異世界へ行く方法13選!成功例や注意点のまとめ【都市伝説】 占い・スピリチュアル

異世界へ行く方法13選!成功例や注意点のまとめ【都市伝説】

目次

[表示]

異世界へ行へ行ったか確認する方法は?

MichaelGaida / Pixabay

エレベーターを利用した異世界へ行く方法で辿り着いた異世界は、あなたが今までいた世界と見た目は全く同じです。しかし、そこには誰も存在しない無人の世界です。

エレベーターから降り、建物の上からでも建物から出てでも良いので、周囲の様子を見て異様な静寂に包まれていればそれは異世界へと辿り着いた証拠です。

異世界から帰る方法ややってはいけないことは?

Free-Photos / Pixabay

このエレベーターを利用した異世界へといってしまうと帰って来れないとの話が有力です。ネットでこの方法を試した人が、その後何となく様子がおかしいとの書き込みが目立ちます。

それを考察すると、つまりこの書き込んでいる人物こそが異世界でエレベーターの方法を試し、現在私たちがいる世界「その人にとっては異世界」に来てしまったと考えれば一応筋は通ります。

また、異世界に飛んだ時に決してやってはいけない事は、そこにある食べ物は一切口にしてはいけないという事です。これは「黄泉戸喫」という伝承に通じます。異界のものを口にすればそこの住人となってしまうのです。

検証!エレベーターで異世界へ行く方法に成功した人

Engin_Akyurt / Pixabay

インターネット上にはこれまでこの方法を検証してみたという人の報告が数多く存在します。多くは何も起こらずに失敗しているようですが、一部には妙な事が起こったとの報告も存在します。

例えば、途中でエレベーターの中で猛烈な線香の匂いがした。男がエレベーターに乗ってきて、扉が開いたのでその男が降りるのをずっと待っていてもこちらに見向きもせず、ただ立っていて不気味だった。

また、この方法を試した後に自宅に戻ったが、夜遅いにも関わらず両親と幼い弟が帰宅していない。テレビも映らずパソコンもつかずに携帯をつかって書き込んでいるとの報告などが存在しています。

水溜りボンドやフィッシャーズなどのYouTuberもやってみた実況動画を投稿している

水溜りボンドやフィッシャーズなど、多くの人気YouTuber達から、エレベーターを使った「異世界へ行く方法」の検証を行ったやってみた動画が投稿されています。

編集によってあたかも成功したかの様に匂わせている動画も多いですが、中には真剣に検証を試みている動画もあって興味深いものもあります。

水溜りボンドがエレベーターでの異世界へ行く方法を試してみた動画は完全にフィクションとしてエンターテイメントに徹しています。こうしたパターンの動画も多数投稿されています。

異世界へ行く方法➁六芒星に「飽きた」と書く

次に紹介する異世界へ行く方法「六芒星に『飽きた』と書く」方法は一枚の紙と赤いペン、黒いペンを利用して行う比較的簡単な方法です。

六芒星に「飽きた」と書いて異世界へ行く方法のやり方

FotoArt-Treu / Pixabay

この方法はかなりシンプルです。5cm四方の正方形の紙に黒いペンで六芒星を書き、その真ん中に赤いペンで「飽きた」と書いて、それを枕元に置いて眠るだけです。

成功した場合はどうなる?

この六芒星に飽きたと書いて異世界へと行く方法に成功した場合は、枕元に置いたはずの紙が忽然と姿を消しているはずです。

これが何を意味しているのかというと、あなたは、別の世界の六芒星に「飽きた」と書かなかったもう一人の自分と入れ替わっているという事です。

逆にいうと、もしあなたの目が覚めた時に枕元に六芒星と「飽きた」と書かれた見慣れない紙が置いてあれば、それはあなたが別の世界の異世界へと行く事を望んだ自分と入れ替わってしまったという事です。

NEXT:飽きたをやってみた検証で成功した人
2/13