クロッチの意味は?パンツのどの位置?手入れや合わない場合の対処法

クロッチという言葉の意味をご存知ですか? ショーツの内側の股部分に位置する布のことで、分泌物が衣類に染みるのを防ぐ役割などを担っています。ほとんどの女性は持っているはずのクロッチ付きのパンツのお手入れ方法や、使うコツなどをわかりやすく解説します。

クロッチの意味は?どこの位置のことをいうのか?

isic / Pixabay

クロッチは股布とも言われる通り、ショーツの股部分に位置します。今ではすっかり流通していますがいつ頃から現在のようなかたちで使われるようになったのでしょうか。

佐々木希の私服に関する記事はこちら

クロッチ(股布)とはパンツのどの位置を指す?

クロッチは女性下着の内側にあり、股が接する部分に縫い付けられている布を指します。素材は綿からポリエステル、アクリルまでさまざまです。

女性用パンツは薄い素材のものが多いですがクロッチ部分は二重になっていることが多く、どこにあるかすぐに見てわかります。シック部とも呼ばれます。

クロッチの始まりは19世紀ヨーロッパ

kirkandmimi / Pixabay

クロッチのはじまりは19世紀のヨーロッパで、乗馬用ズボンの補強布が原型になっていると言われています。

その後アメリカでは布の入手が困難だった開拓時代初頭に、カウボーイの間で弱った股部分を合理的に縫製したモンキーパンツが広まりました。

もともとは男性の衣類のための技術であったクロッチが、時が経てば女性用のショーツに使われることになっているとはだれが想像したことでしょう。

日本に伝えられたのは明治時代?

日本では明治時代に導入された洋装の余波によって、現代でも男性用タイツ、ステテコ、猿股やパッチにまで股布が縫製されています。

それまでの着物の時代は女性は下着を履かないのが当たり前だったこと思うと、ショーツの導入は非常に大きな出来事だったことでしょう。実際に男女ともに一般的に履かれ始めたのは戦後のことでした。

ちなみにトイレットトレーニング用のトレーニングパンツ、軽失禁用パンツ、老人用パンツ、介護パンツ、サニタリーショーツでは防水布が施されていたりもします。

クロッチは英語だと?

freyer / Pixabay

クロッチという言葉は日本では一般的に女性用ショーツの股部分の裏地を意味しますが、これは和製英語です。

英語でクロッチ(crotch)はズボンなどの股下部分という意味だけでなく、人体の股、樹木の股など幅広い意味を持っています。

クロッチはなぜあるの?理由や役割は?

クロッチはなんのために施されているのでしょうか。イメージしやすい補強布としての役割以外にも実はとても重要な意味があるのです。

おりものの染みなどからの汚れを防止する

wilhei / Pixabay

女性はおりものが多いときには衣類まで染みてしまうことがありますが、クロッチがあるとそれを防いでくれます。

またサニタリーショーツにはクロッチが何重かになっていたり吸水性の高いものになっていたりと、突然来た生理の際にも衣類にまで染みないように工夫されています。

パンツの強度を高める

股部分の汚れを手洗いする方は多いと思いますが、そうするとどうしてもその部分の生地が傷んでしまいます。クロッチはそのために強度を高める役割も果たしています。

また生理用ナプキンやおりものシートを剥がす際にも生地には大きな負担がかかるので、下着に直接ではなくクロッチに貼ることでダメージを軽減することができるのです。

敏感なデリケートゾーンのトラブルを抑える

geralt / Pixabay

近年では安価な化学繊維の衣類が広く出回っていますが、化学繊維は肌トラブルを起こす一因にもなり得ます。特に下着は直接デリケートゾーンに触れるので気を付けたいものです。

デリケートゾーンに下着が当たる女性はより注意が必要なので、女性用の下着のクロッチは綿素材や肌に優しいものが使われていることが多くなっています。

肌が丈夫な人でも、生理中やストレスによってホルモンバランスが崩れるとデリケートゾーンに影響が出ることもあります。クロッチはそういったトラブルを防ぐ役割も担っています。

蒸れを軽減する

パンツの股部分は蒸れやすいパーツです。特におしゃれなショーツには通気性の悪い化学繊維素材のものが多いですが余計に不衛生な状態になりやすいのです。

かゆみ・湿疹のできやすい敏感肌の人は通気性の良いものを選んで群れを軽減させることが大切です。

健康のバロメーターとしても

Pexels / Pixabay

クロッチが吸収するおりものや経血などの状態から自身の健康状態を知ることもできます。分泌物の色合いや質感などを自分の目でチェックすることで体内で何が起こっているか確認できるのです。

汚れ対策や強度の補強以外にも、女性の体を守る重要なサインにもなっているのですね。

汚れやすいクロッチの手入れ方法や汚さない方法は?

直接股に触れるクロッチは当然他の部分より汚れやすくなるので注意が必要です。お手入れの仕方や長持ちさせるコツをご紹介します。

クロッチ部分は汚れやすく雑菌が繁殖しやすい

bella67 / Pixabay

クロッチ部分はおりもの、汗、皮脂などによって雑菌も繁殖しやすいです。そのため洗濯ではひと手間かけるとより清潔に保つことができます。

汚れたままの下着を着ているとカンジダ膣炎などの病気を招いてしまうこともあるので必ずこまめに洗うことを心がけてください。

40度前後のぬるま湯で手洗いする

192635 / Pixabay

おりものや経血の汚れは洗濯機だけでは落ちにくいので一度手洗いするのをおすすめします。常温の水ではなく40度前後のぬるま湯で洗うとより効果的です。

しばらく洗剤入りのぬるま湯につけておいてからクロッチの部分を擦り洗いするとさらにしっかり汚れを落とすことができます。

また、縫い目の部分も汚れが付きやすく落ちにくいので注意深く洗って清潔に保ちましょう。

洗濯機を使用する場合は下着用洗剤やおしゃれ着用洗剤などの中性洗剤を使う

evitaochel / Pixabay

ショーツを洗うときは下着用洗剤やおしゃれ用洗剤などの中性洗剤を使ってください。洗濯機を使う場合はネットに入れることでデリケートなレース部分が傷つきません。

下着のタイプによって洗い方を分けることはありませんが、素材によっては洗濯機が使えないものもあるので取り扱い絵表示はしっかり確認しましょう。

濃い色の下着と淡い色の下着を同時に洗うと色映りすることがあるので、ぜひ分けて洗ってください。

乾燥機はできるだけ使用しない

RyanMcGuire / Pixabay

乾燥機を使うと縮んだり生地が傷んだりしてしまいます。できるだけ使用しないようにしてください。日陰もしくは風通しの良い室内での自然乾燥が良いでしょう。

生理による血が着いた場合はシミ取り剤を使用する

adege / Pixabay

経血は落ちにくいですが、シミ取り剤を使うときれいになります。血は時間が経つと奥まで浸透して落ちにくくなったり、表面が乾いて洗いにくくなるので早めに落としましょう。

色移りを防ぐため、汚れを落としてから他の洗濯物と一緒に洗うようにしてください。

塩素系漂白剤を使用して除菌する

qimono / Pixabay

ショーツの中は湿度が高く雑菌が繁殖しやすくなっています。しかし普段の洗濯では除菌まではできません。なので定期的に塩素系漂白剤で除菌するようにしましょう。

ただし塩素系漂白剤は使い方を間違えるととても危険ですので、使用上の注意をしっかりと確認してから使ってください。

室内干しは注意!ちゃんと乾燥してから畳む

Tama66 / Pixabay

下着は部屋干しすることも多いと思いますが、雑菌の繁殖を防ぐためにしっかりと乾かすようにしてください。半乾きで畳んではいけません。

とはいっても梅雨シーズンなど完全に乾かしにくいときはドライヤーの冷風などを当てて乾かしてください。夏場は扇風機や冷房の当たるところで干すこともできます。

正しいショーツの干し方とは?

Bru-nO / Pixabay

干し方も洗い方同様コツがあります。大切なのは、着用しているときと同じ状態で干すことです。ウエストのゴム部分を洗濯ばさみで留めて干すのがおすすめです。

そうすることで生地の伸びや型崩れを防止できます。またそのままハンガーや物干し竿に干すと型崩れはしませんが乾くのに時間がかかってしまいます。

おりものシートを使って汚れを防止する

おりものはクロッチ部分の部分の汚れの主な原因といえます。生理周期によっても分泌量が違ってくるので、気になるときはおりものシートを使うのがおすすめです。

またそういったときでなくても使用すると、汚れるたびに交換できるのでショーツの中の環境を清潔に保てます。汗をよくかく時期や運動するときなどにも効果的です。

生理の日はナプキンやタンポンの他にサニタリーショーツを使う

生理のときはナプキンやタンポンとセットでサニタリーショーツを使ってください。経血が漏れて衣類に染み出てしまうハプニングが起きないよう万全に備えましょう。

サニタリーショーツのクロッチはナイロン素材であったり、股部分が何重かに分厚くなっていたりと専用ショーツならではの経血が漏れにくい工夫が凝らされています。

パンツのクロッチにカビが生えたときの対処方法

Quangpraha / Pixabay

パンツのクロッチにカビが生えてしまい中性洗剤でしっかりと洗っても落ちないときは、酵素系の洗濯用漂白剤を使いましょう。酵素は40~60度くらいのお湯を使うとよりはたらきが強くなります。

つけおきの時間は基本的に漂白剤の使用法どおりですが、やや長めにするとカビの根まで退治できます。白色ショーツは色落ちを気にしなくていいので塩素系漂白剤も使えます。

クロッチが自分に合わなかった場合の対処法は?

Anemone123 / Pixabay

クロッチはとても便利で重要な役割を果たしていますが、それだからこそクロッチの位置や縫い目が自分にフィットしないと不快に感じてしまいます。

そんなときにどうやって対処したらいいのかコツを見ていきましょう。

下着のサイズが合っていない

そもそも下着のサイズやショーツのかたちが自分に合っていないとせっかくのクロッチがその役割を果たすことができません。下着が汚れてしまったり衣類に染みてしまいます。

正しい下着のサイズの測り方は?

newsong / Pixabay

サイズを測るにはまずウエストとヒップのサイズをそれぞれ測り、お店のサイズ表を見てS~3Lのなかで自分に合うサイズを探しましょう。

ショーツのかたちも色々です。股上が浅いものから深いもの、裾がハイレッグのものからボクサータイプまで様々なので快適なものを選びましょう。

クロッチの幅が狭い場合は一段階上のサイズにすると解消できることがあります。日本製ショーツの方が日本人女性の性器の位置にクロッチが合いやすくなっています。

縫い目が当たる場合はおりものシートなどをクッションとして使用

blackstarvideo / Pixabay

縫製が雑な下着だとクロッチの縫い目が肌に当たって不快なこともあります。歩くときに肌の一部が擦れるような感覚があったり、座ったときに股に当たったりと気になってしまいます。

そんなときは使用をやめるか、おりものシートをクッション代わりに敷くことで和らげることが出来ます。ショーツ選びの際はクロッチの縫い目にも注意してみてください。

クロッチの位置が合わない場合は?事前に試着した方が良い

markusspiske / Pixabay

直接履かなければ下着を試着させてくれるお店もあります。もし購入前になにかしらの不安がある場合は試着できるか確認して一度履いてみると自分にフィットするか確認できます。

ユニクロのノンクロッチタイプのショーツを使用する

クロッチがどうしても合わない場合はユニクロのノンクロッチタイプのショーツがおすすめです。縫い目がなく、おりものシートを敷けばクロッチ部分を平らにできます。

低価格で様々な種類があり、全国展開されていて見本品まで出ているので安心して入手できます。日本人向けにデザインされた下着でもクロッチの位置が合わないものもあるのでしっかり確認してください。

NEXT クロッチなしのショーツはある?おすすめの店は?