三輪ひとみは離婚した?現在はバーを閉店?子供は?出演作品もまとめ エンタメ

三輪ひとみは離婚した?現在はバーを閉店?子供は?出演作品もまとめ

ウルトラマンや仮面ライダーの特撮作品、ホラー作品に数多く出演される女優・三輪ひとみさん。映画「捨てがたき人々」では報知映画賞にノミネート。傍らホラー要素を含む娯楽バー「煩悩」を経営したり活躍は多岐に渡ります。離婚の噂や子供は?などの真相を検証しました。

目次

[表示]

三輪ひとみの現在は結婚した旦那と離婚?子供は?バー経営?

三輪ひとみさんは現在アラフォーですが、若く美しいお姿で現在も活躍されています。結婚はされたとご自身で報告されていますが、離婚をしたという噂や、子供の存在がいるのか気になるところです。

2012年には「煩悩」というホラー要素を盛り込んだバーの経営もされています。精力的に活動されている三輪さんに詳しく迫ってみたいと思います。

三輪ひとみのプロフィール

  • 本名:非公表(旧姓は芸名と同じ)
  • 生年月日:1978年12月18日
  • 血液型:B型
  • 身長:158㎝
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 趣味・特技:ドライブ・パン作り・料理

instargramやTwitterなどSNSにも頻繁に近況などを載せており、ホラー映画クイーンと呼ばれる一方で、明るく楽しい事が大好きな女性という印象があります。

和製ホラークイーン?ホラー映画でも話題の三輪ひとみ

三輪さんは数々のホラー作品に出演されている事で知られています。

  • 呪怨(2000年:清水崇監督)
  • エコエコアザラクII(1998年:上野勝仁監督)
  • D坂の殺人事件(1998年:実相寺昭雄監督)
  • 死びとの恋わずらい(2001年:渋谷和行監督)
  • 発狂する唇(2000年:佐々木浩久監督)
  • 血を吸う宇宙(2001年:佐々木浩久監督)
  • 生霊(いきすだま)(2001年:池田敏春監督)
  • 囁く怨霊(2000年:渋谷和行監督)
  • 新耳袋/木原浩勝の美女怪談(2002年)
  • 裏ホラー(2008年:白石晃士監督)
  • ひぐらしのなく頃に(2008年・2009年:及川中監督)
  • 心霊食堂(2015年・2016年)

他、多数に出演しています。2015年の週刊プレイボーイで「ホラークイーン・三輪ひとみ」と題して当時の記事を掲載しています。

三輪ひとみが結婚したのは一般人男性?

Takmeomeo / Pixabay

2008年11月に、一般男性と結婚した事を公式ブログで発表しています。旦那さんは一歳年上の背の低めの方だそうです。ニコニコ笑顔の、とても誠実で真面目なタイプのようです。

三輪さんは、あまりご自身のプライベートについて語る事をしないようです。旅行やグルメなど日常にあった事柄・仕事の事などをよく話題としています。

三輪ひとみに子供はいるの?

marcisim / Pixabay

SNS上に、子供時代の三輪さんや妹さんを掲載していたり、共演の女の子の写真を載せて「可愛い」と言っていたりと、実の子供の事にはふれていませんが、話す印象から子供好きな事が伺えます。

結婚時に妊娠はしていないような発言はしていましたが、それ以降お子さんがいるのかどうか、一切触れてはいませんので、実際のところは分かってはいません。

三輪ひとみに離婚の噂?デマなの?

Tumisu / Pixabay

三輪さんが離婚されている、という噂が流れています。出所ははっきりとはしていませんが、いかにも既成事実のような内容の記事を目にしたりします。

ご本人のブログやSNSにも、離婚をしたような事は書かれていないことから、これは噂であり実際にあるとすればご本人から報告があるかと思われる為、今のところ事実無根ということでしょう。

三輪ひとみは飲食店を経営してた?「Bonneeau煩悩」とはどんなお店?

三輪さんは女優業の傍ら、2012年からホラー要素を含んだ完全予約制の隠れ家バーを経営していました。ご自身がとてもお酒好きで、この美味しさを皆にも知ってもらいたい、という思いから開店されたそうです。

バーには切断された脚やドクロの模型を飾っていたり、個性の強いインテリアになっています。ご本人は若い頃からかなりの酒豪、二日酔い知らずで知られているそうです。

「Bonneeau煩悩」は現在閉店してる?現在は野菜販売オンラインショップ?

バー「煩悩」は惜しまれながら、2018年8月に閉店しています。SNSやホームページで閉店の報告、6年間の感謝を述べています。煩悩のホームページやSNSアカウントはまざ現存しています。

バーは閉めましたが、長野県の野沢温泉村にある「煩悩菜園」で育てられた、無農薬・低農薬野菜を販売することをメインにしたオンラインストアとしてお店を継続して続けています。

時折、イベントが開催されるそうで、情報をホームページやSNSで、都度発表されています。知りあいや三輪さんのお父さんによる音楽ライブや煩悩野菜を堪能できるイベント等を過去に開催しています。

三輪ひとみのヌードが噂に?濡れ場でのおっぱいが美乳だった?

xusenru / Pixabay

三輪さんはホラークイーンと異名を持ちますが、人間の生き方を生々しく描いた作品では脱いで欲望を晒すというような役どころも演じています。ご本人曰く、本来は人見知りだったそうです。

若い頃には妹・明日美さんと写真集も出されており、見事な水着姿を披露しています。とてもスタイルが良く、綺麗な胸の形にも魅せられてしまいます。

三輪ひとみが「捨てがたき人々」の濡れ場でヌードを披露!

efes / Pixabay

大森南朋と大胆な絡みのある場面が話題となった「捨てがたき人々」。生きる意欲をなくした男との人間ドラマを描いた作品。三輪さんは大胆な絡みのシーンで見事な濡れ場を演じています。(R18+指定映画)

「捨てがたき人々」で大胆に脱いだ事について、三輪さんには女優としてのこだわりがあったようです。

「脱がないほうがいいって意見は多かったんですよ。ただ、この作品ではそこも大事であって。日常生活でお風呂入りますよね? その時、脱がないで入る?って。そこが生理的にどうしてもイヤというのは別になかったんです。(引用:excite.ニュース)

女優としてのストイックさが、人間味があふれるこの性や欲を描いた作品で滲み出ているのが、感慨深く感じられる言葉です。2015年の報知映画賞、女優賞にノミネートされています。

三輪ひとみはおっぱいの形が綺麗?

NjoyHarmony / Pixabay

写真集が出た時に、胸の形が綺麗だと言われていました。実際にスタイルも良くバランスのとれた胸の形が綺麗です。実際、ファンの間では胸が大きくサイズが気になるといったような声があります。

三輪ひとみの胸のカップ数は?

結構大きいように見えるけれど、公式発表はされていません。憶測では色々と噂が飛び交っており、ネット上ではスリーサイズは上から84、56、82とされているようです。

気になる見事な胸のカップについて、議論がされ続けているようですが胸のカップはE~Fというのが一般的に妥当な意見だと言われています。

三輪ひとみの経歴は?話題になった出演作品は?

27707 / Pixabay

三輪みとみさんは様々な作品に出演されています。ホラー作品や特撮ヒーローものに多く出演されている事で知られてもいます。それ以外にも数々の有名な作品に出ていらっしゃいます。

三輪ひとみは河合塾のCMでデビュー

三輪さんが女優デビューしたのは「河合塾」のCMでした。1996年、18歳の時です。企画・演出映画監督の旦 雄二さん。「J・ディーンと少女 篇」というタイトルがついています。

キリっとした眉の快活なイメージの少女で、今の三輪さんの面影があります。

若い頃はエキストラも経験していた?

marmax / Pixabay

18歳でデビューをする前は、アルバイトで映画やテレビのエキストラに数多く出ていたそうです。エキストラのアルバイト募集に応募したのが切っ掛けでした。当時エキストラでも、1日8,000円が貰えた時代です。

三輪ひとみは映画「捨てがたき人々」で大森南朋と濡れ場も?ヌード?

三輪さんが女優としての新境地をみせたのが2014年6月公開の「捨てがたき人々」でした。大森南朋さん演じる主人公、狸穴(まみあな)勇介の行きつけの弁当屋で働く岡辺京子役を演じています。

顔に痣があり、新興宗教の熱心な信者の女性を体当たりで演じました。こういう役柄を演じるのが初めてだったので、三輪さんはかなり苦行のような辛さを経験しながら演じ切ったそうです。

「結構自分を追い込むタイプなんで、作品に入ってる時は一切ストレス発散しなくて、終わってからですね。作品に入ったら食がすごく細くなるのは昔からだし、今までの役柄もあると思うんですけど、追い込まないとできないというか、わかりやすく食も含めてハングリーでないといけない」(引用:excite.ニュース)

三輪ひとみは「仮面ライダーカブト」に骨折しながらも出演?

三輪さんの役は、敵のワーム軍団の重要人物で、喪服を着てレクイエムなどの音楽用語を使って話す声楽家。この作品中に脚を骨折してしまい、鎮痛剤を打ちながら演じ切ったというエピソードが残っている。

作品中に三輪さん演じる声楽家が、木や何かに凭れかかっているシーンが目立ったが、それは骨折による痛みが原因だったそうです。演者としての責務を果たす姿勢が素敵です。

三輪ひとみのホラーは?ドラマや映画は?出演作品まとめ

三輪ひとみさんが出演された数々のホラー作品、それ以外にもどのような作品に出演されているのでしょうか。どんな役を演じているのか見てみましょう。

三輪ひとみのホラー出演作品①:映画「発狂する唇」

三輪ひとみさんの初主演映画となった2000年に公開のホラー映画「発狂する唇」。この映画での演技が非常に高く評価され、ここからホラー作品に次々と出演されるようになります。

首なし幽霊あり降霊術あり怪しげな霊能者あり、殺人ありレイプあり歌謡ショーありカンフーアクションありクトゥルー神話ありと、一応ホラーという位置づけの異質な作品のようです。

三輪ひとみのホラー出演作品②:映画「呪怨」

日本が誇る最高のホラー映画「呪怨」にも出演しています。恐怖の舞台となる旧佐伯家に引っ越してきた村上家の娘、村上柑菜の従姉で家庭教師の「由紀」役です。

由紀が勉強を教えている村上柑菜役は、三輪ひとみさんの実の妹である女優の三輪明日美が演じられています。由紀が天井を覗き込む場面は有名な恐怖シーンとして有名です。

三輪ひとみの出演映画①:D坂の殺人事件(小林少年)

1998年に、江戸川乱歩の同名小説に加え「心理試験」「屋根裏の散歩者」を原作にした劇場作品です。主役の明智小五郎を嶋田久作が演じています。三輪さんは少年探偵団団長、小林芳雄少年を演じています。

ラストに、小林少年が女の襦袢を羽織り、紅をさすという場面があり、これが何とも情緒的で良いという声もあります。

三輪ひとみの出演映画②:海難1890

日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマした作品。海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出を描いています。

三輪さんは、遭難したトルコ人を助けた和歌山の村民の一人を演じています。1890年に実際に起きた事件とイラン・イラク戦争時の事実を元にした作品です。

三輪ひとみの出演ドラマ①:相棒シリーズ

相棒season13 第6回「ママ友」他、1作品に出演をしています。ママ友の回では、仲良しの数組の家族が一緒にバーベキューをしている最中に一人の女性が行方不明になる、という内容です。

その行方不明となるキーパーソンを三輪さんが演じています。相棒シリーズというと人気シリーズで、いまだにシリーズ化されている長寿ドラマの一つです。今後の出演も期待したいと思います。

三輪ひとみの出演ドラマ②:ねらわれた学園

https://youtu.be/myzBXglZqt4

1997年にテレビ東京系で放送された眉村卓のSF小説を原作としたドラマです。主人公の女子高生が通う高校の付近で縄文時代の遺跡が発掘され、それから主人公の周りの生徒たちがある能力に目覚め始めます。

三輪さんが演じるのは、主人公の親友・響子。響子も目覚めた一人で、学校の休み時間に他の生徒たちと謎の鉱石を使って交信していた、というSFチックな背景が描かれています。

三輪ひとみの出演ドラマ③:サイバー美少女テロメア

1998年にテレビ朝日系で放送された円谷プロダクション制作の特撮SFサスペンスドラマです。超能力と遺伝子操作をテーマとした斬新なストーリーとなっています。

主人公の女子高生・九条アサギが、17歳の誕生日に突如、超能力に目覚める。仲間を探していた橘レナと月島イツミと出会い、強大な能力者Ψ(サイ)と対決する、という話です。

三輪さんは、主人公と出会う超能力者の女子高生・月島イツミ役を演じています。主人公の友人・真岡サトル役に藤原竜也が出演しています。

三輪ひとみは特撮にもたくさん出演している?

和製ホラークイーンの異名を持つ三輪さんは、特撮ヒーロードラマにも多数出演されています。

三輪ひとみの特撮出演作品①:ウルトラマンティガ

1996年(平成8年)に円谷プロダクションが制作したTBS系で放送されたウルトラマンシリーズ。1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞しました。

「ウルトラマン80」以来、16年ぶりとなるウルトラマンシリーズ。従来のウルトラマンシリーズの設定を受け継がず、滅び去った古代文明とその住人の守護者だった「光の巨人」という設定となりました。

新たな時代を迎える人類を守る存在として復活したという設定で、2007年 ~ 2010年核兵器や公害などが完全に廃絶された世界が舞台となり、三輪さんは地球を侵略しようとするマノン星人を演じました。

古い殻を破った新たな世界観

M78星雲の宇宙人だ、とう主軸の設定を全く別の設定に変えたと同時に、女性が社会進出した世相を反映し、主人公が属する対怪獣チームのうち2人は女性になりました。

1人はウルトラシリーズでは初めてチームを統率する責任者(隊長)となり、もう1人は主人公と対等あるいは上回る能力で戦闘に従事する活動的な女性隊員です。

後者の、ヤナセ・レナ役を演じたのは1966年に初代ウルトラマンの主人公・ハヤタ役を演じた黒部進の実娘・吉本多香美が抜擢された事も話題となりました。

生まれ変わった人物設定

主人公・マドカ・ダイゴ :長野博(V6)(ウルトラマンティガ)は超古代の英雄戦士の遺伝子を受け継いだ「光であり、人である」存在という設定となっています。

3000万年前に闇の魔神たちから人々を救ったティガは、魂と肉体を分離させ本来の光の姿となって星雲に帰り、肉体はピラミッドの中の石像となり永い眠りについていました。

GUTS(地球平和連合TPCが設けた地球を闇から守る特別捜査チーム)隊員マドカ・ダイゴと一体化し復活を遂げます。地球平和連合TPCとは世界で多発する怪現象や自然災害から人類を守るために創設されました。

三輪ひとみの特撮出演作品②:ウルトラマンコスモス

2001年に放送されたウルトラマンシリーズ。”強さと優しさ”で戦うウルトラマン”というキャッチフレーズの元に制作されました。三輪さんは宇宙生命体に襲われるレニ・クロサキを演じました。

今までで唯一の青いウルトラマンとなります。怪獣と人間の共存という新しい正義と悪との在り方を目指しました。またその一方、邪悪な敵には正しい信念で立ち向かう新しい形のウルトラマン像を表した作品です。

怪獣を「人間に害を及ぼす可能性はあるが、基本的にコミュニケーションおよび共存が可能である存在」と定義。倒すべき相手ではなく捕獲して保護地域に隔離することにより守られるべきものとしています。

忌むべきものから守るものへ

何らかの原因で暴れ出した怪獣と戦うが、あくまで保護を目的として殺傷はしない。敵をむやみに攻撃しない慈愛に満ちたウルトラマンを設定したそうです。

怪獣が暴れる理由については、人間側が偏った目線で敵とみなし怪獣を攻撃したり、第3者的な悪者が怪獣に取り憑いて凶暴化させる敵役が設定されました。

怪獣を倒すカタルシスがないと批判するファンがいる一方で、主な視聴者である未就学児童とその親に概ね歓迎されたというのは世相を表しているようです。

NEXT:三輪ひとみの特撮出演作品③:忍風戦隊ハリケンジャー
1/2