ジョン・タイターとは?タイムトラベラー?正体はトランプ?予言は? 占い・スピリチュアル

ジョン・タイターとは?タイムトラベラー?正体はトランプ?予言は?

現時点でタイムマシンはありません。しかし、ネット上で、タイムトラベラーを自称するジョン・タイターという男性が登場し2038年問題を解決しに来たといいます。彼の発言は嘘?彼の正体はトランプ大統領?ジョン・タイターの正体や予言の内容について調査しました。

目次

[表示]

ジョン・タイターとは?タイムトラベラー?目的は?

johnhain / Pixabay

「未来から来た。」通常でならば、ネタや戯言で処理されてしまう発言ですがジョン・タイターの場合は違いました。一体なぜなのでしょうか。

本項ではジョン・タイターの語った目的や現時点で判明している素性について解説して参ります。

ジョン・タイターとは?タイムトラベラー?2000年に現れた?

geralt / Pixabay

  • 名前:ジョン・タイター
  • 生年:1998年
  • 出身:フロリダ州

彼が現れたのは2000年11月。アメリカの大手ネット掲示板に現れ、2036年よりやって来たタイムトラベラーを自称しました。米軍の所属で任務の為タイムトラベルして来たそうです。

その際、自身が未来人である証拠を提示。更には未来の出来事を書き記しています。また彼の使用したタイムマシンがいかなるものなのかについても語っています。

そんなジョン・タイターですが、初めての書き込みからおよそ4カ月後、任務は完了したとの書き込みを最後にネット上から姿を消しました。

ジョン・タイターは2038年問題を解決するためIBM5100を取りに来た?

geralt / Pixabay

2038年問題とは、簡単に言えば2038年1月19日3時14分7秒をもってコンピューターが動作しなくなるという問題です。この問題については、現時点でも対策が講じられています。

しかし、ジョン・タイターの世界では凡そ2年後に期限が迫っていますが問題解決に至っておらず、問題解決の為に必要なあるものを入手する為に、タイムトラベルして来たと言う訳です。

そのあるものとはIBM5100、これは1975年に発売されたコンピューターであり、現行と古い世代のプログラムの両方を解読できる特殊な機能を持っていました。

3844328 / Pixabay

発売元であるIBM社は、ジョン・タイターの語った機能について明言していません。しかし、同社の元開発者が機能の存在を認めています。

これにより、ジョン・タイターの発言の信憑性が増しましたが、極秘であるこの機能を何故ジョン・タイターが知っていたのかについては謎でした。

尚彼がこの任務に任命されたのは、IBM5100の開発に彼の祖父が関わっていたからと本人が述べており、1975年にもタイムトラベルして入手したと語っています。

ジョン・タイターの写真はある?

Free-Photos / Pixabay

1942年、カナダで行われた橋の開通式。そこに映りこんだサングラスにTシャツ、更に小型のカメラを持った男性の姿。周囲の人に比べて浮いた服装の彼こそジョン・タイターと言われています。

この写真はネット上に今も残っており、確認する事が可能です。

ジョン・タイターの正体はドナルド・トランプ大統領って本当?

geralt / Pixabay

事実であれば夢があるような、恐ろしいようなジョン・タイター。しかしながら、フェイクの線も捨てきれず実際問題正体は謎のまま。しかし、2017年、彼の正体についてある説が浮上しました。

ジョン・タイターの正体は誰?ドナルド・トランプという説も?

2017年に浮上したのがドナルド・トランプ大統領がジョン・タイターだと言う説を語る上で、発明王エジソンのライバルだったニコラ・テスラについて解説しなければなりません。

テスラの発明は多岐に渡り、中にはオカルトじみたものも研究していました。そんなテスラが関わっていたのが、かの有名なフィラデルフィア実験です。

船体にコイルを巻き付け船体の磁気を消失させる事で、レーダーに捉えられなくする事を目標とした実験でした。そして、1943年実験が行われます。

船体は300km以上もワープした上、乗組員は黒焦げになったもの、壁に吸い込まれたもの、体の半分が透明になったものなど凄惨な様相を呈したと言われます。

生き残った乗組員も精神に異常をきたしており、実験自体は成功と呼べましたが多大な犠牲を払った結果フィラデルフィア実験は隠蔽されました。

ジョン・タイターの正体がドナルド・トランプと言われている理由は?

DariuszSankowski / Pixabay

1943年、テスラは死亡。彼の研究資料はFBIによって没収されました。そして、これに関与していたのがジョン・ジョージ・トランプ、トランプ大統領の叔父にあたる人物です。

発明家でもあった彼はテスラの研究について調査する過程で、テスラの研究していたタイムマシンの製造法を知り開発。そして、未来にタイムトラベルしその時の事とトランプ大統領に話したと言われています。

実際トランプ大統領は叔父について語った事もある上、偽名を使ってメディアと連絡を取る事もあります。その偽名の中にジョン・タイターがあると噂されており、以上の事から正体はトランプ大統領説が浮上しました。

ジョン・タイターの正体はドナルド・トランプではない?

geralt / Pixabay

ジョン・タイターの予言には、かつて騒がれた2000年問題が大きく関与しています。彼のいた未来では、2000年問題は大騒動になったそうですが、こちらではさしたる問題は発生しませんでした。

以上の事から、ジョン・タイター=ドラルド・トランプ説は誤りであるとも言われます。

しかしながら、ジョン・タイターによると彼の居た未来とこの世界は違っているそうです。この事については、後ほど詳しく解説させていただきます。

ジョン・タイターが遺したこれから先の予言は?日本についても予言していた?

MichaelGaida / Pixabay

ジョン・タイターは数多くの予言を残しました。そして、その中には日本に関する予言も存在しています。それらは一体どんな予言なのか、解説して参ります。

ジョン・タイターが遺したこれから先の予言もある?

GerDukes / Pixabay

ジョン・タイターの残した予言の中に2004年でオリンピックが一時中断する、2008年アメリカで内戦が起きる、2015年に第三次世界大戦が勃発するなど恐ろしいものもありましたが、幸いな事に外れています。

2017年、死者30億人を出しながらも第三次世界大戦はロシアの勝利をもって終結と言う予言もなされていますがこちらも外れています。

また2020年にはアメリカの内戦が終了、新たな連邦政府が設立され世界の殆どが社会主義国家になるとの予言なされていますが現時点では予言が的中するきざしはありません。

ジョン・タイターは日本の今後も予言していた?新大和皇国になる?

前述の通り、ジョンタイターは2020年の日本についての予言も残しています。それによると、2020年、日本は3つに分断され名前を新大和皇国になると言うものです。

蝦夷共和国、政府管理区域、岡宮ができる?岡山が首都になる?日本地図は?

geralt / Pixabay

2020年の日本についての詳細は以下のようになっています。

  • 北海道、青森、秋田は蝦夷共和国となる。
  • 上記以外の東北地方、関東地方、新潟の約半分は政府管理区域で立入禁止に。
  • それ以外の地域は新大和皇国となる。
  • 首都は現在の岡山であり、その時の名前は岡京

ネット上にはこの予言に基づいた日本地図が存在しますが、日本以外には出回っていません。その為、胡散臭いと称する声も存在しています。

また2036年には日本は韓国の植民地となる、と言うジョン・タイターの予言が韓国の新聞で取り上げられました。しかし、これは韓国のネットユーザーが作った嘘だった事が判明しています。

併せて読みたい世界の不思議に関する記事はこちら

ジョン・タイターは予言を遺した?当たった予言まとめ

truthseeker08 / Pixabay

ここまでは、ジョン・タイターの予言の中でも外れたもの、そして現時点では未確定なものをあげてきました。しかし、彼の出した予言はそれだけに留まりません。では、他にどのような予言があったのでしょうか。

ジョン・タイターは予言を遺していた?当たったものもある?

Mysticsartdesign / Pixabay

ジョン・タイターが現れたのは前述の通り、2000年の事。そして、2040年までの予言と2045年のタイムマシン一般化と言う当人の見解を示しています。

第三次世界大戦の勃発やオリンピックの中止については、現在のところ外れているものの姿を現した2000年に近い予言は、時期こそズレはあるものの的中しています。

ジョン・タイターの当たった予言①:イラクが核兵器を保有している

SpaceX-Imagery / Pixabay

ジョン・タイターは第二次湾岸戦争もといイラク戦争の勃発を予言していました。イラクが核兵器を隠し持っている為、との理由も語らています。

そして、2003年、実際に核兵器は見つかる事は無かったものの、ジョン・タイターの予言と同じ理由でイラク戦争は勃発しました。

ジョン・タイターの当たった予言②:狂牛病の流行

Alexas_Fotos / Pixabay

アメリカ国内で発症が確認された狂牛病。当時日本でも大きな話題となり、連日ニュースで報じられました。

この一連の騒動をジョン・タイターは予言しており、彼の居た世界では狂牛病によって多くの人が命を落としたとも述べています。

ジョン・タイターの当たった予言③:ペルー沿岸地震

Arcturian / Pixabay

2001年2月、ジョン・タイターはペルーで地震が発生する事をほのめかしました。またそれに伴い、予言は可能だが生き残る人が死に、死ぬ筈だった人が生きると意味深な発言を残します。

そして、ジョン・タイターが姿を消した同年6月、マグニチュード8.1の巨大地震がペルー沿岸を襲いました。この地震は死者102名、負傷者1200人と大きな被害をもたらしました。

ジョン・タイターの当たった予言④:中国の宇宙進出

Comfreak / Pixabay

2003年10月15日、中国は宇宙進出に対して大きな一歩を踏み出しました。国内初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功、これは世界で3番目の快挙となります。

ジョン・タイターは2001年以降、宇宙へ中国が進出することを予言しておりまたもや予言的中となりました。

ジョン・タイターの当たった予言⑤:新しいローマ教皇の即位

Walkerssk / Pixabay

新たなローマ教皇の誕生を予言していたジョン・タイター。予言から4年後の2005年、ヨハネ・パウロ二世が亡くなり、ベネクディト16世が教皇に即位しています。

予言が的中したとも言われている一方で後述の理由により、誰でも予測できたのではとも言われている予言でもあります。

ジョン・タイターは3.11も予言していた?

aitoff / Pixabay

ジョン・タイターの予言の中には2008年、東京で直下型地震が発生すると言うものがあります。この地震によって、大混乱が起きると述べていました。

しかし、実際には2008年に地震は発生してません。予言から3年後の2011年に起きた3.11の事だ、と言う意見もありますが後付けだと片づけられる事も少なくありません。

ジョン・タイターには外れた予言もあった?

mohamed_hassan / Pixabay

前述の通り、未来人ジョン・タイターでも外れた予言は存在します。では、なぜ外れたのでしょうか。その外れた予言をより詳しく解説するとともに、予言に纏わる疑問点などを解説していきます。

ジョン・タイターには外れた予言もある?

2005年のアメリカにおける内戦となります。内戦の余波で世界的に治安が悪化。その為、2008年に開催予定だった北京オリンピックは開かれず、2040年まで再開されていないと予言しています。

当然ながらそんな事にはなっておらず、北京オリンピックの後もオリンピックは問題無く開催されています。ロシアの各国攻撃による第三次世界大戦勃発もまたしかりです。

これらの一連の予言は外れたと言う意見が大多数を占める中、トランプ大統領就任でデモが発生した事に基づき、時期がズレただけと言う意見も存在しています。

ジョン・タイターは本当に未来人だったのか?当たった予言も予測できた?

pixel2013 / Pixabay

当たったと言われる予言についても、疑問符がついているのも事実です。例えば、ローマ教皇が変わった事についてですが、予言時点でヨハネ・パウロ二世は80歳を超えていました。

変な話ですが、いつ何が起きても不思議ではない年齢であり、実際時期教皇についても近々即位するであろうと考えられていました。

またペルー沿岸は元々地震の多い場所でいる地域でもある為、予想するのは難しくなかったのではと指摘されています。

ジョン・タイターが元いた世界と行った先の世界は違う?

Comfreak / Pixabay

そもそも予言と言われる一連の内容は、彼の居た世界での出来事を語っています。そして、彼の語った世界規模の戦争やそれに伴う混乱は2000年問題が起因でした。

またジョン・タイターは2036年から1度1975年に飛び、続いて1998年に幼い頃の自身と両親の前に姿を現し2年ほど奇妙な同棲生活を送ったと述べています。

ジョン・タイターのタイムトラベルや一連の行動により、彼の居た世界とこの世界では2%のズレが生じました。そのズレ故に彼の語った出来事は起きなかったとされます。

エヴェレットの多世界解釈とは?

geralt / Pixabay

前項の内容を踏まえて、ジョン・タイターはエヴェレットの多世界解釈は正しいと述べました。この説は、1957年に提唱された「分岐の数だけ世界は存在する」というものです。

一例をあげるならば「イチローが引退したこの世界」の他「未だに第一線で現役を続けている世界」「メジャーに行かなかった世界」などが同時に重なり合うようにして存在していると言う説です。

さらに、タイターは、「エヴェレットの多世界は、時間の異なる別の世界線であり、恐らく無限に存在する」といったような解釈を付け加えることによって、タイムトラベルの結果生じる矛盾、いわゆるタイムパラドックスの問題が解決されるとしている。

(引用 Wikipedia)

タイムトラベルとは異なる世界線を移動する事により行われるものであり、仮に過去に戻り自分自身を殺害しても、世界は分岐するだけであり、自分は消える事は無いとタイターは述べました。

2chでも話題に

geralt / Pixabay

ジョン・タイターは2ちゃんねるでも大変な話題となりました。登場以降、オカルトを語る際には再三彼の名前があがっています。

しかしながら「世界線が変わる」なら何とでも言えると言う辛辣な意見も少なくはありません。

NEXT:ジョン・タイターは嘘という説も?嘘である理由は?
1/2