混浴が楽しめる関東地方の温泉43選!日帰りでカップルにもおすすめ!

関東には、東京、群馬、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城など各県に日帰りで行ける混浴の温泉が多くあります。最近では水着を着用して、プール感覚で混浴温泉に入ることが出来て、若い女性にも人気になっているようです。中には昔から秘境と呼ばれている混浴温泉旅館もあります。

日帰りで行ける!関東の混浴温泉おすすめ43選

DeltaWorks / Pixabay

最近、プール感覚で入浴できる「混浴」が若い女性に人気になっています。混浴というと抵抗を感じていた人も多いのではないでしょうか。そんな人も気楽に出かけられる関東の混浴温泉を紹介します。

日帰りで行ける関東のおすすめ混浴温泉【東京都】

東京都での温泉というと、あまりイメージしにくいかもしれませんが、東京都にも人気の温泉が多くあります。そしてその中に混浴の温泉があります。東京23区の中から伊豆諸島を中心に混浴温泉を紹介します。

東京都では、公衆浴場の条例において「10歳以上の男女」の混浴を禁止しています。そのこともあって、日帰り温泉施設での混浴はありません。

ただ、温泉旅館などには、公衆浴場の条例はなく、旅館業法が適応されますから、家族風呂や貸切風呂の混浴があります。

水着着用!豊島園 庭の湯

「豊島園 庭の湯」は、豊島園駅から徒歩1分のところのあります。この温泉入浴設備は、開放的な気分で混浴を楽しむことができます。

「豊島園 庭の湯」は、プールのような感覚で入浴できる混浴設備があります。また、男女別の大浴場のほかに、水着を着用して入ることができる混浴エリアが設けられています。

水着着用!24時間湯がはっている湯の浜露天温泉

「湯の浜露天温泉」は、伊豆諸島の新島にあり、古代ギリシャの神殿を模した建物が印象的な温泉です。6つある湯にはお湯が24時間入っていて、入浴料無料ですが水着着用となっていますから、注意が必要です。

水着着用!海中温泉で野温泉の地鉈温泉

伊豆諸島の式根島にある野温泉の「地鉈温泉」は、海中温泉で、岩をナタで割ったような地形をしています。岩の向こう側が海になっていて、絶景の温泉です。

源泉の温度は80度もあって高温で、湯加減をチェックできる穴があるそうです。海水と混ざって丁度いい湯加減の場所を見つけて入るのがおすすめです。

周囲が自然に囲まれ、夜は満天の星空を眺めながら入浴できます。シャワーなどはありませんが、駐車場やトイレは併設されています。入浴料は無料ですが、水着の着用がルールとなっています。

水着着用!滝を眺められる場所がある裏見ヶ滝温泉(ゆとりの湯)

「裏見ヶ滝温泉(ゆとりの湯)」は、東京都の伊豆諸島・八丈島の自然に囲まれた温泉で、料金は無料です。無料ですが屋根もついていて、雨が降っていても入れる綺麗な温泉です。

男女混浴ですが、水着の着用が必要です。石鹸やシャンプーなどは使用できませんから注意が必要です。

また、「裏見ヶ滝温泉」は入浴時に滝を眺められますから、滝の音を聞きながら自然の中で、ゆったりとした入浴を楽しむことができます。「裏見ヶ滝温泉(ゆとりの湯)」では男女混浴ですが、水着の着用が必要です。

カップルやファミリーどちらにもおすすめの東京天然温泉 古代の湯

東京の葛飾区にある天然温泉の「古代の湯」は塩分が多く、冷え性を改善する効果がある温泉です。

総武本線新小岩駅・常磐線亀有駅・金町駅京成線青砥駅から送迎バスが運行されていますのでアクセスに便利です。この「古代の湯」には源泉かけ流しの家族風呂が2つあってプライベートな入浴を楽しめます。

カップルや夫婦でゆっくり楽しめる東京お台場 大江戸温泉物語

東京お台場にある「大江戸温泉物語」は、館内に江戸の町を再現したテーマパーク温泉です。館内は温泉だけでなく、懐かしい飲食店や縁日を再現したゲームなどを楽しめます。

大浴場は男女別に分かれていますが、宿泊での部屋タイプには、露天風呂付のものがあって、カップルや夫婦が部屋でゆっくりと混浴を楽しめます。

浴衣の貸し出しもあって、江戸の町にタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。泉質はナトリウム塩化物強塩泉で、筋肉痛や冷え性、火傷や切り傷への効果・効能があります。

男女共有のサウナがあるSpa Laqua(スパ ラクーア)

東京ドームの隣にある、「スパ ラクーア」は混浴ではないということですが、男女共用の低温サウナやホットルーム・クールサウナなど専用ウエア着用で楽しめます。

「スパ ラクーア」は全体的に落ち着いた雰囲気があり、リラックスして日頃の疲れを癒してくれます。

アロマ水を使用したフィンランドサウナ・ミストサウナ・アウフグースのある中高温サウナなど、サウナスペースではそれぞれの違った素材のサウナを楽しめます。

日帰りで行ける関東のおすすめ混浴温泉【群馬県】

群馬県には、映画「千と千尋の神隠し」のモデルでもある四万温泉の「 積善館」など多くの温泉旅館がありますが、それらを紹介します。

千と千尋の神隠しのモデル四万温泉  積善館

「四万温泉  積善館」は、四万の病気に効能があるといわれる源泉からその名がつけられたそうです。また、ここは映画「千と千尋の神隠し」のモデルとされた温泉でもあります。

大露天風呂がある宝川温泉  汪泉閣

「宝川温泉  汪泉閣」は渓流のほとりにあって、470畳分の大露天風呂が特徴です。女性は、タオルをつけて入浴ができますから、初めての混浴デートにも最適です。

温泉ファンもおすすめの法師温泉 長寿館

「法師温泉 長寿館」は、与謝野晶子など、多くの文豪が訪れた国登録有形文化財でもあります。火の付いた囲炉裏でお茶を飲みながら、明治時代の雰囲気を楽しみむことができます。

明治時代の面影がある鹿鳴館風の大浴場「法師乃湯」が人気で、混浴内湯は温泉マニアでなくても一度は訪れたい温泉です。

タオルNG!法師温泉 長寿館

ここの温泉は、タオルの着用は禁止されていますから、タオルは必要ないといったカップルにおすすめです。

タオルNGで病気に効能がある四万温泉 積善館

四万温泉の「積善館」は、日本最古の木造湯宿建築・重要文化財に認定されていて、映画のモデルとなるほどの歴史を感じることができるスポットでもあるため、デートにも向いています。

タオルはNGですが、四万の病気に効能があるといわれる源泉で、日本初の国民保養温泉地として指定を受けています。

星に一番近い温泉万座プリンスホテル

群馬県で長野に隣接している万座温泉にある「万座プリンスホテル」は、標高1,800mの高山温泉で万座プリンスホテルは「星に一番近い温泉」として知られています。

日帰りで行ける関東のおすすめ混浴温泉【茨城県】

茨城県には、800年の歴史ある温泉もあります。そんな茨城県にある日帰りでも行ける混浴温泉を紹介します。

カップルにもおすすめのスパ湯~ワールド

「スパ湯~ワールド」では24時間営業ですから、自分の好きな時間帯に入浴することができます。しかも男女混浴ですから好きな人とゆったりとした時間を過ごすことができます。

美肌効果のある沢渡温泉 まるほん旅館

「まるほん旅館」は、約800年も前の縄文文化が栄えたころから既に温泉が湧いていたといわれる沢度温泉の旅館です。

柔和で入り心地のなめらかなお湯は「元祖美肌の湯」と評価されています。酸性の強い草津の温泉で肌を痛めた当時客が、「仕上げの湯」として沢渡温泉を利用されるほどの美肌効果があるそうです。

日帰りで行ける関東のおすすめ混浴温泉【栃木県】

栃木県には、映画「テルマエロマエ」のロケ地にもなった「北温泉旅館」など、日帰りでも行ける混浴温泉が多くあります。それらを紹介していきます。

秘境と言われる大丸温泉旅館

「大丸温泉旅館」は、那須の最も奥地にあって、こんな場所にモダンな雰囲気の高級旅館があるの?と思わせるような秘境の温泉旅館です。

伝統の平家料理が楽しめる湯西川別館

「湯西川別館」は400年の歴史のある温泉で、天然温泉100%源泉かけ流しを堪能できる温泉で、伝統の「平家料理」を味わえます。

美肌の湯で知られる川治温泉 薬師の湯

「川治温泉 薬師の湯」は、肌に優しい「美肌の湯」として人気があり、その他にも色々な効能がある温泉です。

男鹿川沿いの温泉で、山と川とを一望できる最高のロケーションとなっています。

カップルのデートにもおすすめ!塩原温泉 ・明賀屋本館

「塩原温泉 ・明賀屋本館」は、テレビでも取り上げられている超有名な温泉です。特に川岸にある300年以上湧き続けている露天風呂が特徴です。

自然との一体感を味わいながらのデートにもおすすめで、仲のいいカップルでは、更に仲良くなれるでしょう。

3つの混浴風呂がある塩原温泉 湯守田中屋

「塩原温泉 湯守田中屋」は、3つの混浴風呂があって、どれも300段の階段を登った場所にあります。

テルマエロマエのロケ地にもなった北温泉旅館

「北温泉旅館」は、映画「テルマエロマエ」のロケ地として有名となった温泉地です。ここの混浴温泉は1,200年も前に天狗が発見したといわれる秘湯で、100%源泉かけ流しの湯です。

天狗の湯は混浴となっていて、混浴マニアにとっては有名な場所となっています。

歴史ある秘湯三斗小屋温泉 煙草屋旅館

「煙草屋旅館」は、那須の10湯といわれる三斗小屋温泉の中でも、秘湯中の秘湯といわれています。混浴風呂の中では、なかなかたどり着けない場所となっています。

1142年に発見されている歴史ある温泉で、江戸時代には遠方から足を運ぶ人もいたそうです。

眺めの良い秘湯塩原温泉郷 元湯温泉 大出館

「大出館」は3件しかない元湯温泉の宿の中のひとつで、その中でも一番高台に位置していることから、最も眺望のいい旅館です。

ここの混浴露天風呂は、五色の湯という珍しいお湯です。この五色の湯の色は気候や地質の条件によって毎日色が変わり、その色から翌日の天気が予測できるそうです。

そんな珍しい温泉ですから、地元の人達に加え観光客で賑わいを見せています。また、混浴温泉として最高の人口密度を誇っています。

素朴で親しみやすい湯西川温泉 湯の季

「湯の季」は、湯西川の上流の標高743mに湧く温泉地である湯西川温泉です。その中でも上流に位置し、素朴な親しみやすい雰囲気の旅館です。

NEXT 温泉マニアが最奥の秘境という川俣温泉 仙心亭