雑なペッティングをされた場合、自分がオナニーの道具にされているかもしれないと感じてしまいます。

女性は丁寧なペッティングを二人のコミュニケーションツールとも考えているのです。

ペッティングはいつ頃からやるべき?本番へ移るまでの期間は?

annca / Pixabay

出会ってから、ペッティングをするようになるまでの期間はどのくらいが良いのでしょうか。そしてペッティングからセックスをするまでの期間もどの程度なのでしょうか。

一般的な意見よりも本人たちの気持ちが大切

Monsterkoi / Pixabay

実は、ペッティングにかける期間や、その後挿入するまでどのくらい期間をかけるのかということに決まりはありません。

出会ってその日に行う場合もあれば、3か月、1年など、当事者二人の気持ちによって左右されるものなのです。

もちろん、男性も焦ってはいけませんし、女性も乗り気でないのに応じる必要も全くありません。

彼がいつまで経ってもペッティングしかしてくれないその理由は?

aoyonrahman / Pixabay

一般的に男性のほうがセックスをしたがっているという印象がありますが、逆に女性のほうが焦れてしまっていつになったらセックスをする関係になるのだろうと悩むこともあるかもしれません。

しかし、女性が男性を急かして早々とセックスをする関係になることもよくありません。もしかすると男性は、自分の性欲を押し殺してでも妊娠するリスクや女性を傷つけるリスクを考えているかもしれないからです。

これは、男性が女性のことを思いやっているからであり、女性との関係性を真剣に考えている証拠なのです。

本番はお互いの気持ちで自然と求め合う時が来る

Pexels / Pixabay

男性、女性ともに自然とセックスがしたいと思う時期が来るはずです。どちらか一方が気持ちを押し付けて行うことは良いセックスとは言えないのです。

もしもセックスに対して不安に思うことがあれば、二人で話し合って決めることが大事なこととなってきます。

ABCには続きがある?現代では恋のHIJKと呼ばれていた

Free-Photos / Pixabay

上記でも記した「ABC」は実は80年代の若者たちの間で流行していた言葉です。そして現代では進化して「恋のHIJK」と呼ばれていることがわかりました。

HはHをする、Iは愛が生まれる、Jはジュニア(子供)ができる、Kは結婚するという意味なのです。

HをしてからI(愛)が生まれるという順番に少し違和感を覚える人もいるかもしれませんが、時代の流れと共に性に関する意識というものも変わってきている証拠なのかもしれません。

ペッティングは女性にとっても男性にとっても非常に重要なものだった

sweetlouise / Pixabay

ペッティングの種類や方法やコツなどを紹介してきましたが、このペッティングは男性にも女性にも非常に有効な働きがあり、より良い関係性にしてくれるものであるということがわかりました。

今後の良いセックスライフを送るために、様々なペッティングのバリエーションを覚えておくと良いかもしれません。

関連する記事はこちら

2/2