神奈川県警はなぜ無能?無能伝説と不祥事についてのまとめ

「警察官は、個人の生命、身体及び財産の保護。公共の安全、秩序の維持に従事します」神奈川県警が新人警察官募集に宛てたメッセージです。不祥事を量産して無能と呼ばれる神奈川県警は今新人に期待するしかない状態のようです。今回は神奈川県警についてまとめました。

神奈川県警はなぜ無能と言われるのか

Alexas_Fotos / Pixabay

警察は46の警察本部と、警視庁は東京と全国の警察を統括する立場にあり、「地域の安全と秩序を守るため」に各都道府県に設置されている仕組みです。

採用試験は各本部で行います。46もの本部があれば各本部に特色が出るのも当然ですが、近年神奈川県警は不祥事、マスコミに明らかになっただけでも群をぬいています。

今から紹介する不祥事を見れば、「無能」と言われても仕方ない原因がたくさんあります。

神奈川県警は不祥事のデパートと言われる汚名がある

unserekleinemaus / Pixabay

1990年代に入り、「警官であるまじき行為」を量産し続けている神奈川県警ですが、しくじり県警として別名を付けられてしまいました。

組織ぐるみ、警官の「不祥事」の品揃えが豊富なことから「不祥事のデパート」と不本意な名前で呼ばれています。

警察組織内でほぼ年一で犯罪者を出す

3839153 / Pixabay

ニュースで流れてくる警察の不祥事に「また神奈川県警か!」と既に市民権を得ている言葉になってます。

警察官と言えば、鍛錬を怠らず、道場に通い己の精神と肉体を鍛える人材が多いイメージです。蓋を開けると真面目な警官の中に権力やコネをかざし欲望を抑えられない人々がいます。

さらに神奈川県警にはそういう人材が上層部にもいるため誰も見抜けないのでは、と疑りたくなります。事件が起きてしまうのでしょう。

神奈川県警の無能伝説と不祥事・まとめ

これから紹介するのは無能伝説・不祥事といわれても納得のいく事柄ばかりです。人権無視、パワハラ、モラハラのオンパレードです。

これなら、求職中の正義感のある人に職務を譲った方が町の治安、秩序を正義感で守ってくれそうだとも言われています。

2018年神奈川県警本部の警部が強盗

stux / Pixabay

10月26日、伊勢佐木署の地域3課長の男性警部(41歳)が万引きと警備員の暴行したとして事後強盗容疑で現行犯逮捕されました。

5日午後10時過ぎ同僚と食事をした帰りに、ディスカウント量販店に立ち寄りました。そこで車の芳香剤と靴下計3点を万引き、声をかけてきた警備員を突き飛ばしました。

逮捕された警部は「お金を使いたくなかった。レジを探すうちに、ばれないだろうと魔が差した」と話しており、「後悔しかない。同僚や被害者に申し訳ない」と話していたといいます。

4711018 / Pixabay

なお、犯行が伊勢佐木署管轄内で行われていた為、前代未聞の「同僚」に逮捕されてしまいました。警部は3日に着任したばかりで、職場付近で事件を起こしています。

県民の見本とならなければならない警部が、非行のお手本になってしまうとは、残念なことです。

NEXT 2018年銃刀法違反で虚偽内容の捜査書類報告書を作成