菅原初代(大食い女王)の現在はパン屋?引退や夫との離婚・子供について

大食いの世界では、その最強の食べっぷりで「魔女」と呼ばれるようになった菅原初代さんですが、一時期は大食いの番組から消えていました。一時的な引退の理由に病気があるのではないかと噂されましたが、現在岩手県でパン屋を営みながら息子と生活しているようです。

大食い女王と呼ばれた菅原初代のプロフィール

菅原初代さんは、1963年11月14日生まれで55歳です。岩手県出身で、趣味は読書・花・美術館や博物館巡りだそうです。短大を卒業後、高校の図書館司書として働き、その後はメガネの販売などをしていました。

菅原さんは、全国わんこそば選手権で連覇を果たすなど、わんこそばの世界では有名だったそうです。大食い選手権では、圧倒的な強さから「魔女」と言われていました。

「元祖!大食い王決定戦」では、史上初の女王戦3連覇し、殿堂入りを果たした女性フードファイターの第一人者でした。

大食いで有名な菅原初代の現在は?パン屋を経営している?

菅原初代さんは、現在のアイドルのような可愛らしいさや、モデルのような美貌を持つフードファイターが登場したころに、一度テレビの世界から退いています。

菅原さんは、視聴率や見た目の面白さといったものを優先することができず、苦しい思いをしていたこともあったそうです。

フードファイターとして活躍していた菅原初代さんは、現在シングルマザーでパン屋を営んでいるそうです。

現在は岩手県でカンパーニュというパンを販売している

菅原初代さんは、「パンシェルジュ1級」を持っていて、現在は岩手県にある「カンパーニュ」という名前のパン屋を営んでいます。

菅原さんのパン屋では、カンパーニュ・ベーグル・ライ麦パンなど、素材が活きるようなパンを作っています。

また、粉や塩にこだわりをもった自家製天然酵母のパンが多く、完売する日も多いそうで、人気のお店になっているようです。

パン屋は大盛況?メディアにもよく取り上げられている

菅原初代さんのパン屋「カンパーニュ」はメディアにもよく取り上げられています。地元の人気パン屋で、岩手日報に取材を受けたり、盛岡経済新聞(インターネット新聞)に掲載されています。

その他、岩手朝日テレビのスパーJチャンネルや、岩手めんこいテレビで「カンパーニュ」のことが取り上げられています。

カンパーニュはLINE通販も行っている

菅原初代さんのブログ(2018年2月18日)では、「カンパーニュ」のLINE通販のメニューが増えたことを紹介しています。

「ヨーグルトトライ」・「キタオカオリ山食」・「玉ねぎのライ麦パン」などが追加されました。このブログからも、菅原さんの「カンパーニュ」は、LINE通販を行っていることが分かります。

「カンパーニュ」・「いちじくと胡麻のカンパーニュ」・「ゴルゴンゾーラと胡麻のカンパーニュ」からLINE通販を始めたそうです。

2019にはテレビにも出演していた!

Pexels / Pixabay

菅原初代さんは、2019年の2月10日に関西テレビ「マルコポロリ!~魔女の後継者を探せ9」に出演しています。

現在の近況などについてはブログやTwitterで確認ができる

rawpixel / Pixabay

菅原初代さんは、ブログだけでなくTwitterでも自身の出演したテレビ番組の紹介や、菅原さんの「カンパーニュ」のことなどの近況報告をしています。フォロワー数も8000を超えています。

最近では、2月10日のテレビ出演の様子を紹介しています。

菅原初代は現在結婚している?息子がいる?

wondermar / Pixabay

菅原初代さんは、友人の紹介で知り合った男性と35歳で結婚し、子供は1人いますが、現在は独身でシングルマザーとして生活しています。

35歳の時に大手企業に務める夫と結婚するが現在は離婚

Free-Photos / Pixabay

菅原初代さんは、35歳の時に大手企業に勤めていた夫と結婚していましたが、10年後に離婚しています。

残念ながら相手は一般の人なので、詳しい情報がありませんが、夫のモラハラや息子さんの教育のことで揉めていたそうです。

息子さんの面倒は全て菅原初代さんが見ていたそうですが、さらに夫からのモラハラもあって、このまま結婚に縛られると終わってしまうという絶望感を感じていたようです。

離婚の理由については公表されていない

makunin / Pixabay

菅原初代さんは、45歳の時に裁判をして離婚していますが、息子さんのADHDのことやモラハラが理由ではないかといわれています。 しかし、菅原さん自身からは具体的な理由を公表していません。

子供は息子が一人!ADHDと診断されていた

stevepb / Pixabay

菅原初代さんは離婚後シングルマザーとして、高校生のひとり息子と2人で生活していますが、息子はADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害を抱えているそうです。

また、菅原さん自身も実はADHDであることを公表しています。彼女も病院で診断されて、障害者手帳を持ち、薬も飲んでいるということです。

菅原さんの息子さんは、迷子になったり、車道に飛び出してしまうといったこともあって大変でした。しかし結婚していた時は、ご主人はそんな息子さんのことを受け入れられず、それが離婚のきっかけになったそうです。

夫はモラハラや暴言が酷かったと言われている

Free-Photos / Pixabay

菅原初代さんは、自身のブログで、「朝6時に朝食、夕食は6時、テレビチャンネル権は夫のもので、彼が褒めるタレントや司会者は一緒に褒め、嫌いな著名人などはこき下ろさなければならなかった」と書いています。

また、「しまいには、何をしても全くわけのわからないことで怒鳴られるようになり、夫が帰宅する音がしただけで、固まってしまうようになった」といいます。

菅原さんは、モラハラの記事を読んで、ずっと我慢していたけど記事を読んで目が覚めたといいます。突発性難聴や睡眠障害など辛い日々を過ごし、ついにモラハラの夫と離婚しました。

離婚の理由は息子にあるのか?

Tumisu / Pixabay

菅原初代さんは既に離婚していますが、その理由がADHDという障害を持っている息子さんのことで、揉めていたこともあるようです。しかし、明確な理由などは分かっていません。

息子の現在は?度々ブログに登場している

菅原初代さんは、息子さんのことを度々ブログで紹介しています。その中で菅原さんが作る唐揚げが好きな息子さんのことや、東日本大震災の頃の息子さんの様子が書かれています。

再婚の予定はあるのか?

Free-Photos / Pixabay

離婚してよかったと言う菅原初代さんは、現在は幸せで二度と結婚することはないと言っていますから、再婚の予定はないといっていいのではないでしょうか。

現在は息子と二人で幸せな日々を送っている様子

4144132 / Pixabay

菅原初代さんは、自身のブログやTwitterで息子さんとの生活を紹介していますが、現在の菅原さんのとても幸せそうな様子が伝わってきます。

菅原初代は現在大食い引退?病気で干された?

菅原初代さんは、現在大食いを引退しているのか。また病気が原因で干されたという噂は、本当なのかについて調べてみました。

ネットで摂食障害の噂があるが真相は?

噂によると菅原初代さんは、摂食障害が原因でテレビから干されたのではないかといわれています。菅原さんは、かなり痩せている体形をしていますから、そんな理由からも摂食障害ではないかと噂されたようです。

現在は腰痛を抱えている?

菅原初代さんは、2019年3月11日の自身のブログから、現在原因不明の腰痛に悩まされているといいます。

原因は自分でも分からす、毎日重いものは持っているが、それが原因ではなさそうだと書いています。また、夏樹静子さんの小説「椅子がこわい」から、腰痛の原因は精神的なものかもしれないと推測しています。

元祖フードファイターは現在大食いを引退している?

MabelAmber / Pixabay

菅原初代さんは、2016年1月に久しぶりにテレビに登場しました。この大会では、米国最強といわれたモリー・スカリラーと互角の戦いをしていましたが、惜しくも負けてしまいました。

また、菅原初代さんは2018年9月には、「元祖!大食い王決定戦」に参戦しました。この大会には10年ぶりの参加でしたが、その魔女っぷりは健在でした。アンジェラ佐藤さんとの壮絶な戦いの末、準優勝でした。

今年の「元祖!大食い王決定戦」はアンジェラ佐藤さんに僅差で敗れた屈辱をはらすために、再度出場するのか分かりませんが、昨年の戦いを見る限りはまだまだ魔女ぶりは健在で、引退はまだしていないようです。

番組の為に苦しい想いをしたこともあったと語る

ulleo / Pixabay

2008年にギャル曽根を破って二代目大食い女王になりましたが、その後にツイートしています。

菅原さんによると、カメラや音響、美術など外注スタッフは同じだったが、テレビ東京のスタッフはプロデューサー以下全て変わったということです。また、以前の現場は雰囲気が悪かったことを暴露しました。

もえあずとの因縁で強制引退の噂もあるが真相は

当時優遇されていた選手は、かつて番組に出ていた大食いを売りにしていた若手女性芸能人のようで、実際彼女は、過去の同番組で連続して好成績を収めていたが、今回はなぜか出場していなかったそうです。

その若手女性芸能人はどうやら「もえあず」さんのようです。そのことが原因で、菅原初代さんが番組を強制引退させられたことも考えられますが、その真相は分かっていません。

ギャル曽根と比べられ食べ方が汚いとも言われていた

菅原初代さんの食べ方がメッチャ汚いという意見があります。餃子を食べるとき肉汁をこぼしたり、鼻水をたらしたりということがあったようです。

確かに菅原さんに比べると、ギャル曽根さんの食べ方はいつもきれいな食べ方なのには定評がありますから、菅原さんの食べ方が汚いと言われても仕方がなかったかもしれません。

現在の大食いの女性たちも、そういった視聴者の目線を考えてきれいな食べ方を重視するようになっているのも事実のようです。

魔女と呼ばれた菅原初代のWiki!生い立ちと経歴

菅原初代さんは、岩手県の農村地域で育ち、祖父が板金工で父が大工といった家族の中で育ちました。

岩手県出身で両親から厳しく言われた言葉とは

岩手県南部の水沢市で生まれ育った菅原初代さんは、周囲は農家ばかりで実家は父が大工、祖父が板金工の6人家族で育っています。

家にはご飯茶わんがなく、皆どんぶりでご飯を食べていたそうです。朝は具だくさんの味噌汁に漬け物で、味噌汁にはだしを取った煮干しが丸ごと入っていて、その煮干しを人の分まで食べていたそうです。

両親から厳しく言われた言葉は「出されたものを食え」と「余計なことは言うな」の二つだけだったそうです。しかし、親のそうした教育のおかげで、何でも食べておいしいと感じれられるようになったといいます。

菅原初代も発達障害だった?勉強が苦手で漢字に苦労していた

Free-Photos / Pixabay

菅原初代さんの息子さんはADHDを患っていますが、実は菅原さん自身も発達障害だったことを公表しています。子供の頃は勉強が苦手で、特に漢字を覚えるのに苦労したといいます。

読書が好きで読むことができたが、書けなくてテスト前に100回練習しても、次の日になると忘れてしまうそうです。運動神経も悪く、ボールもうまく投げられないそうで、発達障害の人の特徴だということです。

エースをねらえ!に憧れた体操部に入っていた

菅原初代さんは、テニス漫画「エースをねらえ!」に憧れ、当時体操部とテニス部が人気だった学校で、あえて体操部に入ったことを明かしています。

しかし、跳馬や平均台など運動神経が抜群でないとできない競技でしたから、菅原さんは3年間何もできず、柔軟性だけは鍛えられたといいます。

2006年わんこそばを食べる大会で大食いデビューし準優勝

始めて出場した2006年のわんこそばを食べる大会で大食いデビューしています。その大会では準優勝しています。その時は15分間に298杯を食べています。

大食いの為にトレーニングをしていた

Pexels / Pixabay

菅原初代さんは、お腹に余分な脂肪や筋肉があると胃が広がりにくい事が分かり、試合前に7キロ落とし、44キロまで体重を落としてみたこともあるそうです。

また、試合の1ヶ月前から大根や野菜など、安い野菜を大量に調理して食べたり、ご飯の量を増やしたり、寒天を大量に作ってたべたりしてトレーニングしていたそうです。

2008年「元祖!大食い王決定戦~ハワイ編」で念願の優勝

2008年「元祖!大食い王決定戦~ハワイ編」では、菅原初代さんはギャル曽根を破って念願の優勝を果たしています。

NEXT 菅原初代の大食いでの戦歴