ペッティングの意味や由来は?ABCの意味と女性が喜ぶやり方 恋愛・心理

ペッティングの意味や由来は?ABCの意味と女性が喜ぶやり方

ペッティングという言葉をご存知でしょうか。ペッティングとは、基本的に男性から女性に行われるセックスの前戯のことを指します。そしてそのペッティングにはどのような種類があり、どのような方法で行われるのでしょうか。コツも含めて調べてみました。

目次

[表示]

女性にとって大切なペッティングとは

PIRO4D / Pixabay

ペッティングとはそもそもどのようなものなのでしょうか。聞いたことはあるけれど、よくわからない人は多いと思います。

セックスの前にすることは全てがペッティングなのでしょうか。ここでは、詳しくペッティングの内容とその方法やコツについてまとめてみました。

ペッティングとはどういう意味?

ThomasWolter / Pixabay

ペッティングとは愛撫のことを指し、主にセックスの前のキスをしたり性器を触ったりなどの挿入行為以外のことをいいます。もちろん、手をにぎったり、髪の毛を撫でたりする行為もペッティングです。

また、挿入をしている最中に行われるキスや性器を触る行為などの行為のこともペッティングといいます。

セックス前の前戯として欠かせないペッティング

女性にとって、このペッティングという行為は非常に重要な行為となっています。相手に性的刺激を与えるだけでなく、ペッティングをすることで相手のことをより知ることもできます。

女性の陰部を濡らす目的もあるペッティングですが、ペッティングもそこそこにすぐに挿入しようとする男性は、女性には敬遠されがちです。

男性は挿入をすることでセックスの満足度が高くなりますが、ペッティングのみでも満足できる女性は意外と多いのです。

ペッティングの由来や語源は?

ActonLiz / Pixabay

犬や猫などのペットの意味は「愛するもの」などを指す「pet」が語源となっています。そのペットを名詞にした言葉から派生した言葉がペッティングなのです。

直訳すると、愛すること、可愛がること、甘やかすこととなり、それはまさしくペッティングのことを指します。

昔流行ったABCの意味は?ペッティングは何?

Free-Photos / Pixabay

最近、あまり聞かれなくなってきたABCとは一体何なのでしょうか。80年代に流行した言葉なのですが、現在も使われているのでしょうか。

彼氏とするABCとはスキンシップの隠語のこと

Free-Photos / Pixabay

恋愛においてのABCは彼氏や彼女とどこまで進展したのかということを指す隠語です。どうやら80年代に流行した、いわゆる死語というもので、現在の若者の間では使われていないようです。

このABCも地域や年代によって、少し認識が異なる場合もありますが、ここでは一般的に多くの人々から認識されているABCの意味を追ってみましょう。

Aはキス

adamkontor / Pixabay

ABCのAの意味はキスを指します。付き合いたての若いカップルにとって最初のハードルとなる、キスのことをABCのAで表現していました。

Bはペッティング

Babienochka / Pixabay

ABCのBの意味はペッティングです。上記でも述べた通り、セックスにおける挿入前の前戯のことをペッティングといいます。

そして、キスよりももう一段階進んだという意味合いも含めて、ABCのBで表現していたのです。

Cはセックス

Free-Photos / Pixabay

ABCのCの意味はセックスです。ここでいうセックスとは、ペッティング行為を含まない挿入行為のことを指しています。

昔の若い恋人たちにとって、この挿入行為は今よりも重く深く受け止められていたのかもしれません。ペッティングと挿入行為を分けて考えていたのです。

ペッティングはどこまで?ペッティングの種類一覧

StockSnap / Pixabay

ペッティングとは、セックスにおける挿入前の前戯のことを指すということはわかりましたが、具体的にどんな行為までをペッティングと呼ぶのでしょうか。

具体的なペッティングの内容を確認してみましょう。

愛撫だけじゃない?風俗におけるペッティングとは

Free-Photos / Pixabay

実は風俗では、挿入行為以外の全ての行為をペッティングと呼びます。性器へ挿入する行為以外の、口や手を使っての愛撫のことを全てペッティングといいます。

スタンダードなペッティング①素股

StockSnap / Pixabay

素股とは、性器への挿入ができない風俗で行われている行為です。この素股もペッティングに含まれます。

女性の股に男性の性器を挟み、手と太ももで擦ることで疑似的に挿入と同じ快感を与える行為のことを素股といいいます。

挿入ができない風俗で、挿入に代わる行為として生まれました。中には挿入行為よりも素股のほうが気持ちいいと思う男性もいるようです。

スタンダードなペッティング②全身へのキス(全身リップ)

adamkontor / Pixabay

上記でAのことをキスだと紹介しましたが、口と口でするキスではなく全身へするキスはペッティングのことを指すのです。この全身へ行われるキスのことを全身リップとも呼びます。

耳や太もも、胸、足など、様々な全身の箇所へキスをするのです。パートナーの反応を見ながら、敏感なところへキスするのもいいかもしれません。

スタンダードなペッティング③フェラチオ

rihaij / Pixabay

フェラチオは、女性が口を使って男性器を愛撫する行為のことをいいます。

男性にとっては重要な行為で、女性が男性にフェラチオをすることで、セックスにおける男性の満足度が高まります。

男性器ばかりを刺激するのではなく、性器に触れる前に、太ももなどを触ってみると男性の感度が高まるかもしれません。

スタンダードなペッティング④シックスナイン

pixel2013 / Pixabay

このシックスナインという行為は、お互いに気持ちよくなれる相互ペッティングです。ペッティングはどうしても一方がもう一方へ行うことが多いのですが、シックスナインだけは別です。

この行為を恥ずかしいと思ってしまう人も多いかもしれませんが、お互いに気持ち良くなれるので、セックスの最中により愛が深まるかもしれません。

ちょっと上級者向けのペッティングは前立腺マッサージ

jill111 / Pixabay

この前立腺マッサージは、少しだけ上級者向けのペッティングかもしれません。

前立腺とは精子が作られている器官で、この前立腺を刺激することで得られるオーガズムは射精とは一味も二味も違っているとのことです。

抵抗があったり、苦手だと感じる女性も多いでしょうが、タイミングがあれば、男性は女性に頼んでみるといいかもしれません。

男性の憧れ?おすすめのペッティングはパイズリ

KlausHausmann / Pixabay

上記にもあるフェラチオは、今では一般的に行われているペッティングとなっていますが、このパイズリも挑戦して欲しいペッティングのひとつです。

女性の胸の谷間に、男性器を挟んで擦る行為のことをいいます。胸が性感帯である女性も多くいるため、男性だけでなく案外女性も気持ちよくなれるペッティングかもしれません。

スタンダードなペッティング

Noupload / Pixabay

実は、ペッティングのやり方や方法に決まりはありません。順番や、必ずやらなければならないペッティングというのもありません。

ただ、色々な内容があるということを把握しておくと、今後パートナーとセックスをするときにバリエーションが増えてマンネリするのを防げたり、より愛が深まったりするかもしれません。

女性が喜ぶペッティングのやり方や方法!コツはある?

Skitterphoto / Pixabay

より良い関係性でセックスをするのに欠かせないペッティングですが、セックスにおいてペッティングもそこそこに挿入をしたがる男性のことを、多くの女性はあまりよく思っていないのです。

身体目的とされることを嫌がる女性が多いため、愛情が感じられるペッティングは女性にとってかなり重要な行為となります。

女性が望んでいるペッティングとはどのようなものなのか、コツなどはあるのかを調べてみましょう。

抱きしめる・手を繋ぐ

Free-Photos / Pixabay

手をつなぐだけでもペッティングになります。キスをしている最中に指と指を絡める、いわゆる恋人つなぎをするのです。

多くの女性は手をつなぐ行為に拘りを持ち、指を絡めるだけで性的興奮に繋がります。そして服を着たままでも、脱いだ状態でもしっかりと身体を密着させて抱きしめます。

抱きしめられることに多くの愛情を感じますので、嫌いな女性はいないでしょう。抱きしめる行為も非常に重要なペッティングのひとつです。

キスをする

Bess-Hamiti / Pixabay

キスもペッティングにおいて重要な行為です。もちろん一方的にガツガツとしたキスは女性に嫌われます。

唇と唇が軽く触れ合うだけのキスをしたり、舌と舌をゆっくりと絡めるディープキスなどが好ましいでしょう。徐々に濃厚なキスへと移行していくのがコツです。

男性の唾液に含まれているテストステロンという男性ホルモンは、女性の性欲を高めてくれる働きがあるため、時間をかけて女性とキスをするとより良いセックスへと繋がるでしょう。

まるで宝探し?上半身をペッティング

biancamentil / Pixabay

実は、服をさっさと脱がして胸を触ったり胸にキスをしたりなどの愛撫をする男性が多いのですが、ガツガツした印象になってしまうため、避けたほうが無難でしょう。

女性はその日の体調によって感じる場所が違ったり、感じ方が違ったりします。服を脱がせてからすぐにはがっつかず、頭を撫でてみたり背中を優しく触ってみたりすると良いでしょう。

女性の反応を見ながら様々な場所を触って、宝探しをするような感覚でペッティングを楽しんでしまいましょう。

耳・首・鎖骨あたりをペッティング

stux / Pixabay

耳や首、鎖骨周辺にもペッティングをします。特に耳が感じる女性は非常に多く、耳の穴に舌を入れてみたり息を吹きかけてみたりなど、女性の反応を見ながらペッティングをしましょう。

首や鎖骨周辺も優しくペッティングすることで、女性をより深い快感へと導くことができるかもしれません。

胸をペッティング

skeeze / Pixabay

キスをしたり、耳や首などのペッティングに時間をかけたあとは、胸へのペッティングもします。激しく強引にペッティングをされることが好きな女性も中にはいますが、少数派です。

もちろん、ただ単純に胸を触ればいいわけではありません。割れ物を扱うように優しくペッティングをします。すぐに乳首を触ることは避けて、できるだけ焦らしたりするのも良いでしょう。

乳首には徐々に近づいていき、最終的に乳首へのペッティングも丁寧に優しく行いましょう。このような動作も女性を深い快感へと導くものとなります。

下半身をペッティング

sungang / Pixabay

ゆっくりと、くまなく上半身のペッティングが終了したら、次は下半身をペッティングしましょう。すぐに性器に触ろうとせず、性器から遠い足先などのペッティングから始めます。

上半身同様、ゆっくりと優しく、丁寧にペッティングをすることで、女性をより性的興奮の状態へとすることができます。

ここでも焦らずにペッティングをすることで女性をより安心させることができるでしょう。

クリトリスなど性器をペッティング

Printeboek / Pixabay

足先の遠い場所からどんどんと性器に近づくよにペッティングをしたら、次にクリトリスのペッティングをします。しかしこちらもすぐにクリトリスを触ろうとしないようにしましょう。

性器周辺をゆっくりと優しく、指や口、舌でペッティングします。女性の性器が十分に濡れてきていることを確認してから、クリトリスに初めて触り、ペッティングをすると良いでしょう。

既に女性が性的興奮状態になっていれば、この時点でオーガズムに達することがあるかもしれません。

コツは時間を掛けてゆっくりと丁寧にすること!

Pexels / Pixabay

全てのペッティングにおいて言えることなのですが、基本はゆっくり時間をかけて、丁寧に行うことが非常に重要となってきます。

そしてすぐに女性が感じる性感帯にペッティングをするのではなく、なるべく遠い場所から徐々に近づいていくことも大切です。

ペッティングに集中できて、且つ性的興奮が高まっている状態であれば、挿入前にオーガズムを感じることができるでしょう。

触れるだけじゃない!耳元でささやくことで快感神経を刺激できる

Free-Photos / Pixabay

耳が性感帯であるという女性は多くいます。しかし、耳の穴を舐めたりすることだけがペッティングではないのです。耳元で愛の言葉をささyしたり、卑猥な台詞を言ってみたりすることもペッティングです。

「可愛い」「綺麗」「いやらしい」など女性を褒めたり、「可愛い下着だね」などと下着のことを褒めるのも女性に好まれます。

ただ、卑猥な言葉を苦手とする女性もいますので、女性の反応を見ながら行うほうが良いかもしれません。

更に気持ちよくするコツはオイルやローションを使用する

StockSnap / Pixabay

ゆっくりと優しく行うことが基本のペッティングですが、感度を高めるためにローションを使用することも時には良いかもしれません。滑りがよくなったりする効果があるので、より深い快感へと導くことが可能でしょう。

しかし、これらに対して抵抗感がある女性もいますので、慎重に持ち掛けてみてください。

また、代用品としてお風呂でボディーソープを使用することもできます。こちらのほうが自然に使用できるかもしれません。

NEXT:女性が処女の場合は特にペッティングを重視する!
1/2