前世療法とは?催眠療法?効果は?嘘なの?詐欺?実際の体験談まとめ 占い・スピリチュアル

前世療法とは?催眠療法?効果は?嘘なの?詐欺?実際の体験談まとめ

前世療法のやり方や効果、体験談についてまとめました。怪しい響きだけど嘘や詐欺の類ではないのか?危険性は?SAM前世療法って何?料金は?などの一般的な疑問についてご紹介。また、受けたい人や自分でやってみたい人向けに料金や資格、本についてもご紹介しています。

目次

[表示]

前世療法とは?やり方や効果は?

danymena88 / Pixabay

そもそも前世療法とは一体なんなのでしょうか。

前世療法とは?催眠療法の一種?効果は?

TheDigitalArtist / Pixabay

前世療法というのは、催眠療法の中の1つのテクニックのことです。1988年に出版されたアメリカの精神科医ブライアン・L・ワイスの著書により、広く知られるようになりました。

退行催眠で患者の記憶を過去に誘導し、出生以前まで遡り前世の記憶を思い出すことで現在抱えている病気を治すという催眠療法です。

心の深い領域にある「怒り、悲しみ、恐怖、傷心、罪悪感」などといった否定的な感情や信念を効果的に解放することができるそうです。

前世療法のやり方は?

前世療法はカウンセリングからはじまります。「クライアントの持っている悩み」、「なぜ前世療法を受けようとしているのか」などを聞き出し、どうすれば問題が解決されるのかを話し合います。

次に催眠に入る前の事前説明をし、催眠に対する恐怖や不安を取り除きクライアントの抵抗をできるだけ減らします。ここでしっかりと信頼関係が気づけたら催眠誘導法を使い催眠状態に誘導していきます。

そして、催眠が深まったら潜在意識に「問題の原因となっている前世の記憶に戻る」ように命じると、断片的に前世の記憶が出てくるようになります。

効果は?前世の記憶を思い出して病気が治る?

StockSnap / Pixabay

前世療法には、心の奥深くに根深くプログラミングされている否定的な感情や思い込みを解放する効果があります。前世を思い出すこと自体が目的ではなく、深層意識にある否定的な感情を取り除くことが目的です。

前世療法を受けた一定数のクライアントに対して「本物の前世だと確信できたか」質問をしたところ、約92%は「確信できなかった」と答えたという調査結果もあるようです。

前世療法を用いる理由は?

geralt / Pixabay

カウンセリングを受けてよくならなかった「パニック障害で乗り物に乗れないといった恐怖感」や、「対人恐怖症」などが前世療法により短期間で改善するということがよくあるようです。

人間関係におけるトラブルも、その相手と前世で関わるイメージを体験することによって改善することもあるそうです。

前世療法は英語だと?過去世退行と言われている?

jplenio / Pixabay

日本では前世療法という呼び方が定着していますが、英語での正式名称は「Past life Regression(パスト ライフ レグレッション)」で直訳すると「過去世退行」となります。

日本語と英語で意味に違いはないようです。催眠療法のことを「ヒプノセラピー」といいますが、前世療法=ヒプノセラピーではなく、前世療法はあくまでも数ある催眠療法の中のテクニックの1つです。

前世療法は本当なの?嘘や詐欺という噂も?

xusenru / Pixabay

前世ときくと宗教的なイメージを連想しますが、前世療法は本当に効果があるのでしょうか。嘘や詐欺といった噂もありますが果たして真相は?

前世療法には批判も?虚偽記憶の一種?嘘?詐欺なの?

xusenru / Pixabay

前世療法には当然批判の声も多く存在します。というのも、かつて催眠によりありもしない記憶がつくられた例が多くあったそうです。また、国王や貴族などの高貴な身分を思い出す人が多いのだとか。

中でもクレオパトラの人気が高く、そのため、前世記憶というのは願望が投影された虚偽の記憶だと批判されていたこともあるようです。

多くの催眠療法家(ヒプノセラピスト)は、クライアントの前世と史実との整合性調査まではしないため、嘘や詐欺と疑う人は多く存在しています。

前世療法は虚偽ではない?過去の正確な記憶を語る人も?

jill111 / Pixabay

しかし、稀に前世の記憶と史実が一致することもあります。1990年には、前世療法を受けたシカゴ在住の女性が16世紀のスペイン女性の生涯を詳細に語りました。

また、「生まれ変わり現象の研究」として行われた別な実験では、2人の被験者が前世退行により知らない共通の言語を話しはじめるということがあったそうです。

前世は本当に存在するのか?

前世療法を世に広めた精神科医ワイス博士は「催眠療法を通して体験した前世の80%は本当の記憶に由来するもの」と答えています。間違った前世の記憶は催眠状態がもたらす「記憶の歪み」によるものなのだとか。

例えば、ある人を子供時代まで退行させて、幼稚園のことを思い出すよう指示すれば、当時の先生の名前や自分の服装や壁に貼ってあった地図、友達のこと、教室のみどり色の壁紙などを思い出すかもしれない。

そして、そのあとでいろいろ調べてみると、幼稚園の壁紙は本当は黄色だったこと、緑色の壁紙は小学校一年生の時のことだとわかった。しかし、だからといって、その記憶は間違ったソースから来ている記憶とは言えない。

(引用:ヒプノセラピーのすべてが分かるサイト)

前世療法を受け「前世だと確信できなかった」と言ったほとんどの人は同時に「前世の記憶でなかったことも確信できていない」と言うそうです。

ちなみに前世が「天草四郎」と公言していたことで有名な美輪明宏は、後のテレビ番組で「天草四郎と名乗ったのは売名行為だった」ということを認めています。

前世療法は危険?どうして危険なの?体験談は?

前世療法で退行して到達する前世が真実か嘘かはわかりませんが、前世療法そのものを危険だと指摘する人々も存在します。一体なぜ危険なのでしょうか。実際に前世療法を受けた人の体験談もご紹介します。

前世療法は危険?どうして危険なの?

geralt / Pixabay

催眠術師の林貞年という人は、前世療法は危険であると主張しています。「前世に戻る」と暗示をかけられてもクライアントは先に想像力が働いてしまい、自分のイメージした前世が出てきてしまうそうです。

そのため、悩みがありネガティブな状態である人はネガティブな前世になって出てくる可能性が高いのだとか。そして、これはクライアント本人が作り出した暗示となり、誰にも取り消せいものになってしまうそうです。

今まで前世療法で問題があったという話は聞いたことがありませんが、彼の主張は「今まで誰もそうなっていないのは運が良いだけ」とも取れます。果たして本当に危険なのでしょうか。

前世療法の体験談は?

StockSnap / Pixabay

ネット上には前世療法を体験した人の体験談がたくさん残っています。

江戸時代中期の女性

WikiImages / Pixabay

前世療法の結果、仕事に関して見えた私の前世は江戸時代中期、城下町で働く独身の女性でした。出身は田舎だった様子。

職場のある城下町は華やかなところではなさそうで、直感的に江戸とか大阪とか京都ではないと感じました。

(引用:うまうまライフ)

産業革命時代のイギリス人男性

MustangJoe / Pixabay

赤レンガでできた工場のような所にいます。何か機械のようなものを組み立てているようです。私は男性で体格も大きく、その工場で働いているようです。

ちょうど産業革命の頃のイギリスのようです。

(引用:Naoya Inoue)

港町に住むアメリカ人男性

MabelAmber / Pixabay

右手にワインの酒瓶を持って、石畳の上を歩いています。古びた上着と、飲みかけの酒瓶。

ここはアメリカの東河岸の港町。立ち並ぶ倉庫の路地を入って、ある場所に向かっています。

(引用:Naoya Inoue)

前世療法で実際に症状が改善された体験談はある?

panajiotis / Pixabay

前世療法で症状が改善された事例について調べたところ、アトピーが改善されたという体験談をみつけました。

退行催眠をうけて、年々ひどくなっていくアトピーが改善されました。アトピーは体質的なものはもちろん、精神的なところからくるものが大きかったようです。退行催眠で、インナーチャイルドを癒すことで、現在の自分を肯定できるようになりました。

(引用:URANARU)

前世療法を受けた結果「ポジティブに考えられるようになった」、「自分を肯定できるようになった」と精神面での効果を実感する人は多いようです。

SAM前世療法とは?体験談はある?

geralt / Pixabay

通常の前世療法とは別に 「SAM前世療法」というのがあります。SAMとはSoul Approach Method(魂へと接近する方法)の略で、「魂表層に存在する前世人格を呼び出す」技法です。

通常の前世療法が「記憶イメージを想起」するのに対し、SAM前世療法は「前世人格との対話」を行います。SAM前世療法の創始者である稲垣勝己が脊椎側彎症に苦しむ主婦に前世療法を行いました。

その時に登場した江戸時代の娘「タエ」という人格が語った内容には、理沙(仮名)という主婦が知り得ない情報が豊富に含まれていたためTV番組でも取り上げられれ話題となりました。

前世療法で見えないという人も?見えない理由は?

とても興味深い体験ができる前世療法ですが、中には見えないという人もいるようです。専門家によると、見えない理由の多くは「時間が短いこと」だそうです。

全体で2時間程度のセッションでは、催眠の事前準備となる「カウンセリング」に充分な時間を取れず、結果として催眠に入りきることができずに前世を見えずに終わってしまうのだとか。

ですから2時間の前世療法セッションで、前世が見えないという方が居ても、ある意味当然かもしれないと思います。

前世療法とは、本来なら時間をかけて、丁寧に一人一人の心に向き合いながら、進めていくものであり、その結果、実感の伴う前世体験をすることができるのです。

(引用:Naoya Inoue)

前世療法についての各方面の見解まとめ

Bru-nO / Pixabay

前世療法について調べていると研究者によって見解が微妙に異なることがわかってきました。ここでは前世療法の第一人者であるブライアン・L・ワイスを筆頭に、それぞれの研究者(研究機関)の見解をまとめました。

前世療法についての見解①:ブライアン・L・ワイス

Free-Photos / Pixabay

ブライアン・L・ワイスは前世療法の権威として世界中から注目される精神科医です。1988年に出版された「Many Lives Many Masters(邦題:前世療法)」はベストセラーとなりました。

キャサリンという患者の恐怖症を治療するために退行催眠を行なっていたところ、前世の記憶にたどり着きました。ワイス博士もキャサリンも最初は前世をだとは信じていなかったそうです。

しかし、キャサリンは前世退行中にワイス博士しか知らないはずの個人的な事柄を言い当てます。その後、何度か前世を確認することでキャサリンの恐怖症は消えてしまいました。

生まれ変わりを信じていなかったワイス博士

Free-Photos / Pixabay

今では世界的な前世療法の権威として名を馳せたワイス博士ですが、元々アカデミックな精神科医で「生まれ変わり」などのスピリチュアルな事は信じていませんでした。

しかし、キャサリンのあとに治療をした患者にも前世を語る患者が立て続けに現れたため「前世」の存在を確信しました。しかし、長年彼を自身の体験を公にはしませんでした。

キャリアに終止符を打つ覚悟で著書を出版

Alexas_Fotos / Pixabay

アカデミックなキャリアを積んできたワイス博士にとって、スピリチュアルな著書を出版することは経歴を投げ捨てるに等しいものでした。

しかし、彼はリスクを冒し自身の体験を世に送り出す決意をし、キャサリンの前世退行から8年後に「前世療法」を出版しました。この本は世界中に衝撃を与え100カ国200万部のベストセラーとなりました。

ワイス博士の見解

charlotte_202003 / Pixabay

ワイス博士は「催眠療法として体験した前世の80%本当の記憶に由来するもの」と主張しています。

ブライアン・ワイスの前世療法には問題点がある?

Sophieja23 / Pixabay

「前世」の存在を確信したワイス博士は「生まれ変わり現象」の研究者であるイアン・スティーヴソンの著書「前世を記憶する子どもたち」を読みました。しかし、スティーヴソンは著書の中で退行催眠を批判しています。

本来なら反論すべきところを自信の著書の中ではスティーヴソンと同じ考えのように紹介しているため、一部からは「理解力が乏しい」という見方をされているようです。

前世療法についての見解②:ジョエル・ホイットン

3dman_eu / Pixabay

トロント大学医学部教授のジョエル・ホイットンは約30人の被験者を集め、退行催眠を行いました。すると全員に複数の前世の記憶が見られ、原始時代まで遡ることができたそうです。

多くの被験者が現在とは違う性別で生まれた経験をしており、全員が「魂には男女の性別がない」と語りました。また、生きている時だけでなく死んだ後の生と生の間の「中間領域」についても語りはじめたそうです。

ジョエル・ホイットンは退行催眠で現れた記憶を「前世」のもと仮定することで、子供が生まれながらにもつ言語的ななまり、癖や特徴あんどを矛盾なく説明できると主張しました。

NEXT:前世療法についての見解③:キャロル・ボーマン
1/4