菅原初代(大食い女王)の現在はパン屋?引退や夫との離婚・子供について

大食いの世界では、その最強の食べっぷりで「魔女」と呼ばれるようになった菅原初代さんですが、一時期は大食いの番組から消えていました。一時的な引退の理由に病気があるのではないかと噂されましたが、現在岩手県でパン屋を営みながら息子と生活しているようです。

大食い女王と呼ばれた菅原初代のプロフィール

菅原初代さんは、1963年11月14日生まれで55歳です。岩手県出身で、趣味は読書・花・美術館や博物館巡りだそうです。短大を卒業後、高校の図書館司書として働き、その後はメガネの販売などをしていました。

菅原さんは、全国わんこそば選手権で連覇を果たすなど、わんこそばの世界では有名だったそうです。大食い選手権では、圧倒的な強さから「魔女」と言われていました。

「元祖!大食い王決定戦」では、史上初の女王戦3連覇し、殿堂入りを果たした女性フードファイターの第一人者でした。

大食いで有名な菅原初代の現在は?パン屋を経営している?

菅原初代さんは、現在のアイドルのような可愛らしいさや、モデルのような美貌を持つフードファイターが登場したころに、一度テレビの世界から退いています。

菅原さんは、視聴率や見た目の面白さといったものを優先することができず、苦しい思いをしていたこともあったそうです。

フードファイターとして活躍していた菅原初代さんは、現在シングルマザーでパン屋を営んでいるそうです。

現在は岩手県でカンパーニュというパンを販売している

菅原初代さんは、「パンシェルジュ1級」を持っていて、現在は岩手県にある「カンパーニュ」という名前のパン屋を営んでいます。

菅原さんのパン屋では、カンパーニュ・ベーグル・ライ麦パンなど、素材が活きるようなパンを作っています。

また、粉や塩にこだわりをもった自家製天然酵母のパンが多く、完売する日も多いそうで、人気のお店になっているようです。

パン屋は大盛況?メディアにもよく取り上げられている

菅原初代さんのパン屋「カンパーニュ」はメディアにもよく取り上げられています。地元の人気パン屋で、岩手日報に取材を受けたり、盛岡経済新聞(インターネット新聞)に掲載されています。

その他、岩手朝日テレビのスパーJチャンネルや、岩手めんこいテレビで「カンパーニュ」のことが取り上げられています。

カンパーニュはLINE通販も行っている

菅原初代さんのブログ(2018年2月18日)では、「カンパーニュ」のLINE通販のメニューが増えたことを紹介しています。

「ヨーグルトトライ」・「キタオカオリ山食」・「玉ねぎのライ麦パン」などが追加されました。このブログからも、菅原さんの「カンパーニュ」は、LINE通販を行っていることが分かります。

「カンパーニュ」・「いちじくと胡麻のカンパーニュ」・「ゴルゴンゾーラと胡麻のカンパーニュ」からLINE通販を始めたそうです。

2019にはテレビにも出演していた!

Pexels / Pixabay

菅原初代さんは、2019年の2月10日に関西テレビ「マルコポロリ!~魔女の後継者を探せ9」に出演しています。

NEXT 現在の近況などについてはブログやTwitterで確認ができる