「だがそれがいい」の意味は?元ネタは花の慶次?ジョジョ?

ネットでよく見かけるコメントの1つである、「だがそれがいい」。実は、元ネタにいくつか噂があり、今回は「花の慶次説」と「ジョジョの奇妙な物語説」の2つをまとめています。また、人気のあまり、グッズやパチンコでも使われているとのことなので、調べてみました。

ネットでよく見かける「だがそれがいい」とは?

rawpixel / Pixabay

ネットの掲示板等でよく使用される言葉である「だがそれがいい」ですが、どんな意味を持っているのでしょうか?

ネットに書き込んだ時に恥ずかしい思いをしないようにするためにも、ここで意味と使い方を押さえておきましょう。

だがそれがいいとはどういう意味?

「だがそれがいい」は、褒め言葉として使われます。ネット上でのみ使われる褒め言葉系ネットスラングの1つです。一般的にマイナスな意味で捉えられることを肯定する時に使われる褒め言葉です。

例えば、「適当な概要」や「蛇足な元ネタ紹介」、「関連がない(少ない)項目」などに対して、「←だがそれがいい」という形で使われるのが一般的です。

「←」の左側に書かれていることの全てを肯定する力があり、とにかく左に書いてあることを肯定的に解釈したい時に使われるネットスラングになります。

だがそれがいいのAA

「だがそれがいい」にはAA(アスキーアー)も存在します。アスキーアート(ASCII art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法のことを指します。

アスキーアートは、テキストアート、活字アート、絵文字と呼ばれることもあります。ちなみに、「だが、それがいい」と句読点を間に入れて表現するパターンも存在します。

「だがそれがいい」の元ネタと状況や流れについて

fancycrave1 / Pixabay

「だがそれがいい」の意味は確認できましたので、その起源、元ネタはなんなのかについてチェックしていきましょう。

元ネタは漫画「花の慶次」の前田慶次のセリフ

naobim / Pixabay

「だがそれがいい」の元ネタは、漫画「花の慶次」の主人公である、「前田慶次」のセリフです。「花の慶次」は週刊少年ジャンプにも連載された漫画です。

「花の慶次」は原哲夫さんによる日本の漫画で、1990年から1993年にかけて、「週刊少年ジャンプ」に掲載されていた漫画です。戦国時代を奔放に生きた前田慶次を描いています。

隆慶一郎さん作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作とし、「週刊少年ジャンプ」での連載が終了した後も、2001年からコンビニコミックス化しさらに人気を集めました。

「だが断る」と似ているから?ジョジョが元ネタだと思っている人も多い

mohamed_hassan / Pixabay

「だがそれがいい」の元ネタを「ジョジョの奇妙な物語」だと勘違いしている方も多くいるようです。その理由として、ジョジョが発した言葉である「だが断る」に雰囲気が似ていることが挙げられます。

「だが断る」は、相手からの良い提案や受け入れて当然の誘いを断る際に用いられる言葉であり、こちらも「だがそれがいい」と同様にネットでよく見かける言葉です。

しかし、雰囲気が似ていることから、間違って解釈をしている人が多く、間違った用法で使ってしまうと「にわか」であると叩かれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

だがそれがいいのセリフの状況と流れについて

「だがそれがいい」が生まれた流れを解説します。まず、前田家の家臣である村井若水が織田信長の甲冑を壊してしまい、切腹を要求された時に、前田慶次がその甲冑を真っ二つに切ります。

そして「殿、若水殿の顔をみなされ!戦場で傷だらけになったきたねえツラだ」と言い、周りの家臣に「無礼な」と言われた際に、、、

「だがそれがいい!その傷がいい!これこそ生涯をかけ殿を守り通した忠義の甲冑ではござらんか!」と前田慶次が言い放ったのです。これが「だがそれがいい」が生まれた背景です。

だがそれがいいの元ネタ画像は?作中では2回しか使用されていない

ijmaki / Pixabay

「だがそれがいい」はネットでも流行りましたし、名台詞製造機とも言われる「花の慶次」の中でもとりわけ人気のある言葉ですが、実は2回しか使用されていません。

作中で使用されたのは、先述した、甲冑を破壊してしまったケースと、末森の合戦で敗走する佐々成政を見送る際のやりとりの中で言った2回のみなのです。

「だがそれがいい」の使い方や使用されている例は?

JESHOOTS-com / Pixabay

「だがそれがいい」の使い方を、実際のネット上の例とともに解説していきたいと思います。

ネット上では褒め言葉として使用されている

ネットスラングとして利用されることの多い、「だがそれがいい」は「褒め言葉」として使われます。

単なる褒め言葉ではなく、基本的にはマイナス、あるいはネガティブな状況に対して、「だがそれがいい」を使うことで全肯定するという意味を含みます。

ヒダリのタグを好意的に解釈するときにも使う

さらに、「←」と一緒に「だがそれがいい」を使うことによって、だがそれがいいの左にあるタグを好意的に解釈する時にも使います。

そのため、左のタグが消されてしまった場合、全く関係のないタグに対して、「だがそれがいい」と言っていることになってしまいます。

実際の例を挙げると、「ヒダリがどんなに変なタグでも全肯定してしまう。←だがそれがいい」のように使用されます。

だがそれがいいはパチンコでもよく使用されている

image4you / Pixabay

「だがそれがいい」はネットで流行っただけでなく、パチンコでも使われる人気ワードです。

パチンコ「CR花の慶次シリーズ」シリーズでの使用例

花の慶次シリーズのパチンコ第2弾「CR花の慶次〜斬」から、「だがそれがいい」の使用頻度が増加し始めました。当たりを意味する際に使われるワードになっています。

そのため、最近の「だがそれがいい」の人気の原因になったのは、パチンコ「CR花の慶次シリーズ」ではないか?という声もあります。

パチンコ依存症の噂がある高橋尚子さんの記事はこちら

復活当たりでも「だがそれがいい」

「復活当たり」でも、「だがそれがいい」が使われています。動画を見るとその実際の使われ方を確認することができます。

復活当たり以外にも、襖予告・戦国モード中の手紙予告・七霧モード中のおふう台詞予告・真戦モード中の矢文予告の演出で「だがそれがいい」は使われています。

しかし、SPリーチの演出時間が長いことに加えて、打ち手を待たせた上での復活大当たりについてはパチンコファンから賛否両論の意見があるとのことです。

だがそれがいいを英語で言うと?

geralt / Pixabay

「だがそれがいい」を英語で言うとどうなるのでしょうか?言い方としては、たくさんパターンが存在すると思いますが、今回はいくつか紹介したいと思います。

「But I like it」、「But that(it) is good」、「But that is what I want」等が挙げられます。

似ているのですが、使う場面やニュアンスが異なるので使い分けが重要です。今回の花の慶次の「だがそれがいい」は「But that(it) is good」がもっとも近い表現になります。

花の慶次の「だがそれがいい」のグッズ情報

花の慶次の「だがそれがいい」は、様々なグッズになって販売もされるほどの人気があります。

Tシャツ

1つ目は、「Tシャツ」です。黒のTシャツの背中側に、「だがそれがいい」の文字がゴールドで刻まれています。

サイズ展開も、S・M・L・XLと4つあるので、多くの人がこのTシャツを楽しめるようになっています。値段は2,450円です。

花の慶次の名言LINEスタンプ

花の慶次グッズ2つ目は、「LINEスタンプ」です。このスタンプは、漫画「花の慶次」で生まれた名言をスタンプにしたものです。

「だがそれがいい」はもちろんのこと、「虎や狼が日々鍛錬をするかね」などの前田慶次の男気溢れる名台詞がスタンプ化されています。

価格は、1セット(40個)あたり120円または 50LINEコインです。また、無料で手に入れる方法もあるようなので興味のある方はチェックしてみてください。

「だがそれがいい」は歌にもなった!?

「だがそれがいい」は漫画「花の慶次」で主人公の前田慶次が放った名言ですが、歌にもなっているという噂があります。しかし、これは全く関係のない曲であることが判明しました。

曲名は「だがそれでいい」、歌っているのは、「Creepy Nuts」という二人組のヒップホップユニットです。一文字違うだけなので、勘違いする人が増えて噂が広まったようです。

この歌は、「黒歴史があっても恥ずかしがらずに突き進んで人生を前進させろ」というメッセージが盛り込まれており、応援歌として製作されています。

「だがそれがいい」は全てを肯定するネットスラング!

DanaTentis / Pixabay

「だがそれがいい」は「花の慶次」という漫画に出てくる、前田慶次が元ネタとなったネットスラングで、最高の褒め言葉であり、これを言えば、なんでも好意的な意味で捉えるという趣旨の言葉です。

「ジョジョの奇妙な物語」にて、「だが断る」という響きの似た単語が存在するため、ジョジョが元ネタだと勘違いされる方も多いですが、花の慶次が元ネタになります。

「だがそれがいい」のあまりの人気ぶりから、パチンコで使われたり、LINEスタンプやTシャツといったグッズまで存在します。

関連する記事はこちら