言霊の持つ意味や効果は?効果的な使い方や気を付けることは? 雑学・ライフスタイル

言霊の持つ意味や効果は?効果的な使い方や気を付けることは?

言霊(ことだま)には、言葉に不思議な力が宿ると言われており、その力が不思議な現象を起こしてしまうこともあります。その意味や効果でポジティブやネガティブな力にもちょっと気を付けたいですね。気になる言霊について深く探っていきます。

目次

[表示]

言霊とは?どんな意味がある?言葉は言霊?

RyanMcGuire / Pixabay

言霊とは、言葉の一つ一つに不思議な、または、霊的な力が宿っていて、言葉から発せられる力に影響されることがあると言われています。

極端に例えると、いい言葉には良い力が宿り、悪い言葉には悪い力が宿っているため、言葉の使い方によってはその力が良くも悪くも働く可能性があるということになります。

古代から信じられている言霊の意味は?

HNDPTESBC / Pixabay

古代の日本人は言葉にある霊力を使っていたとも言われています。スピチュアルな感じがしますが、人は祈りや呪いにも使ってきました。

言霊とは、言葉に込められた魂のようなものと意味合いします。プラスの言葉を使い続けていると本当に良いことが起こるようになったと話題にもなっています。

言霊は神様に願いを伝えるという意味もある

言霊によって願いをかなえるという意味で、分かりやすいものが神様に捧げる祝詞なども実は言霊の一つとして読まれている物です。

日本最古の古事記には言霊が神各化した一言主大神が存在すると言われており、言葉が国を豊かにすることができると言い伝えられていきました。

一句間違えると言葉の意味は変わってきますので、神様に捧げる祝詞なども間違えては大変なことになってしまいます。言葉の力を侮ってはいけませんね。

祝詞は清音を使っていますが、濁音や「っ」は、攻撃的な意味があるために拗音を使っていません。祝詞にはプラスな言葉だけで神様に祈られています。

日本だけではない!全世界で言霊は信じられている

日本だけではなく、世界中でも言霊は使われています。おまじないや魔法の呪文、それらも言霊の一つと言われております。

「チチンプイプイ」「アダブラカブラ」などの呪文は外国でも、魔法や術を使う時に言う言葉で、言霊を利用して不思議な力を利用したともいわれています。

沢山の宗教の中でも、言霊が使われていることもあり世界中でも、様々な言霊が存在しています。祈りや願い、呪いにも使われていると言われています。

名前も言霊の一つ

janjf93 / Pixabay

誰にでもある名前ですが、実は名前にも、言霊(言葉の力)があると言われています。親が一生懸命考えてくれた自分の名前の響きに何か感じるものがあるでしょうか。

漢字や言葉の強さや優しさやイントネーションなど、多少なりとも影響を受けていませんでしょうか。名前は一生使うものですが、改名する人も実は珍しくありません。

例えばよくある「子」という字には、「豊かな一生」という意味合いが込められています。「太郎」は「健康」、「あ」から始まる名前は「明るく積極的」です。

言霊信仰(思想)とは?

「ありがとう、嬉しい、幸せ、大好き、愛してる、ツイてる、美味しい、楽しい」などはプラスの言葉と言われています。何気ない一言ですがとっても大事な言葉です。

自分は楽しくないと思っていても「楽しい」と繰り返し言っているうちに本当に楽しいと思えることが起きる、「ありがとう」と繰り返しているうちにそう思う出来事を引き寄せるともいわれています。

それが言葉の力ともいわれている言霊です。言魂ともいわれているので、毎日使う言葉をちょっと振り返ってみることでもしかしたらプラスなことがおきるかもしれませんね。

言霊にはいろいろな意味がある

言霊とは、言葉の力と言いましたが、言葉の一つ一つにも実は意味があったことがわかってきました。姓名判断などにも用いられるのが実は言霊の文字に関係しています。

五十音で見るお名前言霊診断

Settergren / Pixabay

実はひらがなの一つ一つにも言霊があると言われています。とても神秘的なことですが、自分の名前の言霊を診断できるものがあります。

名前を大切にしてください。大人になると、社会や家庭での役名で呼ばれるなど次第に名前で呼ばれなくなる環境に身を置く方も多いです。でも、ご安心ください。「三つ子の魂百まで」というように、子供のころに名前を呼ばれていれば、ことだまの働きは目覚めています。また、名前を好きで、その名前に感謝していれば、頻繁に名前で呼ばれなくても大丈夫です。

(引用:ことだま協会)

五十音や音階にも言霊がある

Alexas_Fotos / Pixabay

不思議なことに五十音だけでなく、音階や音霊と言われる言霊も存在しています。ドレミなどの音にも言霊が存在しているのです。

言霊と音霊は大切な間柄です。例えば「ありがとう」と発する言葉も、軽く歌うような音階で相手に伝えると受け取る方は、とても気持ちのよいものです。

しかし、口を斜めに開き、相手を見下すように発する「ありがとう」は、どうしても聞き心地の良い音階は伴いません。文字に表す「ありがとう」は常に平面な心のない世界ですが、人が言葉として使うときには、正しい音階が必要なのです。

しかもそれらは私たち人間だけが使う特別な業(わざ)なのです。

「正しい言霊」「正しい音霊」を心がけたいものです。

(引用:中村建日オフィシャルサイト)

カタカムナ48音の思念(言霊)

とても興味深いことにカタカナにも言霊があると言われています。カタカムナによると宇宙の法則や48音の思念で数霊とも呼ばれる法則もあります。

『カタカムナ48音の思念(言霊)表』は、『カタカムナ ウタヒ』5首6首に表わされた音の順番に並べられた思念表です。思念とは、その『音に込められたエネルギー』を表しています。
そして、48音の並びが、そのまま数霊となっています。(1~48)

(引用:吉野信子オフィシャルサイト)

言霊はどのような力や効果がある?

とても言霊とは、奥が深いことがわかってきました。そんな言霊を意識してその力をどんな風に効果を出していくのかも気になるのでチェックしてみました。

言霊は引き寄せの法則と似ている

34680 / Pixabay

ブームになった引き寄せの法則と言霊の力って少し似ています。引き寄せの法則とは、考えることによって行動を変えていきます。それによって、自分が望む方向に物事が変わるということになります。

一方、言霊は言葉の力で、自分の存在意識が変わり、行動がその言葉のように意識されていくことで自然と望む方向に自分がポジティブや夢に向かって動きやすくなります。

いい言葉を使っていると、いい事ばかりを引き寄せるなんてことが本当に起こるのか?と思われますが決してそれだけではないということになりますね。

使い方によっては自分にとってプラスにもマイナスにもなる

3dman_eu / Pixabay

言霊に良い言葉と悪い言葉があると言いましたが、時には、使い方によっては、逆効果になってしまうという紙一重な場合もありますので気をつけましょう。

自分に投げかける言葉や他人に投げかける言葉でも変わってきます。良い言葉は、自分を奮い立たせ強くするときもありますが、悪い言葉は自分に跳ね返ってきて仇となってしまうのです。

自分にかける言葉で「疲れた」といえば余計に疲れますし、代わりに「よく頑張った」と自分に言ってみると、自分を肯定し達成感に変えることができます

すぐには効果はなくとも、徐々に繰り返しているうちにその効果や力を実感できるものです。物は考えようですが、言葉にするときに意識して初めてみるといいです。

言葉で病気を治すこともできる

qimono / Pixabay

昔、転んでけがをしたときに、大人に「痛いの痛いの飛んでいけ!」とよく言われませんでしたか?あのおまじないのような言葉をかけてもらったら痛いところが和らいだってこともあると思います。

まさにそのおまじないのような言葉は言霊です。「病は気から」とも言いますが、ポジティブな言葉が潜在意識に自然と入り込み気から元気になれるとい説も存在します。

恋愛面にも効果があると言われている

Nietjuh / Pixabay

言霊は恋愛にも影響をもたらします。例えば、嫌な夫に嘘でも「ありがとう」を言い続けていると、本当にありがたくなってきて、感謝を言われた夫も奥さんに優しくなって円満になったという話は有名です。

「好き」っていう気素を言葉にすることで、相手の心に響いたときに、相手の気持ちを揺さぶる効果があり相手も自分のことが気になったり、好きになってくれたりします。

いかに、相手に響く言葉を使えるかどうかは自分次第です。不満ばかり言っていると相手も不満が募り離れてしまう可能性も出てくるので気を付けたいですね。

言霊で金運をあげることができる?

nattanan23 / Pixabay

「お金がない」と口癖になっている人を見かけますが、いつまでたっても「お金がない」人って自分で金運を下げています。そんな人にはお金は寄ってきません。

それどころか、財布を落としたり、急な出費が増えたり余計にお金に関する不運が続いたなんて人もいるのです。「うちは貧乏だから」って言葉もNGです。

言霊ではポジティブな言葉に置き換えて話すことが大切です。 お金を増やすためには「OO円があるからOOができます。ありがとう」と感謝の言葉にシフトチェンジすることで改善できます。

ポジティブな言葉を自分にかけることで自分が好きになり自信にもつながる

geralt / Pixabay

「自分には無理だ」「OOのせいだ」「OOしたくない」などの言葉を使っていませんか?これらはネガティブワードになるって知っていましたか?

「自分ならできる」「OOやってみよう」「結果がうまくいかなかったけど学ぶことができた」など、プラスに変換してみるとどうでしょうか?

初めは違和感があるかもしれませんが、不思議と自分を肯定する力が作用してくることで、自分を好きになれます。そして、自然と自信に変わっていきます。

Pexels / Pixabay

捉え方はまずは自分自身と向き合うことから始めるといいかもしれませんね。自分に対するイメージが変われば、他のことに対する捉え方もプラスに持っていく癖ができるからです。

ポジティブな感情を込めると人間関係が円滑になる

sweetlouise / Pixabay

「ありがとう」の言葉は最強です。人と人の間にも、「ありがとう」の言葉や相手のいい所を褒めるだけで、人間関係は2倍良くなると言われています。

しかし、ただ言葉を発するだけでは長続きしません。いかに人の心に響くことかも重要です。うわべでの言葉ばかりではなく、自然に相手のいい所を見つけれるくらいになるといいですね。

前向きな言葉を使うことで精神状態を良好に保てる

xxolgaxx / Pixabay

自分のことが好きという人もいれば、嫌いって人もいます。しかし、自分は頑張っていることを知っているのは紛れもなく自分自身です。だからこそ、自分を褒めてあげることって大切でっす。

「よく頑張ってるな」って自分に言葉をかけて労わってあげることで、自分を認めて自分に優しくすることで余裕も出てきます。

逆に「まだ足りていない」「もっと頑張らなくては」という言葉はマイナスワードになって、自分で自分を縛り付けることなっているのです。余計に苦しくなってしまいます。

TheVirtualDenise / Pixabay

自分自身を認めてあげることは、精神状態にもかなりの良い影響があります。「一日お疲れ様」「よく頑張った」「これでいいんだよ」と自分に許可の言葉を発することや自分に「ありがとう」でもいいのです。

毎日の自分の精神状態にもプラスの言葉をたくさんかけてあげましょう。自分を卑下するような言葉は禁物ですので、気分のいい自分を保つことを心がけていきたいですね。

成長を促す

子供を育てる時に「褒めて伸ばす」とよく言いますよね。大人だって、褒められたらやる気になっていい成績を残すことができてしまいます。

成長過程で、ネガティブな言葉を言われ続けても、決していい結果にはならないと思いませんか?これは、他人だけではなく自分にも言えることですよね。

geralt / Pixabay

「かわいい子だね」「大好きだよ」「頑張ったね」プラスの言葉の中で育ってきた人は、自信にあふれた大人になっていきます。成長過程ならなおさらなのです。

毎日の中で、人は成長し続けますが、このプラスの言葉があるだけで、成長をさらに促してよいものへと変化していけるのです。日々にポジティブな言葉をプラスする意識を持ってみませんか。

人に元気や勇気を与える

StockSnap / Pixabay

人に悩みを打ち明けた時に、自分を否定されると相談しなければよかったと自分を責めたりしてしまうこともあります。しかし、「そうだったんだね」「大変だったね」と言われるとどうでしょう。

自分の心を開いて話しやすく、気持ちが楽になったり、元気になったりしますよね。「これからは良いことがあるよ」と言われれば嬉しくなりますよね。

自分も悩みを打ち明けられた時に、まずは相手の事を認めてあげてポジティブな言葉を伝えることで人間関係は本当に良くなっていきます。

AbsolutVision / Pixabay

言霊のポジティブ効果には実に良いことがたくさんありますので、人間関係にも是非、どんどんプラスに転換させて使ってみたいですね。

「やれる」と口にすることで目標を達成しやすくなる

ijmaki / Pixabay

昔から人は言霊を大切にしてきた様に、言霊には不思議な力がまだあります。「どうせできない」「無理」という言葉が口癖の人を見たことがありますか。

初めから自分に「できない」言葉をかけて自分にストップをかけているのです。しかし「できる」「やれる」の言葉が口癖の人は何とか乗り越えていくので不思議です。

自分に「できる」という言霊の力がプラスに働き、できる自分を潜在意識にすりこませることで、無意識にできる自分を作り上げているのです。

MabelAmber / Pixabay

「無理だろう」「できない」と思い込む呪縛からまずは解放され、自分にプラスの言葉をシフトしていくことが大切です。「自分ならできる」根拠ない自信でも大丈夫です。

良くも悪くも相手の言葉を左右する

言霊の不思議なところですが、言葉で結果が左右されるなんてことがたくさんありますよね。自分だけでなく、相手に対して「ポジティブ」な言葉で接していると関係は良好になっていきます。

しかし、ネガティブな言葉を連発していると、相手との関係も当然悪きなっていきます。下手すると、不毛な言い合いになってしまうことも最悪あり得ます。

いい言葉を発していると、相手もいい気分になってくることが言霊の不思議な力です。いい気分になった相手もいい言葉を返してくれるようになるので自分にさらにプラスになって返ってきます。

GDJ / Pixabay

言葉って本当に自分や周りにも影響を与えるので、ネガティブ思考な人でも、ポジティブな言葉を使っているうちにだんだん周りの状況が変わってきますので使ってみてくださいね。

NEXT:言霊を意識することで気持ちがこもった言葉になる
1/2