最後の晩餐の意味とは?どうして最後なの?絵画に隠された意味や謎?

最後の晩餐の絵画には、様々な意味が隠されていると言われています。レオナルド・ダ・ヴィンチの壁画が有名ですが、その中には手に持っているものなどからも裏切り者が分かったりします。RADWIMPSやゴールデンカムイにも使われている最後の晩餐の情報をまとめました。

最後の晩餐とは?意味は?どうして最後なの?

ijmaki / Pixabay

最後の晩餐は、世界的に有名な絵画として知られています。最後の晩餐は多くの絵画や壁画にされ有名ですが、特に有名なのは著名な芸術家であるレオナルド・ダ・ヴィンチの描いた壁画です。

最後の晩餐という作品や、その名前は知られていますが、最後の晩餐の意味や、なぜ最後と呼ばれているのかを知らない人も多いでしょう。

最後の晩餐とは一体どのような意味なのか、なぜ最後と呼ばれているのかを説明していきます。

最後の晩餐とは、どういう意味?

naobim / Pixabay

最後の晩餐とは、キリスト教の開祖とされ、信仰の対象とされているイエス・キリストの処刑前夜に起こった出来事です。最後の晩餐はキリスト教の新約聖書、キリストの福音書に載っています。

イエス・キリストは十字架に磔にされ、処刑される前日の夜に、十二使徒と呼ばれている自身の高弟たちと夕食をとっています。その夕食の事、夕食に起きた出来事が最後の晩餐と言われています。

最後の晩餐は、イエス・キリストによって高弟の1人が裏切るという予言、それによって他の弟子は逃げ散る事、その予言で動揺する弟子たちの様子といった内容で知られています。

最後の晩餐は、レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた壁画が有名

最後の晩餐を描いた芸術家は数多くいますが、中でも有名なのがイタリアの芸術家であるレオナルド・ダ・ヴィンチの描いた壁画です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた最後の晩餐は、イタリアのミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会というカトリック教会にあります。

レオナルド・ダ・ヴィンチは芸術家としてだけではなく、様々な分野の学者としても有能な人物で、最後の晩餐の壁画には色々な技法を取り入れられていて、現在も予約を取らないと見れない程の人気があります。

最後の晩餐はどうして最後なの?キリスト処刑前の最後の食事?

Free-Photos / Pixabay

最後の晩餐と呼ばれる訳は、キリストが処刑前に最後に行った晩餐だからという意味もありますが、それだけではありません。

キリストが生前最後に食べた夕食だったからというだけではなく、キリスト自身がこれで最後の晩餐であると予言した事や、この時の晩餐は、過越しの食事と呼ばれるものだった事という意味も持っています。

最後の晩餐では、キリストが最後の食事になると予言していた?

rawpixel / Pixabay

キリストは自身で、これが最後の晩餐になると食事中に予言したとされています。キリストは弟子たちに葡萄酒とパンを与えました。

キリストの与えた葡萄酒とパンは、人類の罪を許してもらうために、犠牲になる自身の体と流す血、契約の血であるとされています。

最後の晩餐の「晩餐」には過越の食事という意味もある?

jill111 / Pixabay

最後の晩餐には、最後の過越しの食事という意味も含まれています。ユダヤ教には過越しの祭りと呼ばれる宗教上重要な祭りがあります。

過越しの祭りの最中に食べる食事を過越しの食事と言い、現在でも重要な伝統として行われています。過越しとは、かつてエジプトで奴隷となっていた民が、解放された時の出来事にちなんで呼ばれています。

神はエジプト中に災いを起こしましたが、山羊の血を門に塗っている家だけは過ぎ越していった、という事から過越しの祭りと呼ばれています。奴隷から解放された事を祝って、今でも祭りとして行われています。

絵画「最後の晩餐」に隠された意味は?裏切り者は?

ijmaki / Pixabay

レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた最後の晩餐は1945年に製作を始め、1948年に完成しています。未完成の作品が多いと言われているレオナルド・ダ・ヴィンチの中で、完成した作品としても有名です。

キリストの最後に食べた食事や、弟子たちの戸惑う様だけではなく、様々な意味が込められていると言われています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの多種多様な技法によって最後の晩餐には、描かれた12人の弟子たちの仕草や位置にまで、深い意味が込められているという説も出ています。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた最後の晩餐には隠された意味が?

_Alicja_ / Pixabay

レオナルド・ダ・ヴィンチは、万能の天才と呼ばれる程、芸術以外の分野での造詣も深い人物でした。レオナルド・ダ・ヴィンチは、その知識を芸術の分野に活かして、多くの技法を生み出していました。

最後の晩餐は、遠近法の1つである一点透視図法を使って描かれており、深い奥行のある絵画となっています。今までの最後の晩餐を描いた作品には見られない、斬新な作品と言われています。

登場している13人の人物は、それぞれに細かい表情や仕草が描かれており、深い意味が込められているとされています。

最後の晩餐に描かれた弟子たちの位置にも意味がある?

qimono / Pixabay

描かれた12人の弟子たちは、キリストの位置から近くにいる事や離れている事からも、動作の意味を考えられています。

中心をキリストとして、離れている弟子はキリストの声が聴きにくかったためか、立って聞き取ろうとしていたり、キリストが何を言っていたか、他の弟子に聞いている様子が描かれています。

最後の晩餐の裏切り者は誰だったのか?手で鉢に食べ物を浸した者?

bella67 / Pixabay

最後の晩餐でキリストが予言した裏切り者は、イスカリオテのユダと言われています。ユダはレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画では、キリストの右手側の2番目に座っています。

他の弟子は驚きの表情や、イエスの言葉を聞こうと身を寄せていますが、ユダは1人だけ身を引いています。キリストは手で鉢に食べ物を浸したものが裏切るという予言をしたと聖書に記述されています。

最後の晩餐でイスカリオテのユダが手に持っているものとは?

stevepb / Pixabay

イスカリオテのユダが持っているものはお金とされています。ユダはキリストから会計係を任されていました。

ユダが裏切った理由とされるのも、お金のためとされています。ユダは当時使われいたお金の単位の30シェケルという金額で、キリストの身柄を売ったとされています。

また、会計係を任されていたユダは、不正を働くことのできた立場とされています。

絵画「最後の晩餐」の構図の意味は?

132369 / Pixabay

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐は、それまで一般的と言われていた描き方とは違った描き方をしています。

それに加え、遠近法というレオナルド・ダ・ヴィンチが理論家したとされる技法が使われており、当時のレオナルド・ダ・ヴィンチの凄さが分かる壁画として知られているのです。

消失点を利用した遠近法

cegoh / Pixabay

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐に使われている一点透視図法という遠近法は、消失点と呼ばれる1点があり、その1点を中心として構図をとっています。

消失点はキリストの額部分にあった事が発見されており、中心がキリストとなっていることが分かります。

この構図によって、キリストに目がいくようになっているのです。

三人一組で描かれた人物たち

skeeze / Pixabay

12人の弟子たちは、三人一組で描かれ、台形の構図となっています。キリストを囲むように描かれている弟子たちの構図は、やはりキリストに目がいくように描かれています。

最後の晩餐に出てくる人物は?

mohamed_hassan / Pixabay

最後の晩餐には、イエス・キリストと12人の弟子たちが描かれています。人物それぞれにエピソードがあり、作品としてセオリーのような描かれ方があります。

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐では、キリスト中心として周りを囲むように弟子たちが描かれています。

イエス・キリスト

中心に描かれ、赤い服を着ているのがキリストです。最後の晩餐では、キリストは中心に描かれるのがセオリーで、レオナルド・ダ・ヴィンチもそれにならい中心にキリストを描いています。

イエス・キリストのエピソード

キリストはキリスト教の開祖とされており、弟子の中から十二使徒と呼ばれる12人の弟子を選び、特権を与えたのもキリストです。

キリストは様々な奇跡を起こしたり、予言をしたとされています。最後は自らを、ユダヤ人の王や神の子であると名乗った罪で処刑されてしまいます。

しかし処刑された3日後に、また奇跡を起こし復活したとされています。

イスカリオテのユダ

レオナルド・ダ・ヴィンチの壁画では、キリストの右手側から2人目の黄色い服を着た人物が、イスカリオテのユダとされています。

黄色い服は卑しい者が着る色とされ、裏切り者のユダは黄色い服になっています。

イスカリオテのユダのエピソード

イスカリオテとは、カリオテの人という意味を持ち、ユダの出身地を表しています。他の弟子はガリラヤ出身ですが、ユダだけはカリオテの出身だったため、このように呼ばれています。

ユダはキリストを裏切ったため、裏切り者の代名詞として使われる程、有名になりました。キリストがユダの裏切りによって処刑された後、ユダは罪悪感で自殺したと言われています。

バルトロマイ

バルトロマイはキリストの右手側の一番離れた所にいる人物です。机に手をつき、キリストの話を聞こうと体を寄せている様子です。

バルトロマイのエピソード

バルトロマイはキリストが処刑された後、キリストの教えを布教する伝道師としてアルメニアで活動していました。しかし捕らえられ、生きたまま皮を剥がされ、殺されてしまいました。

そのような最後だったため、ミケランジェロのバルトロマイを描いた作品で、ナイフと自分の皮を持っている様子が描かれています。

小ヤコブ

バルトロマイの隣にいる左手を伸ばしているのが小コヤブです。小コヤブはキリストに姿が似てるとされていました。

小ヤコブのエピソード

小コヤブはキリストの近親者であると言われています。キリストの処刑後は、初代のエルサレム司教となって活動していました。

小コヤブは最後、エルサレムの神殿から落とされた後に、こん棒でたたき殺されたとされています。そのため、小コヤブを描いた作品は、こん棒を持った姿で多く残されています。

アンデレ

小コヤブの隣にいる、手のひらを前にして胸の所に置いている人物がアンデレです。キリストの予言に驚いているような様子を描かれています。

アンデレのエピソード

アンデレは同じ十二使徒であるペトロの弟とされています。元はヨハネの弟子だったのですが、キリストの弟子となりました。

アンデレは布教活動や多くの治療を行いました。最後は、X型の十字架にはりつけられ、処刑されました。

ペトロ

アンデレの隣にいる、キリスト側に大きく身を乗り出している人物がペトロです。ヨハネに何かを耳打ちしているとされています。

ペトロのエピソード

ペトロはアンデレの兄で、アンデレと共に漁師をしていました。十二使徒の中のリーダーのような存在とされ、キリストの問いに対して率先して答えていました。

ペトロはキリストに「鶏が鳴くまで私を3回否定するでしょう」という予言を受け、キリストが捕まった後、死への恐怖から仲間ではないと3回否定した時に、実際に鶏が鳴いたと言われています。

予言を思い出し、悲しみに暮れたとされています。最後は、逆さ十字架に掛けられ死亡しました。

ヨハネ

ユダとキリストの間にいるのが、ヨハネです。若く中性的に描かれています。キリストの愛する弟子とされ、キリストの隣に描かれています。

ヨハネのエピソード

ヨハネはヤコブの弟で、漁師をしていたところ、キリストに出会い弟子となりました。ヤコブ、ペトロと同じ一番弟子とされ、十二使徒の中でも特別だとされています。

ヨハネは毒を飲んでも生きていたり、先に毒を飲んで死んだ罪人を生き返らせたと言われています。気性が荒かったため、キリストから「雷の子」と呼ばれていました。

ヨハネは処刑されず、晩年をパトモス島で過ごし、そこで黙示録を記したとされています。

NEXT トマス