ヌードル・三浦綺音の現在は?引退したの?リングの貞子役が話題? エンタメ

ヌードル・三浦綺音の現在は?引退したの?リングの貞子役が話題?

三浦綺音は1992年に芸能界デビューしたヌードモデルです。ほかにも女優として「リング」で貞子役を演じ、さらに歌手としての活動歴もあるなどマルチな才能を見せます。また勝新太郎を心底尊敬していることでも有名です。そんな三浦綺音の現在や経歴についてまとめていきます。

目次

[表示]

三浦綺音の現在は?引退したの?活動情報はある?

三浦綺音は1992年から活躍した大人気ヌードモデルです。ヌードアイドル「ヌードル」として活躍しました。三浦綺音の現在や活動情報についてまとめました。

三浦綺音のプロフィール

kaboompics / Pixabay

  • 別名義:カトリーヌ・カトリーヌ
  • 生年月日:1973年5月8日
  • 出身地:静岡県
  • 血液型    O型
  • ジャンル:タレント、女優、ヌード女優
  • 事務所:エムティ企画

コンサート会場でスカウトされたのをきっかけにグラビアアイドルとして芸能界デビューを果たします。

その後はヌード女優、舞台女優などとして活躍します。

三浦綺音はヌードルとして活躍?ヌードル第1号とは?

TeroVesalainen / Pixabay

「ヌードル」とは「脱ぐアイドル」の複合語です。三浦綺音は日本のヌードル第1号として大人気でした。

抜群のプロポーションの持ち主で、豊かな胸とヒップで数々の男性を魅了しました。

三浦綺音は映画「The焼肉ムービー プルコギ」への出演が最後?

Free-Photos / Pixabay

三浦綺音は女優として様々な映画や舞台、テレビドラマに出演しています。

デビュー作の「魚のように」をはじめ、「リング」「双頭の悪魔」など、その演技力が評価され数々の作品に出演し人気を集めました。

そんな三浦綺音ですが2007年公開の映画「The焼肉ムービー プルコギ」を最後に女優としての活動を行っていないようです。

三浦綺音は引退したの?現在も事務所に所属している?

Vertigo0402 / Pixabay

2007年から映画・ドラマなどに出演しておらず、芸能界を引退しているのではないかという声も多く見られるようになりました。

しかし、三浦綺音は現在も事務所に所属しており、引退したわけではないようです。

三浦綺音のブログ更新は2011年1月で止まっている?

三浦綺音は「無駄の中に宝」という自分自身のブログを持っていましたが、その更新は2011年1月30日で止まっています。

最期に投稿された内容は「アジアカップ」というタイトルで当時サッカー日本代表がアジアカップを制したことについて綴っていました。

ブログからは引退をほのめかすような記述もなく、現在もブログは更新されていません。

復活の可能性は?三浦綺音の活動は今後も要チェック?

現在も事務所に所属し、引退したという発表もありませんが、活動していないというのも事実です。

現在でも復活を望む声は多く、ファンに愛されている三浦綺音。

45歳になりもし復活すればより成熟した演技が見られることでしょう。三浦綺音の今後を要チェックです。

三浦綺音の年齢は?おっぱいの現在は健全なのか?

StockSnap / Pixabay

三浦綺音は現在45歳になりました。ヌードルとして活躍していた当時はその豊かな胸で世の男性を魅了しました。

しかし三浦綺音の現在の写真は出回っておらず、当時のボディが健在なのかは不明です。

三浦綺音が出演した代表作品、リングの貞子役はヌードだった?

三浦綺音が出演した代表作と言えば「リング」です。作品内で貞子を演じ、高い評価を得ました。そんな三浦綺音の代表作「リング」についてまとめていきます。

ブーム以前にドラマ化?「リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念~」

今や日本ホラー界で1,2位を争うほど有名な「リング」ですが、ブレイクしたきっかけとなったのは1998年1月に公開された「リング」でした。

しかし、映画が公開される前の1995年「リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念~」というテレビドラマがフジテレビ系列の局から放送されていました。

2時間ドラマのリングはヌードシーンが多かった?

 

この2時間ドラマにはヌードシーンが大変多く収録されています。

最初に犠牲となるカップルが胸を舐め合ったりといった夜の営みの様子が長時間収録されています。

さらにシャワーを浴びてTシャツが透けるなどサービスショットも大変多いです。

三浦綺音が演じた貞子の生前部分はおっぱいポロリ?

この2時間ドラマで三浦綺音は貞子の役を演じました。

ドラマの最中生前の貞子が登場するシーンがあるのですが、そのシーンでは貞子の胸がはだけ、ポロリしていたのです。

貞子の設定は原作では「半陰陽者の美少女」?

3938030 / Pixabay

「リング」の原作では貞子は「半陰陽者の美少女」とされています。つまり「ふたなり」ということです。

原作通り近親相姦のシーンも忠実に描かれていました。

テレビから這い出る貞子や井戸から這い出る貞子は映画の設定だった?

Free-Photos / Pixabay

リングの貞子と言えば長い髪で顔を隠した女性で、呪いのビデオに映された井戸の中から這い出てくるシーンが有名ですよね。

しかしこれらはすべて映画化された際に生まれた設定なのです。原作ではまた違ったような描かれ方をしています。

三浦綺音と勝新太郎の関係は?二人はどういう関係だったの?

Tumisu / Pixabay

三浦綺音が尊敬していた人物の中に勝新太郎がいました。本人もブログで勝新太郎について語っている回もあるほど尊敬していたようです。そんな二人の関係についてまとめます。

三浦綺音は勝新太郎を尊敬していた?ブログタイトルも勝新太郎の言葉?

Boboshow / Pixabay

三浦綺音は勝新太郎を心底尊敬していました。

ブログのタイトルである「無駄の中に宝」というのも勝新太郎の言葉から引用したようです。

無駄だと感じることの中にも幸せはあるからそれを探すと良いという意味だそうです。

三浦綺音と勝新太郎はどういう関係だったの?付き合ってたの?

Pixaline / Pixabay

三浦綺音は初舞台「不知火検校」で勝新太郎と共演を果たします。

その後発表した写真集「裸舞 LOVE」では写真撮影を勝新太郎が務めています。

二人は付き合っているのではないかという噂が出回りましたが2009年3月31日のブログで三浦綺音は勝新太郎との関係について語っており、そのような関係ではなかったようです。

三浦綺音の経歴は?女優だけでなく歌手としても活動?

ヌードル日本第一号として大人気となった三浦綺音。その経歴も輝かしいもので、歌手としても活躍していたそうです。そんな三浦綺音の経歴についてまとめます。

三浦綺音が芸能界入りしたきっかけはスカウト?

RyanMcGuire / Pixabay

1992年三浦綺音はコンサート会場でスカウトされたのを機に芸能界に入りました。

人がたくさんいるコンサート会場で目を付けられるくらいその美貌が際立っていたのでしょう。

その後グラビア、女優としてデビュー。一躍人気を集めます。

ドラマ「魚のように」で女優デビュー

Pexels / Pixabay

1993年、NHKの列島ドラマシリーズ「魚のように」で三浦綺音は女優デビューを果たします。

この作品での演技が評価され、その後「リング」「双頭の悪魔」など数々の映画やドラマに出演していきます。

「家族の象徴」で歌手デビュー、歌手活動もしていた?

smorazanm / Pixabay

実は三浦綺音はグラビアや女優だけではなく歌手としても活躍していました。

1994年にシングル「家族の象徴」でデビュー、PVも発表しその中で自慢のボディを惜しげもなく披露していました。

1997年から1998年には、カトリーヌ・カトリーヌという名前で歌手活動に専念しシングル3枚、アルバム2枚を発表しますがその後は女優業に復帰します。

三浦綺音の出演作品まとめ

StockSnap / Pixabay

数々の映画・テレビドラマ・舞台に出演した三浦綺音。そんな三浦綺音の出演作品についてまとめてみました。

三浦綺音の出演作品①:ドラマ「双頭の悪魔」

1994年11月21日~1994年11月26日にかけてWOWOWで放送されたテレビドラマです。

有栖川有栖原作の小説をドラマ化した内容となっています。

山奥にある2つの村で同時に殺人事件が起こります。謎を解き明かすにつれて双頭の悪魔が犯人として浮かび上がってきます。

三浦綺音の出演作品②:ドラマ「無影燈」

1996年4月12日にテレビ東京系で放送されたドラマです。渡辺淳一の恋愛小説を原作にしています。

何度かドラマ化されている本作品ですが三浦綺音は渡辺淳一全集記念制作ドラマに出演ました。

そこで物語の中核を担う人物・花城純子役を熱演します。

三浦綺音の出演作品③:映画「伝説のやくざ 最後の博徒・修羅の章」

2003年に公開された辻裕之監督の任侠アクション作品です。

赤井秀和、風間トオル、今井雅之といった数々のスターが出演する中、三浦綺音は映画デビューします。

三浦綺音の出演作品④:映画「三年身籠る」

女優・唯野未歩子が発表した長編小説を原作として、2006年1月に公開された映画です。唯野未歩子本人が脚本・監督を務めました。

ノイローゼ気味の主婦・末田冬子は遊び人の夫・徹との間に子供を身籠りますが3年経っても子供は生まれません。

ある日、徹の浮気相手である緑子に対して冬子は逆襲に打って出ます。冬子に謝罪する緑子と徹を見たとき、お腹の中の子供が動き出します。

三浦綺音の出演作品⑤:オリジナルビデオ「新・百合族シリーズ」

DrCarl / Pixabay

1993年に制作されたオリジナルビデオです。このシリーズは人気となりシリーズ3まで制作されました。

女子高生の山本さとみは新任教師・島田綾子と下宿することになります。ある日、さとみは姫野晶子の靴箱にラブレターを送り告白。これを見た綾子は嫉妬にかられ騒動を起こしていきます。

この作品は同性愛をテーマにした作品で、三浦綺音は主役である山本さとみ役として本作品に出演しています。

三浦綺音の出演作品⑥:舞台「不知火検校」

383961 / Pixabay

三浦綺音の初舞台となった舞台です。1994年5月10日から6月12日にかけて、銀座セゾン劇場にて上演されていました。

勝新太郎が主役で他にも川谷拓三・安岡力也などの大物俳優も出演しています。三浦綺音は岩瀬浪江役で出演していました。

この舞台をきっかけに三浦綺音は勝新太郎と出会い、尊敬していったのだそうです。

NEXT:三浦綺音の出演作品⑦:舞台「夢番地一丁目」
1/2