言霊の持つ意味や効果は?効果的な使い方や気を付けることは?

言霊(ことだま)には、言葉に不思議な力が宿ると言われており、その力が不思議な現象を起こしてしまうこともあります。その意味や効果でポジティブやネガティブな力にもちょっと気を付けたいですね。気になる言霊について深く探っていきます。

言霊とは?どんな意味がある?言葉は言霊?

RyanMcGuire / Pixabay

言霊とは、言葉の一つ一つに不思議な、または、霊的な力が宿っていて、言葉から発せられる力に影響されることがあると言われています。

極端に例えると、いい言葉には良い力が宿り、悪い言葉には悪い力が宿っているため、言葉の使い方によってはその力が良くも悪くも働く可能性があるということになります。

古代から信じられている言霊の意味は?

HNDPTESBC / Pixabay

古代の日本人は言葉にある霊力を使っていたとも言われています。スピチュアルな感じがしますが、人は祈りや呪いにも使ってきました。

言霊とは、言葉に込められた魂のようなものと意味合いします。プラスの言葉を使い続けていると本当に良いことが起こるようになったと話題にもなっています。

言霊は神様に願いを伝えるという意味もある

言霊によって願いをかなえるという意味で、分かりやすいものが神様に捧げる祝詞なども実は言霊の一つとして読まれている物です。

日本最古の古事記には言霊が神各化した一言主大神が存在すると言われており、言葉が国を豊かにすることができると言い伝えられていきました。

一句間違えると言葉の意味は変わってきますので、神様に捧げる祝詞なども間違えては大変なことになってしまいます。言葉の力を侮ってはいけませんね。

祝詞は清音を使っていますが、濁音や「っ」は、攻撃的な意味があるために拗音を使っていません。祝詞にはプラスな言葉だけで神様に祈られています。

日本だけではない!全世界で言霊は信じられている

日本だけではなく、世界中でも言霊は使われています。おまじないや魔法の呪文、それらも言霊の一つと言われております。

「チチンプイプイ」「アダブラカブラ」などの呪文は外国でも、魔法や術を使う時に言う言葉で、言霊を利用して不思議な力を利用したともいわれています。

沢山の宗教の中でも、言霊が使われていることもあり世界中でも、様々な言霊が存在しています。祈りや願い、呪いにも使われていると言われています。

名前も言霊の一つ

janjf93 / Pixabay

誰にでもある名前ですが、実は名前にも、言霊(言葉の力)があると言われています。親が一生懸命考えてくれた自分の名前の響きに何か感じるものがあるでしょうか。

漢字や言葉の強さや優しさやイントネーションなど、多少なりとも影響を受けていませんでしょうか。名前は一生使うものですが、改名する人も実は珍しくありません。

例えばよくある「子」という字には、「豊かな一生」という意味合いが込められています。「太郎」は「健康」、「あ」から始まる名前は「明るく積極的」です。

NEXT 言霊信仰(思想)とは?